風の吹くまま~昨日、今日そして明日

ご訪問ありがとうございます。 お気楽にTB/コメントお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★東京国際映画祭~高倉健と張芸謀(チャン・イーモウ)監督が目の前を~

2005-10-22 | 良質アジア映画

今日は、東京国際映画祭オープニング上映。高倉健主演 張芸謀(チャン・イーモウ)監督『単騎、千里を走る。』の日である。

当たったチケットを見ると、17:40会場18:00開始とある。しかし、更によくみると小さな文字で「16:00オープニングアリーナイベントに入場可」とあるではないか。

「なんだこりゃ???」
意味がよくわからないので、インターネットで検索してみると、映画祭会場の六本木ヒルズにもうけられたレッドカーペットを、今回の出品作品の出演者や監督たちがあるきイベント会場に続々と登場するとあるではないか。

せっかくなので、行ってみることにした。

アリーナ会場についたのが遅かったので、横手のほうの少々見づらい席しか空いていない・・・が、この席案外よいのだ。それはなぜかというと、アリーナ壇上にあがった人たちが会場からでてゆくときに、そのすぐ横の柵の向こう側そ通るのである。

ここで、約30年前映画小僧であったボクは、密かにある策略を考えていたのである。

続々と登場するTVや映画で見たことのある人々が、レッドカーペットをあるきアリーナ壇上に登場しては消えてゆく・・・・吉岡秀隆、小雪、工藤静香、榎木孝明、豊川悦司、中井貴一、寺尾聡、吉川ひなの、津川雅彦、木村佳乃、深津絵里、白石美帆・・・等と。

しかし、この手のものにはそれほど興味もないのだが。(とはいいつつ、木村佳乃はTVで見るのと違い、めちゃくちゃ綺麗なので驚いた。そんでもって、ボクの横の席をみると先日TVでやってた「飛鳥、まだ見ぬ子への」紺野まひるが座っている。これまためちゃくちゃかわいいのでやたらと気になった。)

それはさておき・・・・・

「よもや、これはひょっとして・・・」
「トリを飾って最後に登場するのは・・・」
と、最後まで待っていると。

「来ました!」
予想どうりトリは、高倉健と張芸謀(チャン・イーモウ)監督!やはりこの二人にもっとも大きな歓声。壇上にあがり軽く挨拶をして、手を振りながら会場からでてゆく二人。

ここで、元映画小僧のボクは、横を通過する健さんと張芸謀監督に向かって、「ミスター」と呼び手を出してみた。その前も何度も他の映画人たちと握手するチャンスはあったのであるが、そこでしてしまえば係りの人に止められる可能性が高い。また、シャイな日本人は最初に誰かがやらない限りしないが、誰かがやると真似し始める。であるからして、最後の最後までこのチャンスを待っていたのである。

そしたら「なんと!」
張芸謀監督が近寄ってきて、穏やかな微笑みで握手してくれたのである。
わずか一瞬んの出来事だったが、なんとも幸せな時間だった。

ところで、オープニング上映作品『単騎、千里を走る。』は予想どうり素晴らしい作品であった。控えめな演出と静かで穏やかストーリーにいつのまにか自然に瞳に涙が潤う。有名俳優、派手なストリー展開、とってつけたような演出のない映画でないと好きになれない人もいるかもしれないが、こういう映画はボクは好きである。近年、任侠アクションものが続いていた張芸謀監督だったが「あの子を探して」以前のテイストの作品である。(劇場予告編) この映画については、後日ゆっくりと書きたいと思う。

上映前には、張芸謀監督の作った高倉健と現地のスタッフとの交流を描いたメーキング・フィルムの特別上映があり、既にこの段階で感動してしまった。健さんが現地のスタッフに慕われていたその姿に胸打たれる。また、そのフィルムを撮る監督の視線は「この監督は本当に健さんのことが好きでたまらないんだなあ」と感服する。メーキング・フィルムのナレーションも張芸謀監督ご本人である。さすが元俳優をされていただけに、静かなその語り口は染み入ってくる。

上映前の舞台挨拶では、また二人が登場。

今やアジアのみならず世界を代表する映画作家の張芸謀監督(55歳)の健さん(74歳)への気遣いは見ていてとても美しかった。また、健さんも「できれば、彼を養子にしたい」と・・・まんざら冗談ではなかった。

ボクは知らなかったが、中国では文革後初めて上映された外国映画が健さんの「君よ憤怒の河を渉れ」だったそうだ。当時中国全土で公開され大ヒットとなったそうである。いまだに、その主人公の名前を人々が覚えているくらい高倉健は最も親われている日本人だのだそうだ。最近の、日中政府間については冷めた関係のニュースばかりを耳にして嫌になるが、こんな話を聞くと、ほっとする。

舞台からもおりる際には、お互いが先を譲りあいなかなか退場しない。そんな姿に会場の人たちも、何か忘れかけていた昔のアジア人がもっていた謙譲の精神の美しさを見て、会場全体が穏やかなムードに包まれた。

『単騎、千里を走る。』の撮影風景と現地の人々との交流については、11月19日NHKスペシャル『絆(きずな)~高倉健が出会った中国の人々~』があるそうである。是非、これも観てみたい。

なお、張芸謀監督は今年の東京国際映画祭の審査委員長を務めている。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | ★硝子の灰皿 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして^^ (yuki)
2005-10-23 01:13:39
TBありがとございました。



高倉健さんは、暫らくお見かけしない時期もありましたが、最近は映画で観られるようになったのは、本人曰く「死んだと思われてるらしいから出てきた」と言っていたことを思い出しました。



また来ます(^o^)
TB (melomane)
2005-10-23 01:28:56
ありがとうございました。監督と握手なさったのですね!コン・リーが出ていた時代の作品が好きです。勿論、最近のもいいですけど。高倉健さんは

74才なのですか、お若くみえるのにビックリしました。
いい作品でしたね^^ (ぶる~)
2005-10-23 04:01:33
TBありがとうございました。

過度な演出がなく、本当に美しいストーリー。

まさにそのとおりといった感じですね。

素敵な作品でした。



なんと、握手なさったのですね~!すごい。



ほんとお二人の姿を見られて幸せでした^^





Unknown (sumi)
2005-10-23 14:29:14
TBありがとうございました。

レッドカーペットの報道側にいたため、アリーナの様子は

分からず、興味深く読ませていただきました。

握手できるなんてすごいです!おめでとうございます。

たしか当初の発表では、健さんはカーペットを歩かない

とも言われていたのですが あの観客の盛り上がりは

素晴らしいなと思いました。





自然な涙 (miki)
2005-10-23 22:11:46
TBありがとうございました!



同じように感動を味わっていた方がいたと知り、

とっても嬉しい気持ちです。



自然に目が潤んでしまう。。。

ほんとにそんな感じでした。



色んな意味で「自然な」ことを感じる映画ですね。



11月19日のNHKスペシャルは絶対見なくちゃ。

Unknown (yan)
2005-10-24 00:34:27
Yukiさん、

その話、むかしよく聞きましたよねえ。思い出して思わず笑いました。。。しかし、高倉健って歳とらないな。



Melomaneさん、

以前の作品は、ほとんどコン・リーでしたよね。PS 写真記念にDLさせてもらいました。ありがとです!(会場で携帯で撮ろうとしたら係りのにーちゃんにとめられたものでw)



ぶるーさん

劇場で上映されたメイキング・フィルムってDVDで発売なれば観れるんでしょうかねw あれをもう一回みたいのですが。。。



sumiさん

何気にいったのですが、なんともまあラッキーでしたw また遅れていったのが正解だったかも。。。



Mikiさん

この映画って、高倉健以外はほとんど地元に住む普通の人々なのも映画の味だしてましたね。















おじゃまします (舞美)
2005-10-25 22:49:57
yanさん、こんばんは。「F4之花園」の舞美です。おくればせながらですが、TBありがとうございます。

健さん、素敵でしたね。チャン・イーモウ監督の「人間を越えてる」発言、大きく頷けました。あんな人が日本を代表するスターだということを誇りに思います。又、是非、いい出会いがあっていい作品に出演されることを願ってます。
おじゃましてください (yan)
2005-10-27 01:12:32
舞美さん コメントありがとうございます。

それにしても、健さんがあんなに多弁にしゃべるとは意外でした。(「不器用ですら・・・」という感じじゃなかった。)

よほど監督・スタッフ・作品との絆が強かったのでしょうね。

本編上映前の「メーキングビデオ」。撮影が終わりお別れの場面で、健さんと中国人スタッフ共に泣いてた姿が印象に残ってます。
はじめまして (チャイナベ)
2005-10-29 01:30:35
はじめまして。

TB有難うございます。

TBがどんなものかよく知らなかった私。こうやって、記事の輪が広がるものだったんですね。



まさか、チャンイーモウ監督と握手したなんて。うらやましい。



また、こうして多くの人が、この映画の記事を書いているなんて、素直に感動しました。



まだこの作品見ていない私。

早く見たいです。
Unknown (yan)
2005-10-30 00:22:12
ありがとうございます。

ブログ初めてみて、アジア映画の好きな人もいるんだなとわかりました。それまで、孤独感味わってましたがwアジア映画に限らず映画は好きなのですが、アジア映画も好きというとマイノリティーだったもので。



