山里ひぐらしの小径

木曽路の入り口、岐阜県中津川市に移り住んで約20年。
人と自然とのかかわりをテーマに、山里、植物、離島など。

白い夕暮れ

2017-02-16 | めぐる季節と自然
今日の恵那山は真っ白ではなく水色。
雪が少し解けたのが分かります。

4月のような暖かい日で、外に出ると心地よく感じます。
いつもこんな陽気だったら本当にいいのに。
夕方5時を過ぎても明るく、白く暮れなずむさまに
迫りくる春を感じます。
白さに黄色味を帯びないのが春先の夕暮れの色です。

そのようないい日に、ひどい頭痛で午後3時ぐらいまで暗闇の中にいた一日でありました。
写真も撮りに行けず。

今日会うはずだった知人も風邪で寝込み。
季節の変わり目の何かいけない気でもあるんでしょうか。
Comment

アセビちらほら・雪下ろし

2017-02-15 | 植物
1月頃からアセビはこの状態で、ちょっとだけ花を開いています。
梅はまだまだ咲きません。

2月の初めに渥美半島の親戚の家に行き、野菜をたくさんもらってきました。
日々食べているのですが、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、大根、かぶ、白菜……
見事にアブラナ科ばかり。
唯一、絹さやだけがマメ科。1月20日頃の雪にやられて白いぽつぽつがあったけれど
とても甘くておいしい。
これから私の家のまわりでも菜花ぐらいは採れるようになりますが
当分アブラナ科の季節が続きそうです。


今日、鳥取市の知人から電話があり、まだ車が雪に埋まっていて出せないので、歩いて通勤しているそう。職場まで歩いて15~20分ぐらいだから、とりあえずそれに関してはいい運動だと思いますが。

テレビでニュースを見ていたら、どこか東北のほうだったかで、87歳の女性が雪かきをしていて水路にはまって亡くなったとか、岐阜県では84歳の男性が雪下ろしをしていて落ちて亡くなったとか。いたましい。
その年でそんな仕事をする人がおられることに驚く。
その人だってしたくてしていたわけではないだろう。
高齢化した日本の未来が思いやられる。

Comment

積雪の深さ

2017-02-13 | めぐる季節と自然
恵那山の頭。
2月の恵那山はいつもきれいです。夕映えになるとバラ色に染まります。
今年の元日は恵那山からの日の出を自宅で見ることができました。
毎年ちゃんと見るべきだったと反省。

雪が見たくなりました。
かつてはときどき山形とか福島とか新潟とかに雪を見に行ったものです。
私の印象では、一番雪深かったのは福島県です。
調べてみると、気象庁で積雪の深さ一覧表というのをネットにあげてくれています。
それによると、掲載されたたぶん200か250地点ぐらいの中で
一番深いのはやっぱり福島県の桧枝岐(ひのえまた)で
そこには只見線に乗って雪のときに行ったことがあります。
電車の窓から丸2日ぐらい雪を見ていたけど見飽きることがなかった。
住んでいる人はうんざりしていることでしょう。
そういうのを高みの見物というのか。ちょっと申し訳ない。

今大変な鳥取県では、智頭町よりも鳥取市内の方が多く積もっているということで
驚きました。

近場で雪を見るならやっぱり長野県北部かなぁと思います。山陰よりもずっと多いのです。
Comment

青い実と雪

2017-02-12 | めぐる季節と自然
山陰の大雪が嘘のように
こちらではあっけらかんと晴れた日。
かと思ったら少し雪がちらついたり。

鳥取市にも智頭町にも何度も行っているので
雪のニュースはしっかり見ています。
智頭町では以前から1月になるとものすごく雪が積もります。
豪雪地といっていいでしょう。
山奥の集落も多いのできっと大変だろうと思います。

2月に入ってから猫がにゃおにゃお騒いでいます。
そういう声を聞くのは数年ぶりです。
昨日家の前でつかず離れずの2匹を見たら
1匹はかねてから家のテラスに遊びに来ているノラ猫
なのにいつのまにかしゃれた首輪などしているのです。
最近見ないと思ったらどこかで飼われているようです。
濃いグレーのペルシアンブルーで、とてもかわいい子です。
猫ほどかわいい生き物がほかにいるだろうかとよく思います。

今年やたらとヒメヤブランの青い実が玄関前のアプローチに転がっています。
宝石のようでとてもきれいです。
Comment

雪に月の光

2017-02-11 | めぐる季節と自然
雪はほとんど降りませんでした。
夜になって皓々と照る月。屋根に残る雪が青く照らされています。

昨晩はいつもとは違いピリピリする頭痛に一晩中悩まされ、
余ってしまった粕汁、さすがに今日は食べる勇気がありません。

1月の終わりごろから、小鳥が庭先を歩くようになりました。
これも春の初めの風物詩です。
ツグミなど少し大型の鳥が、土の中の虫などをついばんでいるようです。
もうすぐバレンタインデーなので、木の梢の小鳥のさえずりもよく聞かれるようになるでしょう。
昨日、今日はジョウビタキの群れが庭の木に来ていました。オレンジ色と黒のコントラストがきれいでかわいい小鳥です。

季節が過ぎるのは本当に早い。
和歌山ではもう梅が咲いているそうです。
あっという間に春になるでしょう。
Comment