杉並からの情報発信です

政治、経済、金融、教育、社会問題、国際情勢など、日々変化する様々な問題を取り上げて発信したいと思います。

【YYNewsLive】安倍晋三が最優先課題としている北朝鮮による拉致事件に何の進展もないのはなぜか

2016年01月18日 22時30分52秒 | 政治・社会

いつもお世話様です。                          

【杉並からの情報発信です】【YYNewsLive】【市民ネットメデイアグループ】【家族勉強会】【草の根勉強会】【山崎塾】【1000万人情 報拡散運動】を主宰するネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

☆本日月曜日(2016年1月18日)午後7時半から【ツイキャスTV】で放送しました世直しネットTV【山崎康のYYNewsLive】の放送台本です!

1)No1  84分30   http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/234134220

No1
☆世直しネットTV【山崎康彦のYYNewsLive】は、放送回数1700回、視聴者総数170万人(3年間)、毎日1,000人が視聴する真 実・事実を追求するタブーなき報道番組。土曜以外毎日約1時間放送されます!

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/
        
【YYNewsLive by Twitcasting】

☆放送のテキスト台本は、閲覧総数(ページヴュー)1,100万件、訪問者総数400万人(8年間)、毎日1,500人が閲覧する真実・事実を追 求するタブーなきブログ【杉並からの情報発信です】で読めます!                 

http://blog.goo.ne.jp/yampr7
                                   
②【杉並からの情報発信です2】

http://7614yama.blog.fc2.com/

☆今日の特集

■【狂信的なカルト宗教秘密結社】とは選民思想を根底に世界支配を目論む【ユダヤ教タルムード】だろう!

2015年10月01日 杉並からの情報発信です

http://list.jca.apc.org/public/cml/2015-October/040036.html

日本と世界を支配し搾取する【金融・軍事・宗教・王族マフィア国際連合体】4つのマフィアの正体は全て狂信的なカルト宗教秘密結社だろう! (No2)

彼らは世界連邦主義(グローバリズム)を唱えて【世界統一政府樹立OWO】に向け以下のような策動を実行してきた!

1)TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)とTTIP(環大西洋貿易投資パートナーシップ)の締結によって各国の主権と独立を破壊する。

2)世界統一経済圏を作るため世界恐慌を勃発させて各国の国民経済を破壊し支配する。

3)人口削減を実行するため核戦争(第三次世界大戦)を勃発させ60億人を殺して10億人体制にする。

4)国家と国民経済の消滅によって【ユダヤ教タルムード】が支配する【世界統一政府樹立】が実現され【ユダヤ教タルムード】の信者以外は【ゴイム (家畜)】として奴隷化される。

Youtube映像の中でフランス政治学者ピエ-ル・イラ-ル氏は以下の指摘をしている!

①世界連邦主義(グローバリズム)とは神秘主義です。イデオロギーだという者もあります。純粋的に世俗的なビジョンを持つとすればそういえます。 しかし、結局のところ、これは神秘主義です。信仰及び現世的な戒律に従がって世界を再編成するというものです。

②この件において何度も講演で述べたように、ユダヤ教タルムードの重要な役割が存在します。ユダヤ教タルムードは、キリスト教・イスラム教そして 世界中の社会をノアシズムの規範に従って再編成することを望みます。ノアに由来します。非ユダヤ人が戒律に従がうようにすることです。

③アングロサクソンとユダヤのエリート階級が望むのは、火に油を注いで世界戦争を引き起こすことである。シリヤ、イラク、イランで起こっているこ とは文明間衝突を起こすように仕組まれています。イスラム教徒と欧州の国民は両方とも犠牲者です。状況は解決策が無いように見えます。

④「TPP参加」によって関税撤廃による日本農業の全面解体ばかりでなく食の安全、国民皆保険療制度の崩壊、金融、経済、裁判制度、流通など21分野にわたって米国大企業の支配が強まり国民経済と国民生活が破壊されるだろう!

戦争によって人口を大量削減し、金融恐慌によって国民経済を破壊し、TPPやTPTIPによって国政府の主権をなくし、グローバリズムによって国境をなくすという、ここ10年で加速された一連の流れは個々バラバラに偶然起きたのではなく、2050年をめどに【金融・軍事・宗教・王族マフィア国際連合】=【狂信的なカルト宗教秘密結社】=カルト宗教【ユダヤ教タルムード】が2050年
をめどに世界統一政府樹立しユダヤ民族による世界支配の完成にむけ最終決戦に入ったことを示している。

我々はこの事実を直視して彼らが1500年間温めてきた妄想の最終実現を阻止しなければ、我々の明るい未来はないことを覚悟しなければならない!

☆今日の画像

①フランス政治学者ピエ-ル・イラ-ル『世界連邦主義(グローバリズム)とは神秘主義です』

②フランス政治学者ピエ-ル・イラ-ル『信仰および現世的な戒律に従って世界を再編成アするというものです』

③フランス政治学者ピエ-ル・イラ-ル『ユダヤ教タルムードは、キリスト教・ イスラム教そして世界中の社会をノアシズムの規範に従って再形成する ことを望みます』

▼ノアの七つの戒律

1. 神を信ぜよ 偶像礼拝の禁止

2. 神を信じ、讃えよ みだりに神の名を唱えてはいけない

3. 人間生活を尊重せよ 殺人の禁止

4. 家庭を尊重せよ 非道徳的な性行為の禁止

5. 他人の権利と財産を尊重せよ 盗みの禁止

6. 司法体系の創造 正義を追求せよ

7. 生き物を大切にせよ 生きた動物の生肉を食べてはいけない

☆今日の推薦映像

①【YouTube映像】ユダヤタルム-ドの世界統治計画グロ-バル主義 (1/2)

フランス政治学者ピエ-ル・イラ-ル(Pierre Hillard)。

https://www.youtube.com/watch?v=TEfFRL4LO8U

2013/07/01 公開 日本語字幕10分

▼【YouTube】No1の発言ポイント

1)世界連邦主義(グローバリズム)とは神秘主義です。イデオロギーだという者もあります。純粋的に世俗的なビジョンを持つとすればそういえます。 しかし、結局のところ、これは神秘主義です。信仰及び現世的な戒律に従がって世界を再編成するというものです。

2)信仰および現世的な戒律に従って世界を再編するというものです。

3)ユダヤ教タルムードの重要な役割が存在します。

4)ユダヤ教タルムードは、キリスト教・イスラム教そして世界中の社会をノアシズムの規範に従って再形成することを望みます。

5)ノアシズムはノアに由来します。非ユダヤ人が戒律に従うようにすることです。

6)7つの戒律・・禁じられているのは盗み、近親相姦、多神教、

7)どのように改革するのか?人類全体=非ユダヤ人のためにイスラエルのノアシズムというものを作り

8)ユダヤ民族は司祭の民族とみなされ、唯一神とほかの人類の仲介を務めます。

9)大陸ブロック、世界統治、差異を奪われ混じり合いノアシズムの命じる基準以外は明確な基準を持たない人類がそこから生まれます。

10)グローバル主義の道具は当然ながら金融です。

11)思想を集計するシンクタンクが設立されました。たくさんの人物が関与しました

②【YouTube映像】グロ-バル主義 環大西洋貿易提携協定の役割 (2/2)

https://www.youtube.com/watch?v=XNN1nvY79-U

2013/07/03 公開 日本語字幕8分

フランスの政治学者、ピエ-ル・イラ-ルのインタビュ-第二部。世界統一計画の一環としての、環太平洋パ-トナ-シップ協定(TPP)、環大西洋貿易-提携協定、文化破壊、文明間衝突、世界戦争

▼【YouTube】No2の発言ポイント

1)アングロサクソンとユダヤのエリート階級が望むのは火に油を注いで世界戦争を引き起こすことである。シリヤ、イラク、イランで起こっていることは文明間衝突を起こすように仕組まれています。イスラム教徒と欧州の国民は両方とも犠牲者です。状況は解決策が無いように見えます。

②「TPP参加」によって関税撤廃による日本農業の全面解体ばかりでなく食の安全、国民皆保険療制度の崩壊、金融、経済、裁判制度、流通など21 分野にわたって米国大企業の支配が強まり国民経済と国民生活が破壊されるだろう!
                            
☆今日のひとこと

①国の最高法規である憲法は、国民が守るものではなく、公的な権力を行使する政治家や公務員が守るものである。(山崎康彦)

②国民には、国の最高法規である憲法を、公的な権力を行使する政治家や公務員に守らせる義務と権利があるのだ。(山崎康彦)

③国の最高法規である憲法は、ただ単に公的な権力を行使する政治家や公務員などの公的人間が守るだけでなく、公的権力を行使する立法機関や行政機 関や司法機関などすべての公的機関が守るべきものである。(山崎康彦)

④国の最高法規である憲法は、ただ単に公的権力を行使する政治家や公務員などの公的人間や公的機関が守るだけでなく、民間権力を行使する民間企業 や宗教団体や労働組合などすべての民間機関とその責任者もまた守るべきものである。
(山崎康彦)

☆今日の日本国憲法

①第20条 【信教に自由、国の宗教活動の禁止】

1.信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

2.何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

3.国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

☆今日のスローガン

1.菅官房長官が言う『衆議院の解散権は首相の専権事項』の大うそに騙されてはいけない!日本国憲法第41条の規定『国会は国権の最高機 関』に従えば、 国権の最高機関である国会は内閣と最高裁判所の上位に位置しその下にある内閣の長 の首相が国会を解散で来るはずがないのだ!

2.従って、戦後首相が衆議院を解散して総選挙を実施して成立した内閣は全 て憲法違反内閣であり、非合法政権であり全て無効なのだ!

3.安倍自公ファシスト政権による憲法第41条違反の衆議院解散を阻止し7月の同日選挙をたたきつぶせ!
 
4.安倍自公ファシスト政権打倒!山本太郎を首相に!反ファシスト統一戦線に結集せよ!

5.来年7月の参議院選挙で自民党+公明党=創価学会+α(橋下新党+前原民主党内安倍別働隊など)に過半数を絶対に取らせるな!過半数割れさせ て自公ファシスト政権を打倒せよ!

6.安倍晋三首相と【田布施マフィア】一味を【国民反逆罪テロリスト】として即刻逮捕・起訴し裁判にかけて全資産没収の上最高刑に処すべし!

もし我々がそれができなけれが、日本と世界の一般庶民は、米英ネオコン戦争派とイスラエル・シオニスト戦争派らとそれに協力する安倍晋三首相と 【田布施マフィア】一味によって、世界金融恐慌恐慌と第三次世界大戦=核戦争の勃発によってみな殺しされるだろう!

