食べ物日記   元気 一番

健康へ気配りしながら主に食事を!

児童養護施設

2017-07-13 12:31:34 | 予算の使い方

 「あたりまえの生活」

 「先日引越をしました」という。一部の建物が老朽化して、補修が必要となったが、戦後すぐと現在とで設備に違いも大きいため、新しい土地に施設を計画し移りましたと。

 戦後すぐには戦争で縁者を失った児童が入所。ところが現在は、不登校・DV・保護者の精神疾患の児童だと。「あたりまえの生活」を知らない児童を、普通の児童に育てることが現在の施設(ホーム)の役割と。

 生後2.5か月の子供を虐待し死なせたニュースがあった。子供の育て方を知らない親だ。さて、子供があたりまえに育つには、5段階のことが必要だという。基本的な方から、食べられる、殴られない、愛情を感じて育つ、自分にもできると自信がつき、こんな人になりたいと目標を持つ。暴力環境で育つと、本心の「YES」「NO」が言えない。

 話しを聴いていて、「なるほど「あたりまえの生活」を知ることは大切であり、それを教えて育てることは案外難しい」と、考えさせられた。果たして私は、私の子供に、少し偏った「あたりまえの生活」を教えていないだろうか。少し色付きとなっていそうだ---。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エンゲル係数値に近づく | トップ | 「海の日」の海岸ゴミ拾い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL