エホバの証人再考

まもなくイエス・キリストは再びこの組織を検分されます!

詳しくは左下の自己紹介のサイトを見てください!

元エホバの証人のyangmaskとは? その① 組織を認めているのか認めていないのか?

2017-04-06 10:57:18 | 知恵ノートより

これは最近、ある質問者さんと私yangmaskが知恵袋上でやりとりしたものをまとめたものです。

 

 

質問:

 

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11106354676 より

 

あなたが復帰したがっている組織が禁止していることをあえて信者にも勧めているあなたは一体何がしたいのでしょう。


あなたは、「私の書いた論文は難しいのでエホバの証人でないと理解できない。」と言いました。ということは、エホバの証人向けにつくったサイトであるはずです。でも、どうやら協会は排斥者や背教者がつくるサイト、文章、書籍に目を向けるべきでないと禁止してるんですよね。あなたが心からエホバの協会を真の組織と信じてるなら禁止されてることをやっちゃだめじゃないですか。

___

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13106366633 より


① あなたは心からエホバの協会を真の組織と信じてるようですが、「排斥者は自己の考えを信者に語るべきではない。」としている協会の禁止事項に違反しても罪悪感はないのですか?

 

----------------------------------------------

yangmaskの回答:

 

はい、ありません。

正確に言うと、現在、組織が何かを私に拘束することはできないという状況です。つまり、排斥されて以来、私は組織に対しては自由の身であるということです。とはいえ、神の義に反することを犯しているという認識はありません。同じような状況で使徒パウロも同じことを言いました。

「そこで、パウロは最高法院の議員たちを見つめて言った。「兄弟たち、わたしは今日に至るまで、あくまでも良心に従って神の前で生きてきました。」 すると、大祭司アナニアは、パウロの近くに立っていた者たちに、彼の口を打つように命じた」。 使徒23:1-2。

----------------------------------------------

さらに質問:


② あなたは自身のことを排斥者であって背教者でないと考えているようですが、一般信者はあなたが背教者として行動していると見なすでしょう。私が信者なら私もそう考えるはずです。その点についてあなたはどのような弁明をするつもりですか?

 

----------------------------------------------

yangmaskの回答:


神の真の僕たちは当時の主流派から背教者とみなされてきたというのが聖書の史実です。

私が組織から背教者とみなされているという自覚はあります。というのも、そもそも私の排斥処置は「背教の罪」という名目でなされたからです。とはいえ、イエスもその弟子たちも当時の主流派のイスラエル人(大祭司やパリサイ人たちなど)から異端、背教者とみなされていました。それは、エホバの証人も同じで、キリスト教の主流派からは未だに異端とみなされています。ですから、だれが本当に義を行なっているかは、だれか人間が決めることではなく、神ご自身がいずれ証しされることだと考えています。

 

----------------------------------------------

上の回答を受けて、さらに質問:

 

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11106413531 より


Q1 あなたはエホバの証人の組織が神に認められた唯一の組織だと考えていて、復帰することを願っていると言ってませんでしたか? もしそうなら、組織の方針に従わないのは変ですよ。

 

----------------------------------------------

yangmaskの回答:

 

というよりも、そもそも、私は組織内の間違いを指摘し、それを放置しておくなら、エホバ神の処罰が臨むことになるので改善すべきだと繰り返し主張してきた結果、排斥されたわけです。その立場・主張は今でも変わっておらず、私としては組織が率直に自らの間違いを認めて神からの裁きを回避することを願っています。私は現在の組織の方針には一部間違っている部分がある(神からの処罰が臨むほどに)と考えています。

これは使徒たちが示した以下の精神に倣ったものです。

「神に従わないであなたがた(人間の指導者)に従うことが、神の前に正しいかどうか、考えてください。わたしたちは、見たことや聞いたことを話さないではいられないのです。」 使徒4:19-20。

同じように、私は人間の指導者の間違った方針にではなく、聖書に基づく神の義を優先させてきたと考えています。

 

----------------------------------------------

さらに質問:

 

Q2 ユダヤ教でもキリスト教でもいいんですが、主流派と呼ばれてもそれが真の神の組織である証拠とならないわけですよね?

 

----------------------------------------------

yangmaskの回答:

 

この件については、見解の相違があっても仕方がないと思います。その点はご了承いただきたいと思います。確かに、エホバの証人が神の組織であると考える人だけに通用する話かもしれません。しかし、私がそう考えている根拠については例のサイトの「エホバの証人は真のクリスチャンか?-彼らの間違いは聖書預言の成就」でも説明されているとおりです。盲目的に信じているというわけではありません。

 

参照:https://sites.google.com/site/jwbibleprophesy/christians

 

----------------------------------------------

さらに質問:

 

Q3 ・・・

>>ですから、だれが本当に義を行なっているかは、だれか人間が決めることではなく、神ご自身がいずれ証しされることだと考えています。(上で答えた私の回答)

誰が本当に義を行なってるか神が証明する結果まちならそれはもう導きじゃない。
えらく無責任な神ですね。


----------------------------------------------

yangmaskの回答:


実は、それには神の明確な意図があると私は考えています。1世紀のイエスの時もそうでしたが、人間の主流派が述べることに他の人々は盲目的に追従する傾向があります。しかし、主流派が実は間違っていて、異端とみなされている人たちの方が正当であるという場合、単なる権威者への盲従だけでは本物にたどり着くことができません。つまり、正義を神に尋ね求める真に識別力のある人だけが正しい答えにたどり着けるようになっています。これが神によるふるい分けです。


----------------------------------------------

さらに質問:

 

腐敗してるエホバから背教扱いされてるあなただけど実は神に認められてるってこと? それとも、キリスト教から異端視されてる、腐敗したエホバ組織でも実は神に認められてるっとこと?


----------------------------------------------

yangmaskの回答:


なるほど、ようやく意味が分かりました。キリスト教会から異端視されていても、エホバの証人は神の組織であるというのが私の見解です。しかし、聖書預言は、エホバの証人の組織は今「腐敗」の時期にあり、彼らが異端、背教者とみなす者たちの中から神が「預言者エリヤ」を起こして神の民(エホバの証人)に悔い改めるよう警告することを示しています。

恐らく、神の組織=常に清廉潔白なはず、という考えが根底にあるのかもしれません。しかし、聖書の歴史によると、神の組織は「拡大→腐敗→精錬→拡大・・・」を繰り返しています。エホバの証人の組織が今「腐敗」していても、未だ神から決定的に退けられてはおらず、しかし、間もなく彼らは裁きを受ける、(ゆえに、今のところはまだ神の組織である)というのが、私の見解です。


----------------------------------------------

さらに質問:

 

Q4 この説明で背教者でない弁明になってるんですか?

 

----------------------------------------------

yangmaskの回答:


人からどのように評価されるかは重要ではないと考えています。イエスや使徒たちの場合もそうでしたので。たとえ、私がエホバの証人の組織に対する「背教者」とみなされているとしても、神とキリストがそれを不義とするかどうかはまた別の問題であると考えています。

 

②に続きます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 淫行やポルノを克服するには? | トップ | 元エホバの証人のyangmaskと... »

コメントを投稿

知恵ノートより」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。