杉並からの情報発信です

政治、経済、金融、教育、社会問題、国際情勢など、日々変化する様々な問題を取り上げて発信したいと思います。

[日本経済破壊]と[ユーロ危機]はBIS(国際決済銀行)が仕掛けた!

2012年01月10日 16時27分07秒 | 政治・社会
(写真はスイス・バーゼルにあるBIS本部建物)

スイスのバーゼルにあるBIS(国際決済銀行)をご存知だろうか?

BISは1930年に第一次世界大戦で敗戦したドイツの賠償金支払いを取り扱う機関として設立されましたが、第二次世界大戦後は[中央銀行の銀 行]として通貨
価値および金融システムの安定を追求する国際金融の中心的役割を担っています。

しかしBISの表向きの大義名分は立派ですが、裏の司令塔は各国中央銀行とIMFとユダヤ国際金融資本を支配しているロスチャイルドですので、 BISは彼らの[世
界戦略]に基づく金融政策を実行する部隊となっているのです。

BISは現在58か国の中央銀行が株主となり、最高意思決定機関は株主中央銀行の代表が出席する総会ですが運営方針の決定は理事会が行っていま す。現在19名
の理事によって構成され少なくとも年6回理事会を開催しています。現在のBIS理事会の議長はフランス中央銀行総裁クリスチャン・ ノワイエ、副議長は日本銀
行総裁白川方明となっています。

BISは目立たなくしていますが、各国の中央銀行と金融機関に絶大な権限を有しひいては各国の国民生活に重大な影響を及ぼす機関となっています。

BISの目的:

(1)各国の中央銀行相互の議論を促進し協働関係を推進すること。
(2)金融システムの安定に責任を有する中央銀行以外の組織と中央銀行との対
   話を支援すること。
(3)中央銀行およびその他の金融監督当局が直面している政策的な課題につい
   て調査研究を進めること。
(4)中央銀行に代わって金融市場取引を行うこと。
(5)国際的な金融オペレーションに際し代理者または受託者となること。

▲ BIS規制(自己資本率8%)は[日本経済破壊攻撃]の一環!

BISを一躍有名にしたのが、1988年に発表され1993年3月末から日本で適用された[国際業務をする金融機関は総資産に対して自己資本を8%積まね
ばならない]という[BIS規制]です。

[BIS規制]が1988年に発表されたことは、日本の[平成バブル]のピーク1989年に株価が39000円と最高値をつけ[世界最強の日本経済]と持
ち上げられた時期と重なっていますが、これは偶然ではないでしょう。

1988年の[BIS規制]発表と1993年からの日本での適用は、1991年にソ連が崩壊し[日本の経済力]が米国にとって最大の脅威となり米国防総省
が開始した[日本経済破壊攻撃]の一環っだたのです。

当時の日本人は一部の[特権・利権]勢力以外は誰も気づかなかったのです。

当時日本の金融機関は世界最大の預金額を誇っていましたが[株の持ち合い]で自己資本率が低くく、BISはこの弱点を見抜き[BIS規制]を[国 際標準]とし
て適用するように強制してきたのです。

日本の金融機関は[自己資本率8%]を是が非でも達成するために、中小零細企業への[貸し渋り]と[貸し剥がし]を強行して資金繰りを悪化させ、 多くの
企業倒産と経営者の自殺を引き起こしたのです。

国民や政府や国会に顔を向けずBISにだけ顔が向いている日銀は、[日本の金融機関攻撃][日本経済破壊攻撃]である[BIS規制]を先頭に立っ て金融機関に
強制しました。日本の金融機関は[貸し渋り]と[貸し剥がし]で中小零細企業を倒産させ多くの経営者や個人を自殺に追い込んみ[自己 資本率8%]を達成
したのです。

▲ もう一つのBIS規制(国債のリスクはゼロ)は銀行に国債を買わせる[謀略]!

