杉並からの情報発信です

政治、経済、金融、教育、社会問題、国際情勢など、日々変化する様々な問題を取り上げて発信したいと思います。

【今日の画像】1,000円札の裏に描かれている富士山の本栖湖湖面の【逆さ富士】は富士山とは全く違う!

2016年01月17日 08時58分35秒 | 政治・社会

いつもお世話様です。                         

【杉並からの情報発信です】【YYNewsLive】【市民ネットメデイアグループ】【家族勉強会】【草の根勉強会】【山崎塾】【1000万人情報拡散運動】を主宰するネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

【今日の画像】

■ 1,000円札の裏に描かれている富士山の本栖湖の湖面に映る【逆さ富士】はよ く見ると富士山とは全く違うのは、何を意味するのか?

20170117富士山ではないbis

その山は、旧約聖書の【ノアの箱舟】が漂着したと言われるトルコ東部にある富士山そっくりのアララト山なのだ!

日銀が発行している1000円札の裏には富士山が描かれているが、本栖湖の湖面に映っている【逆さ富士】はよく見ると富士山ではない。この山は、 ダヤ教の聖書でありキリスト教教原理主義福音派の聖書でも【旧約聖書】の『創世記』(6章-9章)に登場する【ノアの箱舟】が大洪水の中で漂着し たと言われるトルコ東部のアララト山(標高(5137m)を巧妙に細工して富士山に見せかけ差し替えたのだ。

【説明】

▼アララト山とは?(Wikipediaより抜粋)

アララト山(アララトさん)は、トルコ共和国の東端にある標高5,137mの山であり成層火山である。主峰の東南にあたる標高3,896mの頂上 を小アララト山と呼んでおり、それに対して標高5,137mの主峰は公式には大アララト山という。アルメニアとの国境から32km、イランとの国 境から16kmである。

『旧約聖書』にでてくるノアの箱舟が大洪水の後、流れ着いたとされる山と目されて、12世紀以降にヨーロッパ人により命名 された。

現在のアララト山頂から見つかった古い時代の木の化石や、航空写真から見出だした方形の船の跡らしいものをノアの箱舟の痕跡だとし、ノアの箱舟伝 説が実証されたと 主張する人もいるが、一般的には受け入れられてはいない。

(説明終わり)

▼1000円札の裏の【逆さ富士】が巧妙に細工されたアララト山であるという事実は、日銀が米FRBと同じくユダヤロスチャイルド国際金融マフィ アに100%支配・ 管理されていることを示している!

ユダヤロスチャイルド国際金融マフィアは、100%支配・管理する米FRB(連邦準備制度理事会)発行の米1ドル札の裏にも彼らのメッセージを印 刷している。

米1ドル札の裏の正面左には、未完成のピラミッドと頂上部分に、秘密結社【フリーメーソン=イルミナいー】のシンボルマークの一つである古代エジ プトの天空神フォルスの左目眼が【全視眼】=『万物を見通す目』として描かれいるのだ。

またピラミッドの上部には、以下のラテン語が書かれている。

ANNUIT COEPTIS=「我々の計画に同意せよ」

またピラミッドの下部には、以下のラテン語が書かれている。

NOVSU ORDO SECLORUM=「新しい世紀の秩序」

これは「新世界秩序という我々の計画に同意せよ」というメッセージなのだ。

新世界秩序は、言うまでもないNWO(ニュー・ワールド・オーダー)すわなち彼らが目論む「世界統一政府」のことなのだ。

日銀の1000円札の裏の【逆さ富士】が旧約聖書の【ノアの箱舟】が漂着したアララト山に巧妙に差し替えられていることは、日銀は米FRBと同じ く、ユダヤロスチャイルド国際金融マフィアに100%支配・管理されていることを示しているのだ。

すなわち、黒田をはじめとする戦後の歴代日銀総裁すべては、ユダヤロスチャイルド国際金融マフィアが選んだ、彼らの命令を忠実に実行する工作員で あり【金融テロリスト】なのだ。

我々【市民革命派】は一日も早く日銀を100%国有化してすべての決定権を国会に設置する【日銀政策決定監視委員会(仮称)】に移して【国民化】 し、国民資産である【円の印刷権】を日銀からはく奪すべきなのだ!

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月16日(土)のつぶやき | トップ | 【週間レポート】①衆議院の解散... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。