7.世界市民よ!世界を金融と軍事で支配・搾取しているユダヤロスチャイルド国際金融マフィアの力の源泉である『無からお金を生み出す詐欺 システム』=【準備預金制度】を各国で廃止せよ!そうすれば世界は劇的に良くなる!

☆ 【座右の銘A】:

①世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない。(宮沢賢治の言葉)

②命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは、艱難(かんなん)をともにして国家の大業は成し得られぬなり。(西郷隆盛の言葉)

③【天下の正道に立ち、天下の大道を行う人】とは (孟子の言葉)

どんなにカネをつまれようとも、カネの誘惑に負けて正道を踏み外すことは絶対ない。

どんなに貧しくなろうとも、志を曲げてカネのために悪を働くことは絶対にない。

どんなに強力な権力が脅しにかかろうとも、恐れ命を惜しんで屈服することは絶対にない。

④ガンデイー七つの社会的罪

マハトマ・ガンディーは1925年10月22日に雑誌『Young India』(英語版)で「七つの社会的罪」(Seven Social Sins) を指摘した。

道義なき政治 (Politics without Principle)

労働なき富 (Wealth without Work)

自覚なき快楽 (Pleasure without Conscience)

人格なき学識 (Knowledge without Character)

道徳なき商業 (Commerce without Morality)               
                                    
人間性なき科学 (Science without Humanity)

犠牲なき信仰 (Worship without Sacrifice)

⑤『私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ!そうすれば誰が法律を作ろうとそんなことはどうでも良い。』
(ドイツ・ロスチャイルド商会創設者マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの言葉1790年)

⑥『私の息子たちが望まな ければ戦争が起きることはありません。』

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの妻であり5人の息子と5人の娘の母親であったグートレ・ロスチャイルドの言葉!

⑦民間銀行にのみ与えられている『無からお金を産む壮大な詐欺システム=準備預金制度』を民間銀行から剥奪すれば、実体経済に寄生して利 益を横取りする投機資金=通帳マネーがなくなり、実体経済は年4-5%の安定した成長を維持できる。(山崎康彦)

⑧日銀にのみ与えられている『紙幣の印刷権』を日銀から剥奪して100%国有化し、すべての権限を国会に設置した【日銀政策決定監視委員 会】に移管すれば、景気循環もバブルの発生もバブルの崩壊もなくなり、国民経済は安定した経済成長が可能となる。(山崎康彦)

⑨政府・財務省にのみ与えられている『国債発行権』を政府・財務省から剥奪すれば、歴代自民党政権の政治家と財務官僚が自分たちの利権・ 特権のために積み重ねてきた1,167兆円(2016.03.31予測)もの『国の借金』は権力犯罪者の歴代自民党政権の政治家と財務官僚に支払 わせ厳罰を課すことができるのだ。(山崎康彦)

New!⑩世界各国の【市民革命派】が決起して議会で多数派を占め、民間銀行と政府と中央銀行に独占的に与えられている【信用創造特権】を国会で 廃棄を決議 して剥奪すれば、我々を永年苦しめてきた戦争や虐殺や貧困や失業やバブル発生やバブル崩壊や景気循環や大格差社会などほとんどの悲劇は なくなるのだ!(山崎康彦)

☆今日の推薦図書

■リチャード・ヴェルナー、石井正幸著『福井日銀総裁危険な素顔』(アップル出版社、2003.06.12刊、\1500+税)

3章 私物化される日銀のゆがんだ現実

日銀改正法に利用されたブンデスバンクと日銀の"差"

P65-68 朗読

☆(1)今日のメインテーマ

■安倍晋三ファシスト首相が、北朝鮮による日本人拉致事件の解決を最優先課題と位置付けているが何の進展もないのは、一体なぜなのか?

【関連情報】

▼北朝鮮による日本人拉致事件とは?(Wikipediaより抜粋)

北朝鮮による日本人拉致事件(きたちょうせんによるにほんじんらちじけん)と は、1970年代から1980年代にかけて、朝鮮民主主義人民共和国 (北朝鮮)の工作員や土台人、よど号グループなどにより、多数の日本人が、日本から極秘裏に、北朝鮮に拉致された国際犯罪事件である

それは以下の四つの理由があるだろう。

第一の理由:

拉致被害者家族会の元事務局長蓮池透さんが言っているように、安倍晋三は拉致被害者家族を利用して首相になった人物であり、最高権力者になった今 利用価値がなくなった拉致事件はどうでもよくなったからだ。

【関連記事1】

▼元家族会・蓮池透氏インタビュー(前編)蓮池透氏が安倍首相の“逆ギレ”国会答弁に堂々反論!「安倍さんは議員バッジよ
り先にブルーリボンを外すべきだ」

2016.01.13 Litera

http://lite-ra.com/2016/01/post-1888.html

【関連記事2】

▼元家族会・蓮池透氏インタビュー(後編)蓮池透氏がさらに安倍首相の詐術を徹底批判! 「安倍さんはきっと北の核実験
を利用し、逃げ道にする」

2016.01.14 Litera

http://lite-ra.com/2016/01/post-1891.html

第二の理由:

1970-1980年代に各地で日本人が北朝鮮の工作員によって拉致され失踪していることは、当時の自民党政権は警察庁や警視庁公安部や海上保安 庁からの捜査情報で知っていたが、北朝鮮利権を狙う当時の金丸信自民党幹事長と田邊誠社会党副委員長らによる北朝鮮訪問(1990年実現)を前に して捜査をみ消したのだ!

