エホバの証人再考

まもなくイエス・キリストは再びこの組織を検分されます!

詳しくは左下の自己紹介のサイトを見てください!

聖書の教理概要⑥-神との個人的な関係を築く

2017-03-15 14:35:51 | 聖書研究に役立つ資料
聖書の教理概要⑥-神との個人的な関係を築く
2017.03.15.


聖書の教理概要⑤-神聖な神に近づくための贖いの犠牲」では、神に近づくための条件が示されました。それは、イエスの贖いの犠牲に信仰を持ち、自分の罪を悔い改めて、神の義のおきてを実践することによりました。では、その条件をクリアできたとして、具体的には、どのようにして神に近づくことができますか?

例えば、私たち人間どうしが互いに自己紹介して、友達になる場合、自分の名前とプロフィールを話すのではないでしょうか。同様に、神ご自身も、聖書を通して、ご自分のお名前とプロフィールを知らせてくださっています。

★神に個人的に近づく。つまり、友人になる。
★まずは、名前とプロフィールを知ろう。


まずは、神のお名前を知っておきましょう。

神のお名前は、実は、旧約聖書の原文の中に約7000回出てきます。それは、ヘブライ語で書かれており、英語のアルファベットで表現すると、YHWH、あるいは、JHVHです。ヘブライ語では、子音のみを記し、母音を記さないので、正確な発音は失われてしまいました。しかし、ある人々は、それをエホバとか、ヤハウェなどと音読しています。

確かに、それらは正確な発音とは異なるかもしれません。しかし、例えば、イエス・キリストも、英語では、ジーザス・クライストと呼ばれているように、言語により、同一人物の名前でも発音が若干異なることはよく知られた事実です。それに、そもそも神は、そのような発音の違いが分からないほど識別力が乏しい方ではありませんし、また、そのような違いを受け入れられないほど心の狭い方でもありません。

それにしても、神のお名前は神聖なものであるゆえ、神に選ばれた聖なる僕たちでなければ、それを用いることを許されないでしょう。それでもし、あなたが、神から是認され、選ばれた聖なる僕となることを希望しているのであれば、神にその聖なるお名前をもって呼びかけてみるとよいでしょう。そして、あなたの祈りが、その御心にかなっているのであれば、あるいは、あなたも聖なる僕となるように召しがあるかもしれません。

★神のお名前は、YHWH。
★神の聖なる僕となることを希望するなら、その聖なる名をもって呼びかけてみよう。


次に、神のプロフィールを見てみましょう。

まず、神は何と言っても愛のある方です。人間を造られたゆえに、神は私たちの天の父であると言うことができます。神は善良な者にも邪悪な者にも、太陽や雨などの大自然の恵みを与え、生きていけるようにしてくださっています。神の造った動植物には、神の愛情深さがよく表現されており、人はよく、それらに感動を覚えるものです。美しい花やおいしい果物など、それらはまさに私たちへのプレゼントであり、愛情の証しなのです。

また、神は非常に知恵のある方でもあります。この大宇宙の中にあるすべての物を神がお造りになりました。つまり、それらすべての、つまり、原子や遺伝子なども含めて、あらゆる物の仕組みをよく理解しておられるということです。それは物質レベルの範囲内にとどまらず、生命力や人の心の構造さえも含まれます。また、人は、遠い銀河の過去の姿を観察できるに過ぎませんが、一方、神は、全宇宙をその聖霊により、リアルタイムで把握しておられます。さらに、何百万人もの人々が同時に祈っても、それらすべてを同時に聞くこともおできになります。

神の主な特質は、「愛、公正、知恵、力」と言われています。ここでは、ほんのわずかな例を取り上げましたが、聖書を読んでいくごとに、神の偉大で魅力的な性格が理解できるようになるでしょう。

★神の特質は、愛、公正、知恵、力。
★聖書を読めば読むほど、神の特質をより深く知ることができる。


 
上記にて、名前とプロフィールを知ることができました。しかし、例えば、有名人の名前とプロフィールを知ったからといって、ただそれだけでその人と友人になれたと言えるでしょうか。いいえ、そうとは言えません。やはり、その人と直に話し合って、意志を通わせて初めて、友人になったと言えるわけです。

同様に、神との個人的な関係を築き、友人となっていただくには、直接、意志を通わせることが絶対に必要です。その点を「聖書から益を得る方法」にて説明しましたが、もう一度、振り返ってみましょう。以下に引用します。

