エホバの証人再考

まもなくイエス・キリストは再びこの組織を検分されます!

詳しくは左下の自己紹介のサイトを見てください!

日々の聖句 6/9

2016-10-08 17:05:47 | 日々の聖句(再掲載)

http://wol.jw.org/ja/wol/dt/r7/lp-j/2016/6/9
より引用。

ーーーーー

6月9日,木曜日

あなたの王座は,定めのない時までも堅く立てられたものとなる。―サム二 7:16。

ーーーーー

エホバはダビデがエルサレムで統治していた時にこの契約を結び,メシアがダビデの家系から出ることを約束しました。(ルカ 1:30‐33)

このようにしてエホバは,女の子孫が出る家系をさらに狭め,ダビデの家系に属する者が,メシアの王国の王座に就く「法的権利」を持つことを定められました。(エゼ 21:25‐27)

ダビデの王権はイエスを通して,「定めのない時にわたって堅く立てられる」ことになります。(詩 89:34‐37)そうです,メシアによる支配は決して腐敗することがなく,その支配が成し遂げる事柄は永続します。

ダビデの契約は,女の子孫が確かに王の役割を担うことを示していますが,王だけでは,あらゆる国の人々に祝福をもたらすことはできません。(創 3:15)あらゆる国の人々が真の祝福を受けるには,罪深い状態から解放され,エホバの宇宙的な家族の一員とされなければなりません。

それを成し遂げるには,女の子孫が祭司の立場で奉仕することも必要になります。

塔14 10/15 1:14,15


ーーーーー

★yangmaskの注解

今日の聖句は、ダビデの家系からメシア王国の王が出るということでした。別の観点からの考察になりますが、実は、アベルから始まって、まさに現代に至るまで、「義人たちの系譜(霊的な家系図)」というものがあります。主立った人々を時代順に挙げると以下の通りです。

ーー

(大洪水前)
アベル、エノク
ノア、セム

(大洪水後)
アブラハム、イサク、ヤコブ、ヨセフ
モーセ、ヨシュア
裁き人たち
サムエル、ダビデ
エリヤ、エリシャ、イザヤ、エレミヤなどの預言者たち

(捕囚後)
エゼキエル、ダニエル
モルデカイ、エステル

(1世紀)
バプテストのヨハネ
イエス、使徒たち

(20世紀)
C・T・ラッセル、J・F・ラザフォード、ネイサン・H・ノアなどJW

ーーーーー

もちろん、上記は、主立った指導的な人物であって、これらの「義人たちの系譜(霊的な家系図)」には、その他の無数の義なる人々も含まれます。例えば、ナアマンにエリシャのことを教えたイスラエルの少女や、イエスに褒められたわずかな値の寄付をしたやもめなどもそのような系譜に含まれることでしょう。

要は、義人たちの考え方、生き方というのは、各々の時代時代に伝えられ、伝承されていったということです。

それで、義人たちの系譜に連なる、今、この時代の「継承者」は誰なのか?を見極めなければなりません。私が説明する聖書預言によると、今の時代に、神の民が腐敗し、ヤコブ級とエサウ級とが生じることが示されています。ヤコブ級は祝福を受け継ぎますが、エサウ級は退けられ、義人たちの系譜からは除外されてしまうのです。

つまり、ふるい分けが生じます。義人たちの「継承者」となり、神の祝福を受け継ぐには、それ相応の試練を乗り越えなければなりません。

ーー

まあ、まずは、今の時代の「継承者」が誰かを見極め、その経路から義人に関する考え方、生き方を学ぶ必要があるでしょう。その点で、下記リンクを参考にしてみてください。

ヤコブ級とエサウ級について
https://sites.google.com/site/jwbibleprophesy/06

JWが神の民であることについて
https://sites.google.com/site/jwbibleprophesy/christians

ーーーーー

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日々の聖句 6/8 | トップ | 日々の聖句 6/10 »

コメントを投稿

日々の聖句(再掲載)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。