goo

堀江氏、村上氏、折口氏を比較する

 傘下のコムスンが起こした問題で、グッド・ウィル・グループの折口代表が批判の矢面に立っている。どのぐらい続くか分からないが、一時のライブドア堀江元社長、村上ファンドの村上代表並の「極悪人」扱いに見える。政治的な影響は、年金問題から関心が逸れて与党に有利なのか、年金の次は介護と、国民の(特に投票率の高い高齢者の)関心の高い問題で行政の不手際が続けて起こって、野党に有利に働くのか、どちらなのか分からないが、ここでは、介護でGWGが起こした問題や政治問題ではなく、ビジネスマンとしての、3人の印象を、ごく簡単に比較してみたい。

 (1)基本思想、(2)ビジネスの着眼点、(3)本人の個人的な強み、(4)ビジネス上の弱点、という視点で見てみよう。

●堀江氏
(1)拝金主義。お金で自分をアピールしたい。
(2)主たる商品・手段は「株式」。良くも悪くも株式市場を徹底的に利用し、株式市場でのイメージを重視した。模倣でも何でもビジネスを形にして、株式を上場し、実質的に株式を交換する形で、ビジネスを手に入れていた。
(3)自分でもプログラム開発ができるなどシステム関係の知識・理解力があり、当初のオン・ザ・エッジ上場に至るまでの種を作ることができた。
(4)目立ちたがりで、自意識過剰だった。メディアへの露出が役に立った時期もあったが、最終的には、過剰な自意識と目立ちたい欲求がマイナスに働いた。

●村上氏
(1)拝金主義。お金で自分をアピールしたい。
(2)資産の換金価値よりも安い株式を買って、企業の本来の価値を実現させれば儲かる。ファンドでもあり、米国のW.バフェット氏のように、株を買って、企業に儲けさせる時間を使う暇はなく、常にExitが必要だったので、投資家としては、利益を信用せず、資産の価値に頼った。
(3)口が立つこと。堀江氏、日銀の福井氏など、多くの人を、口先で巧みに、利用することができた。
(4)儲けるだけでなく、説教(←要は自分の正当化だが)をしたがること。これはビジネスの儲けには、余計。長所と裏腹だが、たぶん、何らかのコンプレックスをカバーするために、常に、自己主張が必要だったのではないか。

●折口氏
(1)徹底的な拝金主義。お金以外信用しない。お金そのものが目的。
(2)バブルの頃は、流行に弱いオネーチャンとオネーチャンに弱い男どもを「ジュリアナ」で一網打尽に。その後、派遣ビジネスでは立場の弱い労働者から利益を絞り取り、介護ビジネスでは、体力・判断力の弱い老人を客として彼らの不安感につけ込んだ。ビジネスの一般的な原則として「弱者から得る儲けは大きい」。たとえば、外資系証券のビジネスでいうと、潰れた○○生命や××火災のような、バランスシートがボロボロの会社が、これを誤魔化すために使ったデリバティブは、利幅が大きい、儲かる商売だった。
(3)詳しいことはよく分からないが、単純であこぎなビジネスを徹底させる、ブレない姿勢が強みだったのだろう。
(4)敢えて言えば、「やりすぎ」及び「親しみにくくて不気味な風貌」と「ダーティーなイメージ」が弱点だが、ビジネスマンとしては堀江氏、村上氏よりも目的合理的で目立った欠点がない。嫌な感じ、ではあるけれども、儲けそうな経営者だ。

 要するに、好き嫌いは別として、堀江氏、村上氏には、ビジネス上はいかにも余計な、しかしいかにも人間的な欠点があったが、折口氏にはそれがないし、ジュリアナ、派遣、介護、と見ると、ビジネスの狙いは常にストライクだ。たぶん、近年台頭してきた経営者の中では、突出して鋭いのではないか。但し、その分、人物的には、親しみにくいし、率直に言って、不気味である。
 ただ、彼が、この逆境でどんな手を打つのか、また、次に(チャンスがあるかどうかは微妙だが)何を狙うのかには、大いに興味をそそられる。
 
 みなさんは、折口氏に、どのようなイメージをお持ちになりますか? それにしても、人材派遣業の方に問題はないのだろうか。
コメント ( 289 ) | Trackback ( 3 )
« 参院選公約比較及... 逃げた(?)投信... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (GWGよりGW。)
2007-06-14 04:20:36
自分はベンチャー系の世界も見てる学生です。
グッドウィルは成功例としてちょくちょく聞きます。
講演会とかもありますしね。
自分の印象としては(事件前から)あまり良くなかったです。
なんとなく人材派遣という産業に劣悪な環境がそこにあるようなイメージが自分にはあり、
(実際、メールを大量に流してそれに引っ掛かればいい、みたいなビジネスモデルですしね)
それを引っ張っていけるのはある程度人間的にどこか行ってしまっていないとできないような印象を持っているからです。
成功を高らかに主張するきらいがあったように感じます。
人に働いてもらって稼いでるわけですから、あんまり良くないんでは、と。
六本木ヒルズとかもどうでもいいと思うし。
そんな勝手な先入観を持っていた矢先、この事件が起きたので、「やっぱ」と思いました。
H社関係はことごとく黒いですね(笑)
 
 
 
折口氏の眼 (iiduka)
2007-06-14 04:21:52
おはようございます。
>>親しみにくくて不気味な風貌

私は折口氏の眼は小泉前総理にそっくりだなと思っておりました。
そのせいか山崎さんの書かれた彼の人物評と前総理に共通するのもを感じました。
 
 
 
そうなのか (xtc4241)
2007-06-14 05:06:12
山崎さん
おはようございます(今14日AM4:30頃、早朝です)

僕は基本的には人がいうことを、一度は信じることに
するから、あの’ジュリアナ’から’介護ビジネス’という転進にバブルで儲けた金を、人のために「儲からない事業」であたらしいビジネスモデルを作ろうとしているかっこよくいうと’革命児’かな~なんて思っていました。
でも、そんなことはなさそうですね。

>派遣ビジネスでは立場の弱い労働者から利益を絞り取り、介護ビジネスでは、体力・判断力の弱い老人を客として彼らの不安感につけ込んだ。ビジネスの一般的な原則として「弱者から得る儲けは大きい」。

金のためには、人をまともに扱わないという基本原則
に則っていたんですね。確かに、どこか人間ぽかった堀江氏や村上氏に比べてあくまでビジネスライクという姿勢を崩さない折口氏は不気味ではある。

きょうの夜、教育テレビでカンヌでグランプリを獲った河瀬監督と痴呆症の医師の小田さん(名前あってると思います)の対談をやっていた。
痴呆症の介護が出来る人の資質として「どんなことがあっても、人のことを思いやれること、できなくても、そうありたいと思っている人」だといっていた。
しんどい仕事の割りには給料はきわめて安いという。
こんな資質の人が、高い給料で、堂々と高らかに笑いあって働ける、そんな世のなかになってほしいと思います。理想的過ぎるかもしれないけど。
折口さんは、そんな夜明け前の「邪悪な道化師」になってくれれば、それはそれで役目をはたしているといえるんじゃないかと思います。
 
 
 
日本の政治は国民をバカにしている。 (ワーキングプア)
2007-06-14 05:15:13
グッドウィルがなぜここまで成長したのかは、文藝春秋の6月号「悪魔のビジネス 人材派遣業」を読めばわかるが、ここで働くスポット派遣労働者はワーキングプアと呼ばれる人もいて、田園調布に7億円という邸宅に住む折口社長とはいわば格差社会の象徴だ。
今怖いのは、日本という国では金がないとよい介護も受けられなくなってしまうということ。
なにもかも金となることは恐ろしいことです。
そして、すべて民間に委ねることも恐ろしいです。
学者の浅田彰氏がこう述べています。
「90年代は新古典派経済学の市場万能主義に傾き過ぎた。すべての人が功利的計算だけで動くというのは極端なイデオロギーだし、完全競争市場というのも虚構です。97年のノーベル経済学賞を受けた金融工学のパイオニアたち(ロバート・マートン、マイロン・ショールズ)は、株価を物理現象であるかのように解析する。ところが、彼らが経営にかかわるLTCMというヘッジファンドがその後、破たんしたというのは、皮肉な話です。その反省もあって、翌年はインド出身のアマーティア・センが受賞した。彼は数理経済学者だけれど、実はインドの伝統思想にも通じている。そして、市場では解決できないグローバルな不平等や貧困の問題を、理論的かつ具体的に考えている。今求められているのは、そうした方向でしょう。」
 
 
 
人材派遣なんて所詮・・・・ (ヤクザ稼業)
2007-06-14 05:47:30
折口氏の成功は、スゴイけどビジネス自体に夢がないし、人をハッピーにさせることがないと思う。
まだ、ペッパーランチの社長の方が夢があるよ。
おいしいステーキで人をハッピーにしてるもん。
レイプはいけないけどね。
人材派遣は、江戸時代からあって「人夫貸し」といって世間ではヤクザ稼業と思われていたそうな。
折口氏が不気味なのもその辺りのヤミの匂いがするからなのでは。
パチンコ屋とか焼肉屋の店員にこういう風貌の人がいる。
 
 
 
問題がないどころか(笑) (bun)
2007-06-14 08:32:09
既にご存知なのでこのように言及されたのだと思いますが(笑)、ひどいものですよ。噂で頻繁に聞きますが、こういう流れ方している噂は間違いなく本当だろうと思わせるような流れ方です。労働各法における規定、守られていること探す方がよほど早いだろうと思っています。ほとんどなさそうだから(笑)。日本の捜査というのはしばしば泳がせておいて時期が来たら袈裟まで一気にというやり方をしますのであの派遣会社にもメスが入らないかなあ、と心待ちにしているのですが。私は関連する100円ショップにすら入らないようにしています。
 
 
 
人材派遣 (animal)
2007-06-14 09:27:45
あっちの事業も中に色々取り込んでますからね。
問題は少なくないでしょう。

人材派遣なるシステムが、現在では雇用主の責任の所在を曖昧にするための方便のように使われています。
そろそろ大ナタを振るうときなのでは。
便利過ぎて企業が中毒になる前に。
 
 
 
なんとなくすっきりしない (minaho)
2007-06-14 12:01:29
実は、まったく違う感想をもっています。
人材派遣業を中心としたGWGグループとコムスンに対して、折口氏は違うスタンスで運営していたのではないかと思えるんです。

介護というのは、ビジネスとして成り立ちにくい状況にあります。
儲かるのは、老人ホームだけです。
オリックス、ワタミ、利益追求型の企業は訪問介護には手を出しません。
現にコムスンだって、多額の赤字を抱えているわけで、方法論を変えたら黒字にできるか?と言えば、訪問介護をしている限り難しいでしょう。
特に、つい最近の介護料金改定で、益々利益が出ない状況になっている。

先行きが相当暗いという点で、折口氏と堀江氏・村上氏とは違う状況にあるんですね。

普通だったら、儲け優先だったら、コムスンは廃業即決ですよ。
引き受け手なんか、それほど熱心に探しません。
自治体が絡んでますから、自社の決定だけでは廃業できない状態で、厚生労働省が廃業させてくれれば大喜びなはず。
その後のことも、厚生労働省と自治体まかせだってなんとか切り抜けられるんです。
引き際としては、絶好のタイミングだったんです。

それなのにナゼ?
これだけビジネス優先の人が、手放さなければ叩かれることがわかっているのに、どうしてすぐに手を引かないんだろうか?
周囲の人も不思議がっていたようですね。

たぶん、折口氏はコムスンに対して、ある種の思い入れがあるのでは?と思います。
介護ビジネスが黒字になるまでは、何が何でも続けたいという欲求なのか、介護ビジネス自体に思い入れがあるのか?
そのあたりは、よくわかりません。
#ニチイ学館が倒産寸前になったときにも、資金を提供してるんですよね。


で、今回の件に戻りますが。
一説によると厚生労働省の天下りを拒否したためとも、別件で厚労省と対立していたとも、伝えられたりしてます。
不正は他社でも多数行われていますし、指導されている業者も何社もあるので、それだけが原因ではなさそうだ、という意見も多いです。
実は、真相ははっきりしていないのです。

私は、確かに問題な点も多いのですが、断罪するという気持ちになれず、コムスンの成り行きを見守っているところです。
GWGグループに関しては、利益優先、徹底的な拝金主義を貫いているんでしょうねぇ、と思っていますけど。
 
 
 
Unknown (浜の叔父さん)
2007-06-14 12:29:08
人材派遣業界は4兆円産業とのことですが、体のいい手配師のたぐいと思ってます。人材派遣業法ができてから使い捨ての労働者が増えてきているようです。

しかしこの業界の総会には政治家が大挙して出席しているようです。やはりなんらかの献金をもらい将来自分たちに都合のよい法律を作ってもらいたいのでしょう。

2007年1月18日のホテルグランドパレスの新年賀詞交換会には自由・民主から約30人の国家議員と現役の大臣として法務大臣長勢甚遠先生も出席されていたそうです。(文芸春秋07、6月号悪魔のビジネス人材派遣業 奥野修司著より)

何でも規制なくできる自由な世の中が本当に良いのか参議員議員選挙で考えたいもので。
 
 
 
賞罰の基準がめちゃくちゃやね (作業員)
2007-06-14 13:12:52
確か折口も腐れキヤノンの御○所フジオも、勲章もらっとるよねえ。さっき、司法浪人のおっさんと話したんだけど。たとえばノーバとか、クーリングオフに応じない等もろもろ悪事を働いているから罰が当たって当然なんだが。サクッと業務停止、そんな簡単に処分が下せるなら、他のアマタのう○こ会社にも厳罰、与えられるだろうに、ちゅう話だ。一度、全部の賞罰の基準を点検せんといかんよ。大林もグッドウィルも上場廃止、じゃないのか。ちなみに、折口は、4割600億、とばしたんだから、市場に重大な影響を与えただろうに、大崎ちゃんよ。有利子負債2200億、さて、次の善意によるあこぎなビジネスは、なんじゃらほい。

と書いたけれど。わしも、複雑なんだなあ、印象は。山さんの挙げた三人の中の誰かの下で働くとしたら、わしは折口やなあ。理由はよくわからん。人の印象ちゅうのは、そんなもんやろ。

にしてもだよ。毎日新聞しか今日は読んでないが、御○所経団連会長の、「コンプライアンスの徹底を!」宣言は、ネタでしかないでしょ。
企業は株主の物であって、介護難民やワーキングプアーズの物、ではないのよね。日本の株式市場は今、世紀の草刈り場であって、株主は外国人なわけ。だからして、日本企業は、外国人のために存在しておるの。で、御○所キヤノンや鬼畜松下なんかは、日本の若者の将来がどうなっても知ったことじゃないから、偽装請負に代表される法令違反を続けているわけね。企業と国民国家はすでに、利益相反する関係にあるわけ。もっとも分かりやすいのが、美しい瑞穂の国になど一円の法人税も払いたくないという観音開きの御○所と日本郵船草刈で、フジオは日夜搾取の方法を、草刈は日夜脱税の方法を考え続けているわけ。
淺田彰は好かんので、山さんの先輩の西部の懐かしきゲマインな説明でいえば。人間集団のベースには原始共産制的つながりがあって、その上に経済的な利益関係がのっかる、のだからベースに経済合理性を置くのは、極左的、な考えなわけですな。実際、ネオコンの多くは極左転向組であるし、恥ずかしげもなくリバタリアンを宣言してしまう著者や、お人好しの山さんは、無政府主義をちゃんと標榜している。無政府主義者でないならば、国家が市場に手をつっこむことを全否定したりはせん、からして、菊好きのわしではあるが、恥ずかし毛もなく無政府主義を宣言するほどの極にはいない、といういささか寂しい結論になった。慈悲深き仏教徒の効用の限界だろう。
 
 
 
Unknown (Buzz)
2007-06-14 19:35:07
私も、折口氏が一番不気味ですね。
爬虫類の気持ち悪さという感じです。何か、赤い血液が流れていない生物という感じがします。

しかし、NOVAの業務停止にしても、コムスンの退場処分にしても、本当に簡単にできるのですね・・
どうも、厳しい扱いを受けているのが、急成長した企業(ライブドアも村上ファンドも)ばかりのような気がします。
キャノンやトヨタなんかも、厳しく公平に処分して欲しいと思いますね。
 
 
 
Unknown (Samgong)
2007-06-14 20:52:01
ビジネスとしての着眼点は折口氏に一日の長があるかもしれません。しかしグループの不祥事に対するあの受け答え(組織のどこかでそういうことであったかもしれないが、マネージメント層は承知してなかった)は、マネージメントとしては”絶対に”言ってはいけないことです。そういう意味では、窮地にたった時の堀江氏の受け答えの方が、企業トップとしては相当上だと思います。
よって、経営者としては私は折口氏を一番評価しないです。
 
 
 
表と裏の顔 (心の灯火)
2007-06-14 21:10:43
我々から話した事も面識も全くないので真実を知る由はないので、マスコミ報道から見た一面からしか想像できませんが…

まず失礼ながら「見た目」だけで判断すると不気味、裏の顔が怖そうという印象。

マスコミ報道のみで判断すると、介護という弱者(&善意といえばいいのかな)を利用(悪用ともいう)して利益を追求しすぎた。

経歴から見ると努力家。例え変な商売(お立ち台)をしていようが成功させたのは紛れもない事実。努力をし、才能を身につけて今の地位に上り詰めたことは賞賛すべきことだと思う。


さて、もっと色々な見方があると思いますが全てを踏まえたうえでどう判断するのかはその人次第…かな
 
 
 
グル (覚醒)
2007-06-14 21:51:49
山崎氏がこのテーマを掲げた目的は何なのか勘ぐりたくなりますね。3人比較して何をしようと言うのだろう。

今回の騒動のマスコミ報道は、ジュリアナ東京のお姉さま達が腰をくねらせて踊るシーンから始まって、折口会長がコムソンを経営はじめた時の画面や社内決起大会の時の挨拶の場面などをちりばめて、厚生省の認可取り消しの場面が出て・・と言うところでしょうか。コムソンがどんな悪いことをしたのか具体的な内容は全く言わない訳で、多分このブログに投稿している方もご存じないのではと思っている。

ある人の言によれば、介護師が「おしめ」交換に行って、たまたまお漏らしをしていると「清浄」する要があっても資格がないと出来ないという制度になっている。が、しかし、介護師職場も3Kなので、やめる人も多く、すぐ呼んでくる程の余裕がないため、資格のない人が「清浄」して「おしめ」を交換して費用請求したら、不正請求だとされている類が違反とカウントされているものとして結構多くあるとのことだ。私は、不正請求というのは、何にもやってないことをやったように見せかけたりして請求しているのかと思いしや、そうでないことの方が多いというのである。

ならば、「おしめ」交換と「清浄」とを資格で分離した制度の方が問題ではなかろうか。しかもその程度の違反が多いのなら、なぜ一発で認可取り消しなんだろう。

何人かの人のブログで、コムソンは「生贄」で、厚生労働省が目くらましの意図でやっていると指摘されているが、さもありなんと思う。家産官僚(私利私欲で動く官僚)ならやる行為だ。建物の強度偽装の時もそうだった。官僚の責任を追及すべき民主党は、ヒューザーの小島氏だとか、総合研究所の内河氏だとかの追及はしたが、国土交通省の責任は一度たりとも追及しなかった。民主党だけでなく検察も別件にて起訴してガス抜き終了だった。民主党にも手が回っていたのだろう、官僚は極めてずる賢いのだ。

このブログでも、誰かの音頭に合わせて「折口をギロチンに掛けろ!」と叫んでる民衆の方々よ、折口氏がギロチンにかかりガス抜き終了後、すべてスッキリした気分にならない方が良いですよ。その音頭を出してる奴もグルかもしれないのだから。
 
 
 
ソフト産業はヤクザなの? (覚醒)
2007-06-14 22:10:00
ヤクザ稼業 殿

江戸時代は、人夫貸しはヤクザ稼業だったんだってね。しかし、昔はそういう仕事しかなかったのでしょうが、今ではいっぱいあって、コンサルタント会社だって同じ機能ですよね。

そういう目で見れば、会計事務所、弁理士事務所、弁護士事務所、監査事務所、設計事務所、皆同じように人を派遣しての費用請求だけど、これもヤクザなんだろうね。

ソフトウエアの仕事だって似たようなもの、家庭教師の派遣は同じなら、教室は持っていても各種学校も予備校も、いや大学だって似たようなものじゃない。

資産を持たずにソフトで稼いだらヤクザというのはおかしいと思うな、私は。

 
 
 
Unknown (ケン)
2007-06-14 23:57:43
堀江、村上、折口・・みんなバイタリティや才能あふれる人達だと思う。
なぜ国は権力で一気に潰すようなことをするのか?
彼らをうまくコントロールして使えばいいのにと
思う。
新興でのし上がってきた者は利用されるだけ利用されて力を持ちすぎて目障りに邪魔になれば消すのか。

今日のクローズアップ現代で指摘されてたが、国は介護保険料を取ってサービスが提供できない事態になるのを恐れていた。
だから離島や僻地など利益のでないところまで事業所を展開し、365日24時間サービスを提供してくれるコムスンはまさに救いの神だった。

なぜ厚労省は手のひらを返したように、コムスンを一気にたたき潰すようなことをするのか。
ワタミやニチイがコムスンよりずっと高い福祉の精神や志をもっているようには見えない。
コムスンから事業を引き継いでも、24時間介護や僻地
など儲からない部分は切り捨てるんじゃないのか。

コムスンにはもう一度チャンスを与えればよかったと
思う。
厚労省はやることが極端。何を考えてるのか。
年金問題の目くらましじゃないだろうな。
 
 
 
利用された (介護人)
2007-06-15 05:34:33
介護関係の仕事をしているものです。
折口氏は、官僚や政治家に、利用されたと思っています。
福祉の仕事に民間活力を導入するというスローガンを掲げ、従来の主な「民間」であった社会福祉法人以外の営利企業の導入を積極的に勧めた経緯があり、その折には、官僚や地方自治体は、折口氏等を担ぎ挙げていたはずです。折口氏も、参入当時は、ここまで経営が厳しくなる見通しはなかったはずです。この10年間で、介護報酬の額、介護サービスの対象者の範囲は、マイナス方向に大きく変化しています。国は国民に言いませんが、「最低生活の保障」の「最低生活」の質的レベル(水準)を勝手に下げたことになります。民間企業の景気が向上し、豊かな国民が増えているはずなのに、国の財政の厳しさから、極めて福祉業界は冷え込んでいます。
実際に、国は、介護報酬の算出根拠は示さないまま、いい加減な理屈で、介護報酬単価を削減し、とうとう実際の運営コストを下回っています。つまり、介護職員の人件費を始め、運営コストを非常識な程、削減し、さらに赤字で運営しなければ、必要なサービス供給量さえ確保できないのが現場の状況です。

今回のコムスンの不正は、大手企業だからこそ出来た不正の方法であり、同業他社(大手の)でも、同様のことは少なからずあるのが現実です。大手企業にとっては、グループ関連企業の中で、多少、赤字を抱えていても、ある意味、イメージアップの広告塔として利用できるから成り立っていると思います。
その点を考えても、やはり、厚労省など行政は、民間を二階に昇らせて梯子を外したとしか言えません。
大手の経営戦略は、まるで居酒屋チェーンの戦略と同じです。利用者の利便性や選択権などを無視しています。小規模で地域密着で仕事をしている民間非営利法人にとっては、迷惑な話でしかありません。
一般的には、介護職の平均年収は250万円と言われていますが、当方では2000万円程度です。介護の仕事を公から民に移していますが、国立、県立、市立の施設やヘルパーは民間に移管されています。公務員の給料では、介護報酬では賄えないためです。自分達の給料を守るために介護保険制度が創られたとも言えます。

ついでに・・・雇用促進策の一環として、国は、ヘルパー2級の資格取得研修講座に多額の補助金を使ってきましたが、かなりの金額が、公務員の天下りの財団法人などにばら撒かれ、非効率的で、実効性のない使われ方をしています。
国民の税金を貪っているのは、やはり公務員やOBです。
今のマスコミの論調は、無知すぎですし、年金問題隠しであり、厚労省が被害者的な立場となって、さらに介護現場に強い影響力を及ぼす助けでしかありません。厚労省の失策を責めるべき問題です。





 
 
 
Unknown (トゥモ郎)
2007-06-15 08:32:20
こんにちは。
ビジネスってある側面が強烈に長けてると一時的であっても成り立ってしまうんだと思います。しかし長く続けるにはそれだけではうまく行かないという事をこの3名から学んだ気がします。

介護サービスを受ける方達が介護サービスを提供する会社や内容や人を選択できる環境を作り上げる事が厚生労働省の仕事ではないでしょうか?

介護のような社会ニーズに反応するのは民間の営利企業の正しい嗅覚だと思うのですが、結局厚生労働省が後手に回っている印象を受けます。
 
 
 
Unknown (tak)
2007-06-15 09:36:58
山崎先生、介護ビジネスという狙いはそもそもストライクではないと思いますよ。

国(政府)は自分たちの点数稼ぎのためになんでも保険でできるようにする。
そして、保険点数(医療報酬、介護報酬)は後からどんどん下げていく。
こんなのは常套手段というか、医科、歯科、の世界ではずっと昔からやられてたこと。
介護保険が導入された時も医療関係者なら国の姑息なやり方はみんな分かっていたと思う。
保険点数という報酬の単価の設定を国に抑えられているので、報酬単価の設定が現場の実情にあっていない限り、医療や介護っていうのはビジネスとして本来構造的には成功しにくいものなのです。

だから、逆に折口氏が介護ビジネスに参入した時どのような見通しだったのか興味がわきます。
思いつくパターンとしては、
1.漠然とうまくいくと思っていた。(折口氏の見通しがそもそも間違っていた。)
2.グループ企業のイメージアップのための投資であり、赤字は織り込み済み。
3.厚労省にうまいこと乗せられた。(そして梯子をはずされた。)

金に対する嗅覚の鋭い人のようなので、1は多分無いでしょう。
おそらく、2が2割3が8割くらいのつもりだったんじゃないかな。
 
 
 
皆様、コメントありがとうございます (山崎元)
2007-06-15 10:29:31
折口氏について、興味は湧くが、よく分からない、ということで書いてみたエントリーなのですが、折口氏についても、介護ビジネスについても、いろいろなご教示・ご意見を伺うことが出来て、大変参考になります。

折口氏についても、そう単純なものでもなく、実は、彼は「介護」に思い入れがあるのかも知れないし、厚労省に担がれた、ということもあるのかも知れませんね。

それにしても、年金や介護については、厚労省の役人が、自分達の裁量対象(ナワバリ)を拡げると共に、自分達の雇用対策を図った、という印象が拭えません。この人達だけは、どうも好きになれません。

ところで、堀江・村上・折口、3人に関連して、ちょっと面白い話を聞いたので、ご報告します。

宮沢元首相と親しかった方から最近聞いた話なのですが、宮沢氏は、ベンチャーの経営者達に関して、「三菱だって、政府の払い下げを受けて、いい加減なことをして始まったのであって、最初から立派なものではなかった。彼らも、排除するのではなくて、われわれの仲間に入れてやればいいのに」と仰っていたそうです。

「われわれの仲間に」というところが、よく考えると奇妙で独特ですが、仰りたいことは何となく分かります。

経営者・大金持ち、といっても、殆どは、「強欲で、運の良かった、普通の人」なので、彼らを、ことさらに持ち上げたり、一方的にけなしたり、という大きな振れ幅では、捉えない方がいいのでしょう。
 
 
 
御手洗が折口の首を絞めている (NTK)
2007-06-15 12:02:07
介護保険事業はおカミには絶対逆らってはいけない業種で、折口は計算できないバカでしょう。

介護報酬を払っているのは「体力・判断力の弱い老人」よりも地方自治体の方がずっと大きいし、単価は厚労省が決定しています。その単価は引下げの繰り返しで、とても儲かる業種とは思えないし、今後の成長も期待できないでしょう。今回の問題は介護が儲からないことも背景の一つではと想像しています。

単価下落は厚労省が積極的に進めているのではなく、社会保障費を削減しようとしている財務省、経済諮問会議の圧力でしょう。御手洗が折口の首を絞めている構図。
 
 
 
何故この時期? (marusan)
2007-06-15 12:32:23
6月6日付の「王様の耳・・」では参院選に自民党から出馬予定の丸川元テレ朝アナについて書かれていましたね。政府与党にとって参院選は年金問題・大臣の自殺等ネガティブな要因が足を引っ張り、内閣・首相の支持率もがた落ち状況ですね。そこで有名人(ここでは丸川氏)を担ぎ出したり、民主党元党首を攻撃するビラを作ったりしていますがいまいちインパクトに欠けると判断したのでしょうか。目くらましとして突如浮上したのが、コムスンでありノバなんじゃないでしょうか。両者とも昨日・今日悪事を働いたわけではなく、数年前からいろいろ言われていたようですから。
何故この時期に噴出したのか?考えてみたいものです。
 
 
 
アテンションプリーズ (作業員)
2007-06-15 13:37:54
>御手洗が折口の首を絞めている構図

確かにそうなんだが、彼ら(財力と権力にグリップのある○器ズ)も混乱していると思う。善意の任官拒否折口閣下総統がいま、人材派遣部門だけが残ったグッドウィルから離れると、「小便が大便を飲んだ吸収合併」と糞島梅子に代わってわしが言った、あのクリスタルな人々が会社の芯になってしまう。株価が下がったところで、883億のキャッシュを握っている林某風情の新たな金主が、フロント会社を買い戻してもいいわけや。裏上場やないの、西室。クリスタルを子飼いにしていた、と書くと、意外とキヤノンが食われていたような気もするんだが、まあ、「御手洗が折口風情の人間の首を絞めたり緩めたり」なのは確かかなあ。ただただ、こわーいね。
 
 
 
・・・ (さお)
2007-06-15 14:56:43
クリスタルグループ・・・
 
 
 
水に落ちた犬は叩けなのか (覚醒)
2007-06-15 21:14:13
宮沢氏の話は読みましたが、それ以前に書いていたのでそのまま投稿します。

************
山崎氏が何のために、堀江、村上、折口各氏を比較しようとしたのか、意図が理解できない。

堀江氏、村上氏のことについて少し述べたい。
今日本に必要とされることは、人を雇用できるような会社を興し、世界に打って出られるようになることだろうと思う。既存の会社だけでは、ジリ貧になることは明白だと思う。

しかし、この社会の閉塞感の中での起業は並大抵のことではない。失敗すれば、無一文どころでなく、莫大な借金を抱えるかも知れないリスクに立ち向かい、既存の業界や年寄り共の妨害を突破して会社が立ち行くようにするには、それなりの変わり者で蛮勇のある人でなければ出来ないことだと思う。

そうしたリスクにチャレンジし、色んな欠点があったにしろ世に認められるに近い状態にまで事業を展開した2人を、世の中はどんな基準で裁いているのだろうか。山崎氏の基準を見ても、拝金主義だとか、目立ちたがりだとか、お金で自分をアピールしたがるとか、のし上がる過程では決して欠点ではないことでマイナス評価を下しているだけではないのか。

先般他界された安藤百福氏の創業間もない頃の評価を良く覚えている。大阪界隈では、「あいつはひどい奴や」と言うものであった、曰く特許を横取りした、大学の先生を連れ来て黙って写真を写して宣伝に使った等々、しかし、亡くなられたときの新聞は、社会にスポーツに多大の貢献をされたと極めて高い評価をし、亡くなられた事を惜しむ記事にあふれていた。私は正しい評価だと思うし、ご立派な方だとも思っている。しかし、基盤確立までには紆余曲折のあるものだろう、しかし功なり名を遂げた後は、人は変わるのだと思う。

堀江氏について言えば、16億円(?)の粉飾決算、しかも自社株の売買代金の売り上げ計上だから罪深いと世の評論家は言う。しかし、それを毎年やっていた訳でもなく、あれだけの捜査をして1年だけの粉飾決算だった。この程度の額の粉飾決算で強制捜査をするのが正当なら、なぜカネボウの2年800億(真実は数年来の粉飾ではないか)や日興コーディアル証券の140億の時に捜査に入らないのだ。このような恣意的な官僚の人気取りの行為に異を唱えるのが山崎氏らの評論家の仕事ではないのか。

そういう役割を棚に上げて、水に落ちた犬は叩けとばかりに、今も罵倒するのが日本の将来に資するのだろうか。マスコミお抱えの評論家の限界なのかも知れないが、背骨が権力の方向に曲がり、官僚の掌で踊る様は醜悪である。
 
 
 
御手洗タイホも日興強制捜査も言及してますが (yokoyari)
2007-06-15 21:32:39
過去のBLOGで。そのくらいは漁ってから批判したほうが良いですよ。
あちらのほうにもお返事くださいね。ファイナルじゃなかったみたいなので。

ところで、御手洗の偽装請負を行政が放置してるのはどう思います?
 
 
 
二重基準ではないの? (丸々)
2007-06-15 21:53:45
>覚醒さん
>人を雇用できるような会社を興し、世界に打って出られるようになることだろうと思う。
>既存の会社だけでは、ジリ貧になることは明白だと思う。

貴方がなぜそこまで富国・拡大化路線に固執しておられるのかがイマイチ理解できかねるのですが、そこはひとまず措いておきます。それも一つの見識でしょうし。

ところで、堀江氏や村上氏が目指したビジネスモデル(というか、儲け方)は、「世界に打って出られる」ものでしたか? 彼らは、しょせん「日本の中での勝ち組」を目指していただけではないですか。
過去のコメントから判断するに、貴方はトヨタ自動車をはじめ「世界に打って出られる製造業」を高く評価しておられるようですが(この点は私も反対はしませんが)、その基準からすると、堀江氏や村上氏をそこまでムキになって擁護する必要は見当たらないように思えますが?
 
 
 
Unknown (Qちゃん)
2007-06-15 22:28:21
確かに山崎氏のマスコミ・メディア評論はいまいちさえませんな。
 
 
 
Unknown (Qちゃん)
2007-06-15 22:30:21
>堀江氏や村上氏をそこまでムキになって擁護する必要は見当たらない

マスコミや大衆に迎合してムキになって批判する必要も見あたらないということではありませんか。
 
 
 
まあまあ、そう力まないで (山崎元)
2007-06-16 02:24:14
覚醒さま

各エントリーに対する中身の濃いコメント、どうもありがとうございます。

堀江、村上、折口の比較を今取り上げた意図ですが、これは単なる興味であって、井戸端会議の口切り程度の意味しかありません。また、三氏いずれについても、ここで「叩いている」という意識は全然ありません。「拝金主義」も、「徹底的な金銭欲」を言い換えているだけで、強い非難のニュアンスはありません。水に落ちた犬、というよりも、図らずも舞台に上がった人々を、気楽に評しているだけです。

現在、折口氏を取り上げることが、厚労省による年金問題隠しに加担することだという意見がありますが、折口問題が、厚労省や政府の批判に向かう可能性もあり、そうとも決めつけられないと思っていますし、私は、それほどに政治を意識して話題を選んでいる訳ではありません。

私は作家でも大学教授でもないし、私が過去に書いたものを読め、などという過大な要求をするつもりはありませんが、堀江氏について言えば基本的にタイプとして私は嫌いでないし、「株喰い」の手口は悪いとしても、ライブドア捜査は強引でやり過ぎだった、と思っていますし、過去に、そのように書いている積もりです。

村上氏は、自己正当化の理屈がウルサイのが難点ですが、裁判の様子を見るに、ここでも地検のやり過ぎがあるようにも見えます。ただし、短期で株を利喰わなければならないファンドの宿命もあり、やり口はあまり上品ではありませんね。

折口氏については、薄気味悪いと思っていますが、今のところ、よく分からない、というのが本音です。もっとも、グッドウィルの商売のやり方を思うに、いい奴ではなさそうですが。

一方、日興コーディアルについては上場廃止が妥当だったし、有村氏、平野氏などは強制捜査の対象にすべきだと、方々で書いて来ました。

また、社会保険庁は民営化ではなく廃止が持論ですし、基本的に官僚機構の肥大化に反対です。では、なぜ小泉・安倍政権に批判的かですが、それは、彼らが改革と称するものが不徹底だからであり、改革そのものに反対しているわけではありません。たとえば、郵政民営化は、スピードが遅すぎたし、結果的に、民間の形で官僚を喰わせることになるだけでしょう。加えて言えば、私は、「普通に戦争する国」が「美しい国」だとは思っていません。安倍政権は第二次森政権だと思っていますが、「美しい国」とは実質的に「神の国」の言い換えなのでしょう。

その場合に、民主党が改革の担い手になり得ないではないか、という批判は、現在の同党の状況を見るに妥当だと思いますが、総合的に考えるに、投票行動にあって現政権及び現在の政府に対して最も有効な批判行動は何かと考えると、民主党に投票することではないのか、というのが私の(かなり苦しい)判断です。この点は、まあ、いろいろな考え方があるでしょう。

私に対する批判的なご意見は大いに歓迎なのですが、一つ懸念するのは、「マスコミお抱えの評論家」とお書きになっておられるように、メディアによく登場する人々とまとめて批評してやろうと思っておられるのではないか、或いは、私を批判することが、同時に「マスコミお抱えの評論家」全体を批判することにつながるのではないかと「過剰な期待」(?)を抱いておられるのではないか、ということです。

私は、雑誌に原稿を書いたり、新聞やテレビでコメントすることはありますし、それで報酬(多少のですが)を貰うことはありますが、これらは、それで意見や見方を変えるほど、私の生活や立場に大きく寄与していません。(それほど「抱えて」貰っていないということですね、残念ながら)

「お前の言っていることは、あの有象無象どもと一緒ではないか」というご批判は何時でも受けますし、現にそういうこともあるでしょうが(たとえば耐震偽装の問題などは、問題の正確な姿を捉えるのに随分時間が掛かって、いい加減なことを言っていていたかと思います)、まあ、そう力まないで、今後も是々非々でお付き合い下さい。

尚、当ブログの題名に「評論家」と掲げていますが、これは、高らかに評論家宣言をしているというよりも、「ここでは評論家気分でいろいろ言ってみるか」という程度の、半分は自分にからかいを込めた意味のタイトルです。とはいえ、自称する場合に、肩書きとしてなかなか適当なものはなく、木村剛氏(個人的には割合仲良しです。彼と犬猿の仲の森永卓郎さんとも仲良しですが)などには「今の時代に、評論家はいらない」と言われつつも、肩書きは「経済評論家」を使うことが少なくないのが現状です。下手くそでも小説を一本書いておけば「作家」と名乗れたのにと、作家さん達が羨ましい今日この頃です。
 
 
 
個人的にはご両名とも不好なり (覚醒)
2007-06-16 12:17:31
丸々 さん

>なぜそこまで富国・拡大化路線に固執しておられるのかがイマイチ理解できかねるのですが

貧しい国の時代を知っているからです。1960年代に外国に行っても日本なんて見向きもしてくれませんでした。入国審査でも、密入国しようとしているのではないかと言わんばかりの尋問をされて。今の日本人に対する扱いなんて天国です。金持ちの類に認められることも信用していただける重要な要素です。加えて、今の日本は没落途上にあることです。今国内で発生している問題も、多くは経済的な没落に起因する問題と没落の原因になっていることの表面化問題が殆どでしょうね。

没落の原因は、外部環境の変化(中国に得意の製造業の顧客を奪われているなど)に対応して自ら変化しなくてはならない企業とその構成員である国民が、政府が悪いとかばかり他責にして、自らが悪くないだから変わらない処にあります。例えば、今の子供のやる気のなさや犯罪の多さのかなりの原因は家庭教育にあると思いますが、学校教育や政治(小泉改革)だと言う報道は多いですよね。

昨年で9年連続自殺者3万人越えとなりました。少し前は、森永卓郎、金子勝、田岡俊次、森田実、らは小泉のせいだと公言してましたが、景気が明らかに回復しても自殺者は減少しません。しかし彼らから「私は間違いを言ってました、ごめんなさい」の声を聞いた試しがありません。大衆にとって耳障りの良い「政治が悪い、庶民は犠牲」の構図で、金を稼いでいるこいつらこそ拝金主義というべき輩ではないでしょうか。

堀江氏のライブドアは、私は唯一の国産ポータルサイトになる可能性を持つところだったと思ってました。もし、ライブドアがユーチューブのようなことをやったり、あるいは買収したりしていたら、世界に出て行く可能性もあったやも知れません。ああいう著作権に触れるような仕事をやるのは、三木谷氏のような常識人に近い人では無理です。堀江氏のような少なからずアバウトな目立ちたがり屋なら可能性があったかも知れないと思います。ヤフー、グーグルなどのサイトで充分ではないかという論もありますが、これからの情報戦争(本当の戦争になる前に決着が着いているものです)を勝つ上でポータルサイトの国籍はそれなりに重要です。

村上氏についても同様です。金融は、これからの日本にとって極めて重要な分野だと思います。何せ個人資産が1500兆円あり、その40%弱が銀行預金ですからこの資金の活用で色んな益を得ることが出来るはずです。しかし今まで、金融市場で日本企業は負け続けですよ。米国などの新しい商品開発での利益などすごいですよね。その原因は、金融市場での有能な人材は、製造業での優秀な人材とは異なる才能と性格を持っているせいだろうと思っています。そういう価値観の変革の嚆矢に村上氏が成ってくれればと思っていたのですが、大衆受けのみ狙った検察に遮断され、まあマスコミの受け狙いでのバッシングの凄いこと、凄いこと。これで価値観の変革に少なくとも5年は遅れをもたらしたでしょうね。たぶんその間に、外国人ファンドに席捲されていることでしょう。アホな話です。

私はその意味で、検察は国賊行為をしたと思いますし、あれだけの微罪で時価総額6000億(?)の会社を破壊した過剰捜査の責任は追及されないとおかしいと思います。(本来は警告があって、それを無視し、変わらず不正をしていることを把握した後の逮捕でしょう。) 検察庁長官は責任をとるべきでしょうね。資本主義の最重要である株式市場を、間違った見込み捜査で株主に大損を与えていながら、株式市場の人達が黙っていること自体がおかしいのです。なぜ金融庁や東証が黙っているかと言えば、官僚の仲間意識と恐怖からでしょう。評論家はそれに付き合うなと言っているのです。

個人的には堀江氏も村上氏も好きではありません。面識は全くありませんが、私と肌合いが違うように思っておりました。しかし、その才覚には強い興味を持っては降りましたが。
 
 
 
笑いは免疫力を高める (作業員)
2007-06-16 14:33:31
>森永卓郎、金子勝、田岡俊次、森田実、ら

田岡元帥が言いそうな、帝国陸軍の傑作ポン中だから覚醒氏、ではないと思いますが、要するに、
屋山太郎 か 木村太郎
ならよかったんですね、山さんが。
シャポーを脱ぎます。山さんが、コメント欄に200以上の痔説垂れ流しを許すというぐらいの、(まだスーパー銭湯に一緒に行ったことはないので、キャンタマの大きさは知りまへんが、)ケツの穴の大きい、安倍のようにオムツはまだ必要ない、御○所フジオのような○器ではなく貧乳好きの、ヒューマンな株屋であることは、わしが保証します。ご活躍を期待します。関係ないけど、一点だけ。

再チャレンジ可能な社会の構築を! であるならば、連帯保証制度を即刻やめるよう、政府に働きかけようではありまへんか! 万国の連帯保証人諸君! 死んで花実が咲くものか!(侍にはなれるけんどね。しっかし、石原が「偽装請負はイノベーションだ」と言っていた猪首を後継指名するのって、霊○会的にはどうなんだろう。転向者のごとし梅雨の晴れ間 自由律で一句詠んでみたが、駄句だ。
 
 
 
左半分の民主党の顔 (覚醒)
2007-06-16 14:50:40
私は、どうしても民主党に政権を担ってほしくないと思っている。

マスコミで報道される民主党は、実は顔の全体像でなくいつも右半分なのだ。TVに良く出てくる、例えば原口一博、松原仁、枝野幸男、安住淳、前原誠司、各議員とも右の顔で、それに対して、旧社会党系の左翼系の人達はマスコミに登場しない。

しかし、先般多額の選挙資金の記載がないことで参議院副議長をいやいや辞任されられた角田義一議員は、旧社会党系の議員ですが、記載がないことよりも、北朝鮮系の在日朝鮮群馬県商工会から100万円、総連関係者のパチンコ業者から10万円など合計160万円の献金を受けていたことが露見しております。なぜあろうことか禁止されている外国人、しかも拉致問題を解決済みと取り上げることさえしない北朝鮮から、解決推進の立場にある議員が金を受け取るのだろう。

あるいは、慰安婦問題でわざわざ韓国まで行って抗議デモに参加し、日本を批難する発言をする岡崎トミ子参議院議員とかがいる。昨年、小泉首相が靖国参拝を中国の外交カードにささないために種々の圧力に逆らって強行している時に、小沢民主党代表が訪中をして胡主席に叩頭外交をしている。

また、党の公約として、沖縄に1国2制度で、3千万人のノービザで外国人の長期滞在を認めるとのことで、中国へ秋波を送っているようだ。石油の備蓄基地を沖縄に作る公約を出しているが、民主党議員が中国に行って、我々の備蓄基地を使ってくれと頼んだと公言していた。

かように写らない左の顔を画面に向けさせれば、お岩さんの左面のように醜く腫れてただれた顔が出てくるだろう。自民の政権が続くのは権益まみれが多く嫌だが、まだ化け物なる党がやるよりはましである。
 
 
 
まったく同感であります! (作業員)
2007-06-16 15:25:25
>原口一博、松原仁、枝野幸男、安住淳、前原誠司、各議員とも右の顔

枝野は、売国現人○器ことボットンキヤノン御○所フジオ経団連会長収監に必要なので残しますが、ある程度議席に余裕をいただけますれば、残りのチンカスは除名します。異論はありまへん。平沢パチンコ利権追求で、覚醒氏とも共闘をここに宣言しまーす! では、横槍氏、どうぞ。
 
 
 
Unknown (山崎元)
2007-06-16 15:26:08
覚醒さま、皆様

政権担当能力ということになると、確かに民主党は不安です。遠からず、なるべく早く、自民党と民主党が両方分裂して、似たもの同士がくっつき合うような、政界再編が必要でしょう。

ただ、一方で考えなければならないのは、現政権と政府に対する賞罰は、選挙の投票以外の手段で表すことが出来ないことです。

選挙がマズイと思えばこそ、安倍政権も年金対策に動くわけですが、こうした抑止力が働かなくなると、政権も官僚も腐敗します。

こと参議院選挙について考えると、これで一気に民主党が政権を取る可能性は無いので、安心して与党への批判票を民主党に投じることが出来ると思います。

仮に、その後、総選挙になって、民主党が政権に就くようなことがあれば、おそらくは、政党のリシャッフルが起こるのではないでしょうか。

それにしても、私好みの、自由主義かつ非国粋主義の政権は出来そうにありませんねぇ。
 
 
 
嘘はいかんよ、評論家さま (作業員)
2007-06-16 16:05:21
>政権担当能力

人類史上、そのブレーンまで含めて、安倍政権よりアイキューの低い集団がありまっか? ブッシュでも安倍でも、政権なんぞ、国民がしっかりしていれば、誰でも、いーんです。だいたい山さんの目指す、夜回り小さな政府、は、国や皇がつくパンチ系大学出ばかりが政権を担うのが、理屈やろうに。アホでなにがわるい? ん? いいのか、悪いのか、わからんのことになったがな。
 
 
 
玉袋のばすのこと (作業員)
2007-06-16 18:21:27
男性は支持27.6%、不支持55.6%。年代別に見ると、60歳以上を除いて不支持が支持を上回り 以上時事通信の調査結果

スーパー銭湯に行ってきます。キャンタマぶら下げた男なら、安倍など絶対に支持してはいけまへん。上記のように安倍政権とは、キャンタマ袋の伸びきったジジイのための政権であります。地方の土建屋は、バッサリ公共事業を切られて死屍累々のこの期に及んで、なお、安倍を支持しています。もちろん、会社がポスターはっているだけで、労働者は知ったこっちゃないのですが。都市に住む我こそは国士あるいは紳士のみなはん、地方の土建屋に支持されるような亜保ボン政権は崩壊させましょう。ということで、わしは土建屋の社長に一風呂おごってもらうのでした。おやすみなさい。
 
 
 
鬱くしい国 (都々逸)
2007-06-16 18:26:52
こいつにだけは当選しないでほしい、この政党だけはいやだ、という場合に投じる「ネガティブ票制度」のようなものがあると、少しはましなのではないでしょうか。

一定数以上ネガティブ票を集めた人は、しばらく立候補禁止にするとか。

選挙の結果、誰も信任されなかったということもありえますが、政治家や政治家の集まりに対して評価をする選択肢が増えます。


いずれにせよ政治のことは、「こっちのほうが少しはましだ」程度に望むのが適当なのかもしれません。
 
 
 
Unknown (山崎元)
2007-06-16 21:34:11
都々逸さま

ネガティブ投票を認めた場合に何が起こるか、というのは興味深い問題ですね。どこかに研究があるのでしょうか。

近年老化の目立つ裕次郎の兄貴などは、結構なネガティブ票を集めそうですね。
 
 
 
死んで侍になろうなんて思うなよ石原 (作業員)
2007-06-17 14:09:31
>近年老化の目立つ裕次郎の兄貴

職業「兄」。メモ夫人が朝から頭を抱える姿が、目に浮かびました。日本会議のマスコット櫻井よしこちゃんも、そのまんまよしこちゃんだが、兄も兄だ。偏差値が40なかったことが自慢の中田市長が一番マトモ、でいいのかなあ、選挙前の日曜の朝。まあ偏差値50だったことが自慢のわしだから、いいけどなあ。しっかし、公安と総連がズブズブって、公安とフジサンケイグループもズブズブじゃないのか。
石原は相変わらず、自分が国会議員であったことを忘れて、「この国は糞だ。政府は馬鹿だ」って言いますが、あんた元当事者やがな。年金の問題も、相も変わらず、「戦争に勝てば大将の手柄。負ければ兵隊のせい」だしなあ。石原の進軍ラッパにだけは、後弾撃ってやらにゃいかんぞ、若い衆。それにしても、「息子が。息子が」も、いい加減にせんか、石原。世は移ろい職業兄もしのげなくなって、今度は、職業「親」、か。息子の出来は親の出来とは関係ないが、どっちみち、見たとおりのできじゃないか、スター?良純まで含めて。そのうち、趣味「小説」、とか言い出すんじゃないだろうな。死んでプライドを守ろうなどと思ってはいかんぞ、それは、老人性の鬱だ、気をつけろ、石原。

山さんもいずれ、石原信者のような国家主義者のプレスに負けて、大前研一とか竹村健一のような偉い評論家になるんだろうなあ。わしとしては、覚醒氏が金を積むところを見てみたいなあ。わしの予想では、二千万なら突っぱねるが、五千万ならちょっと考えるんじゃないかなあ。ちなみに、今のわしなら五万でなんとでも書くし、アメコーでも誰でも、ケツぺろっぺろ、イジリーなみの舌技でなめたるけどなあ。某会社が森伊蔵の箱を二重底にして挨拶に来てくれたらなあ、と思ったこともあるが、誰も訪ねてこないので、あと五十年、○器評論家を続ける決意を新たにした日曜である。
偉い評論家竹村のいっぺん言うてみたい話にやっとたどり着いた。今日のお題は、トルコ風呂、だった。山さんは反対するが、定年制入れた方がいいよ。竹村も岡崎も塩野も石原も柳沢も田原も御○所も、たぶん十年前からすでに呆けとんよ、悲しいことだが。

トルコと言えば、黄色いスケベ椅子をかぶっている二人を見るとなぜか○意がわいてきて、それはたぶん魂ミュージックを若い頃に聴き過ぎた後遺症だろうと思うのだが、そんなことはどうでもいい。なんの因果か御○所磨きをひとしきりしたその後に、山さんのこのブログがどうもオフィシャルで、結構な人々が見ておられることを知り、冷や汗一斗であったことがはや懐かしい。フリが長すぎたので、割愛だが。わしはオッパイが好きなだけで、女流はあまり好きではなく、林真理子が大嫌いだ。ぼっけえきょーてえ岩井先生は別格だが、他で読んで損した気にならないのは、高樹のぶ子、ぐらいだ。で、高樹さんがブログなど、お始めでまことによろしいことである。作品の評価の基準は顔の美醜ではないので、そこのとこだけはよろしく。
 
 
 
最高の「ふるさと納税」だって・・・ (山崎元)
2007-06-17 21:52:32
作業員さま

告げ口を一つ。本日の読売新聞9面、「一筆経上」というコラム、佐々木達也記者の「企業もっと地方に目を」と題する文章からの引用です。

「キヤノンは今年3月、大分県にプリンター用部品の新工場を稼働させた。県内4か所目の事業所となる。大分は日本経団連会長でもある御手洗冨士男・キヤノン会長の出身地だ。地元の優遇措置なども考慮し建設を決めたというが、ある意味で最高の『ふるさと納税』だろう」

私は、敢えてコメントしません。作業員さん、出番です!
 