(以下、引用)。

聖書は、神の言葉・メッセージであり、神からの手紙です。一方、私たち人間の方からは、神に向かって祈ることにより、自分の思いを伝えることができます。つまり、あなたは祈りによって神に話し、また、神は聖書を通し、また聖霊によって導くことにより、あなたにそのご意志を伝えます。

あなたはそのようにして、神との会話を楽しむことができるようになります。例えば、この世の中には、話し言葉の他に、手話や、モールス信号といった、互いの意志を交換するための方法が数知れずあります。この祈りと聖書研究も、見えない神との意志を通わせる方法で、実際に、それを体得することで、人は神の存在を身近なものとして認識できるようになります。つまり、神と友人になれるのです。私たちにとって、これほどまでに心強い友人は他にいないでしょう。

(引用終わり)。

★聖書研究と祈りによって、神と直接的な会話をしよう。



ここで、祈りについて、もう少し詳しく述べておきたいと思います。

神への祈りの仕方としては、私室で行なう個人的な祈りの場合、特段、服装とか姿勢などに気を使う必要はないかと思います。もちろん、聖なる神に対してふさわしい態度を取るべきではありますが、神に近づくにつれて、だんだん「お父さん」との会話に近い状態になっていくことに気が付くでしょう。私の場合、神のお名前YHWHをもって呼びかけることもありますが、「お父さん」と言うこともしばしばです。それは、イエス・キリストの場合もそうでした。

祈りの内容は、自分の思うことすべてをそのまま、包み隠すことなく注ぎ出すてよいです。それを「吐露」すると言います。神は私たちの愛ある天の父ですから、それらを快く愛をもって受け入れてくださることに信仰を置いてください。時には、自分の心の中に、利己的な、あるいは不敬とも思えるような事柄が上ってくることもあるでしょう。しかし、それらをも隠すことなく、天の父の前に注ぎ出すことで、あなたは本当のさわやかさを得ることになるでしょう。

人は、特に悩んでいる時、心のごちゃごちゃした混乱した状態に苦しみます。ストレスが溜まっている状態とも言えます。そして、それらをそのままにしておくと、爆発して、暴言や八つ当たり的な無謀な行動へと駆り立てられることもしばしばです。しかし、そういう心のごちゃごちゃ状態を吐露して、一旦「言語化」すると、心の中は整理整頓され、スッキリするのです。また、しゃべった(吐き出した)、話を聞いてもらった、ということで慰めと安堵感を覚えます。まさに、これが神のカウンセリングです!

神は、24時間、どこからでも、どんな状態からでも、あなたからの祈りを待っておられます。あなた以上にあなたのことを知っておられ、私たちに愛情を抱いておられる方が待っておられるのです。ですから、是非、事あるごとに、神に語りかけましょう。もちろん、悩める時以外にも、楽しかったことや学べたこと、感謝したことなどを共有していくのも、神との友情を育む上で大切なことです。

★子供が優しいパパに話しかけるかのように、
  リラックスして、でも、包み隠すことなく、話しかけましょう。
★「吐露」、「言語化」は、心のごちゃごちゃ、ストレスを解消するための鍵。
  神からのカウンセリングを受けましょう。



では、具体的に何をすべきですか?

☆神と直接的な会話を定期的に行ないましょう。

その方法は、聖書研究と祈りによります。これに尽きます。

☆聖書通読を毎日の習慣としましょう。

神の特質をもっともっと深く知るには、聖書を詳しく調べる必要があります。聖書通読は、一時期に一気にどどっとするものではなく、毎日毎日、コツコツを少しずつ積み上げていくようにして読んでいくべきものです。ですから、聖書通読を毎日の習慣としましょう。

☆包み隠すことなく心からの祈りを注ぎ出しましょう。

心からの吐露は、神に対する信頼の表明でもあります。神はその信頼に対して、必ずやお応えになるでしょう。しかし、逆に、隠し事をしながら祈ったとしても、神はそれらをすでに見通しておられるのであり、その祈りをお喜びにはならないかもしれません。



そのようにして、皆さんも、天の父なる神に近づき、その優しさから慰めとは励みを得られますように。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖書の教理概要⑤-神聖な神に... | トップ | 宗教は信じるに値するか? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。