Hirakata turezure 四季のなにわ

あるとき、ときどき、いろんな思いをふっと向ける事柄があります。

熱田神宮

2017年06月17日 | 日記
熱田神宮


6月14日、名古屋で仕事があった。一生懸命議論した。手は抜かない。名古屋弁では「がんばらんとかんよ」となる。まっ ほどほども 注入要かも。

さて、折角の機会を頂いたので自宅を早めに出て一度も行ったことがなかった名古屋、熱田神宮をお参りさせて頂いた。名古屋からはそんなに距離はない

今からさかのぼること457年前の6月12日、駿府、今川方による自軍「丸根砦」、「鷲津砦」への攻撃開始を聞いた清州城の織田信長は飛び起きた。明け、午前4時頃に小姓衆5騎のみを連れて 出発、朝8時頃、熱田神宮に到着したとされている。

その後、軍勢2,000〜3,000人を集結させ、この熱田神宮に戦勝祈願を行ったとされる。後は歴史的にも名高い桶狭間の合戦での奇跡の勝利とつながるのである。
このくだりは、山岡荘八「徳川家康」で繰り返し読んだ部分ではあるが、この戦いの起点ともなった熱田神宮、杜は想像以上に厳粛、壮大なる社であった。足を延ばしてよかったと思う。
合戦当日、大雨が降ったとされているが今の暦の6月12日であり、梅雨の大雨だったのかもしれない。お参りした時は、動画のとおり快晴で、名古屋にいることを忘れるようなカラッとした天気であった。馬のいななきが聞こえた。

「いななきは 熱田(あつた)の杜(もり)の 風の音」(柳子)
「疾走の 蹄(ひづめ)の音や 桶狭間(おけはざま)」(柳子) 






ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御堂筋開通80周年だそうである | トップ | フラット »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (歴史好き隠居マン)
2017-06-21 21:13:18
 先日のブラタモリ名古屋編で熱田神宮が取り上げられていました。
 そこで宮司がおもむろに持ってきたのは、信長、秀吉、家康の戦争祈願の書状。
凄い神社です。
Unknown (yanasun)
2017-06-24 14:47:55
その日に限ってその番組をスルーしてしまいました。その書状見たかったですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。