岐阜 柳ケ瀬お化け屋敷「恐怖の細道」公式ブログ

山口敏太郎プロデュース!岐阜市・柳ケ瀬商店街にて開催されるお化け屋敷「恐怖の細道」の公式ブログです。

やながもんの唄 ~やながもん編~

2016-10-14 14:03:58 | 日記

やながもんの唄 やながもん編

 10月も半ばとなり随分と涼しくなってきた。秋になったという実感とともに、少しづつ夏を振り返る余裕と、「やながもん」の仲間たちに対する切ない感情が湧いてきた・・・。
この機会に書いておこうと思った。いささか内輪向けの内容にはなるが、お付き合いいただければ幸いである。

  偏屈な私は安易に『仲間』という表現を使わない、しかし悔しいけれども「やながもん」は仲間だと言わざるをえない。

 2012年。元気を失った街で『お化け屋敷』をヤル!という荒唐無稽な私の誇大妄想に対して付き合ってくれた人たち・・・それが「やながもん」の始まりだった。私にとって『仲間』とは何かを成す目的に対して、共に汗を流し艱難辛苦や歓喜の瞬間を共有した人の集いを言っている。まさに私たちは、2012年から本年2016年まで共に泣き、笑い、時に言い争いながらも歩んできた年月がある。

「順風に奢らず逆風に腐らず」

 私のモットーとしている言葉である。思い返せば「やながもん」の絆は逆風の時にこそ強かったと振り返る。初年度の開催に漕ぎ着けるまでの苦労であったり、心ならずも開催を断念した事だったり、あるいは予定していた会場に急遽使用を断られたり・・・だがしかし、私たちはお互いを励まし支え合いながら夢を追いかけてきた。そう、まぎれもなく『仲間』なのだ。 

 性別も年齢も職業も様々な私たち「やながもん」ではあるが、みんなの成功と幸せを心から願っている。そしてゴールの見えないこのチャレンジがいつか実を結び花開くことを願っている。
 ありがとう、またがんばろうね!「やながもん」たちへ   

代表 吉村 輝昭



「恐怖の細道」やながもん音楽祭~魂コガシテが聞こえる

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やながもんの唄 The Last song

2016-10-01 19:35:33 | 日記

 おかげさまをもちまして2016年の 岐阜 柳ケ瀬お化け屋敷「恐怖の細道」~あの曲がり角から~ を無事終えることが出来ました。
今は後片付けに追われ、それはそれで忙しい日々を過ごしております。

 最終日の9月25日には、お化け屋敷と口裂け女との別れを惜しむ、もはや身内ともいえるファンたちに囲まれて有終を飾ることができました。

 いじらしい子ども達との別れは今年も切なく、彼女たちの寂しそうな後ろ姿には心が震えました。

 また、今年の特徴ともいえる『オジサンファン』も強く印象的でした。中には最終日に100回目の入場を果たした方もみえました(50日の営業期間なので1日2回入場を毎日という計算!)私たちは感謝の気持ちを込めて胴上げをさせていただきました。

 そういった、お客様、市民の皆様とステキな瞬間をともにさせていただいた私たちの夏は胸を張って『宝物』だといいきれます! 素晴しいお客様と仲間たちに感謝以上の表現があるならソレを伝えたいぐらいに感謝を感じています。

 しかし、最終日に聞かされた一部の柳ケ瀬のかたからの「やっと静かになるわ!」という感想も残念ながら一面の真実なのです。

 

全てが報われることなく、全てに喜ばれることはない

 

 それでも、最後に感謝のプラカードを掲げてくれた方や開催から終始一貫応援してくれた方々がいてくれたことも真実です。

 

 本年度、「あの曲がり角」を勇気を出して進んだ私たち、その先に待っていたものは何だったのか?
まだ、終了間際のこの時点では漠然として上手く言えません。
 ただ、ただ、今は感謝以上の感謝の言葉を探しながら、お客様、ご支援いただいた方々、関係者、仲間たちに御礼をいわせてください。
 ありがとうございました、また会いましょうね。

 

「やながもん」柳ケ瀬お化け屋敷製作委員会 代表 吉村 輝昭

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やながもんの唄 ラスト3日を前に

2016-09-20 18:45:25 | 日記

もうすぐ2016年の「恐怖の細道」の営業が終わります。
今年の副題は「あの曲がり角から」。その先にある恐怖に対して『進むか戻るか』という選択を題材にしたお化け屋敷でありました。

言うまでもなく、この世は、人生は選択の連続であります。
私たちのお化け屋敷においても絶えずそも「選択」という行為が行われていました。

おそらく興味を抱いてお化け屋敷の前まで来ていただいたのに、

「え~どうする?怖い怖い・・・じゃあ来年にしよっ」

という選択をされるお客様をよく見かけます。

そのたびに私は思うのです。「来年あるのだろうか・・・?」と。

私どものお化け屋敷は、非営利で民間有志と、ボランティア性の高いアルバイトによって運営されております。
振り返れば2011年から選択の連続でありました。何かに突き飛ばされるように始めた2012年、苦しんだ初年度を乗り越えて挑んだ2013年、公へのシフトに失敗し休催に終わった2014年、2年連続で休んでは永遠に失われてしまう、という焦燥感から魂コガシテ開催した2015年、そして開催会場が二転三転し時間に追われた本年度。

思い起こせばその都度思い出深く、また苦しい選択の歴史でありました。

本年度、間もなくゴールを迎えようとしている私たちのお化け屋敷には、例年と変わることない愛おしい叫び声が柳ケ瀬のアーケードに響き渡っています。
私たちの目指す「岐阜、柳ケ瀬の夏の風物詩」に近づいているようにも感じられます。

しかし、正直なところ今年の来場者数は、善戦してはいるものの昨年までに比べると目減りしているという現状があります。
お客様のリアクションは例年に比べても遜色なく、むしろ良いと感じるのに・・・。



この物語の始まりの頃に思いを馳せれば、開催前のとてつもない逆風が、ある日突然追い風に変わり、私たちは高く舞い上がっていった。
謙虚に振り返れば、私たちは追い風に煽られ、持て囃され、実力を超えた世間の評価に浸っていたのかも知れない。

風は止んでしまった・・・

岐阜・柳ケ瀬の夏の風物詩という風鈴の音は、少し小さくなってしまった。

今こそ、真価の問われる時。

「あの曲がり角から」の開催日も残りわずかとなった。
私たちの「柳ケ瀬商店街を盛り上げたい!」という熱い思いは今も変わらない。

最後まで、表現し続けようと思う。火を灯し続けようと思う。

どうぞ、2016年の「恐怖の細道」に最後までお付き合い下さい。

「やながもん」柳ケ瀬お化け屋敷製作委員会 代表 吉村 輝昭

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「恐怖の細道」では定期的にイベントを開催しています!

2016-08-18 00:51:31 | 日記

 お盆休みも終わり、いよいよ8月も残りあと僅か。学生の皆さん、宿題は目処がつきましたか?
「恐怖の細道」の営業も、8月いっぱいで一区切り。9月は土日祝日限定の営業となります。
夏休みの思い出に、柳ヶ瀬お化け屋敷「恐怖の細道」~あの曲がり角から~へお出かけください。

 さて、「恐怖の細道」では定期的にイベントを開催しています。普段はお化け屋敷の中に潜んでいる口裂け女たちと写真が撮れたり、口裂け女が投げるお菓子をゲットしたり出来るかも?イベントの開催情報は、公式twitterFacebookページにて告知していきますので、ぜひチェックしてみてください。


■口裂け女の歌謡ショー

土日祝日を中心に、不定期開催しているのが「口裂け女の歌謡ショー」です。
「口裂け女が歌?」と思われるかも知れませんが、「恐怖の細道」の口裂け女たちは「口裂け女のブルース」という持ち歌を持っています。
このイベントでは、口裂け女たちがお化け屋敷の店頭まで出てきて、この曲を熱唱します!今年の「恐怖の細道」には、全部で10体の口裂け女が登場しますが、そのうち誰がこの歌謡ショーに登場するかは、始まってからのお楽しみ。入場無料のイベントです!ぜひ、個性的な彼女たちに会いに来てくださいね。

口裂け女たちの気分次第で、オフィシャルグッズの「口裂け女缶バッジ」がプレゼントされる事もあるとか…。

こちらは、8/12に開催した、全8体の口裂け女が登場した 「口裂け女の歌謡ショースペシャル」の模様です。

そして、歌謡ショー終了後には、口裂け女たちと写真が撮れるサービスも実施いたします(こちらも無料です)。口裂け女と写真が撮れるのは、きっと「恐怖の細道」だけ!
※写真撮影は、「恐怖の細道」のチケットをお持ちの方、あるいは入場を済まされた方が優先となります。ご了承ください。入場整理券をスタッフにご提示ください。

 

■口裂け女のお菓子まき

そして、もう一つ「恐怖の細道」の定番イベントとして開催しているのが、「口裂け女のお菓子まき」。
今年はオープン日に我々の名誉顧問・美川憲一さんを交えて行いましたが、先日8/13にもお盆休みにお集まりいただいた皆様に感謝を込めて開催しました。
6体の口裂け女たちが、やぐらの上からお菓子を投げる!投げる!投げつける!

