エホバの証人再考

まもなくイエス・キリストは再びこの組織を検分されます!

詳しくは左下の自己紹介のサイトを見てください!

日々の聖句 6/14

2016-10-13 17:05:10 | 日々の聖句(再掲載)

http://wol.jw.org/ja/wol/dt/r7/lp-j/2016/6/14
より引用。

ーーーーー

6月14日,火曜日

彼らは……一つの群れ,一人の羊飼いとなります。―ヨハ 10:16。

ーーーーー

羊とやぎに関するイエスの例えによると,地的な希望を持つ人たちには,宣べ伝えて教える業においてイエスの油そそがれた兄弟たちを忠節に支える特権があります。(マタ 25:31‐46)

これら2つのグループは危機的なこの終わりの日の間,「一つの群れ」として共に働き,弟子を作る業を熱心に行ないます。

当然ながら,主人であるイエスは結果を期待します。1世紀の忠実な弟子たちは主人の持ち物を確実に増やしました。

この終わりの時はどうですか。イエスの忠実で熱心に働く僕たちは,宣べ伝えて弟子を作る業を史上最大の規模で行なってきました。その一致した努力の結果,毎年何十万人もの新しい弟子たちが王国宣明者の隊伍に加えられています。

ですから,宣べ伝えて教える業は,イエスが王国の王として臨在しておられるしるしの重要な特色となっています。主人であるイエスは喜んでおられるに違いありません。

塔15 3/15 3:9,10


ーーーーー

★yangmaskの注解

http://wol.jw.org/ja/wol/d/r7/lp-j/2015206

上記リンクが、今日のものみの塔の注解の元記事ですね。タラントの例えについての解説でした。その記事の11節には、「イエスが奴隷たちとの勘定を清算するために来るのは,大患難の終わりごろです」とありますが、これもまた統治体の霊的な居眠りの結果出てきた説明です。

むしろ、ペテロ第一4:17には、「今は、裁きが神の家から始まる定めの時」だとはっきり書かれています。大患難の際に、いの一番の真っ先に裁かれるのは、他ならぬJW組織なのです。統治体は居眠りしていて、自分たちの組織がイエスによって厳罰されるという事態を想定できていません。

その証拠に、上の同記事の15節でこうも述べています。

「イエスは,忠実で思慮深い奴隷の例えの中で,仲間の奴隷たちをたたくよこしまな奴隷について述べておられます。しかしそれは,よこしまな奴隷級が現われるという予告ではありませんでした。イエスは忠実な奴隷に対して,よこしまな奴隷の特質を示してはならない,と警告していたのです。十人の処女の例えでも,イエスが言おうとしていたのは,油そそがれた追随者たちの半数が5人の愚かな処女のようになる,ということではありません。注意を怠って準備を整えていないならどうなるかを,霊的な兄弟たちに警告していたのです」。

(引用終わり)。

全く(自分勝手に)ポジティブな見解です。「よこしまな奴隷」や「愚かな処女」が、祝福された油注がれた残りの者から起きるわけがないでしょう?と言いたいのでしょう。しかし、あのイエスの直弟子であった12使徒からでさえも、ユダ・イスカリオテのような厚顔な裏切り者が出たのはありませんか。それを考えると、上記のような統治体の認識は、全く油断しきっているもので、警戒を怠らず目覚めて見張っているというものではとてもありません。

よければ、エレミヤ6:13-15を読んでみてください。これが、今のJW組織の状態です。「彼らはわたしの民の崩壊を軽くいやそうとして、平和がないのに、「平和だ! 平和だ!」と言う」とある通りです。そのような虚偽に惑わされるべきではありません。

ーー

・・・と、とても手厳しく統治体の霊的居眠りを指摘しましたが、とはいえ、それでもやはり、彼らはイエスの立てられた霊的な経路です。ゆえに、彼らの示す情報や教えや指示に耳を傾けるべきです。実際に、健全で有益な資料等も彼らは忠実に供給しています。

とはいえ、時折、統治体は、霊的な居眠りをどどどっと露呈するような事(特に「JW組織に悪い事は起きない」という前提の発言)を言うことがあるので、その点はフィルターをかけて聞く必要があるでしょう。イエスが「書士とパリサイ人たちはモーセの座に座っています。それゆえ,彼らがあなた方に告げることはみな行ない,また守りなさい。しかし,その行ないに倣ってはなりません」と言われた通りです。(マタイ23:2-3)。

彼を反面教師として、私たち各自は「今後、JW組織(神の家、神の民)が、イエスによって大変厳しく裁かれる」という認識に立ち、それに対する備えをしていなければなりません。そうしていないなら、結局は彼らと同じ「居眠り」組ということになってしまいます。

では、具体的にどう備えることができるのかは、下記リンクを参考にしてみてください。

https://sites.google.com/site/jwbibleprophesy/now

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日々の聖句 6/13 | トップ | 日々の聖句 6/15 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。