自然の慣性に身をまかせて

自然から得られた重力と遠心力をスキーでいかに推進力に変換できるか楽しんでいる山猿510の記録です。

山スキーとは

2017-05-21 22:39:30 | 必ず読んでください



このたびは私のブログ見て頂きありがとうございます。
 このブログは山スキーの記録がメインであります。山スキーは自分で登り、滑って帰るという自由なすばらしいスポーツであります。よって私のブログも楽しいことがメインで記載しています。一般的には冬山といえば雪崩が危険であり、雪崩を特集している風潮があります。確かに雪崩はもっとも気をつけなければならないことの一つですが、私の山スキーの経験から考えると冬山のトラブル、事故は雪崩以外の事故の方が多いです。みなさまの山行にすこしでもお役にたてればと思いますが、くれぐれも自由と自己責任の山スキー、山スノーボードを十分気をつけてお楽しみください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 念願叶う1day | トップ |   
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Fumi)
2013-01-04 04:59:17
いきなり、早速、勉強になりまくっております。
m(__)m
ですよね、雪崩以外の要因による事故が殆どだと思います。
雪崩は、実際のケーススタディで考えるなら、
どんなエキスパートでも分別無く事故に遭う可能性がある。
リカバリーの技術が1/100・1/1000・1/10000の生還率を分けるかも?ってレベルの話ですよね?

そもそも、自身の実力に見合う行動が出来ないから事故が起きる場合が多い。。。
地図が読めない、天気図が読めない、人の意見が聞けない・・・
私は、単独入山には肯定的な感覚の持ち主ですが、第三者の意見は重要だと考えます。

たとえ近所の低山であっても、
怪我による行動継続不能が発生すれば、凍死は容易く起きることです。
家族が納得できる、自身が納得できる用意・準備が大切ですね。^^

あ、え~っと、
ガンガン行って下さい(笑)
いづれ、連れて行ってください(^^)
自由と、自己責任m(__)m
それに見合う実力を身に付けられたら・・・(^^;)
謙虚と挑戦 (山猿)
2013-01-04 12:39:31
>Fumiさん

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくおねがいいたします。

私はいつも行くメンバーには、デンジャラスボーイと称されるぐらい無茶屋で、ルートル師匠達には、無言のお仕置きをもらっているような感じです。こんな楽観的な私のブログなので、自分の戒めの為にも、冬シーズンはこの記事をいちばん前に出すようにしてます。

Fumiさんの山に対する対応方法は、正直私の方が勉強させてもらっています。私は山屋ではないので、勉強不足が否めません。こちらこそいろいろお教えください。

是非冬の山ご一緒しましょう!!
Unknown (Hide)
2013-03-06 21:25:05
はじめまして! ゴータマ 山スキーで検索してたどり着きました。
山スキーに挑戦したく、ゴータマを購入しましたが、シールで悩んでいます…
どのメーカーをお使いですか?
テール等加工はしていますか?
ゴータマいい板 (山猿)
2013-03-06 22:09:23
>Hideさん

初めまして。同じゴータマ乗りうれしいです。

シールですが、私はブラックダイアモンド(以下BD)のアセンション ナイロンSTSにG3 スキンテールクリップ(ペア)を流用して使用しています。知り合いはゲコーのシール使用していますが、ちまたで問題になっているほど、悪い感じではなさそうです。私個人としては、BDのシールで使い慣れている(メンテも含めて)なので、BDが一番使いやすいです。クリップは以前記載した定番じゃないけど、良さそうなモノ シリーズno.1

http://blog.goo.ne.jp/yamazaru510/e/f3e38829902304425e23f1a6ae4f13a7

が参考になるかと思います。

ゴータマで山スキー満喫できるといいですね。
Unknown (Hide)
2013-03-06 23:10:54
山猿さま
ありがとうございます! 大変参考になります!
G3のツインチップを考えてましたが、山猿さんと同じ組合せしたいとおもいます。
ちなみに… BDのアセンションだと何ミリ幅買ってカットしたらよいのでしょう?
シール幅 (山猿)
2013-03-07 08:00:10
>Hideさん

私は120mm幅を使用しています。今期モデルは125mmしななさそうですね。120mmで私は使用として、問題ありませんでした。もしよければ、ご参考までにです。
はじめまして、初コメントです! (めぐみ)
2013-04-12 22:16:00
はじめまして!めぐみっていいます、他人のブログにいきなりコメントするの始めてで緊張していまっす(゜▽゜*)ニパッ♪。ちょくちょく見にきてるのでまたコメントしにきますね(*゜ー゜*)ポッ
はじめまして (山猿)
2013-04-14 15:23:12
>めぐみさん

どうも初めまして。コメント頂きありがとうございます。かなり偏った内容ばかりですが、、、もしよかかったらご覧ください。
はじめまして、初コメントです! (めぐみ)
2013-04-18 02:02:39
このあいだコメントしためぐみです!覚えてますか?覚えていてくれた嬉しいですw(*´∇`*)せっかくなのでメールできませんか?私ブログとかやってないのでお話がしたいです、アドは nekomegumi77あっとyahoo.co.jpです、待ってますね!(*・・*)ポッ
白山に行ってきました! (Mt.Racco)
2013-05-05 18:24:54
こんばんは!
先日、スパムがやってきたにコメントを書きましたMt.Raccoです。

実は、一昨日念願の白山に登ってきました。
とても大きな山容で、東北とはひと味違う山スキーが楽しめました。
こちらをはじめ、西の方の方々のブログ等々で勉強をさせていただいた成果だと思います。
ありがとうございました。まずはお礼まで。

追記
本日、GW中の山スキー(5本)のレポートをアップしました。お時間があればぜひ覗いてみて下さい。
www.geocities.jp/mt_raccojp/
遠征 (山猿)
2013-05-06 06:30:45
>Mt.Raccoさん

念願の白山おめでとうございます。
私もMt.Raccoさんが白山行かれたのか、すごく気になっていました。(自転車でいったのかな~とか)

私はまだ幼い息子がいる関係で、あまり遠征はできないので、Mt.Raccoさんの遠征などを拝見するとすごくうらやましいです!! そしてGWの山スキー5本!!圧巻です。
 穂高、槍方面もお勧めです。どこかでお会いできるといいですね。
 私も来週あたり白山行くので、記録参考にさせていただきます(笑)
はじめまして・・・ (katsu)
2013-06-13 12:54:55
初めまして、TLTネタで流れてきました。

今期からTLTに切り替えたばかりのビギナーですが
情報を収集している所でした・・・

管理人さんの情報、ネタがあまりにも僕のツボだったので
思わずコメさせていただきました。

コレからも楽しみに拝見させていただきます。

偏ったネタ (山猿)
2013-06-14 18:31:45
>Katsuさん

はじめまして。コメント頂きありがとうございます。
Katsuさんのブログ拝見させていただきました。

かなりいろいろ詳しい、私も気になっているような記事もあり
とても参考になります。私もちょくちょく拝見させて頂きます。

私の日記もほぼ自分のために書いた内容が多いので、かなり偏ったネタばかりでお恥ずかしい限りです。

これからも世間のうわさにとらわれない
自分のいいと思ったものなどを記載したいと思います。

誤字脱字が多いですが、これからもよろしくお願いします。
山猿さん、おはようございます (大地)
2015-01-22 06:06:11
自然を撮る、というブログを書いている大地と申します。
今はもう歳なのでしませんが、若い頃はスキーが大好きで、
それも人が滑っているところやスキーゲレンデは嫌い、いつも深雪、新雪を楽しんでいました。
その頃に山スキーはしませんでしたが、それ用のスキーはなかったように記憶しています。
ノルディックのスキーにアザラシのシール、そしてカンダハーでしたね。
今はそれ用の板があるのですね。
試してみたい気はあるのですが、なにしろ歳なので・・・
時々寄らせてもらいますね。
あっ、私のブログは山ともスキーとも関係ないですから(笑)
大地さん、こんばんわです (山猿)
2015-01-22 22:47:23
>大地さん

初めまして。コメントありがとうございます。

大地さんのブログ拝見させていただきました。
自然の写真素敵ですね。

また以前はシールを使用してのスキーをされていたなんて素敵ですね。

拙いブログですが、これからもよろしくお願いいたします。

冬山のきびしさ (小林 明)
2016-02-22 21:17:49
少年の頃「雪を抱くようにして上りこれ以上登れない・・
を頂上にして滑りおりた。脚力、腕力、体力はこの「登る」
力が最もその人間に最適な高さなのだと体験した。
その高さ以上の地点まで対価を払って登りたければ、その覚悟は必要なのだと古老に教わった。
Unknown (山猿)
2016-02-23 20:07:45
>小林 明さん

初めまして。
コメントありがとうございます。

文学的というか知的な文章
私正直内容を理解、把握できていないかも、です。

以前人がなぜ山に魅了されるのか?との問いに
そもそも山(自然)から離れた生活をしているのはつい最近で、それ以前は動物のように、山で生活していたから、その祖先のDNAが山にいざなうという説を聞き、妙に納得したのを思い出します。

また現代社会の安全に守られた偽りの社会より
そもそもの生命の根幹である予測不可能な環境(自然)が本質であることを本能で知っているからこそ、雪山に魅了されるのかもと思います。

そういう意味では祖先にもっと学ぶべきことがあるかもですね。

常に自然の偉大さ、すごさ、予測不可能な事情、そしてそんな環境で人のできることの限界を把握できる雪山での活動を今後も続ければと思っております。

って書きましたが、単に雪山でスキーすることが楽しくて仕方がないので、しているのが本当の単なるわかっていない山スキーヤーです。
登録させていただきました。 ()
2017-01-13 11:50:08
検索でこちらのブログを見つけて読ませてもらってます。今後ともよろしくお願いします。
※「山道具」の理事長さんのところをご覧になられているようですね。私もです。
はじめまして。 (山猿)
2017-01-13 23:37:46
>宙さん

コメントありがとうございます。
私も宙さんのブログ拝見させていただきます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL