YANBO'S BLOG 「四季折々」
何や此れと日々徒然

大阪の街を中心に、写真を撮り歩いています。
<<IFRAME frameBorder="0" allowTransparency="true" height="60" width="468" marginHeight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2282525&pid=875207115" MarginWidth="0"></script><noscript></noscript></IFRAME>
 



入らへんって。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ソバカスなんて気にしないわ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ロシアンルーレットなのに一個から売ってる。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




仕事先で、婆さんがサボテンの葉っぱを落ちたまま放置している。

葉っぱから新芽や根っこも出てきている。
「新芽が出てますよ。」と拾って上げるとゴミ箱に捨てようとする。
せっかく生きてるのにと言うと、くれた。と言うか、押し付けられた。
仕事中に迷惑なのだが、せっかく生きているので貰ってきた。

100均でコップを買って、植えてみた。


水はほとんど要らないのだそうだ。

綺麗な花が咲くで無し、なんぼでも増えるんだそうだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




富士山、順光になるまで待って撮影。

撮るというより、撮らされるよなぁ。

日本人だなぁ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


道草  


寄り道って洲先か網干か?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




フィルムデュープを行う道具を100円ショップで買ってきた。

スマホアプリにポジネガ変換をするアプリが有るので、無料版をインストールします。

スマホの最短撮影距離より深いタッパウエアを買ってきます。

カルカル紙粘土、黒い絵の具、黒いビニールテープ、以上です。


タッパウエアの蓋の中央には成型時のヘソがあります。

この部分を外して、サンドペーパーで擦って白くなる迄傷をつけます。

蓋の凸凹を利用し、フィルムを入れるスリットを作ります。切れ目を入れるだけですが。

フィルムが当たるところ以外は、ビニールテープで遮光します。

タッパウエアの本体の底に穴を開けます。
位置は、蓋に取り付けたフィルムが映る位置です。

そして、ビニールテープで遮光します。


このままでは、タッパウエアの内面は白くツヤツヤなので、内面で反射してフィルムの表面が明るくなります。
そこで、黒い紙粘土で反射を抑えます。

また、蓋の裏面も見えないように紙粘土の形状を工夫します。

後は、パソコンの画面に青い画面を出すだけです。
ペイントを使うと色の調節がし易いです。

フィルムを蓋に通し、スマホのアプリで撮影します。

カラーがちゃんと表現できてるように、パソコンの画面の色を変えて調整します。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




あかん会社や。

お酒は20歳になってから。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




猫にフリースの上着をかけたら、死んだ。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




恩智川の猫

寒いのに坐っていたよ。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