山里ひぐらしの小径

木曽路の入り口、岐阜県中津川市から
人と自然とのかかわりをテーマに、山里、植物、離島など。

ヒマワリの管状花

2017-07-23 | 植物
ヒマワリの横顔。

ヒマワリは真ん中の丸い部分が大きいのが最大の特徴であり魅力だろう。
つまり、管状花の集団。
周りの黄色い「花びら」の部分は、舌状花という。花びら1枚が1つの花だから、これも舌状花の集団である。
キク科の花はこういう二段構えの構造になっているものが多い。

横顔を見ると、管状花は、周辺部(向かって右)が古い花で、中心部が若い花だということがよく分かる。
中心部は、蕊(しべ)の先端の黄色いところがまだ開いてなくて、その周りに開いた花があり、黄色い部分は目だたないけど花粉を出しているところがあり、その外側ではすっかり花としての成熟期を終えて(つまりしおれて)、実を結ぼうとしている様子がみえる。

キク科の花はおしべとめしべが合体したような形になっていて、というか、一つの棒(しべ)をおしべとめしべで共有している感じになっているので、めしべだと思っていたら花粉が出ているみたいな状況になってしまう。
けれど、多分、めしべとおしべの成熟期をずらして、自家受粉しないようにしている。種によって違うけど、そういう植物はキク科に限らず、普通に多い。ヒマワリもきっとそうなんだと思う。

それにしてもたくさんの花を持っているヒマワリ。
だからこの部分にぎっしり種ができるんですね。
その種を食べたりもできる。

正面から見ると

実に見事に花が並んでいます。

Comment

キク科の花と落花生畑とため池のことなど

2017-07-22 | 植物
キク科の花の管状花について書こうと思ったけど
百日草については研究不足だということが分かり
次回以降に見送ることにした。

百日草がとても好きです。
百日草は、種を蒔いた年はきれいだけど、翌年からのこぼれ種のは色も形もさえなくなります。
F1種なんでしょう。
色はくすんだマゼンダ色に統一される傾向です。
原種を見てみたい。

家の裏の方には、以前にはなかった落花生畑がやたら増えています。
おそらく1軒の農家さんがあちこちに植えているんだろうと思います。


このあたりは昔はなかなか水の得にくかった丘陵地で、
少し離れたところには落花生を特産とする昔からの農家があります。
ため池が多いのも水が得にくい立地だったためでしょう。

そのため池も、この1年で2つもつぶされ宅地化されました。
もっと離れたところでもつぶしていて、そこは畑にされています。

ため池の周りにはシデコブシ、サクラバハンノキ、クロミノニシゴリ、カザグルマ、ハナノキなどが生え、とてもいい感じなのですが、
田んぼをやる人もいなくなったり、そもそも用水が完備しているのだから、
不要だと思われて、今後も容赦なくつぶされていくかもしれません。

Comment

コジュケイのカスタネット

2017-07-20 | めぐる季節と自然
よく晴れています。

朝5時に目が覚めたら、ひっそりと静かでした。
ヒグラシのうねるような大演奏会がすでに終わった後のようでした。

7時になるとケッケッケッケッケッケッと規則的な鋭いカスタネットのような音が
絶え間なく続きます。
コジュケイの地鳴きです。
静かにしてほしいと思いますが、車やバイクの音よりはましだろうと思います。

コジュケイは複数いるはずですが、幸いなことに、鳴き声を立てるのは1羽だけです。
鳴く担当者が決まっているのでしょうか。

コジュケイはもうずっと前から住みついていて、家族で暮らしているのですが、増えすぎてうちの周りがコジュケイだらけになるということはなぜかありません。
大体同じ個体数を維持しているようです。
やかましい鳥ですが、それなりに天敵がいるのでしょう。

昨日1羽、道を横切るのをみかけました。あまり逃げません。
単独で見るのは珍しいことです。今の時期は単独になるのでしょうか。


昨日久しぶりに家の裏の方に歩いていったら
新しい家が数軒立っていました。
リニアが来るせいなのか、どんどん家は増えています。
山を望む風景の中に硬質の建物が混じるのはあまり好きではありませんが
そんなことは私がとやかく言う立場ではないでしょう。

ひまわり畑が今年もできていて、満開でした。
Comment

さわやかな朝のままでいてほしい

2017-07-19 | めぐる季節と自然
朝からきれいに晴れています。

夜中、寝ていたら、部屋に熱気がこもって暑くて仕方なかったので
窓を開けたら
未明には冷えてきました。

朝、ひんやりしたさわやかな風が窓から入り
窓の外では隣の森の緑の木々が揺れ
ホトトギスとイカルとヒヨドリが鳴いていました。

ホトトギスは朝7時頃、イカルはそれに少し遅れて鳴き始めます。

こんないい環境にいられるのは幸運なことです。

今日は暑くなるということです。
朝のさわやかさが一日中続くなら夏もいいのですが。
Comment

酷暑に向かう

2017-07-18 | めぐる季節と自然
朝からカンカン照りでした。
いやです。
アブラゼミが遠くでジージー鳴きます。
今朝はホトトギスを聞きませんでした。

今は少し日がかげっていますが。
ずっと梅雨でいてほしいと思います。

昨日退治した里芋の黒い虫が
復活してまた里芋についていたらどうしようという恐怖に怯えていました。
今朝、恐る恐る見にいったところ、大丈夫でした。
私もどうかしています。

本当に虫が嫌いで、日中それらしきものと遭遇すると
夢に出てきて襲われたりします。
昨晩は夢には出てこなかったけれど、目が覚めている間じゅう思い出しているのだから、もっと悪いかもしれません。

今年はメヒシバの出穂をまだ見ません。
遅いんじゃないでしょうか。通常ならそろそろ秋の虫が鳴き始めてもおかしくないのですが。

いつの間にか7月も半分以上が終わってしまいました。
恐ろしいことです。
Comment