エホバの証人再考

まもなくイエス・キリストは再びこの組織を検分されます!

詳しくは左下の自己紹介のサイトを見てください!

日々の聖句 6/16

2016-10-15 17:52:14 | 日々の聖句(再掲載)

http://wol.jw.org/ja/wol/dt/r7/lp-j/2016/6/16
より引用。

ーーーーー

6月16日,木曜日

あなた方の目を高く上げて見よ。だれがこれらのものを創造したのか。―イザ 40:26。

ーーーーー

米国テキサス州のヒューストン・クロニクル紙は,最近の研究によると恒星の数は「3,000垓,つまり……3の後に0が23個ついた数」である,と述べています。

恒星は組織されて銀河を形成しており,銀河には何十億あるいは何兆もの恒星と多くの惑星が含まれています。大半の銀河は組織されて銀河団を,そして銀河団はさらに大きな超銀河団を形成しています。

義にかなった天の霊者たちと同じく,物質の天も見事に組織されています。(ダニ 7:10)ですから,エホバは地上の僕たちも組織なさる,と考えるのは妥当なことです。

僕たちには極めて重要な務めがあり,秩序を保つのはとても大切なことです。エホバの崇拝者たちがこれまで築いてきた忠実な奉仕の立派な記録を見てみると,エホバが確かに共におられ,「無秩序の神ではなく,平和の神」であることが分かります。―コリ一 14:33,40。

塔14 5/15 3:3,4


ーーーーー

★yangmaskの注解

では、エホバは、今後、どのようにご自分の地上の民を組織して行かれるのでしょうか? いずれ油注がれた残りの者は全員、天へ行くことになります。その後、地上に残ったほかの羊の大群衆を導く指導者は誰になるのでしょうか。つまり、統治体の後継者となるのは誰ですか?

例えば、モーセは約束の地に入れませんでしたが、代わりにヨシュアが新しく任命されて神の民を約束の地に導き入れました。同様に、油注がれた残りの者は全員天へ行くため新しい地には入りませんが、彼らに代わって、大群衆を新しい地に導き入れるヨシュアのような新しい指導者が起こされるはずです。

ーー

ところが、聖書物語による預言的なシナリオによると、この後継者には、2人の候補が立てられます。私は、その2人を「ヤコブ級」と「エサウ級」と呼んでいます。もちろん、創世記27章のシナリオ通り、兄である「エサウ級」は退けられ、弟である「ヤコブ級」が祝福を受け継ぎます。

それは、列王第一1章でも同じです。ダビデ王の後継者として、兄アドニヤは退けられ、弟ソロモンが任命されました。ローマ9:6-12には、「選びに関する神の意図」は、「年上の者(兄)が年下の者(弟)の奴隷となる」とあり、上記の2つの後継者選びの例でもその通りに、弟の方が選ばれました。

ーー

問題は、それが私たち各人に及ぼす影響です。シナリオをざっくり述べると、「まずエサウ級が優勢、ヤコブ級は忍耐。その後、突如、逆転が起こり、エサウ級は退けられ、ヤコブ級が新しい指導者として正式に任命される」という感じになります。これは2つの物語から総合的に割り出したシナリオです。そして、今は、前半の「エサウ級優勢、ヤコブ級忍耐」の時期なのです。

さて、列王第一1章で、兄アドニヤに加担していた祭司長アビヤタルや、軍の長ヨアブなどは、大変有力な立場にあったにもかかわらず、処罰されたり、追放されたりしました。そうです、今、この時期に、どちらの側を支持するかで、私たち各人に対する裁きが良いものにも悪いものにもなり得るということです。

では、ヤコブ級とは誰ですか。また、エサウ級とは誰ですか。そして、どうすれば、エホバ神の是認を得る選択ができるでしょうか。ものみの塔の注解のコリント第一14:33にある通り、エホバが今後どのようにご自分の民を組織されていくのかに強い関心を持ちましょう!

ここでは詳述しませんが、是非、その点をエホバ神に尋ね求めつつ、聖書預言を注意深く調べてみてください。下記リンクも参照のこと。

https://sites.google.com/site/jwbibleprophesy/06
https://sites.google.com/site/jwbibleprophesy/matome1

ーーーーー

★編集後記

少し前に、私のサイトの基礎的な論文を詳しく説明しましたね。

http://ameblo.jp/yangmask/themeentrylist-1-10098472107.html

何度も言うようですが、ヤコブ級に関する理解は、聖書預言を解明するカギとなっていますから、是非、しっかりと得心しておいてくださいね。

ーー

ヤコブ級の位置付けは、以下の通りです。

アブラハム ー イサク ー ヤコブ の実体は、
エホバ神 ー イエス・キリスト ー ヤコブ級 です。

ーー

さらに詳細を挙げると、

アブラハム ー 妻サラ(第1世代)は、
エホバ神 ー 上なるエルサレム(天使たちの組織・天の女)

イサク ー 妻リベカ(第2世代)は、
イエス・キリスト ー 14万4000人の油注がれたクリスチャン(キリストの花嫁)

ヤコブ ー その妻たち(複数)(第3世代)は、
ヤコブ級 ー ほかの羊の大群衆

ヤコブの12人の息子たち は、
復活してくる人類の12部族

を表わしています。

ーー

ヤコブ級は、ヨシュアと同じように、大群衆をハルマゲドンから新しい地へと導き入れます。そして、彼は、地上で最も大いなる者となるでしょう。

それで、1世紀にイエス・キリスト(第2世代)が、当時の聖書預言を解明する重要なカギであったのと同じように、約2000年を経た後の、現代のこの終わりの日には、第3世代のヤコブ級に関する理解が、今後の聖書預言の成就を見極めるカギとなるのです。

1世紀には、聖書に精通していたにもかかわらず、イエスをかたくなに退けたゆえに、真の理解に達しなかった人々が大勢いましたね。同様に、今、聖書をどれほど研究していても、ヤコブ級に関する理解を得ているのでなければ、決して聖書預言の新しい理解は解けないようになっています。

ーー

例えば、実際、統治体は、1988年発行の「啓示の書の最高潮」の書籍以来、啓示の書についての新しい理解を示しましたか。あるいは、1991年にソ連が崩壊して以来、現在の北の王の実体を名指しで特定してきたでしょうか。

JW組織は、未だに、大いなるバビロンの滅び「以後」のことについてしか念頭にありません。しかし、それは、30年前の理解なのです。一方、今までに説明してきたように、今や、大いなるバビロンの滅び「以前」の詳細がすでに明らかにされています。

つまり、大いなるバビロンの滅びの前に、神の民であるJW組織が一番最初に裁かれるのです。ところが、統治体は、霊的な居眠りに陥っているために、そのような裁きが臨むなどということは全然想定しておらず、その点では全く無防備です。

ゆえに、神の民JWは、不意を突かれます。そうです、イエスは、ご自分の予告通り、神の民が思わぬ時刻に来られるのです。

ーー

しかし、識別力のある人々であれば、不意を突かれる必要はありません。ですから、皆さんも、是非、ヤコブ級に関する理解を得て、イエスの検分に備えるべきことを、緊急感をもって認識されてください。そうすれば、まもなく、イエス・キリストが来られる時、恥じることなく、王を迎え入れる者となれるでしょう。その報いは大きいのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日々の聖句 6/15 | トップ | 日々の聖句 6/17 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。