コメントを投稿

良質アジア映画」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

東京国際映画祭が開幕 (。。。イク逝くよ。。。住み慣れた部屋で一人暮らしは最高です!☆★住めば都★☆)
報道陣に囲まれ、赤じゅうたんの上を歩く高倉健さん(右)とチャン・イーモウ監督 第18回東京国際映画祭が22日午後、開幕した。 メーン会場の東京・六本木ヒルズでは、コンペティション部門の審査委員長を務める中国のチャン・イーモウ監督や、同監督の「単騎、
第18回東京国際映画祭開幕!! (でじたる渋谷NEWS BLOG)
オープニング作品「単騎千里を走る」の主演の高倉健さんとチャン・イーモウ監督 2005年10月22日 第18回東京国際映画祭が開幕しました。 メイン会場の六本木ヒルズけやき坂に、250mのレッドカーペットが敷かれ、約300人の映画関係者、監督、出演者が歩き、沿道のお客さ
東京国際映画祭オープニング作品「単騎、千里を走る。」 (BLUE HEAVEN)
東京国際映画祭、オープニング作品。 チャン・イー
祭りだ祭りだ~ 東京国際映画祭!! (『カミュなんて知らない』学生宣伝部ブログ)
ちゃお小娘です~クリックしてね10月22日、第18回東京国際映画祭(TIFF)始まりました!!『カミュなんて知らない』は「ある視点・日本映画」部門のオープニング上映今回は私、小娘&Rina嬢が行ってまいりましたよ。日本では初の劇場上映。ヤッホウ!六本木ヒ.
ああ、健さんに早く会いたい (夢と希望と笑いと涙の英語塾)
今日から東京国際映画祭が始まりました。特別招待作品として、わが高倉健さん主演の『単騎、千里を走る』がオープニングを飾ります。午後6時からの予定です。 にもかかわらず、ゴウ先生は、マヌケです。チケットが取れませんでした・・・。 『単騎、千里を走る』が来年の1
第18回東京国際映画祭 (「C列車で行こう!」)
アジア最大の映画祭である東京国際映画祭が本日開幕(~10/30)しました。今年は、コンペ部門15作品、特別招待作品部門22作品、「アジアの風」部門37作品、「日本映画・ある視点」部門の11作品が上映されます。オープニング作品には、チャン・イーモウ監督、高倉健主
「単騎、千里を走る。」高倉健さん、走る走る。 (soramove)
「単騎、千里を走る。」★★★☆ 高倉健主演、チャン・イーモウ監督作品 2006年1月公開予定、東京国際映画祭にて 10年来、音信の途絶えた 息子がガンで入院したと聞き、 逢いに行くが、病室の前で 拒絶されてしまう。 息子の妻から 渡されたビデオで息子の仕...
「東京国際映画祭」 オープニング! (“カ・ノ・ン”)
22日から、ヴァージンシネマ六本木ヒルズとオーチャドホールで、 「第18回東京国際映画祭」が始まりました。    今回は初日2作、間で2作、最終日に2作と計6作品を見る予定です。 チケットは半分はプレ予約、残りは前売りで確保できました(^^) 映画祭は何度か
『単騎、千里を走る。』 (ラムの大通り)
----これって高倉健が馬に乗って草原を駆けるの? まさか麻雀の映画ってワケじゃないよね。 「四暗刻単騎待ち」……あれっ、目が赤い。 「いやあ、まいったねこの映画には。 涙があふれて涸れるときがまったくない。 久しぶりのチャン・イーモウ節。 いや、そんな言い方さえ
映画「単騎、千里を走る。」 (いもロックフェスティバル)
高倉健主演の映画「単騎、千里を走る。」の試写会に行った。 監督は「HERO」、
「単騎、千里を走る。」(2005・中/日) 試写 (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
1/28(土)より全国ロードショーです。\"千里走単騎\"\"RIDINGALONEFORTHOUSANDSOFMILES\"監督・・・チャン・イーモウ、降旗康男(日本パート)出演・・・高倉健、寺島しのぶ、リー・ジャーミン、チュー・リン、ジャン・ウェン、ヤン・ジェンボー、他。出演(声)・・・中井
Pseudo ephedrine. (Changes ephedrine causes in the body.)
Ephedrine faq.