こみきの空間

毎日の楽しいことを発信!!
本・絵本・手作り作品・パソコン便利活用・・・多数ジャンルの紹介♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はだしのゲン

2006-08-01 23:12:21 | ★本(大人:ノンフィク)
先月、なち丸が何を思ったのか・・・・
図書館で『はだしのゲン』紙芝居を借りてきた!!

なつかしい~!!
確か私が小学生くらいの頃、夏休みに町の公民館でビデオ上映があって
友達と見たな~
ただ、ただ、恐くて気持ち悪かった事だけ覚えてて、
話の内容は忘れ、広島の原爆の話だったことだけの記憶。

ドキドキしながらなち丸に読んだ紙芝居・・・・
なんと第1巻目は戦争真っ只中で、主人公ゲンのお父さんが
戦争に反対したことを言って、周りから「非国民!!」といじめられる所で終っていた!!
えー??
まだ全然さわりの部分では??

そんなわけで、順番に借りて紙芝居は全5巻だった。
絵がマンガ絵で面白そうだったから借りたみたいで
年長のなち丸には、内容的にはわかってない感じでした。
でも、底抜けに明るいゲンの会は面白かったみたいで
全部、じっくり聞いてました。


そして・・・・
みー助は学校図書ルームに「はだしのゲン」のマンガが数冊あるそうで
夏休みの前に放課中に読んだそうです。
涙が出ててしまい、お友達に気付かれないように拭いた・・・・とのこと(笑)

紙芝居に描いて無い話が色々あったよ!!とのことで
私も読んでみたくなり図書館でマンガを借りて読みました。

〔愛蔵版〕はだしのゲン 全10巻

汐文社

このアイテムの詳細を見る

図書館には、この愛蔵版が全10巻揃っていた。

全巻読んでみて、かなりショックでした。
驚きました・・・。
こんなお話だったんだ・・・・

原爆が落ちる前の、戦時中の食糧難の厳しさや戦争に対する大人の考え。
次が原爆の落ちた地獄絵図の話・・・・
そしてその後の復興していく日本の様子と、原爆孤児の苦難の数々。
知らなかった世界がそこにリアルに描かれていました。
悲惨な状況、苦難の数々なのですが
それに立ち向かうゲンの明るさと強さが、読む人の心を和ませてくれます。

戦争中は天皇は神様だったのに、原爆が落ちたら人間になってしまったのはン何故?・・・
というゲンの言葉に、考えさせられました。

そして、大人の都合と、一部の人の金儲けのために戦争をして
お金の無い人間と、弱い子供が被害にあったと、繰り返し訴えてました。
そうだったんだ・・・・知らなかった!!

もうすぐ終戦の日。
今みー助もこのマンガを読んでるので
読み終わったら、感想を聞きつつ、戦争について話しをしてみようと思います。

この本を読んでちょっと気になったのは・・・・
戦争の責任は天皇にあり、戦争を起こした罪をつぐなっていない!
という事が数回描いてあり、ちょっと天皇批判の色が強いかな?と。
まだ冷静に判断できない子供が読んだら
この部分をそのまま、記憶してしまうかな??と思ってしまいました。
戦争の悲惨さを伝えるには良いマンガだと思うのですが
この部分が微妙に気にかかるのは私だけかな??


『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンビーチ日光川で遊ぶ~♪ | トップ | 『明日の記憶』  著:萩原... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読んだことあります (ぱたぽん)
2006-08-03 22:41:32
全巻じゃないけど、読んだことあります。

原爆が落とされたとこから、少し先までは地獄絵図ですね。

とても正視はできなかった。

確かに偏っているところはあるけれど、大人も子どもも知るべきだとは思います。

今の日本人は、とってもお子チャマ化していると思うので、こういうの読んで喝をいれないと、いつか大変なことになるでしょう!!

そうそう。

今日出校日。

また宿題が増えたんだよ~しかも21日までにってヽ(`Д´#)ノ

いいかげんにしてよ~先生。

子どもはがっくりきてます。

感想文&ポスター、習字。

終わらせておいて、まだよかったです
ぱたぽんさんへ (こみき)
2006-08-06 23:06:55
こんばんは、ご無沙汰してしまって申し訳ありません。

どうも夏バテ突入で、子供の寝かしつけとともにバタンキューの日々。更新も遠のいてました~

日中も、子供がいるとバタバタ出かけることが多く

家にいてもゆっくりパソコンに向かえないのですが・・・・

ぱたぽんさんは、きちんと毎日更新されてて尊敬ですっ~



「はだしのゲン」は生きていくために、人糞を売ったり、戦後の山で鉄砲の弾を掘り起こして売ったり、

ここには書けないすざましい仕事をして、生きていきます。

命の大切さや、生きることのひたむきさ、力強さは

今の大人でも忘れてる人が多いので、喝を入れるには良い作品ですね~。



ところで、ふたごっちくんの夏休みの宿題の話・・・

途中で増えるなんてこと有り??

聞いたことないので、ビックリです!!

どこかに旅行行ったりするので、前倒しで終らせたりするのに、途中でもらって、期限21日ってキツイですねーー



うちの娘は理科実験以外の大物作品がまだ残ってます・・・・

本人は危機感ゼロで、のんびりしてます(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
はだしのゲン (ももこのブログ)
はだしのゲン「はだしのゲン」は、中沢啓治による、自身の原子爆弾|原爆の被爆体験を元にしたドキュメンタリー風漫画である。1972年に「月刊少年ジャンプ」の漫画家自伝企画の第1弾として掲載された、中沢の自叙伝『おれは見た』を元に、脚色を交えて19...
はだしのゲン (まおの記録)
はだしのゲン『はだしのゲン』は、中沢啓治による、自身の原子爆弾|原爆の被爆体験を元にした漫画。同タイトルで実写映画やアニメ映画化もされている。2007年には初めてテレビドラマ化される。概要1972年に「週刊少年マガジン」の漫画家自伝企画の第1弾...