Hirakata turezure 四季のなにわ

あるとき、ときどき、いろんな思いをふっと向ける事柄があります。

鯉 穂谷川 明治橋の袂(たもと)

2016年10月17日 | 日記
鯉 穂谷川 明治橋の袂(たもと)


次いて日本列島に上陸した今夏の台風、また、珍しくなくなった集中豪雨によって各地が災害に見舞われた。
今年の雨量は昨年の1.7倍という数字がそれを物語っている。

そんな気象状況は当地枚方でも同じ傾向ではなかったと思う。雨が降った後しか水が流れていないような感じのする雨樋のような穂谷川が今年は水の流れが川らしく流れていた印象であった。

動画は京阪牧野駅に近い明治橋の橋上から撮影した。久しぶりに見る鯉の小さい群れである。雨による水の濁り、水流もあって天敵の川鵜もめったに見なかったし、子供らの侵入も少なかったのであろう。
ゆったりと遊泳している。

撮影後、しばらく経って観察したたこの遊泳地に多くの小魚が群れ、水面を光らせていた。産卵を終えたものと思う。
気が付かれないよう撮影は控えることにしその場を離れた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豪栄道豪太郎関 優勝パレー... | トップ | 謎の軟式ボール&東京タワー »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゴー隠居マン)
2016-10-20 10:39:00
 何気ない住宅地でコイが泳ぐ自然さっていいですよね。
つい見とれてしまいます。

最近なって、都会の川にもアユの遡上が見られるそうで、きっと街中の川も住みやすくなったのでしょうね。

尚、当ブログでまた店当てクイズを出しましたので、回答よそしく願います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。