杉並からの情報発信です

政治、経済、金融、教育、社会問題、国際情勢など、日々変化する様々な問題を取り上げて発信したいと思います。

【ブログ記事】歴代最高裁長官が歴代自民党政権の憲法違反、憲法無視、憲法破壊を黙認してきた原因はこれだ

2016年01月23日 18時13分51秒 | 政治・社会
いつもお世話様です。

【杉並からの情報発信です】【YYNewsLive】【市民ネットメデイアグループ】 【家族勉強会】【草の根勉強会】【山崎塾】【1000万人情報拡散運動】を主宰するネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

昨日金曜日(2016.01.22)に放送しました【YYNewsLive】の『メインテーマ』を加筆訂正して【ブログ記事】にまとめました。

【ブログ記事】

■日本の歴代最高裁長官が歴代自民党政権の憲法違反、憲法無視、憲法破壊を見て見ぬふりをしてきた原因がわかった!

安倍晋三自公ファシスト政権をはじめ歴代自民党政権の憲法違反、憲法無視、憲法破壊を見て見ぬふりをしてきたのは、日本国憲法第6条2項の規定で 最高裁長官の任命権を内閣が握っているからだ!

日本国憲法には、近代憲法と民主憲法の大原則である三つの国権、立法権(国会)、行政権(内閣)、司法権(最高裁)の【三権分立原則】がどこにも 明記されていない。

明記されていないどころか、三権の立ち位置が、憲法第41条の規定で国会が最高機関として最上位に位置し、その下に内閣が位置し、憲法第6条第2 項の規定で内閣の下に最高裁(司法)が位置するように規定されているのだ。

▼日本国憲法第6条【天皇の任命権】

1.天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。

2.天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

すなわち、日本国憲法の規定では、三権は、国会>内閣>最高裁の順に位置づけられており、最高裁(司法)は最低の位置しか与えられていないのだ。

しかも歴代自民党政権は、憲法第41条【国会は国権の最高機関である】の規定に違反して、ことあるごとに『衆議院の解散権は首相の専権事項であ る』と大嘘をつき、自分たちに有利な時を選んで衆議院を解散し、政権与党のあらゆる権力を駆使しして総選挙を支配し、有利な選挙戦を展開して常に 勝利してきたのだ。

政権与党の自民党が常に総選挙に勝ってきたのは、自民党が国民のために良い政治を行ったからでは全くなく、憲法に違反して有利な特に衆議院を解散 して総選挙を支配してきたからであり、いかさま選挙に勝つのは当然なのだ。

日本国憲法の規定による3権の位置関係は、国会>内閣>最高裁の順だが、歴代自民党政権は公然と憲法第41条違反を繰り返し嘘を強弁して、内閣> 国会、内閣>最高裁という、常に内閣が国会と最高裁の上位に位置して強権を振る【内閣独裁体制】を敷いてきたのだ。

すなわち、明治維新以降の大日本帝国の支配構造は【天皇制・軍部・独裁体制】であったが、戦後の日本の支配構造は【象徴天皇制・自民党内閣・独裁体制】 なのだ。

すなわち、米国支配層は戦後の日本を間接支配するために、戦前の【天皇制】の代わりに【象徴天皇制】を置き、【軍部】の代わりに【自民党内閣】を 置き、国会と最高裁を無力化して自民党内閣による【独裁体制】を意図的に作り上げた
のだ。

米国支配層は自民党内閣の独裁を可能にするため、近代憲法・民主憲法が保障する【三権分立の大原則】を反故にして憲法第6条第2項で最高裁長官の 任命権を内閣に与えたのだ。

来るべき我々が望む【市民革命政権】は、真っ先に憲法第6条第2項を改正して三権分立を保証すること、かつ最高裁長官、最高裁判事、最高裁事務総 局長など最高裁幹部と高裁、地裁簡裁の幹部すべてを国民が直接選挙で選ぶようにするのだ。

そして、国の最高法規である日本国憲法が厳格に尊重・順守されるように違憲訴訟専門の最高裁判所となる公選制の【憲法裁判所】を新たに設置するのだ。、

(終わり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月22日(金)のつぶやき その2 | トップ | 1月23日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。