週末は写真家気分で

yamtoの週末お出かけ記録

高千穂巡り③

2016年10月13日 | 自然写真 滝

宿に荷物を置いて、向かったのは高千穂神社。歩いて数分の距離だった。

鳥居をくぐるとやはり空気が変わる。時を重ねた神域の空気は、ずしっと重いような、軽く浮くような・・・?

入口の狛犬。D500だとこれだけ明るく写る。

階段を登り切ると本殿。小さな社だが、やはり普通の神社と異なって感じる。周囲を守るような古木は、それぞれ迫力で圧倒される。

一度高千穂神社を出て、道の駅に戻る。そこで見た撮影スポットの案内を見て、神都高千穂大橋を渡る。カメラマークのある場所から下を見ると、渓谷に落ちる滝が見える。ただ水量が少なくて、観光案内の写真程見栄えがしない。

西を見ると、赤く焼けた空。高千穂で見る夕焼けだと思うと、違った思いで見ることが出来た。

一度宿に戻って休んだ後、再び高千穂神社へ。夜神楽を見るためである。8時開始だが、宿の人の話だと、人が多い時には立ち見が出るというので早めに入る。

神楽殿に入るには一人700円が必要だったが、この旅の中観光にお金を使ったのはここだけである。

我々の後からどんどん人が入ってきて、開始時間までの間に何度か前に詰めるよう案内があった。満員状態の中、夜神楽が始まった。

舞っているのはこの神社の氏子さん達で、15のチームが持ち回りで毎日夜神楽を舞っているとのこと。

畳に座ってみ見るのは苦痛かと思っていたが、あっという間の一時間だった。この季節だからよかったが、真夏や真冬だと大変かも。

この夜神楽も家内の希望で来たのだが、こんな時間にお金を払ってでも、来てよかったと思える、見事なイベントだった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高千穂巡り② | トップ | 高千穂巡り④ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL