谷中優の部屋(音楽教育・創作表現・文化・芸術・出版等)

音楽・芸術・教育など様々な考えや感想・情報を発信。

詩/書き下し文

2017年06月17日 | 音楽・音楽教育・創作など感想やお知らせ
南皐(なんこう)に登りて

朔風枯れたる小枝(こずえ)を冷流し
冬将(まさ)に雪を従えて街(ば)に訪れんとすなり

南皐(なんこう)に登りて
彼の轟きを聞かんとするに
冷々たる風は吾が骨身(こっしん)に応へる

木枯らしは天帝の憤懣するが如く
麗人の悲歌(ひか)慷慨(こうがい)するが如し

然れども悠然たる山気を仰ぐ時
我が心浩々として氷消(ひょうしょう)の如し
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徳島の音楽文化 | トップ | 短歌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL