やったくせ

やったくせ

棒をゆは思

2017-05-18 12:24:18 | 日記

「そういえば、約束の百姓娘の方の水揚げは今日だったかな?」
「あの娘も江戸の水に馴染まずに、ずいぶん手を焼かせましたが、何とかものになりました。振袖新造の水揚げ代金、どうぞよろしくお願いいたします。初物はどれも、お高うございますよ。今宵の花魁道中も贅を尽くしたものになりそうです。」
「欲の皮の突っ張ったやつめ。よかろう、言い値を払ってやるから、足りぬ時は言え。」
「ありがとうございます。飛ぶ鳥を落とす勢いの薩摩さまなら、そうおっしゃっていただけると思っておりました。そろそろ支度もできた頃かと……様子を見てまいります。」

ぽんと煙管を煙草盆に打ち付けた時、どこかで「足抜けだ!」という声がした。
思わず大久保の腰が浮きそうになるのを見て、日向はふっと口角を上げた。

「おや。大久保さま。花魁道中よりも、思わぬ面白いものが見れそうでございますよ。御見物なさいますか。」
「ん?なんだ。」

日向に誘われて、大久保という男は窓に寄った。

「おお……!」

*****

直正が職探しに出ている間、伏していた一衛は誰かが叫ぶその声を聴いた。
そっと覗くと、塀の向こうで、一衛よりも年下と思しき娘が、血相を変え絢わず往来に走り出た。廓の外の大通りは、花魁道中の見物人も溢れて大騒動になっていた。
棒振りの牛太郎(自警団)が数人追いかけて、足抜け女郎を散々に打ちのめした後、肩に担いで娼館に戻ってくる。

「おらっ、じっとしねぇか。」
「このあま、せっかくの拵えが、水の泡だ。せっかくの水揚げだってのに、土壇場で逃げ出すとはふてぇあまだ。」
「花魁道中だってのに、なんてざまだ。」
「ぃやんだぁーー!」
「二度と足抜けなんぞできねぇように、きっちり身体に言って聞かせてくれるからな。」
「来い。」
「やんだぁーー。 やめてくだっしょ。」

涙にぬれた頬をこわばらせ、必死に叫ぶ。
一衛と視線が絡んだ気がした。

「兄(あ)にゃさん。助けてくだっしょ!ここんどこにいるのはやんだぁー。身を売りたくありゃしにぇー。おっ母つぁまーー!……」
「やかましいっ。静かにしねぇか。」

聞き覚えのある訛りを耳にし、一衛は何も考えず追手の前に立ちはだかっていた。

「下郎っ。その娘を離せ!」
「なっ、なんだ、てめぇは!」

いかつい棒振りの牛太郎も、きちんと基礎から学んだ武道には敵わない。
相手が打ち込んできた棒を奪うと、一衛はその場にしたたかに一薙ぎで打ち据えた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ず参加し羽はバ | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。