エホバの証人再考

まもなくイエス・キリストは再びこの組織を検分されます!

詳しくは左下の自己紹介のサイトを見てください!

聖書の神は唯一の存在ですか?

2017-02-13 14:09:02 | 知恵ノートより

以下は過去の知恵袋で次の質問に対して回答したものです。

 

神は唯一の存在ですか?

 

 

回答:

 

イエスはお答えになった。「第一の掟は、これである。『イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』 マルコ12:29-30。

イエスは申命記6:4を引用して上のように答えました。イエスは神が「唯一の主」であると理解していました。
-

御子イエスは御父なる神とは異なるという点について・・・

コロサイ1:15についてはこうなっていますね。

「御子は、見えない神の姿であり、すべてのものが造られる前に生まれた方です。」新共同訳。

つまり、御子イエスはある時点で「生まれた方」です。それ以前には存在していませんでした。ゆえに、父と子は別個の存在であると言えます。

続く節はこうですね。

「天にあるものも地にあるものも、見えるものも見えないものも、王座も主権も、支配も権威も、万物は御子において造られたからです。つまり、万物は御子によって、御子のために造られました。」コロサイ1:16。

この聖句にあるように、御子イエスは神から用いられ、他のあらゆるものを創造する業に用いられました。それは、男が女に胤を与え、女が子を宿して生み出すというのと同じです。神が設計と力を御子に授け、それに基づいて御子が万物を造ったのです。ゆえに、御子イエスは神にとって他の天使たちとは異なる特別な存在でした。

私たちはエルサレムの神殿をソロモン王が建てたと言いますね。しかし、ソロモンが一人でトンカチトンカチと造ったのではありません。実際に造ったのは彼の僕たちでした。しかし、その神殿を造るための指示や資力などはソロモンから出ており、その建設プロジェクトの最高責任者であるゆえに、「ソロモンが神殿を建てた」と言うのです。同じように、天地万物は神(最高責任者、指令者)の指示により御子イエス(作業者)が造ったゆえに、「神が天と地を創造した」と言い得るのです。
-



地上に来る前のイエスは大天使長ミカエルと呼ばれています。以下、彼の動きを追っていってみましょう。

「イスラエルの部隊に先立って進んでいた神の御使いは、移動して彼らの後ろを行き、彼らの前にあった雲の柱も移動して後ろに立ち、エジプトの陣とイスラエルの陣との間に入った。」出エジプト記14:19-20。

「見よ、わたしはあなたの前に使いを遣わして、あなたを道で守らせ、わたしの備えた場所に導かせる。」出エジプト記23:20。

「ヨシュアがエリコのそばにいたときのことである。彼が目を上げて、見ると、前方に抜き身の剣を手にした一人の男がこちらに向かって立っていた。ヨシュアが歩み寄って、「あなたは味方か、それとも敵か」と問いかけると、彼は答えた。「いや。わたしは主の軍の将軍である。今、着いたところだ。」 」ヨシュア5:13-14。

「その時、大天使長ミカエルが立つ。彼はお前の民の子らを守護する。」ダニエル12:1。

「御使のかしらミカエルは、モーセの死体について悪魔と論じ争った時、相手をののしりさばくことはあえてせず、ただ、「主がおまえを戒めて下さるように」と言っただけであった。」ユダ9。
-

このように、「主の軍の将軍(天使)」、「大天使長」、「御使い(天使)のかしら」とは、天使たちの中で最も位の高い者のことを指しています。つまり、それは至高の神エホバに次ぐ地位にあたる御子イエス・キリストの天使形態のことなのです。

ですから、イエスは御父なる神とは別個の存在者であるということができます。神は唯一の存在です。それは冒頭で挙げたように、申命記6:4を引用したイエス・キリストと同じ理解です。


以下もご参照ください。

すべての教会の長はイエス・キリストですか?
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n156297

諸教会は聖書に忠実ですか? 聖書に忠実であるべきですか?
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n156383

その他
https://sites.google.com/site/jwbibleprophesy/tienote

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神が実際にいることをどのよ... | トップ | 神は信じていない者をも救い... »

コメントを投稿

知恵ノートより」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。