「お菓子まき」とは、嫁入りの日など、ハレの日に行う東海地方の風習です。「アミューズメントの地産地消」をテーマに掲げる我々にとって、こういった「地方色」はとても大事にしている要素。次回は今年のお化け屋敷最終営業日となる9/25に開催予定です。こちらも参加無料ですので、ぜひ最終日の「口裂け女のお菓子まき」にご期待ください。

柳ヶ瀬お化け屋敷・恐怖の細道「口裂け女のお菓子まき」

 

いよいよ今シーズンの「恐怖の細道」の営業も折り返し地点を迎えました。
まだ体験していない貴方、今までとは一味違う、曲がり角の織りなす恐怖を味わいに来てみませんか?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「恐怖の細道」~あの曲がり角から~会場販売グッズのご案内

2016-08-04 15:35:17 | 日記

 本日朝放送のメーテレさん「ドデスカ!」での「恐怖の細道」レポートはご覧いただけましたか?大変ありがたいことに、今後も色々なテレビ局で「恐怖の細道」を取り上げていただけることが決定しております。

 

 TV放送や、イベント開催などの予定は、公式twitterにて随時発信していきますので、ぜひフォローしてみてください。
そして、「恐怖の細道」に登場する口裂け女たちが呟く、”恐怖の細道「口裂け女」”twitterもございます。このアカウントをフォローすれば、口裂け女たちの生態が垣間見えるかも…?

さて、今回は「恐怖の細道」の会場で販売しておりますオリジナルグッズについて紹介致します。

■口裂け女タオル 800円

 
 昨年、好評をいただいた売れ筋アイテム「口裂け女タオル」が引き続き登場!「ねぇ、私キレイ?」の決め台詞が大きくあしらわれたタオルは、注目をあびること間違いなし!?

■口裂け女スマホケース(iPhone6/6s用) 2,000円

 昨年に引き続き、iPhone6/6s用のスマホケースが登場!3つのデザインからお選びいただけます。現在、在庫僅少につきお買い求めはお早めに!

 

■口裂け女ハンドミラー 400円

 

 新登場のハンドミラーは、3種類のデザインで、お求めやすいプライス!「わたしキレイ?」と書かれたハンドミラーでお化粧直しとか、なかなか素敵じゃありませんこと?

 

■口裂け女缶バッジ 200円

 

 「恐怖の細道」第1回開催時からの定番アイテム「口裂け女缶バッジ」が今年も登場!今回加わった2つの新デザインは、今までのものよりちょっと大きめ、でもお値段そのまま。「恐怖の細道」の店頭看板をデザインいただいた漫画家・ゆあさみきさんのデザインです。

 

■口裂け女Tシャツ 1,500円

 口裂け女の顔が大きくあしらわれたTシャツは、赤・黄色・サックスブルーの3種類。サイズはM・L・XLの3種類。好評につき、在庫切れを起こしているサイズもございます。詳しくは受付スタッフにお尋ねください。

 これらの「恐怖の細道」グッズは、会場受付の券売機でチケットを購入いただいた後、受付スタッフにお渡しください。商品と交換させていただきます。缶バッジ・Tシャツ・スマホケース・ハンドミラーについてはご希望のデザインをスタッフにお伝えください。商品は受付にてディスプレイしてございます。

 そして、グッズとは異なりますが、「恐怖の細道」入場時にお渡ししている「入場整理券」にも、間もなく新デザインが登場予定!今年の口裂け女オーディションで採用された4人のヴァージョンが追加!そして、他の口裂け女さんの新デザインも追加されます。

 入場時のちょっとしたお楽しみとして、入場1回につき1枚お渡ししているこの整理券ですが、コレクションしていただいても構いませんよ…。

 会場にお越しの際は、ぜひグッズコーナーにも目を向けてくださいね!どうぞ宜しくお願い致します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加