ルソール日記

パワーストーンと輸入インテリアの「オルマン www.oruman.com」。松本市にある店頭「ルソール」の日々のできごと

一日の終わりに

2007年04月21日 23時52分17秒 | くつろぎインテリア

 最近、夜、眠る前に本を読むことにしました。私のお気に入りのベドウィンのミニ手織り布の上に、10分間の砂時計を置いて読むと、ちょうどいいのです。時間がある時は、砂時計を一度ひっくり返すと20分、もう1回だと30分。時計の針を気にせずに、ゆっくり読めます。

 読書というと、長い時間、読まないといけないような気がしますが、10分単位で一日の終わりに毎日続けて読むのもいいものです。

 砂時計を時々見る時に目に入る、ホッとするような遊牧民の手織り布のぬくもりもまたいいのです。一日の終わりは、リラックスできるような柔らかい優しさのあるものを身近に置くと、疲れがホッと取れます。

  ちなみに、この手織り布「ベドウィン・ルック」は、あの有名な映画「アラビアのロレンス」に登場する砂漠の遊牧民、ヘドウィン族の伝統的な手作りクロスなのです。眺めていると、つい歴史に思いを馳せたくなります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バス停の桜 | トップ | 午後の蜜柑ジュース »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (京丹後のおやじです)
2007-04-22 23:48:34
こんばんは

>遊牧民、ヘドウィン族の伝統的な手作りクロスなのです。眺めていると、つい歴史に思いを馳せたくなります。

感じのいいクロスですね。
色彩だけでなく、波動もいいです。
京丹後のおやじ様へ (タカラ)
2007-04-23 17:54:56
ありがとうございます。柔らかい感触と色合いが気に入っているのですが、「波動」もいいですか?!

確かにモノには、そういう目に見えない感じる何かがありますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。