エホバの証人再考

まもなくイエス・キリストは再びこの組織を検分されます!

詳しくは左下の自己紹介のサイトを見てください!

神が実際にいることをどのように実感することができますか?

2017-02-12 11:17:47 | 知恵ノートより

 

神の存在を証明できるか?

 

 

以下は過去の知恵袋で次の質問に対して回答したものです。

 

神が存在する証拠を説明してくれますか?

 

 

回答:

 

昨今、科学者たちは人間の脳や遺伝子や他の仕組み、動植物、地球、そして、宇宙を詳しく研究した結果、そこには人間の科学を凌駕する驚くべきしくみがあることを理解するようになりました。そのしくみには意図的な設計・製作が必要なはずです。その結果、人間以上の英知を持つ偉大な存在者、つまり神が存在すると考えるようになった科学者たちも少なくありません。
-


上記はいわゆる創造論という考え方、最近ではID理論とも言いますね。それに対するのは進化論ですが、しかし、進化では、これだけ高度なしくみをもつ生物がこれほど多く存在することを説明できないと思います。

家は大工さんが作り、鉛筆や消しゴムもあらゆる製品はだれかが作りました。ですから、「仕組みのある物には何らかの意図的な設計が必要(=だれかが作った)」というのは、我々の日常生活からすれば、当たり前の論理であり、進化論にはその当たり前の論理を覆し得る証拠の提示が求められているのです。


以下の知恵ノートもご参照ください。


進化論者の主張に対する反証
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n153160

その他。

https://sites.google.com/site/jwbibleprophesy/tienote

 

_____________

 

(もう一つの記事)。

 

神が実際にいることをどのように実感することができますか?

 

 

以下は過去の知恵袋で次の質問に対して回答したものです。

 

神が実際にいることをどのように実感することができますか?

 

回答:

 

<万物は神により創造されたと知って・・>

 

神が宇宙とその中のすべてのものを造ったということを知ってから、物事に対する私の見る目は変わりました。そこら辺に普通に生えている草でさえも、その中には光合成やその他の驚くべきメカニズムが見出されるのです。そもそも私たち人間の人体のしくみ、脳とかDNAとか調べていくと、そこに用いられているテクノロジーは現代科学をはるかに凌駕していることに驚かされます。例えば、肝臓一個分に相当する化学工場を作るとしたら、町一個分の敷地が必要なのだそうです。



<祈りにより慰めを受ける時・・>


それから、私が神を実感するのは祈りの時です。かつてはうつ病も患っていましたが、神に心を注ぎ出すことにより、大いに慰めを受けてきました。心の中のすべてを注ぎ出して祈ると、「しゃべった」と「聞いてもらった」という安堵感が生じます。また、祈りの際に心の中にあるものを一旦言語化することにより、心の中のごちゃごちゃがある程度整理整頓されるという効果もあります。しかも、24時間いつでも祈りを聞いてくださいます。私にとって神は最高のカウンセラーとなってくださいました!

 

 

<神の教えに従い、困難を克服する時に・・>

また、神の教えを聖書から学び、それを当てはめ、それがそのとおりになる時も、神の存在を実感します。自分自身に対する見方・考え方や人間関係とか、その他の教えに従って、清い良心と平安な精神に恵まれるようになりました。とはいえ、人生の苦難が取り除かれたのではありません。しかし、それに立ち向かい、乗り越えて、さらに人間として成長することができるという見方を持つようになりました。実際、苦難が許されている神の本心はそこにあったのです。さらに、神はその苦難の中で忍耐するための力と知恵を授けてもくださいます。神の力強い手に引かれつつ、苦難の道でも、正義を曲げず、妥協せずに共に進んで行くことで、神との個人的な絆は深まりました。



以下の知恵ノートもご参照ください。

神とはどのような方か? 本当に存在するのか?

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n141950

苦しい時、神に祈りが聞かれていないと思うなら・・・
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n126640

その他
https://sites.google.com/site/jwbibleprophesy/tienote

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神とはどのような方か? 本... | トップ | 聖書の神は唯一の存在ですか? »

コメントを投稿

知恵ノートより」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。