美大生!ツカナの日常

・ほぼ日記代わり。自作バカ小説も載せます。
・写真等には著作権が適用されます。
・コメント・挿絵、常時募集中!

SFいいよね!映画レビューするぞい!『スカイキャプテン』『ジュラシックワールド』

2017-05-20 00:45:36 | 日記
お久しぶり?であります!

実はパソコンが使えない間、ちょうど忙しい時期で。大学から帰ったらもう風呂入って寝るくらいの時間しか無かったり、授業無い日も一日中学校いたりしてました。

もしかしたらパソコン使えてたとしてもブログ更新できてなかったかも(―ω―;)?



色々事件も起こりましたよ。ハナクソカサブタ事件とか酔っ払い卒業式事件とかね。あと五美虫(五美大の美大生による虫好きの集まり)の会議があったりとか。

まぁー、そんなこんなで一段落したので。弟に借りた映画紹介します!




『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』(原題:Sky Captain and the World of Tomorrow)2004年

私はこれを見たのは一応二回目なんですが、確か小学生の時でした。リアルタイムで見たなら6歳?なら覚えてないはずなので、多分再放送だろうな。印象的なBGMと世界観はなんとなく記憶にあったんですが、映画よかゲームのほうが印象に残っているのはやはりそれなりにやり込んだからでしょうか(―ω―;)シューティングで、映画のと同じBGMが使われていました。

この映画のすごいとこは、この時代にフルCGに挑んでいることです。今見るとチープというか何と言うかリアル感は無いんですが、どこかスチームパンクっぽいレトロな雰囲気があって。逆に今だとこういう映像って撮れないかもしれませんw

突如襲来したロボット、鳥のような飛行物体によって同時多発テロが起こり、スカイ・キャプテンことジョー・サリヴァンは元恋人のジャーナリスト、ポリーと共に、仲間の救出及び黒幕の制裁へと向かうってな内容です。

個人的にとても好きなタイプのオチなのですが、賛否両論あるかなぁw





『ジュラシック・ワールド』(原題:Jurassic World)2015年

この映画見て最初に思い出したのがジュマンジでした。なんでかな。

ジュラシック・パークシリーズの四作目ではありますが、二作目、三作目を見ていない私でも十分楽しめる作品でした。

ザックとグレイ兄弟はジュラシック・ワールドを訪れるが、叔母でありパークの責任者であるクレアは多忙で二人に構うことができない。彼女の助手の目をすり抜けて勝手に行動する二人だったが、その時ジュラシック・ワールドではかつて無いほどの能力を備えた新種の恐竜インドミナス・レックスの巨大な爪痕が壁面に発見される。二人を助けようとするクレアと彼女の元恋人オーウェンだったが、インドミナス・レックスの脅威は想像を絶するものだった…

この映画の中で問われているテーマの一つは生み出された生命の権利ではないでしょうか。人間によって生み出された恐竜たちを、クレアは商売道具として、大衆はエンターテイメントとして、ホスキンスは兵器として見ています。彼らを対等に、信頼して扱うオーウェンの姿勢にはメッセージが込められていると感じました。

もちろんグラフィックも素晴らしかったです!恐竜のかっこよさも恐さもゾクゾクするほど表現されていました。スプラッタ映画みたいなのじゃなくてよかった…あ、違いますよ。別に恐いわけじゃ(真顔




※このレビューは全てツカナの独断と偏見によるものであり、あらすじなども自身で書いているのでミスや勘違いがあるかもしれませんがご勘弁を。

あとSFってえと宇宙っぽいイメージあるかと思いますが私はジュラシック・パークシリーズは十分にサイエンス・フィクションだと思ったのでそのように分類しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【緊急的な】ただのバカの謝罪 | トップ | ミステリアスな色形!色を被... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。