草履で歩きながら考える

笑う門には福来たるで、マイペースでやりたいこと やってみよう♪PTA関連や活動いろいろは 「カテゴリー」 からどうぞ。

アドラー心理学に基づく育児コース「passage―パセージ―」@吉祥寺、第三・第四章

2016年11月05日 | イベント告知・参加報告

2週間前に受けた

の続きを、昨日受けてきました!

2週間の間なにもしなかったわけではなく、課題にとりくんでいました。親子の会話と、会話ごとに発生した自分の感情を記録するというものです。それを、リーダーに提出して、フィードバックを受けたりしていました。提出する課題シートは、1週間で最低3枚、です。ネタが、案外なくて困りました。

昨晩ちょっと無理してしまった影響で、体調が万全ではなく、テンション低めでPassegeの2回目を受講しました。そのせいで、1回目に比べて発言は少なくなってしまいました。

  • 第三章は 課題の分離
  • 第四章は 共同の課題

でした。

進行は、1回目とほぼ同じでした。

ペアワークはすくなくて、テキストの内容に沿って、参加者から事例をつのり、それを分析したり、よりよいコミュニケーションにする案を募ったり、ロールプレイして対応の差を感じたりしました。

 印象に残ったのは、「子どもの話を聴く」の発展版です。開いた質問(オープンクエスチョン)と、閉じた質問(クローズドクエスチョン)のペアワークをやりました。オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンを意識して使い分けることについては、生協pal*system東京のファシリテーター講座でもやっています。けれど、Passageでは、開いた質問だけ、閉じた質問だけを投げかけて会話をするというワークでした。会話、続かなくて困りました。
 
Passageには面白いことに、「勇気づけカード」というものがあります。
これは、参加者同士で使うもので、ある参加者に対していいなと思ったことなどを、メモにして伝える仕組みです。これを書く余裕がぜんぜんないです。でも、全員に勇気づけカードを配っている方がいて、私ももらったら大層うれしいものでした。
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PTAのコーラスフェスタを一週... | トップ | 「PTAやりたい?やりたくない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イベント告知・参加報告」カテゴリの最新記事