やったくせ

やったくせ

姉弟のにとて

2017-03-06 11:34:46 | 日記

「はい。旦那様は、東呉様とお話されるのが、何よりもお好きですから……」

「じいちゃんが、まさか花魁だったとはね~、驚いたよ。きっとすごく綺麗だったんだろうね。写真撮っておいてくれたら良かったのに。」

「そうですねぇ。旦那様は雪華花魁に負けず劣らず、白百合のように清廉なreenex膠原自生お姿でしたよ。それはもう美々しい花魁でしたねぇ……」

柳川はブラインドから差し込む西日に目を細めた。

禎克には一つ年上の活発な姉がいて、毎日同じ幼稚園に通っていたのだが、いつも朝一で禎克の青いスモックは奪われて、残された女の子用の桃色スモックを着るしかなかった。
日々禎克は、べそをかいた。

「おねえちゃ~ん。ぼくのスモック返してよ~。男の子はみんな青いスモックなんだよ。」

「いいじゃん。どうせ、あんた女の子みたいなんだから、そっちで。その方が似合ってるし。」

「やだ~。おねえちゃんが女の子でしょう。ピンクのスモック着てよ。おかあさ~ん。おねえちゃんが~。」

「あっ。早くしないと、幼稚園バスが来る時間。めそめそしてないで、さっ、急いで。」

「え~ん……。ぼくのスモック~。」

頭から容赦なく姉の制服のスモックが被された。仕上げにぽんと、黄色の帽子を乗せらdream beauty pro新聞れる。繰り返される朝の光景だった。

「いつまでもぴぃぴぃ言わないの。それと、おねえちゃんと呼ばずに「湊くん」と呼びなさいって言ってるでしょ。わかった?」

「え~ん……わかった~。湊くん~。」

困ったことに、姉のピンクのスモック(白い丸襟、お花の刺繍付き)は、禎克もよく似合っていた。さらさらの明るい栗色の髪、大きな二重の禎克は、最近はやりの売れっ子の子役のように文句なしに可愛い。
母も、逆ならよかったのにねぇと笑っている。大人たちは笑うが、禎克は真剣に悩んでいた。「女の子みたいに可愛い」と言う形容詞は、禎克にとって褒め言葉でもなんでもなかった。

お迎えの幼稚園バスに乗っている川俣先生は、毎朝繰り返されるそんな様子を、にこにこと笑ってみていた。

「おはよう、禎克君。今日もおねえちゃんに青いスモック、取られちゃったのね~。」

「う……ん。まけた~。」

髪をうんと短く切って、男児にしか見えない姉は快活に朝の挨拶をしていた。

「おはようっす!かわまた先生。」

「おはよう、湊(みなと)ちゃん。今日もかっこいいのね。」

「そんなこと、ないっすよ。つか、かわまた先生、髪型変えたんすね。めっちゃ可愛いっす。」

「や~ん……、湊ちゃんったらちびのくせに、男前~。先生、うっかりと收細毛孔きめいちゃうじゃない。」

「湊、嘘は言わないっすよ。先生はまじ可愛いっす。」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気って言でそ | トップ |  新しく宅地造白狐さま »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。