すなわち当時の自民党政権と当時の社会党と一緒に北朝鮮利権を独占するために、警察と海上保安庁に捜査中止を強制して事件をもみ消したのだ。

安倍晋三にとってこのことが暴露されると困るのだ。

【関連情報】

■北朝鮮による日本人拉致事件を最初にもみ消したのは誰か

2008-01-08 杉並からの情報発信です

http://goo.gl/QOylxJ

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/9fef45787dc978aff856fb44edfedaf7

私がほぼ毎日読むブログの一つに、元レバノン大使で小泉純一郎の自衛隊イラク派遣に反対して、事実上外務省を罷免された天木直人さんの「天木直人のブログ」があります。

1月4日付け記事に【「声なき声に応えたい」と年頭に誓う読売新聞社会部長】という題の、大変面白い内容が書かれておりましたので、少し長いですが以下に引用させていただきます。

◇ ◇ ◇

「声なき声に応えたい」と年頭に誓う読売新聞社会部長

「国家的犯罪から身の回りの病理現象まで……記者の一人ひとりが追及すべき悪の対象を胸に秘め、取材している。あとはいま書ける事を書き切るだけだ。過去の苦い悔いを繰り返さないように……声なき声の代弁者でいたい……」

これは年頭にあたって読売新聞社会部長の中井一平という記者が1月4日の読売新聞朝刊に寄せている誓いである。その言やよし。読売新聞の記者は本当にそれを実行してくれるだろうか。この1年の読売新聞の記事を私は注視して行きたい。

中井社会部長がこのような決意を書いた理由は、氏がかつて駆け出しの頃、横田めぐみさん拉致事件に関して、「国策も絡むのなら記事にできないか」と独り合点して取材のほこを収めたからだ。筆を折ったからだ。

その時の経緯を今思い返して、中井部長は次のように書いている。
 
……77年11月、当時中学1年生の横田めぐみさんが下校途中、北朝鮮工作員に拉致されたとされる自宅近くの道を、(海鳴りの)音に向かって進む。

松林を抜け、荒波が打ち寄せる日本海が目に入った時、かぶさるように、ある光景が思い浮かんだ。85年の秋口、東京都内の警視庁公安部の刑事宅。深夜、帰ってきた顔なじみの刑事が、玄関先で沈んだ声で言った。「急に、『もういい』となった。

何なんだろう」門灯の薄明かりにも、さえない表情はうかがえた……「上の方」から捜査にストップがかかったという。「政治的な思惑らしい。でも日本人が無理やり、連れていかれているんだよ」。刑事はいつしか涙声になっていた。

そのころ大物政治家が日朝の関係改善に動いていた……。
 
こう書いたあと、中井部長の前掲の言葉が続く。

「国策が絡むのなら記事にできないか」。真偽は確かめられないまま独り合点して取材のほこを収めた」そして、中井部長は次のように更に続ける。「あのとき書いて世に訴えていれば」「いや、それでどうなったか」。悔いと言い訳が胸中で交錯した。年を重ねるごとに膨らむのは悔いの方だ……ならば中井部長にお願いをしたい。今からでも遅くない。たかだか20年ほど前の話だ。

あの時どのような配慮から拉致問題を不問にするという政治的判断がなされたのか。

その判断を下した政治家たちは誰か。その政治家の判断に黙って従った警察庁や外務省の官僚たちは誰か。

(引用終わり)

天木直人さんは、「日朝の関係改善に動いた大物政治家」の名前を知らないはずはありません。名前を出すと、その影響と反感が大きいので敢えて書かなかったのかと推測されます。この大物の政治家は、当時自民党幹事長の「金丸信(1914年9月17日‐1996年3月28日)」と日本社会党副委員長の「田邊誠(1922年2月25日 生まれ現在85歳)」だと私は思います。

その当時の「金丸信」と「田邊誠」の行動を「Wikipedia」で調べると、以下のようになっています。

●「金丸信」に関する「Wikipedia」の記述の一部。

*1990年、日本社会党の伝手を頼り田辺誠らと訪朝団を編成。団長として朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を訪問する。金丸と金日成主席が、日本語を用いて差しで対談を行う。しかしやり取りが文書として残っていないため、一体何を話したのかが謎となっている。

この空白の数時間の間に取り決められたといわれる約束が、日朝の交渉においてしばしば「金丸さんが金日成主席と約束した」という形で北朝鮮側から持ち出されることがある。このとき自民党の代表として国交正常化や統治時代の補償とともに『南北朝鮮分断後45年間についての補償』という約束を自民党、社会党、朝鮮労働党の3党で交した。

*(後に、金丸の脱税捜査の際に発見されたとされる無刻印の金の延べ棒数億円分はこの時北朝鮮から貰ったのではないかとする噂が流布された。また、この延べ棒と同じ溶鉱炉で製造されたとされる延べ棒がオウム真理教の施設から発見されている)
      
*拉致疑惑についても何の進展もなされなかった事もあり、この約束は帰国後「土下座外交」と批判を浴び、自民党の承認を得られず反故とされる。

(引用終り)

●「田邊誠」に関する「Wikipedia」の記述の一部

*1977年12月、飛鳥田一雄委員長の下で国会対策委員長に就任。国対委員長時代には、自民党の金丸信国対委員長とのパイプを築いた。金丸との盟友関係は金丸の死去まで続き、互いに「マムシとナマズ」と呼び合うほどだった。

