エホバの証人再考

まもなくイエス・キリストは再びこの組織を検分されます!

詳しくは左下の自己紹介のサイトを見てください!

どのように祈ればよいのでしょうか?

2017-03-21 15:02:04 | 知恵ノートより

以下は過去の知恵袋で次の質問に対して回答したものです。

 

どのように祈ればよいのでしょうか?

 

 

回答:

 

詩編は祈りの形式の詩が多いですよね。例えば、詩編5編はこう始まっています。

「主よ、わたしの言葉に耳を傾け/つぶやきを聞き分けてください。わたしの王、わたしの神よ/助けを求めて叫ぶ声を聞いてください。あなたに向かって祈ります。主よ、朝ごとに、わたしの声を聞いてください。朝ごとに、わたしは御前に訴え出て/あなたを仰ぎ望みます。・・・」詩編5:1-3。

「つぶやき」(他の訳では「ため息」)とか「助けを求めて叫ぶ声」ともあるように、この詩編の作者のダビデは神に心を注ぎ出して自分の本音を語りました。悩みを打ち明けた、とも言えますね。

ですから、苦しい時、悩みのある時、神に率直にその気持ちを打ち明けるのはよいことです。もちろん、悩み以外でも語りかけることはできます。私の場合は、形式にはこだわらず、他の人間と話すようにして話しかけます。もちろん、敬意も込めて。確かに、神は目に見えませんが、それは電話で友人と話しているのと同じようなものだとみなしてください。 私は、車を運転しながら、歩きながらでも、必要があれば、神に語りかけますよ。イエス・キリストに子供たちでも安心して近づいてきたのと同じく、その御父である神は近づきやすく、懐が深くて愛情深い方です。

心の中のすべてを注ぎ出して祈ると、「しゃべった」と「聞いてもらった」という安堵感が生じます。また、祈りの際に心の中にあるものを一旦言語化することにより、心の中のごちゃごちゃがある程度整理整頓されるという効果もあります。神は最高のカウンセラーとなってくださいます。神は心の構造をよく知っておられ、私たちのこんがらがった感情を元に戻すにはどうしたらよいかを教えることがおできになります。


詳しくは・・・

神への祈りにはどんな効果がありますか?
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n153167

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天地創造の目的、神のみ名の... | トップ | 宗教とは何か? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。