山里ひぐらしの小径

木曽路の入り口、岐阜県中津川市から
人と自然とのかかわりをテーマに、山里、植物、離島など。

樹の葉の色が変わり、お盆

2017-08-09 | めぐる季節と自然
窓から見える樹々の葉が急に黄色味を帯びていることに気付いた。
一昨日の朝。
え? と思ったら、すでに立秋なのだった。

雑木林の樹々の葉は、立秋過ぎると黄色が強くなり、茶色っぽくなってくる。
春からは青みを帯びた緑色なのだけど。
やはりすでに秋が近づいているのだ。

今日は空が青く高く、朝からじりじり焼き付けるような日差しだ。
ホトトギスはまだ朝方一声、二声鳴くけれど、6月頃のように一日中さえずっているようなことはない。


7月末に和尚様が実家にお経を上げに来てくれて
それで安心してしまい、お盆をどうするか考えるのをすっかり忘れていた。
お盆のお供えや、迎え火、送り火。
仏壇は実家にある。
行かなければならないだろう。

別に「行かなければならない」こともないのだけど。
日本のお盆は美しい風習だと思う。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 台風と隠れた前線 | TOP | スイカと塩 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | めぐる季節と自然