*1989年自民党が惨敗した7月参院選で社会党が躍進後に副委員長に就任。

*1990年金丸信(自民党元幹事長)と共に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を訪問し金日成国家主席・朝鮮労働党総書記と会談した。

(引用終り)

読売新聞の中井社会部長が、駆け出しの社会部記者として警視庁公安部の刑事宅を夜回りした際、「上の方」から捜査にストップがかかったことを聞かされ、「国策が絡むのなら記事にできないか」と勝手に思い込み、「横田めぐみさん拉致事件」の真相追及を止めたのが1985年でした。

当時は、日本社会党が唯一北朝鮮と交流があったわけで、金丸信は、盟友であった日本社会党副委員長の田邊誠を対北朝鮮の窓口にして、1990年に実現する「北朝鮮訪問」の準備をしていた時期にちょうど重なります。

当時の日本社会党委員長は、土井たか子(1928年11月30日-現在79歳)でした。田邊誠はその後日本社会党委員長(1991-1993年)についています。

民主党の小沢一郎は、当時金丸信の一番弟子で秘蔵っ子であり、「訪朝団」の一員として訪朝しています。(1990年 金丸訪朝団の一員として北朝鮮を訪問する=

Wikipedia)

もしも、1985年段階で、「横田めぐみさん拉致事件」の捜査が「政治的な思惑」で打ち切られる事なく、マスコミの追求も止めないでいて、「拉致事件の真犯人は北朝鮮工作員」であることがその時点で公表されていたならば、その後の展開は全然

違った方向になっていただろうと推測されます。日本全国で警戒態勢と監視体制がとられたであろうから、その後の拉致事件は防げたのではないでしょうか?

ま」た、「北朝鮮による日本人拉致事件」が、小泉純一郎や安倍晋三など「国策で捜査をストップさせた」当事者の自民党の政治家達に、自分達の人気取りに利用されつづけてきた「拉致被害者とご家族」の運命もまた違っていたのかと思われます。

ブログの最後に、天木直人さんは、次のように書いています。

「ならば中井部長にお願いをしたい。今からでも遅くない。たかだか20年ほど前の話だ。あの時どのような配慮から拉致問題を不問にするという政治的判断がなされたのか。その判断を下した政治家たちは誰か。その政治家の判断に黙って従った警察
庁や外務省の官僚たちは誰か」

金丸信は1996年に死亡していますが、田邊誠は85歳で今でも存命しています。土井たか子は79歳で現役で活躍しています。小沢一郎は民主党代表で現役です。少なくとも上記3人の政治家には、天木さんの読売新聞中井部長への質問と全く同じ質問をしたいと思います。「あの時どのような配慮から拉致問題を不問にするという政治的判断がなされたのか。その判断を下した政治家たちは誰か。その政治家の判断に黙って従った警察庁や外務省の官僚たちは誰か」

彼ら3人の政治家は、当事者として国民に真実を述べる義務があります。特に田邊誠は、金丸信と「マムシとナマズ」と呼び合うほど親しく、1990年の「金丸訪朝」の準備と訪朝を企画・実行した中心人物です。すべを語って欲しいものです。

(記事終り)

第三の理由:

拉致事件が発生してからすでに30-40年近く経過しており、拉致被害者のほぼ全員がすでに死亡しているため、北朝鮮は日本政府に約束した拉致被 害者の安否調査報告ができないのだ。

第四の理由:

安倍晋三は、横田めぐみさんが1994年4月10日に精神病院・平壌49号予防院で[劇薬・薬物の過剰投与]で30歳で死亡したことを知ってお り、これを隠ぺいするためにわざと解決を遅らせているのだ。

【関連情報】

■安倍自公政権はこれで一挙に崩壊するだろう!

2014-11-08 杉並からの情報発信です

http://goo.gl/ffnfgH

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/192d84048da619ea07a8ff1aa36d6a54

安倍自公政権はこれで一挙に崩壊するだろう!

韓国紙【東亜日報】は、1977年11月15日新潟市で下校途方に北朝鮮工作員に拉致された当時13歳の女子中学生横田めぐみさんが、1994年 4月10日に精神病院・平壌49号予防院で[劇薬・薬物の過剰投与]で30歳で死亡したとの詳しい報告書を単独入手して11月7日付け記事で報道 した。

【東亜日報】は記事の中で「めぐみさんを直接埋葬した脱北者の口から死亡の可能性が提起されたことは、拉致被害者家族と日本国民にメガトン級の衝 撃を与えることは明らかだ」「こうした事実を知りながら隠してきた安倍政権も不信を抱かれるとみられる」と分析し「北朝鮮に利用されたとの批判は 免れず、政権発足後、最大の政治的危機を迎えるとみられる」と述べている。

2014年9月11日付けのこの報告書は、日本政府の拉致問題対策本部職員が韓国人の拉致被害者家族会代表とともに、めぐみさんが死亡したとする 精神病院・平壌49号予防院の関係者2人に第三国で面会した時の報告書であり、報告書に日付の9月11日から遅くとも1週間以内に安倍晋三首相と 菅官房長官に内容が報告されていたのだ!

安倍晋三首相と菅官房長官は、20年前にすでに横田めぐみさんが[死亡]している詳細な報告書を受け取り[死亡]の事実を知っていながら、このこ とをめぐみさんの両親にも国民にも知らせず、13歳の横田めぐみさんを拉致し30歳で精神病院で殺した犯罪国家・金正恩北朝鮮独裁政権と【拉致被 害者電撃帰国】のサプライズ演出のために口約束だけで制裁を事前解除して交渉を進めて北朝鮮に完全に利用されていたことが、これで暴露されたの だ!

1977年-1980年にかけて主に日本海岸沿いで組織的に行われた【北朝鮮による日本人拉致事件】の主犯は、当時の金正日北朝鮮総書記であり、 共犯は北朝鮮との国交回復による【北朝鮮利権】を狙い拉致事件の捜査を妨害し中止させた当時の金丸信自民党幹事長と歴代自民党政権なのだ!

また北朝鮮と金丸自民党を結び付け【北朝鮮利権】に食い込もうと画策した田辺誠社会党委員長ら当時の社会党執行部は【北朝鮮による日本人拉致事 件】は共犯だろう!

それにしても安倍晋三ファシスト首相の報道禁止令にしたがって、この衝撃的な重大情報を一切報道しない、NHK.朝日新聞、読売新聞、東京新聞、 日経新聞はもはや報道機関ではないだろう!

とりわけスクープ報道した【東亜日報】と直ちに配信フォローした【ハフィントンポスト日本語版】と【特別提携】している朝日新聞が一切沈黙してい るのはまさに犯罪的だ!

【関連情報1】

▲横田めぐみさん「劇物・薬物の過剰投与で死亡」韓国紙が報告書入手と報道

【北朝鮮・ 拉致問題】

2014年11月07日 ハフィントンポスト日本語版

http://www.huffingtonpost.jp/2014/11/06/yokota-megumi-dead-dongailbo-reported_n_6118782.html?utm_hp_ref=japan

韓国の大手紙・東亜日報は11月7日付で、北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさんが、「劇物や薬物の過剰投与で死亡した」とする「日本政府の極 秘調査」 の報告書を単独入手したと報じた。

安倍内閣に報告されたというこの報告書には、2014年9月11日に、日本政府の拉致問題対策本部職員が、韓国人の拉致被害者家族会代表ととも に、めぐみさんが死亡したとする精神病院・平壌49号予防院の関係者2人に第三国で面会した内容が含まれている。

証言によれば、めぐみさんは「完全隔離病棟」に収容され、30歳だった1994年4月10日に死亡し、15日に付近の山に埋葬された。証言者たち は「精神安定剤、 睡眠薬を主に服用し、注射された」とし、睡眠薬のハイミナルなど、薬の種類と 服用した量に言及した。

証言者たちは「患者が死んだ当時、全身に青い斑点があった」「劇物や過剰な量の薬物を飲んだり注射されたりしたとき見られる所見」とした。さらに 「(め ぐみさんの)遺体は(国家安全)保衛部(労働)党組織の指示で、トラクターに乗せられ、他の遺体5体とともに山に運ばれ、棺もなくそのまま 同じ穴に埋められ た」という。

■菅官房長官「信憑性はない」

東亜日報は「めぐみさんを直接埋葬した脱北者の口から、死亡の可能性が提起されたことは、拉致被害者家族と日本国民にメガトン級の衝撃を与えるこ とは明らかだ」「こうした事実を知りながら隠してきた安倍政権も不信を抱かれるとみられる」と分析した。「北朝鮮に利用されたとの批判は免れず、 政権発足後、最大の政治的危機を迎えると みられる」とも述べている。

一方、菅義偉官房長官は7日の記者会見で、信憑性はないとの見方を示し、「政府としては様々な情報収集を行っている。具体的な内容について は控えたい」 と話した。

■報告書全文「死んだ当時、全身に青い斑点」

同 紙によると、入手した報告書は「横田めぐみさんの死亡を目撃した北朝鮮の 関係者」に面会したという「日本政府の拉致問題対策本部と、韓国の崔成竜・拉北者 家族会代表の共同調査報告書」で、A4判に9枚。日本の拉致問題対策本部が用意した7個の質問に、証言者が手記で答える形で作られた。報告書の最後に「日本政府拉致問題対策本部事務局」が作成した文献であることが明示されている。その下に、拉致問題対策本部関係者3人と、拉北者家族会の崔代表の名前が書かれている。原本は日本政府が持ち、韓国政府当局もコピーを持っている。

同紙が報じた報告書全文は以下の通り。

----------

<1>その女性が日本の拉致被害者、横田めぐみさんであるとどうして分かったのですか? 横田さんはいつ、どこから烽火診療所(平壌の高級幹部専 用の病院)に来ましたか? 横田さんが来たとき、精神状態、身体の状態はどうでしたか?

A 病歴書(診療記録書)にリュ・ミョンスク(女性、めぐみさんの朝鮮名)1964年10月5日生まれ、1977年日本から朝鮮に囚われて入国し、(国家安 全)保衛部の調査を受けていたそうです。最初、病院に到着したときには健康状態、精神状態も良好でした。しかし過酷な調査を受けて健康状態が悪化 し、保衛部の病院で治療を受けたこともあったそうです。私に、日本の故郷の住所を示して、自分の消息を知らせてほしいと頼まれました。烽火診療所 はこの女性が行けるところではありません(注:横田さんが入院していた病院はここではないという意味)。

<2>横田めぐみさんの主治医は誰で、どのような経歴の医師でしたか? その主治医はめぐみさんにどのような治療をしまし たか? めぐみさんの看護を担当した看護師がいたなら、氏名と住所、職業と役職を説明して下さい。

A その日本の女性は精神科に入院し、治療を受けていましたが、担当の主治医は男性でした。精神安定剤、睡眠薬を主に服用、注射されていました。土曜、日曜や祝日には、医師や看護師が交代で勤務しました。平壌市●●区域●●洞●●班。(崔代表は「証人2人のうち1人」)と話した。証言者の安全のため 実名を公 開しない)

<3>横田めぐみさんは診療所で一日をどのように過ごしていましたか? めぐみさんとどのような話をしましたか? めぐみ さんを訪問したり病状を確認したりする人はいましたか?

A  一緒に拉致された男性(1978年に韓国から拉致された金英男氏)と結婚し、 日本から朝鮮にやってきたこと、故郷の父母の話、朝鮮幹部が 「朝鮮で教育を 受けたら日本に戻してやる」と約束した話をしていました。しかし夫に、約束通り両親に手紙を送ろうという話を巡って激しくけんか し、その後、 夫が女性を遠ざけるようになったそうです。夜になると、両親を呼ぶ悲痛な声「オサンオサン(注:お父さん、お母さんを聞き違えたと思われる)」が聞こえま した。保衛部が随時監視しており、面会も謝絶でした。海外同胞迎接部の人もときどき来ました。人民班長と周辺人物に秘密情報院を潜入させて監視しました。 病院に入院したときは、特別に隔離病棟に入りました。この精神病院(平壌49号予防院) は、鉄道の駅から歩いて数時間かかる山の中にありました。たまに患 者が逃げ出して付近の住民に迷惑がかかるため、遠隔地に病院を建てたそうです。

<4>横田めぐみさんにどのような薬を、いつからいつまで、どのくらい投与しましたか?

A ディアゼパム(Diazepam)0.002 1錠、1日2~3回、1回2~5錠、内服。患者の精神安定目的。

ハイミナル(Hyminal)0.1 1錠、1日2回、1回2~4錠ずつ内服。強力な睡眠作用がある。5錠以上投与すると20時間の睡眠誘導効果があり、10錠以上投与すると致死量に至る。

アミナジン(Aminazin)錠剤、注射でそれぞれ処方。注射2ml~5ml程度(筋肉注射)。精神安定および睡眠誘導のため。

※「5mlを1日最大8回服用すると40mlになり、致死量の水準だ。体の弱い人は1日 10mlでも多量に服用したことになる。ハイミナル は呼吸抑制効果があり危険 だ」とする韓国人医師の見解が併記されている。

<5>横田めぐみさんが死亡したとすると、どのような原因でいつ死亡しましたか? めぐみさんが死亡したとき、そばにいた 人はいましたか? いたらその人はどんな人で、めぐみさんの死後に遺体を処理した人は誰ですか? めぐみさ んの遺体はどのように処理され ましたか?

A 私は1990年から95年までこの病院に勤務しました。この患者は1994年4月10日に死亡しました。数日後、4月15日に山に埋葬されました。遺体は 保衛部が党組織の指示で山に直葬されました。「直葬」とは、棺もなく、穴だけを掘ってそのまま埋めることを言います。トラクターに乗せた他の遺体 5体とともに、同じ場所に埋葬しました。当日、医師1人、看護師1人、看病院5人が処理作業をしました。この女性患者が死亡した当時、全身に青い斑点がありまし た。通常の遺体には現れない所見です。劇物や過剰な量の薬物を飲んだり注射されたりしたときにみられる所見です。

※匿名の専門医は「劇物や 薬物を過剰に服用すると、全身に青い斑点が現れることがある。劇薬で皮下治療を試みたのであれば、時間がたつにつれて出血部位が青くなること もある」と話 した。ただ「死斑の色だけで死因を推定するのは難 しい」との意見を述べる法医学の専門家もいる。

<6>烽火診療所の所在地 はどこですか? 烽火診療所および付属施設の位置関係を絵で示してください。北朝鮮は横田めぐみさんが入院した場所は49号予防院と主張 していますが、烽 火診療所と49号予防院は同じ施設ですか? 横田めぐみさんは診療所の何棟の何階、何号室にいましたか? 烽火診療所全体の医師、 看護 師、入院患者数は何人ぐらいですか?

A (烽火診療所と49号予防院は同じ施設では)ありません。平壌市49号病院 (予防院)、平壌市…(住所)

●●●(証言者2人のうちもう1人):医師10人、看護師11人、看病員15人、経理課職員4人、薬局職員3人、食堂職員3人、隔離病棟、特別隔 離病棟 が別にあります。男性病棟、女性病棟、ベッド数100、1病室に2~5のベッドがあり、ベッドがない床の病室もある。個室もある。食堂、院長室、医師室、 看護師室、処置室、注射室、青年学校、秘書室、経理課があった。完全隔離病棟は、意識障害の激しい患者が隔離されていた。すべての病室には扉に外からしか 開けられない鍵がついている。食事は重症の患者は病室まで運び、軽症の患者は食堂で食べます。

<7>横田めぐみさん以外に他の日本人拉致被害者について見聞きしたことはありませんか?

A 覚えていません。

2014年9月11日

【関連情報2】

▲【東亜日報】2014年11月07日付記事原文

http://news.donga.com/Main/3/all/20141107/67719661/1

【関連情報3】

▲横田めぐみさん:韓国紙報道「薬物過多で1994年死亡」

毎日新聞 2014年11月07日 

http://mainichi.jp/select/news/20141108k0000m030086000c.html

【ソウル大貫智子】韓国紙・東亜日報は7日付朝刊で、北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさん(行方不明時13歳)について、日本政府の 拉致問題 対策本部と韓国の拉致被害者家族会による共同調査の結果、薬物過多などにより1994年に死亡したとの証言を得たと報じた。信ぴょう性は不明だ。

同紙によると、調査は今年9月11日に実施。めぐみさんが入院していたという平壌 市内の病院関係者2人と第三国で面会し、日本政府の質問に対して 手記により回答を得た。この病院関係者によると、めぐみさんは隔離病棟にいたが、精神安定剤や睡眠薬の多量服用により94年4月に死亡。 遺体は棺おけもな く他の遺体とともに山中の穴に埋められたという。生前は、夜になると「お父さん、 お母さん」などと日本語で泣きながら呼ぶ声が聞こえたと伝えている。

北朝鮮側は2004年の日朝協議で、めぐみさんは94年4月に自殺したと日本側に伝えた。

韓国の拉致被害者家族会代表は12年、めぐみさんが04年12月に死亡したと の情報を得たと述べていた。

【関連情報4】

▲拉致再調査 「横田めぐみさん、過剰投薬死」韓国紙報道 政府「事実と異なる」

産経新聞 11月7日

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141107-00000523-san-kr

【ソウル=加藤達也】韓国紙、東亜日報は7日、日本政府の拉致問題対策本部が今年9月に韓国の「拉北者家族会」の崔成竜代表と共同で脱 北者に対する調査を行った際の報告書を入手したと報じた。

報道によると、証言者は北朝鮮で拉致被害者の横田めぐみさん(50)=拉致当時(13)が入院していた国家安全保衛部の病院に勤務して いたとし、横田さんの朝鮮名「リュミョンスク女」と書かれた診療記録を見た際、「1964年10月5日生まれ。77年に日本で北朝鮮につかまって連れてこ られた」と記載さ れていたと話したという。また横田さんは「94年4月10日に死亡した」と主張。死因は睡眠剤などの過剰な投与だった-としている。

日本の政府関係者は産経新聞の取材に「報道された内容は日本政府が把握している事実関係と異なる部分が少なくない」とした上で、「拉致 被害者に関しては幅広く情報収集を行っている」としている。

【関連情報5】

▲横田めぐみさん死亡との報道、信ぴょう性ない=菅官房長官

2014年 11月 7日 ロイター日本語版

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0IR05920141107

[東京7日 ロイター] - 菅義偉官房長官は7日の閣議後会見で、韓国紙の東亜日報が、拉致被害者の横田めぐみさんが北朝鮮の薬物過剰投与によって亡くなっていたと報じたことについ て、報道は承知しているが信ぴょう性はないと語った。

韓国の東亜日報の報道について菅官房長官は「政府としては様々な情報収集を行っている。具体的な内容については控えたい」と述べた。東亜日報から 政府に通知はなかったとし、東亜日報が北朝鮮の調査報告書を入手したかどうかについては「まったく承知していない。そこはないと思う」と語った。

さらに菅官房長官は「今までも、生存情報とかいろんな情報が乱れ飛んでいる」 と指摘、「政府としては拉致被害者の全員の生存を前提に、懸命な取り 組みを行っている」と述べた。

また、菅官房長官は北京を訪問した谷内正太郎国家安全保障局長が中国の楊潔チ国務委員と6日に会談したことを明らかにした。会談内容については 「報告を受けていない」としたが、「日中関係全般、日中の安全保障政策について意見交換した」という。

アジア太平洋経済協力会議(APEC)の際の日中首脳会談については「形式にとらわれることなく両国首脳が胸襟を開いて会談することは極めて大事 だ」と述べるにとどめた。エボラ出血熱への対応について、菅官房長官は、日本として新たに最大1億ドルの支援を行うと発表した。週末からの一連の首脳会合の際に、日本の姿 勢を示 していくという。

(石田仁志)

(記事終り)

☆(2)今日のトッピックス

①海外メディアが一斉に「アベ ノミクスは失敗に終わった」…一方、安倍首相はデータをねじまげ「景気回復」の嘘を 小石川シンイチ

2016.01.18 Litera

http://lite-ra.com/2016/01/post-1899.h

②翼賛選挙が始まった 市民候補も立ち上がった ~与党編~

2016年1月17日  田中龍作ジャーナル

http://tanakaryusaku.jp/

③フーベルにも話をききます。「彼は政治的革命を呼びかけている」:ネイ ション誌が大統領候補バーニー・サンダースを推薦

2016/1/15 デモクラシーナウ日本語版

http://democracynow.jp/

④日弁連次期会長候補に自民稲田議員「支持」の怪情報

2016年1月17日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/173526

(3)今日の重要情報

① 現実を見ずに破綻している世界制覇計画を強行しようとしている米強硬派に隷属する日本のエリート

2016.01.17 櫻井ジャーナル

http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201601170000/

させようとしているかもしれない。

☆(4)今日の注目情報

①韓国の青年の半分がワーキングプアー…公正なスタートラインを

2016.01.18 ハンギョレ新聞日本語版

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/23083.html

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月17日(日)のつぶやき | トップ | 20160118放送【山崎康彦のYYN... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。