どこへたどりつくのか

いつまでつづくか

キューティーハニーtears見に行く

2016年10月18日 | 映画
キューティーハニーtearsを、見に行く。
永井豪ファンとしてのなかば義務感。
悪い映画ではない。
ただ最後のところ、もう少しわかりやすい形で感動できる形にできたのでは?
例えば、全て吸い込んで黒い銅像になった後、その銅像が涙を流すとか…
そこで苦しみが伝わるような絶叫?
どこかにあったかな?

考えてみると永井豪の漫画は突き抜けると感動がある。突き抜けないと感動はないのかも。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーストラリア戦 | トップ | U-19退屈 横パス、後ろパスば... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL