半分少女マンガ

川崎桜のぼやき日記

シンクロ少女

2017-02-18 16:36:25 | Weblog
2017!第2弾!!は、
これまた初めて参加する劇団です。
この劇団の作演出の名嘉さんは、私が若かりし日に所属していた絶対王様を、中学生の頃に観てくれて、感銘を受けてくれたという貴重な方です。
その初めて絶対王様を観てくれた『猫目教』という作品は下北沢のスズナリという、東京の小劇場界の憧れというか、登竜門とでも言える劇場でやったものなのですが、私はそれ以来スズナリに立つ機会はなかったのですが、今回、このシンクロ少女で久しぶりに立つことになりました。
なんと不思議な縁なのでしょうか…月日の流れとは恐ろしくも面白い巡り合わせを作ってくれるのですね。そんなお芝居です。

◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎

シンクロ少女#17

『未亡人の一年』

〜未亡人とその周囲の人々の「後悔」にまつわる物語です〜

◼︎作・演出
名嘉友美

◼︎日程
2017年3月8日[水]~12日[日]

◼︎会場
ザ・スズナリ
(〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15)

◼︎出演
泉政宏
横手慎太郎
中田麦平
田中のり子 (以上、シンクロ少女)

諫山幸治 (ブラジル)
石黒麻衣 (劇団普通)
川崎桜
伊達香苗 (MCR)
堂本佳世
野田慈伸 (桃尻犬)
三澤さき (ゲンパビ)
吉岡そんれい

◼︎タイムテーブル
08日[水]19:30
09日[木]19:30
10日[金]14:30★/19:30
11日[土]14:30/19:30
12日[日]13:30/18:30
*受付開始は開演の45分前、開場は30分前になります。

◼︎チケット料金 (指定席/一部自由席)
前売 3,500円/当日 4,000円
前方自由 3,300円 (枚数限定)
学生 3,000円 (前売・当日とも/要学生証提示)
★平日昼割 各前売料金より300円引き (前売のみ)

◼︎チケット予約
下記の予約フォームから簡単にご予約いただけます。
http://ticket.corich.jp/apply/80117/008/
または私まで直接ご連絡ください。

◼︎お問い合わせ
シンクロ少女
Web→http://syncroshoujo.strikingly.com/
Mail→syncro.shoujo@gmail.
Twitter→@syncrojesse

◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎◻︎


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボカボッカ、無事終了いたしました!!

2017-02-17 10:02:30 | Weblog
第一弾のボカボッカ『ドーナッツ◎ホール』は、おかげさまで連日満員の中、無事終了致しました!!
ご来場くださったお客さま、関わってくださった全ての方々、応援してくださった皆様に、深く感謝いたします。ありがとうございましたm(_ _)m
今回もまた、贅沢な時間を過ごすことが出来ました。久しぶりの劇場での公演、スタッフさんの素晴らしい仕事にたくさん助けられました。
今回の作品は、作演出のヒサトミさんの熱いメッセージがストレートに盛り込まれていて、私の役はそのメッセージをストレートに突き付ける役柄だったのですが、観に来てくれたお客さんが、私の想像以上にストレートにメッセージを受け止めて、心を動かしてくれたので、私自身もとても感動しました。
どんな芝居に出ても、作っている最中や公演の本番中でも、いろんなことに翻弄され見失い、しんどいと思ってしまうことも多々あるのですが、終わってみると、たくさんの出会いや発見があり、やっぱりやって良かったといつも思います。今回もまたそうでした。
本当に有難いことだと思います。
苦しくも楽しい贅沢な俳優修行の旅はまだまだ続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

告知!ボカボッカ!!

2017-01-16 13:44:04 | Weblog
BOCA BoccA vol.6
『ドーナッツ◎ホール』
作・演出 ヒサトミマキ
第27回 下北沢演劇祭参加
2017.2.9(THU)〜2.12(SUN)
下北沢OFF・OFFシアター

【CAST】
安東桂吾 岡薫(黒テント) 浅季愉女美
ちゅうり(タテヨコ企画) 山本珠乃
川崎桜 其池邦生 宮崎明子

【チケット料金】
日時指定・全席自由席
¥3200(前売・当日共)
★BOCA BoccAのサービスデー!¥3000
9 (木) 19:30
10 (金) 14:00★ 19:30
11 (土) 14:00 19:30
12 (日) 13:00 18:00
※受付は開場10分前から、開場は開演の30分前。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017!

2017-01-16 12:25:25 | Weblog
寒中お見舞い申し上げます。
年が明けてしまいましたね。
年末年始いろいろなことがありました。

昨年の下半期はおかげさまで芝居三昧の日々でした。公演と公演の間に海外の演劇のワークショップを受けるなどして、とても刺激的でしたが、相当落ち込んだりもしました。カルチャーショック!です(^^;;

今年もおかげさまで、芝居三昧の日々になりそうです。
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

目下、今年第1弾の稽古中です。
初めて参加する団体ですが、ずっとお客さんとして旗揚げから観ていたところですので、知った顔ばかりです。でも共演するのは初めてだったりするので、やっぱりドキドキワクワクはたまらんです。稽古ってやっぱり楽しいです。
上手く出来ても出来なくても作っていく過程は楽しいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読みドッグ、無事終了!!

2016-11-14 17:29:37 | Weblog
読みドッグ、無事終了いたしました。
ご来場くださったお客様、応援してくださった皆様、創作に関わってくださった全ての方々に感謝いたします。
ありがとうございました!!
今回もまた新しい出会いがたくさんたくさんあり、とても贅沢な時間を過ごすことが出来ました。
演劇を創作を愛して止まない人たちがたくさんいるんだなぁと改めて思いました。

今回の作・演出の木嶋さんは今回が2回目の公演ということと、読みドッグというのがもともと自分の書いて来た戯曲をみんなに読んで貰って意見を交換する会ということもあり、木嶋さんにもいろいろと意見を求められましたので、かなり言いたい放題言わせて頂きました。
結果、自分の首を絞めることになったと公演の本番3回目に思いました。笑。
意見を取り入れくれて、何度かリライトしていく内に、結果的にシュールな30分のコントのような作品になったので、お客さんの反応が顕著に役者に影響しまして、恐ろしくもあり、最高に楽しくもある、公演になりました。
座組がとても良く、毎回飲みに行っていろんな話をしました。
今回もまた自分にとってとっても特別な公演になりました。
稽古中公演中はいろいろしんどくなって、自分に負けて愚痴もかなり言いましたが、終わってみるとまた次もやりたいと思ってしまう。
病みつきですな。取り憑かれてるとしか思えません。

↓上はもう一つのチームと合わせて会場の茶会記にて集合写真。中心にいるのが、奇才の作家木嶋さん。
下は私を支えて楽しませてくれた愛する共演者、ホーリーと稲垣くん。
皆様、ありがとうございましたm(_ _)m


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読みドッグ告知!!

2016-11-01 10:13:32 | Weblog
あわわ、もう11月になってしまいました!!
が、まだ詳細を載せてなかった!!
10月なんだかとっても忙しかった。
旦那様に「帰って来ないし!」と言われてしまう始末…。いや、毎日家にはちゃんと帰ってますが、真っ直ぐ帰って来ない?つまり、まぁ、飲みに行ってばかりとか💦
以下、お知らせです!!


『読みドッグ』
2016年11月12日(土) 13日(日)
会場 喫茶茶会記
【2本立て上演作品】
「人情劇」
作・演出 木嶋美香
出演 川崎桜 岩堀美紀 稲垣和俊

「クローズドアーキテクト」
作・演出 瀬古健太郎
出演 荒川ユリエル 水沼小百合 ドウズ・カシワノ 瀬古健太郎

【公演日時】
11/12(土) ●13時 ●16時 ●20時
13(日) ●16時 ●19時
※開場は各回、30分前です。
【上演時間】約70分(2作品合計)
【入場料金】2000円(1drink付)

【ご予約】座席数に限りがございますので事前のご予約をお願い致します。

【チケット予約ページ】
http://ticket.corich.jp/apply/77355/003/

【会場】喫茶茶会記
〒160-0015 新宿区大京町2-4
(丸ノ内線 四谷三丁目駅 徒歩3分)

読みドッグとは?
2012年度戯曲セミナー卒業生を中心に、不定期で開催される創作戯曲の講評会やときどき上演を行う劇作家・役者等の群れ。


今回もまたカフェにて。二本立ての一本に出演します。3人芝居の30分位の短編ですが、その中で三役を演じ分けねばならず、短編ですがセリフもなかなか覚えられず、毎回のことながら奮闘稽古中です。しかも台本もいろいろみんなで相談しなが手直ししながら、やってます!!
小規模な企画ではありますが、だからこそ、普段は回って来ない役回りをやったりしています。
2日間しかありませんが、お時間あれば是非是非お待ちしております💖
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恋愛日記

2016-10-05 12:07:29 | Weblog
若い頃は恋愛のことばかり考えていた。

運命の人、とか考えたことは一度もないけど、一人の人に固執しておかしくなったりはよくしていたな。
これが一番厄介で、最近はストーカー事件とかよくあるし、殺されちゃったりと本当に付きまとわれた側は不幸だよね。
私はさすがに家の前に行ったりはしたことないな。ないはず…。笑。
正直、若かりし日の失態をあまり覚えてはいない。

私は恋愛すると、相手に依存してしまうタイプで毎日ベッタリするタイプである。
だから、遠距離恋愛とか、お互い忙しいからたまにしか会わないとか、浮気とか、不倫とか、したことないです。今のところ。笑。
相手が自分にだけ向いてるという確信がないと、不安で不安でしようがなく、不審が続くと結局別れてしまうので、浮気もされたことないと思う。多分。友達に言うと、「分かんないよー」って言われますが、笑。


最近の浮気相手はもっぱらこの方、NBAのステフィン・カリー。
携帯の待ち受けまでも。
もうすぐ今シーズン開幕だよ!!
今プレシーズン始まりました💖
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

臭いものに、蓋してますか?

2016-10-01 23:37:30 | Weblog
最近、Twitterを始めたんだけど。
友達と呼びたい人が自分の中の何かに均衡を取るためにつぶやき続けてるのを私的に見守りたいと思って。
だから自分がつぶやきたい訳ではなくて。
でもつぶやきたい衝動はあるんだけど、Twitterでつぶやく理由が見つからず、まだつぶやいてない。
この自意識なんなんだー!!笑。

マイダーの友達のTwitterが潔い程に負で、気持ち良い。笑。

私でも、やっぱ、怖いな。
負のパワーに引っ張られそうで、やっぱ、蓋しちゃうな。空元気。酔っ払って吹き飛ばしたい。笑って。
怖いもん。戻ってこれなかったら。

吐き出して均衡取ってる人もいるんだろな、

自分の分かってる範疇だけで行きてちゃ、なんの成長も発見もないし、怖いと思うところに飛び込んで行かなきゃいけないんだろうけど………。



今回の稽古で西武新宿線の上石神井によく行ってるんだけど、私が普段使っている丸ノ内線や日比谷線と雰囲気が全然違う。
当たり前か。都心部を走ってる電車と郊外に向かって走ってる電車じゃ。
乗り換えで新宿の西口から大ガードを潜って歌舞伎町の端っこにある西武新宿線の新宿駅に行くんだけど。
稽古後呑んで帰る途中に、欲が蠢く眠らない街歌舞伎町のネオンの圧を感じながら、大ガードを潜って寝ている浮浪者を横目に早足で通り過ぎて、いつもの丸ノ内線の新宿駅についた。
ガランとして無機質で、思わず写真を撮ってしまった…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石川の空

2016-09-20 09:49:14 | Weblog


叔母が急に亡くなり、葬儀の為に石川に帰りました。
今年は帰れないな、と思っていた矢先だったので、こんなことでもないと帰れないから、ほんとに、叔母ちゃんが呼んでくれたんだと思いました。
一昨年、叔父ちゃんが亡くなった時、お坊さんが話していましたが、故人は亡くなって、火葬場で焼かれて、骨になった姿を残された生きている私たちに見せて、何かを悟らせているのだと。

小学校高学年、中学、高校と過ごした石川に帰ると、東京の暮らしとは時間の流れ方が全然違うので、気分転換はもちろん、何かリセットされるような気がする。

あいにくの天気だったけど、今回帰って一番に思ったことは、
空が広い。
夜が暗い。
今更だけど、笑。
あと、石川に帰るとあくびが止まらない。
久しぶりに会った従姉妹に話すと、「こっちはゆっくりしとるからやない?」と言われ、「そうかもしれんね…」
石川で働いたことないから分かんないけど。
自分が都心に住んで都心で活動してるからかもしれないけど…
やっぱり東京とは全然違う。

来年80になる父が一人で暮らしている実家にも久しぶりに帰って、いろいろなことを思う…。
父が作ってくれた朝ごはんの魚が美味しかった。
メギス。

石川に帰る前日に呑んだ、昔からの芝居仲間が、「いよいよ生活が立ち行かなくなったから田舎に帰る」なんて話を聞いたからか、もう一人の仲間が、「売れなくても死ぬまで芝居が出来たら幸せだ」なんて話を聞いたからか…。
ふわふわモヤモヤと心がざわざわしていたんだけど。

また今日から東京でがんばる。
自分で選んだ道を歩くしかない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

up!

2016-09-03 12:25:52 | Weblog
今日からまた新しい稽古が始まる。
ポンコツの呪縛は8.31に久しぶりにみんなに会ったことで解けた。
やっぱり楽しかったし気の合う仲間だ。
それぞれ微妙に関係性は違うけど。
少し距離感を探りつつも集まるとやはり楽しい。
信頼関係を作るのには時間が、共有した時間が必要であると最近よく思う。
相手が自分のことをどう思ってるかなんて、例えダンナであっても分からないものである。
もちろん変わっても行くし。


同い年の女優に会うことはなかなか少ない。
この数年で共演をきっかけにプライベートでも仲良くしている女優さんは何人かいるけど、同い年の女優に会うことはなかなかない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加