エホバの証人再考

まもなくイエス・キリストは再びこの組織を検分されます!

詳しくは左下の自己紹介のサイトを見てください!

日付に関する研究(追加) 2017.07.23.

2017-07-23 14:59:10 | 論文サイトから

日付に関する研究(追加)

2017.07.23.

 

※これは、昨日の記事への追加情報です。

 

さて、今日は7月23日ですが、私の日付予想では、明日(7/24)、イエス様からの何らかのお答えがあると見込んでいます。その前に、先日、新たに確定した⑤~⑦の意義をもう少し述べたいと思います。

 

_____

 

⑤~⑦とは、こうでしたね。

 

(以下、引用)。

 

⑤2016年11月16日~2017年5月16日。(④の終了した翌日~6か月)。

11/16に統治体への啓示(推定)。その6か月後にヤコブ級にも啓示があるはずと見ていた。ルカ1:26。

 

⑥2017年5月16日~6月6日。

しかし、悪霊の抵抗があり、予定より3週間遅れる。ダニエル10:13。

 

⑦6月7日~7月16日。

意図せずして、事故が起き、2回目の40日40夜が始まった。出エジプト記34:28。

 

(引用終わり)。

 

_____

 

そもそも、⑤の終わった翌日の5月17日に、イエス様からの啓示があると考えていたわけです。それは、恐らく、昔の預言者たちに天使が現れたような仕方で、そうされるのだろうと、私は予想していました。

 

しかし、実際には5月17日には何も起こらず、⑥の「3週間遅れ」となるという理解を得ました。つまり、この背後には、サタンの反対があって、天使たちとの間で一悶着あったということを意味しています。

 

そして、その「3週間遅れ」が終わった翌日の6月7日に、図らずも事故が起き、こうして、⑦の「2回目の40日40夜」が始まりました。

 

_

 

それで、問題は、イエス様からの啓示はどうなったのか?ということです。もちろん、私が予想していたような超自然的な幻とか、そういう仕方でのお答えはありませんでしたが、最近の論文記事で報告した通り、「2回目の40日40夜」の間に、私は、イエス様からの導きにより、様々な理解を得ました。それが、イエス様のお答えであったと考えています。

 

イエス様は、逐一私に姿を現わして、くどくどと説明するようなことはされないこと、ゆえに、今後とも、「忖度(そんたく)の精神」で臨むべきことを諭してくださいました。これが、答えです。イエス様は、私が自分の頭で考え、状況を正しく判断しつつ、その時々のエホバ神のご意志を聖書から見出し、適切な行動をとるよう望んでおられることを何度もお示しになりました。

 

つまり、私は、いちいち指図されて動くのではなく、アリのように、誰かに指図されずとも、自立的に行動する者となるべきであるということです。(箴言6:6-8)。例えば、心臓やその他の臓器も、自分の意志とは関係なく、自立的に動いているでしょう。

 

_

 

その点は、1世紀に地上の宣教を行なわれたイエス様の場合もそうだったようです。イエス様は、こう言っておられます。

 

「わたしはそれをなげうつ権限があり,またそれを再び受ける権限があります。このことに関するおきてをわたしは自分の父から受けました」。(ヨハネ10:18)。

 

「わたしは自分の衝動で話したのではなく,わたしを遣わした父ご自身が,何を告げ何を話すべきかについて,わたしにおきてをお与えになったからです」。(ヨハネ12:49)。

 

上記でイエス様は「おきて」と述べておられますが、つまり、天の父エホバ神から、おきて、ルール、一定の行動方針、行動原則などが与えられていたようです。そして、イエス様もやはり、その都度その都度、エホバ神からいちいち指図されていたのではなく、与えられた「おきて」、方針・原則に基づいて、自らの思考力を用いて適切な判断を下し、業を行なっておられたのです。

 

_

 

これと同じことを、イエス様は、ヤコブ級に対しても求めておられます。これを私は「忖度の精神」と呼ぶことにしました。そして、さらには、ヤコブ級も、民を教える際には、同じようにすべきであり、民はいちいちヤコブ級が指図しなくとも、自立的に行動できるようにしていくべきことをもお示しになりました。その点は、最近の論文記事の中でも書いた通りです。

https://sites.google.com/site/jwbibleprophesy/dendou-2  の「イエス様は、今後、ヤコブ級が行なう・・・」以降。


・・・という風に、確かに、イエス様からの答え、「おきて」は与えられたのです。ただ、私が当初予想していたように、超自然的な仕方でそうされなかったというだけです。ですから、確かに、そのような意味におけるイエス様からの啓示はあったと考えています。私はそのメッセージをしっかりと受け止めることができました。

 

_

 

今述べたように、確かに、「答え」「メッセージ」「今後の業のための行動方針」は与えられました。とはいえ、ヤコブ級の公の業を始めるには、「権限」「権威」が与えられなければなりません。

 

多分、そういう意味での答え、つまり、権威を授けることが、明日、「八日目」に行なわれるのではないだろうか?というのが、今のところの私の予想です。

 

その点については、また報告します。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日付に関する研究 2017.07.22. | トップ | 日付に関する研究 2017.07.25. »

コメントを投稿

論文サイトから」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。