美大生!ツカナの日常

ツイッターにて更新通知いたします!https://twitter.com/honchcrow8

二種類の石膏使い分け!ガラスで実験【後編】(キルンキャスト編)

2017-07-06 20:46:44 | 大学
前編

うす!いやー暑いっすね!アイス買いに行ったらガリガリ君のメロンパン味ってのがあったんですけど、おいしんですかねぇ。個人的にガリガリ君は梨とフォンダンショコラがおススメです。



さて!今回は好きな色ガラスで、粒の大きさの違いによる違いを実験するものを二つ、自由制作を二つ作ります。

同じ色を同じパーセンテージで入れて色の出方を見ていきます。選んだのは「サハラ色」。



ほんとに砂漠の砂みたいな色です。焼くとピンク色になるらしいんだけど?

今回は3%にしました。



パウダーには必要ありませんが、粒ガラスに色をつける場合はきりふきで水をかけ、シャカシャカ振って全体にムラ無く混ぜます。



作品ならわざと色ムラを作るのも面白いですが、今回はよく混ぜてしまいます。



自由制作には金属を使うことにしました。金属…というか、異物入れるの好きなんですよ。一年生の時もキルンキャストで二回とも針金使ったりしました。

今回はプロダクト科の先生に「ゴミ箱から銅版とアルミ板パクっていいすか」と訊きにいって、ちゃんと許可をもらってから持ってきましたんでね。

都合の悪いことに一ミリ厚だったので私の金きりバサミでは歯(刃)が立たず、わざわざゴツいのをお借りしました。









銅版はガラスと相性いいですが、アルミは絶対に溶けるだろうと予測。でも溶けたらどうなるか…わくわく(♪・ω・)9



金属と組み合わせるのはビレットの水浅葱とブルーグレー。ちょっともったいないけど割ってしまいます。(割らないで入れると気泡ができません)









実は吹きガラスで作ったコップが一個われてしまったので、それも粉々にして再利用することに。


いよいよ緊張の釜入れです!








完成!



ピンクは石膏落としただけでなんかおいしそうになったので、あまり加工しませんでした。



アルミの蝶はとんでもないことに。



きっも(歓喜)

これいいな。第二課題でも使っていきたい。



銅はまあ予想通り。あ、でも予想よりきれいです。



ぼんやり青みがかっているのは銅特有の現象です。ガラスそのものが青かったからちょっと目立たなくなっちゃったかな。膜が張ったようになって、なかなかきれいです。




講評会中にも訪問者が!





これは普通のノコギリですよね?うーむよいアゴライン。感触が好きだし虫が傷つかないので、腕に虫のせるのが好きです(´ω`♪)

これ見て「ぼくなつだー」って言ってた友達がいて、気になって実況見てみたんだけどいいゲームですね!そのうちやってみたい!



ではでは!第二課題もお楽しみに!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二種類の石膏使い分け!ガラ... | トップ | ちょこっとポケ談エメラルド... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。