[自己資本率8%]という1988年公表の[BIS規制]は有名ですが、同じ年に発表された[資産リスルク査定]に関する[もう一つのBIIS規 制]はほとん
ど知られていません。

BISは民間銀行の[資産リスルク査定]に関して、[貸出や不動産や株はリスクのある資産であり100%リスクとして計算する。OECD加盟国が 発行する国債
は国が発行したものでリスクは無くリスクゼロとして計算する]と決定し1988年各国に適用させたのです。

その結果、世界中の金融機関はリスクゼロの[国債]を買えば買うほど銀行の健全性が保たれることになり、[国債]を買い、リスクのある企業や個人 への
[貸出]を抑えるようになったのです。

[もう一つのBIIS規制]により日本をはじめ世界の金融機関は企業や個人にお金を貸さなくなったのです。

▲ [ギリシャ国債暴落]で大打撃を受けたのは米国ではなくフランスとドイツの金融機関!

BISは1988年に公表した[もう一つのBIS規制]によって各国の金融機関が[融資]よりも[国債]を購入するように誘導しました。

そして各国の金融機関が[国債]を購入する際の[信用基準]を、ユダヤ国際金融資本の手先である3大格付け会社(S&P,ムーディーズ、 フィッチ)に全面委
託させたのです。

例えば[ギリシャ国債]の購入実績は以下のとおりです。

総額1447億8300万ドルのギリシャ国債を保有している外国金融機関のうち、断トツに多いのは欧州金融機関で全体の94.15%の1363億
1700万ドル(約10兆4964億円)を保有しています。

欧州以外では米国が 6.5%の94億4600億ドル(約7273億4200万円)、日本が1.12%の16億3100万ドル(約1255億8700万
円)、中国は保有していません。

[ギリシャ国債暴落]で大打撃を受けたのは欧州金融機関であり、とくに41.6%、567億4000万ドルを保有していたフランスと24.9%、
339億7400万ドル、24.9を保有していたドイツでした。米国の金融機関はギリシャ国債の暴落を予期していたかのように保有を少なくしていたわけ
です。

この事実を見れば、裏の司令塔がロスチャイルド、表の司令塔がオバマ政権、BIS,IMF,FRB、実行部隊がゴールドマン・サックスと3大格付 け会社(S&P,ムー
ディーズ、フィッチ)の合同部隊が仕掛けた[ギリシャ国債暴落]の攻撃目標は、EUの中心国であるフランスとドイツ だったことがよくわかります。

彼らの最終的な目標は、世界の[経済と金融システムと国民生活]を彼らのやり方で崩壊させてチャラ(世界金融恐慌と第三次次世界大戦)にして
彼らが望む世界を[再構築]したいのでしょう。

▲[フツーの世界市民]は[投機マネー勢力]に勝利して[全く新しい社会]を実現できる!

[投機マネー勢力]が仕掛ける[世界金融恐慌]と[第三次次世界大戦]を阻止して[全く新しい社会]を実現するためには、[フツーの世界市民]がネットメデイア
を活用して世界規模で連帯し以下の行動を開始して[投機マネー勢力]に勝利しなければならない。

(1)[諸悪の根源]であるロスチャイルドとユダヤ国際金融資本を解体する

(2)[諸悪の根源]である米軍産複合体、CIA,英諜報機関M6、イスラエル諜報機関モサド
    を解体する

(3)[洗脳]と[世論誘導]の大手メデイアを解体する

(4)BIS、IMF,世界銀行などの[ロスチャイルド国際金融機関]を解体する

(5)各国は中央銀行を国有化し紙幣印刷の[信用創造特権]を剥奪する

(6)民間銀行から[信用創造特権]を剥奪して[通帳マネー]と[投機マ
   ネー]を根絶する

(7)すべての[投機行為]を禁止しゴールドマン・サックスを始めとするすべ
   ての投資銀行、投資ファンドを解体する

(8)3大格付け会社(S&P,ムーディーズ、フィッチ)を解体する

【参考文献】[2012年日本経済は大崩壊する](朝倉慶著 幻冬舎)

(終わり)



--







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月9日(月)のつぶやき | トップ | 1月10日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。