 
 
気が合いますな (yokoyari)
2007-06-18 11:34:51
覚醒殿
枝野以外はどうとでも好きにしてください。特に松下政経塾出身者は政治から追放して構いません。
松下政経塾は取り潰してほしいなぁ・・・

そこに対する考えは一緒ですね。
 
 
 
優遇措置が納税って なあ (作業員)
2007-06-18 14:14:05
いろいろ調べたけどさあ、鬼畜キヤノンって、朝日を引き上げた以外、ほぼ全部のうるさそうな媒体おさえとるがな。新潮がコムスンを叩かないのを、yo!先生は中国のスパイだと言いふらして番組をほされつつある勝谷、の上司の花田かなんかが揶揄していたけんど。記者って、なんともしまらん仕事になってるんやなあ。ケツの穴全開で、あのオツムのオムツ宰相と御手洗○器フジオのヨイショか。ツレションは聞いたことあるけんどねえ、まったく。

山さんは、わしにふってくれるけんど。幸い、ステージはひとつ上がったんだ。今、本屋に並んでいるサピオの小林よしのりことよしりんの、あの漫画読んでみてくれ、山さん。よしりん以外は、産経系右翼ばかりが書いてるから読まんでいい。ネカフェ難民の若い衆も、やっと超メジャーな坊主の息子が貧者救済活動始めたから、なんとかもう少し、心をしっかりもって生き延びろ。そのうちいいことあるって。
で、よしりんが、カムウェイではなくアムウェイの広告塔から財界芸者に成り上がった奥谷を切りまくっている。御○所経団連まで話を広げて書いてくれるかはわからんが、読み手はそういう文脈で読めるやろう、わしのショッパイ書き込みを読んできたのならば。

折口を売国経団連に入れたのは、オリックス宮内。折口や奥谷や平野などを子飼いにして、数兆のキャッシュを握った、にもかかわらず、若い衆には一円も還元せず、一円の法人税も払いたくない、と言っているのが、御○所経団連一党。恨めよ。呪えよ。墓穴はすでに掘られたんや、おまえら若い衆の。恨めよ。呪えよ。きっちり復讐してから、仏門に帰依せよ。間違っても、池田学会や日本会議系諸団体や安倍が好きな統一とかに入ったりせんようにね。葬式伝統仏教で宗教は十分さ。
いいか、若い衆。今は中国特需でバブってるが、景気がほんの少し冷えれば、またおまえらの採用はゼロや。全員、日雇いネカフェ難民や。今のうち、恨めよ。呪えよ。断言する。鬼畜キヤノンは君たちを使い捨てる。工場はすべて中国とベトナムに移る。川崎の工場は完全ロボット化がされる。一時シノギならば、大分の工場で働いたらええ。ただ、選挙は、新社会党、と言いたいが、9条ネットに化けたんかなあ、彼ら。ま、野党に入れとけ。枝野とわしで、御○所収監に全力をあげるからして、枝野になんぞ、会ったこともないが。あんまり大人を信用してはいかん。人は顔で判断せよ。○器かカエルかロバに見えたら、そいつは鬼畜新自由主義者や。

そんなわけでして、よしりんが当座、鬼畜新自由主義者狩り、してくれまっから、わしの仕事もひと段落。山さん、ダイヤ読みましたよ。670円は安いので買おうと思ったけど500円しかなかったので、弁当を買いました。ドルコストの説明部分ちょっとわかりにくかったかなあ。山さん担当のところは、いや健筆で満腹しました。知り合いのおばはん達が、今度は、郵便局のリート系というのでしょうか、藤巻が広告塔のやつ。あれを始めると言うのですが、どうなんでしょう。不動産は、怖いなあ、感覚的に。でも、石原言うところのバリューのないババアどもなので、わしの知ったこっちゃありまへん。
 
 
 
陰謀に加担してるだけ? (覚醒)
2007-06-18 19:53:44
木村剛氏のHPからたどりついた「keep on your easy pace」の介護問題に詳しい人のブログを読み、多分本当だろうなと思った。心ある方は是非読んでみて頂きたいモノです。
「コムスン事件は厚生労働省の陰謀(前)(後)」
http://daigan.dir.st/cs/blogs/blog/archive/2007/06/12/2473.aspx
http://daigan.dir.st/cs/blogs/blog/archive/2007/06/17/2515.aspx

折口氏の顔が気色悪いとか言ってた方々よ、これ読んでもそう思うかな?わたしゃ、小沢代表の方がず~と気色悪いのだけど。彼の親分だった故金丸信氏の教えよろしく、多分手は汚れ放題だろうよ。あの野中広務氏が、悪魔と呼ぶんだからすごい。(話は別ですが、野中氏が議員だったら、総連に関する今回の騒動はなかったろうね。○員さん、巨悪を追ったら。)

山崎さん
>介護ビジネスでは、体力・判断力の弱い老人を客として彼らの不安感につけ込んだ。ビジネスの一般的な原則として「弱者から得る儲けは大きい」

本当に検証しておられるのでしょうか。先述のブログでは、お客には喜ばれていると数百のアンケートをベースに言ってるのですがね。もしマスコミ報道がベースなら、ジュリアナのおねえちゃんでなく、山崎さんがマスコミの論調に合わせて腰振って踊ってるだけなんだけど。
 
 
 
介護保険には問題ありまくり (yokoyari)
2007-06-18 20:27:03
リンク先の論点は私も思ってることなので特に異論はりません。
問題なのは
1:介護労働者が普通の労働できちんとした報酬を受け取れない制度(介護報酬が低すぎる)
2:さらにそれを奪い取っていた折口

折口が悪いのは、コムスンの労働者を食い物にしたからですよ。
リンク先にもありましたが、私も問題意識は同じです。
>人件費をかなーり抑えていたため、営業利益は出していましたが、ここに一つ失敗の要素があると思います。

私が問題にしているのはここです。あなたは折口の何を擁護しているのです?


仮に折口が「介護保険の報酬は低すぎる。これでは介護労働者は報われない。3倍にしろ」とかいって厚生労働省とケンカしたなら話は別ですが。

労働者がきちんとした対価をもらえないビジネスモデルなんぞ潰れて構いません。

確かに既に実態は把握していたと言う話もあるので、年金問題から目をそらすためと言うのもあるのでしょう。
それでは安倍は余計支持できないですねぇ。

というわけで折口は悪い。べつにそこは変わりません。

で、覚醒殿は介護労働者が食い物にされていた実態をどう思われるのですか?
 
 
 
腰振ってま~す♪ (山崎元)
2007-06-18 21:25:39
覚醒さま

何をもって「検証」というのかわかりませんが、私は検証と言えるようなことは何もしていません。新たな事実が分かって、意見を修正することはありますが、それで問題はないと思っています。

特別な断りのある場合を除いて、ここでの議論は、「報道を参考とした」というレベルの「叩き台」的なものです。私は、新たな事実や意見によって自分の意見を変える用意はいつでもありますが、そのかわり、思ったことは何でも言ってみる、というような積もりで、このブログをやっています。

「老人を相手のビジネスで儲けようとした」ことは、折口氏の事業展開から見て、そのように見えるということですし、ワタミその他、コムスンの事業を引き受けたいという主体が複数現れるのも、介護ビジネスの将来の収益性に見通しがあるからではないでしょうか。そうなのか、そうでないのかは、それこそ、将来を含めて検証してみないと、確定できませんが、目下の印象は、そんなところです。狭義の介護そのもので儲からなくても、老人相手の物販や各種サービスなど、ビジネス的には、客を囲い込めば、いろいろな可能性があると思います。

また、事業において、「弱者からの儲けが大きい」のは、割合一般的にあてはまる事実です。私が主に見てきたのは金融ですが、そう思います。

ところで、コムスン問題が、社会保険庁問題を隠すための厚労省の陰謀かどうかは、どう検証されたのですか? まあ、仮定や推測に基づく意見も言ってみるのがいいと思いますし、そのうちに、真実が分かってくることもあるでしょう。

私も、厚労省なら、そのようなことをやってもおかしくないと思いますし、介護保険の制度の不備も、年金の問題も、小泉政権から現政権に至る自民公明政権の不備・不出来によるものではないでしょうか。私は、次回選挙の投票は、「批判票」でいいと思っています。

ちなみに、小泉氏の問題は、「改革」という路線ではなくて、それが殆ど不徹底で実行されなかったことにあったと、私は思っています。そういえば、安倍政権は、まだ総選挙を経ていないですね。

さて、たぶん、いろいろな人や組織が「悪い!」としても、国民にとっての重要性から見て、筆頭は、厚生労働省でしょう。厚労省の悪さの前には、コムスン問題は、たいした目くらましにも、なっていないと思います。

尚、小沢さんの顔色の気色悪さについては、私には弁護不能です。本当に、そう見えるものを、そうでない、とは、いかに私がいい加減でも、言えませんね(笑)。あんなに笑顔が似合わない政治家も珍しい。

一部の報道によると、自民党は、参院選では、小沢氏の個人的な問題(事務所経費や政治資金など)を突けばいいと思っていたようですが、自らの責任の社保庁問題の方が大きくなってしまったようですね。この先何が起こるか分かりませんが、選挙では、色々と意外なことが起こりますね。
 
 
 
民主が嫌なら (yokoyari)
2007-06-18 21:40:22
国民新党とかどうです?>覚醒殿
政党は自民と民主だけじゃないので。
無所属で立候補する人も居るでしょうし。

それとも、そんなに自民党に入れたいのですか?
 
 
 
雨の名古屋 (memoま)
2007-06-18 21:47:19
お久しぶりでございます。
薔薇のつぼみに向かってきれいに咲け咲けと唱えていたのに、呼ぶでない。最近山崎商店は千客万来でおばはんは静かにしていようと遠巻きに見ております。
作業員、雨の名古屋に何思う
などと今朝は「おはよう日本」で梅雨の雨にけむる名古屋の光景を見つつ思っていたのですが、
日曜の朝お二人が並んでおられるのを見るともう見えた・・・と思ってしまうのはなぜでしょうか。
もう一月程で参議院選挙ですね。区の公報に選挙立会人の募集がのっていました。一日18000円だそうです。一度見学がてら申し込んでみようかしらん。しかし、日程が決定していないのですから、皆さんお困りでしょうね。
あのバレンタインの日の衆議院予算委員会で長妻委員の提案に対して首相が
「ただいま御提案がありました緊急事態宣言をすべての被保険者に出す、これは年金そのものに対する不安をあおる結果になる危険性があるのではないか、私はこのように思うわけでありまして、・・・」
などとおっしゃらずに少し前向きに検討されておれば選挙まで5ヶ月あったのですから支持率も変わったかもしれません。
わたくしも会社の若い兄ちゃんに学生の頃に猶予になっていた分を納めるべきなんですかねえと聞かれ、以前でしたら払った方がいいと即答していたのですが、払った方がいいとは思うが・・・と語尾を濁しているのです。
以前初対面のアメリカ人にお前の国のpensionはひどいなあ、25年も払わないともらえないなんて、と愚痴られた事があります。ヨーロッパでふらふらしている奴も10年払えば月に10万くらいもらえるよーなんて言ってますし、確か駐在で米国へ行ったり来たりしてる友人は10年払えば年金出るから、と言ってました。3号さんは多分日本だけですよね。調べていて割と新しい制度だというのに驚きました。昭和59年に議事録にやりとりがあります。
しかし、年金と医療を一緒の番号で管理するというのがいいのかなと、何となく国民背番号制に傾きつつある世論に疑問を持つのですが。
あ、そういえば証券会社の人がこともあろうにわたくしにご親切にも某○○○ンの株を買わないかと電話を下さいました。もちろん何の冗談でしょうと丁寧にお断り致しましたが。
そうそう、スレちがいにならないように一言。かの「死人に口無しという残念な事になって・・・とおっしゃった、サンヤ女史を「何と言うお名前でしたっけ、再生会議の・・・とおっしゃった大臣の「介護保険料を売上の対象としながら利潤を上げているのは、何かおかしなことをしている。」とのコメントもこのエントリーには残しておかなくては。
また長くなってしまいました。ごめんなさい。
 
 
 
話の筋がおかしいよ (覚醒)
2007-06-19 00:11:52
Yokoyari さま

あなたの話し、論理矛盾してるのが分かりません。折口氏が世間から叩かれているのは、厚生省からの言ってみれば死刑判決を受けた罪に対してのこと。その判決は、厚生省の批判を他にそらす謀だという説に、私はそうだろうなと同意してURL紹介したわけ。折口氏への死刑判決はおかしいだろうと言うことだけの主張。また、労働者を食い物にしていることが悪いとは山崎さんも書いてないこと。

従業員からピンはねするのは、資本主義のメカニズムだとマルクスはのたまっている。(社会主義も1党独裁の人達がピンはねするんだけどね)ピンはねしていない会社があったら教えて下され。ピンはねするのを食い物にするというなら、会社は皆そう。他社より時給100円安かったそうだけど、それで食い物にしてると言えるのかしら。それも募集時からそう明示した上の話だから、騙したわけでもない。

別に折口氏を持ち上げているわけでもないし、かばっている訳でもない。少しマスコミに登場する経済評論家なる人が言えば、声をそろえて唱和しているのが「みっともない」と思って、「本質を見ようぜ」と言ってるだけ。ご本人にも確たる情報ですかと聞くと、新聞情報で充分じゃないとのお答えのようだから、経済評論家のネームバリューからすると、「羊頭を掲げて狗肉を売る」類だねと思ってる。新聞以外にいろいろ情報をお持ちだと思うじゃない、我々下々は勝手にね。

皆でご唱和していると、本質を忘れるます、まるで時宗のように。昭和の戦争も、国民みんなが過激なことを叫びつつ開始したんです。軍という官僚は「悪いことしない」と思い込み、政財界の腐敗を糾弾すべしとご唱和している内に、軍の出世主義のやらかす事変の既成事実に引っ張られ、二進も三進も行かず開戦でした。またもや、諸悪の根源に官僚がある時代になりましたから、要注意です。

もう一つ参考になるかも知れないのが毎日新聞のコラム(この新聞には珍しいかな?)
コムスン問題の黒幕
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/hassinbako/news/20070615ddm002070058000c.html

国民新党! 亀井静香議員の顔を見ただけで吐くよ。05年の郵政選挙で小泉首相がぼろ勝ちしたのは、このおっさんと平沼赳夫議員が自民から放り出されたせいでしょう。利権まみれは、宗男さんと松岡さんあたりで終わりにしたいですね。まだ時間があるので考えようと思っとります。でも北朝鮮とつるんでる連中に入れるのは生理的に嘔吐するね。
 
 
 
Unknown (山崎元)
2007-06-19 01:09:55
>memoま様

お久しぶりです。お待ちしていました!

確かに、日本の年金の支払い条件は、公的年金が25年、企業年金の加算部分も、20年くらい務めないと貰えないものが方々で認められているなど、異常に長い支給要件が設定されています。公務員は気にならないかも知れませんが、世の中に合っていませんね。

>覚醒さま

安倍さんには、嘔吐も失笑もされないようなので、好みの違いは論じますまい。

一点申し上げるなら、貴殿の、「経済評論家のネームバリュー」とか「我々下々」とか仰る感性は、いささか、卑屈に過ぎないでしょうか。「評論家」なんて、本当に誰でも名乗れるし、「生理的に嘔吐するね」なんて威張った文末を書いている割りに、言い訳で「下々」の立場にへりくだる、というのは、余りに「へたれ」ではありますまいか。「評論家」という文字を見て、羊頭を掲げた状態が目に浮かぶというのも、陳腐すぎると思いますが、どうでしょう? お互いに、会ったこともないし、関係ないどうしなのですから(たぶん)、もっと、対等に、自然に話しましょうよ。

せっかく厚労省もお嫌いのようですし、貴殿にまで、民主党に投票せよ、とは申しませんので、どうぞ、もっとお気楽に!

 
 
 
Unknown (NTK)
2007-06-19 10:24:08
覚醒氏のリンク先のブログは介護の実態を知る上で参考にはなりますが、陰謀論に結び付けるには全く材料不足で判断不能です。

自分は以下の事柄から、マスコミのコムスン・バッシングには違和感を持っています。
●コムスンはあまり儲かっていなかった。
●コムスンは採算性に疑問符が付くような他社にないサービス(24時間対応・離島に拠点整備)があった。
●介護労働者は低賃金。
●コムスンの経営者は介護事業者の割には積極的に拡大路線をとっていた。
●2003年度、2006年度に介護報酬が引き下げられた。
●経済財政諮問会議はまだ介護のコストは高いと認識している。
●介護保険ビジネスは慈善事業ではない。
●マスコミは何でもスキャンダル化すると儲かる。
●折口氏はいじめの対象になりやすい(マスコミが儲けやすい)要素をいくつも持っている。
●一般的にエピソードは当てにならない(元従業員の証言など)。
 
 
 
Unknown (yokoyari)
2007-06-19 11:55:50
memoま夫人殿
お久しぶりです。そんなやり取りがあったとは知りませんでした。そのころの安倍は憲法を変えることしか頭に無かったのでしょう。
しかしまあ次から次へと出てきますね。年金問題は。



覚醒殿
そういう社会じゃいかんというて居るのです。
なぜに国民主権となっているのか、基本的人権が歌われているのか、その辺は歴史で勉強されていると思うのですが

資本主義はほっとくと搾取になってしまう。だからこそ労働基準法などがあるわけです。
最近は形骸化してますがね・・・
社会主義が崩壊したのも結局は搾取だったからでしょうね。

>他社より時給100円安かったそうだけど、それで食い物にしてると言えるのかしら。
ではあなたもぜひ体験してください。その世界を。
大体手取り15万円です。夜勤しようが残業しようが15万。税金なりなんなりその辺は抜いてあるとして、これで生活してください。これからずっと。
お言葉には責任をもたれる方の様なので信頼しております。
その上で「いや、食い物にはしてない」というのであればそれは一つの見識として尊重しますが。

「提示してあったわけだから」と言いますが、どの程度提示してあったのですか?
本当に「他社より時給100円安いです!!!」とでかでかと書いてあったんですか?

>我々下々は勝手にね。
なんというか、奴隷精神が随分染み込んでいらっしゃいますね。
下々?今の人の身分に上も下もないですが。
昔をご存知と仰っておりましたが士農工商の江戸時代の方ですか?でもその割には言葉遣いが現代風ですね。

>昭和の戦争も、国民みんなが過激なことを叫びつつ開始したんです。

どうして過激なことを国民が言うようになったか考えたことはおありで?

亀井静香や小沢一郎がお嫌いなのは良く分かりました。まぁ時間はあるのでお互いにゆっくり考えましょう。

ところで、介護保険制度自体もう破綻している(今の報酬じゃ人が続くはずはないので)と私は考えておりますが、覚醒殿はどう思われますか?
 
 
 
10年前と今との景気 (yokoyari)
2007-06-19 12:32:33
覚醒殿

景気が良くなったのに自殺者減らないじゃないかということについてですが
自殺者が3万人から減らないと言うのは別におかしくないですよ。
指標としてはいろいろあるんですが、まぁ分かりやすいところで名目GDPにしましょう。
↓は名目GDP推移ですが
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/04122001/013/001.htm
現在の水準は10年前と同程度。9年前から3万人なわけですから自殺者は減らなくて当たり前です。

9年前と景気は変わっていないのです。
何を持って景気が良くなったと言っているのですか?
TOPIXも9年前と同程度の水準ですよ。
 
 
 
帝国陸軍の傑作氏の相手はまかせたで 横槍ちゃん (作業員)
2007-06-19 13:27:34
いつまでたっても、マクロな話にもミクロな話にもたどりつかないので、メモ夫人あてに書き込むが。一点だけ。日教組と琉球人が嫌いな浜村淳とならんで、京都の山猿野中をたたき続けたわしになんちゅうことを言うか。公安の不祥事は国そのものの不祥事、岸から三代、全ては安倍一族の責任だろう。安倍も折口もまわりを自衛隊警察人脈で飾っとる。自身への自信のなさの現れや。安倍は、北を利用しとるだけでしょうに。

で、まずマクロな話でいうと。派遣請負奴隷諸君が、マクロの理論で参考にすべきは、インサイダーアウトサイダー仮説や。究極のインサイダー自治労には、君たち日雇いの痛みが分かりにくい。人の痛みを知ることについては、折口や安倍を持ち出すまでもなかろう。卑屈な人間は感覚が麻痺するし、蝋人形に痛点はない。日雇い派遣請負奴隷の君たちは、「日本のアウトサイダー」として、練炭抱いて逃走するのをそろそろやめて、真っ正面から御○所売国経団連と闘争するしかない。心配すんな。玉はこちらにある。今上天皇様も靖国の英霊も、君たちのことを応援している。耳をすませ、ほら、天の声が聞こえるだろう、江原に聞こえるのだから、君たちにも聞こえるさ。
もうひとつ、ヒステリシスつまり、履歴の問題がある。マクロで長期の不況から脱しにくくなりつつある、だけではなく、御○所フジオは、君たちの履歴つまり身分を固定しようとしている。君たちを、被差別民にしようとしているのだ。心配するな。解同だって君たちの見方だ。いましばらく、トトチャブしてでも、しのげ。

さて、超ミクロな話は、メモ夫人と労働局のアホたれ宛である。棺桶に片足つっこんだ柳沢は耳も遠かろうから、厚労省の若手キャリアの人、聞いておくれよ。手元に大手求人誌があり、グッドウィルの百パー出資会社KSMの求人が載っている。登録四万人全国に35支店だそうだ。別にこのKSMが違法行為をしているとか、そういう話ではない。大手求人誌に載っているのだから、あの折口の会社であっても、まともな会社だろう。それはそれでいい。のだが、よくないのは、全く同じ業態の会社に、いかがわしい連中が無茶苦茶多いことだ。そのことについては、労働局のアホタレは、よーく分かっておることと思う。人夫だし。夫人だし、ちゃうで、似たようなものやけんど。人貸し、やがな。山さんの楽天と仲のいいフルキャストは、派遣会社として土方を人夫だし、したから、ガサくらって、平野は収監一歩手前までいったんやろう。わしには、分からんのや。なんで、派遣会社でなければ、人を集めて、現場に人貸し、してもパクられんのや。誰か法律に詳しい人、教えてくれ。ポン中氏でもええで。

若い衆。君たちの教祖よしりんも、自民党を下野させよ! と叫んでいる。だまされたと思って、というより、だまされろ。政権交代したら、行政書士に落ちたわしが弁護士枝野と相談して、このKSMの事業形態も違法行為として取り締まれるように、法整備する。選挙に行って、共産党でもなんでもええわ、字が難しいと思ったら「日本」でもええ、書いて帰ってこい、できれば新党はつけとけ、ペログリとか書くな。ちなみに、山さんの先輩西部の影響で、わしは選挙にあまり行ったことがなくてなあ。大人を信用しちゃいかんぞ。参院選はまあ、ツレションならぬツレ投票でもいたしやしょう。
 
 
 
なにせ奴隷精神ですから・・ (覚醒)
2007-06-19 15:37:14
Yokoyari さま

失礼ながら、お勉強が不足しておられるようで、論理が分かりません。
自殺は、GDPが一定の値(500兆円)になると3万人を超すのでしょうか。それとも、年々の変化がマイナス(不景気と言われている)なら、そうなるのでしょうか。森卓氏などは、不景気(マイナス)だから3万人も自殺すると言ってました。GDPの変化率は、02年度からプラスに転じ、06年度も+2.0%の伸びと言われているから、好景気なんですよ。あなたの見ているURLでは、2002までしかないし、2000年以前は5年間隔だから、詳しいのがわからんのでしょうね。森卓氏は、変化率がマイナスだから3万人自殺と言っていたので、プラスでも3万人超えなら、彼の仮説が間違いなんです。因果関係のないのをあるかのごとく言うのは、「デマゴーグ」の手なんですね。

>どうして過激なことを国民が言うようになったか考えたことはおありで?

当然。あなたは、なぜそうなったか勉強しておられます?政財界の腐敗を糾弾しはじめるのは、昭和の始めですから、軍部はまだ力がないし、教育も軍国主義教育ではありません。国の状況は今と似てるところもありますなァ。勉強して皆様にお伝え下さい。

介護保険制度に関するご質問ですが、私は下記のURLのご意見に啓発されました。恐らく、親の介護を放り投げ、子供をキッチリと躾なかった我々も含めての世代の責任も大きいですね。(こういう切り口を出してくるのが、評論家だと思っているので、一歩下がって師の影を踏まずの精神でいるわけです。「へたれ」と言われればそうでしょうし、江戸時代の方かと問われれば、そう思っていただいて結構ですとお答えいたております、ハイ)月15万とのお話ですが、それは介護業界全体?それともコムスンだけ?もしコムスンだけなら、転社すればそれで解決。転社されない方が多くおられたのだから、個人のご意思ですよね。
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu145.htm

さて、○員さんから私を任せたと言うことですから、頑張らなきゃ。しかし、○員さんの論理もメタメタ。奴隷諸君を救うお積りなのでしょうが、最低賃金を大きく上げたり、経営者を逮捕したりして会社を日本から追放しようと言うのですから、奴隷諸君の働き場は一層無くなりますわな。私共、IQの低い者には、難しすぎるのかも知れませんです。
 
 
 
確かにアイキューとやらは高かったらしいが (作業員)
2007-06-19 16:14:50
アイキューは訓練で伸びる、という野坂昭如の名言もあるし、わしは偏差値は50だったから、まあ似たような下々やろうに、ヒロポンはやらんが。基本的に、わし、巨乳のおねーちゃんしか救済する気がないけんねえ。おっさんの考えることは、だいたい想定内なのよ、アイキューとやらが高いからかどうかは、しらんで。なんせ給食費の払えなかった、小学校の頃のテストの結果やけん。文豪村上はよく、他者とは精神障害者であったり外国人であったりで、そういう人々とのなんちゅうか、交信をだな、するのが、表現者なのだ、と言っている。おっさんと交信してもしかたない、が、わし、表現者ではなく、通りすがりの作業員だからまあ適当に。

最低時給引き上げについては、宗主国アメリカでもどこでもやっていること、やから、文句があるなら、(ブッシュ政権下の)アメリカ民主党へ。相手の論理がメタメタと言えば、相手の論理がメタメタになるなら、それにこしたことはないが、そうはいかんからなあ。まあ、メタメタでもメロメロでもええがな、少々は。学者でもなんでもないんやから、わしら、労働者は。
で、最低時給引き上げは、賃金の下方硬直性を政府が担保するという、実にユニークな政策だと思う(資本移動を制限すると、横槍氏のケインズ政策のキックもさらに効くのかな)。公共事業をばっさり切って、すでに同胞の多くを首つり侍にしたんだから、少々の社会実験、びびることはない。マクロのテキストから引っ張れそうなところは。時給千円にした場合、実質賃金がどう動くか、やってみないと分からん、ということ。もうひとつ考えられるおもしろい現象は、時給600円ではアホらしくて働く気が起こらなかった人間が、千円なら職を求める、ということ。結果として、労働者の質は上がる、かも。

経営者を逮捕するのではなく、罪刑法定主義の原則の下、違法行為者を収監するだけでっからねえ、なんちゅう言いがかりか。なお、人道に対する罪を犯しているので、御○所フジオの扱いはまた、格別なり。言うまでもなく、○器には人権がない、ので○器権についてはいくらか斟酌してやるが、事後立法もありであの
野郎は処刑してやりたい。のだが、わしは亀井静香先生と同じ死刑廃止論者なので、いくらか慈悲の心をくれてやってもよい。なんか、最近身近な○器に感じ始めたんだよなあ、フジオ。いかんなあ、こうやって公安の連中も、北の人達に情が移ってしまうんだろうなあ。○器は身近だから、しゃーないか。
 
 
 
いずこも同じ梅雨の夕暮れ でんな (作業員)
2007-06-19 19:05:25
「中国山西省などのれんが焼き窯で未成年者らの強制労働が発覚し、社会問題となっている中、ウェブサイト上で19日までに、中国の独裁体制の欠陥や国家指導者の責任を指摘する書き込みが相次いでいる。(共同)」

自民党を中心とした一党支配体制を打破しないから、「御○所フジオは世界一の名経営者」などというメルトダウン宰相に付き合わされる羽目になっちゃうんだよなあ。鬼畜キヤノンあんどオムツ安倍批判、ウエブの書き込みが、まだ足りんのかのう、横槍氏。

最低賃金について、わしの話では説得力がなかろうかと思うので、若い衆は、「ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る (宝島社新書) 門倉貴史著756円」でも、読んでくれ。わしゃ十秒開いただけなので、後書きかなんかで、最低時給を上げるべきだ、と書いてあるのしか、目に入らなかったが。
JMM論客なら、これだな。
「理想は、将来労働者の平均賃金の60%(日本は約3割とも)への引き上げを目指すヨーロッパ諸国並みでしょうが、最低でもアメリカ並みの段階的引き上げで4割前後の上昇があってもいいのかもしれません。そうなれば、少なくともワーキングプアの解消につながるはずです。経済評論家津田栄」

わしの試算では、三割に届かない。先進国の中で、日本だけが極度に最低賃金が低いのは、市場における公正な競争という観点からも問題だ。我ら一人勝ち国家日本は、国家内で資本に不利な調整をせざるを得ない(ちゅうか、もうちっとよこせや、ガメテねーでよ)。しっかし、国家主義者ポンちゃんはなんで、グロス競争に偏執するのかなあ? 金正日ひとりが富のほとんどを奪うような国家であっても、グロスで勝てばいいのか。割り算すればそりゃ、パーキャピタは結構な数字になるが、笑われるだけやろう、北朝鮮か! とか アメリカか! とか 中国か! とか言われて。欧米か!、ではないよなあ。欧と米の真ん中当たりをねらうのが、筋のいい手やと、わしは思うがのう。
 
 
 
ありゃ 無風か (作業員)
2007-06-20 12:32:10
横槍氏が三島のタテの会に対抗して横の会でもつくって激しく争っているのかと思ったら、なぎですか。選挙に勝つには、もう少し波風があった方がいいでしょう。加ト吉牛肉コロッケは豚肉コロッケだったそうですが、人肉コロッケか?、ぐらいのインパクトがほしいですなあ。ぐあんばれ左翼諸君。

特にネタもないのですが、何故か今頃、週プレにパワーフォーリビングの財力についてのレポートがあります、メモ夫人もさすがに週プレは読まんでしょう。次回は、牧野昇から過労死は自己責任奥谷につながるあのネズミ講と呼ぶと訴えられるので絶対にネズミ講とは呼べないビジネスの宗教思想とかもレポートしてほしいものです。
あとはといえば、沖縄の集団自決は国の関与ではない、ことをサンヤ女史同様靖国にばかり参拝しているなんちゃってクリスチャンの曾野綾子が大江健三郎にかわってあばいたのですが、当の沖縄の人たちから逆襲をくらっています。なんちゃって大統領石原のせいで小説家の地位は地に落ちているので、ちゃんと沖縄まで足を運んで、どうか曾野には、集団自決が国のせいではないのこと、説明してもらいたいものです。ものすごく波風がたって、選挙は野党側が票を伸ばすでしょう。琉球人は、笹川曾野一家そのものたる自民党に一票も入れてはいけまへん。
 
 
 
週プレを立ち読みするマダムってこわくね? (memoま)
2007-06-20 21:19:51
ひるあんどんのチームマイナス20の全面広告が朝刊各氏に載った数日後、新宿の地下街を歩いておりましたらば、等身大のクールビズの広告が壁面だの柱だのに掲げてあり、中年の方々は結構食いついておられました。余り世間を知らないわたくしは、存じ上げる方も少なく、まあ巨額の広告費をお使いになって、と思うくらいでしたが、昨日参議院の文教科学委員会で元アナウンサーの民主党委員さんによって一連のキャンペーンに今年だけで27億が一部で「エッチ」と呼ばれる広告会社に払われていたって追及されていました。夕方の情報番組によると、ネクタイをした人にサーモカメラを向けると、ネクタイのところだけ真っ赤、ネクタイを外すと青くなるのです。何億も広告会社に払うより、実験でもして見せてくれる方が効果的。グリーンピア関連で3727億円ブラスαが使われて48億円で売り渡したのだそうですが、グリーンピア南紀の土地の貸借に関する契約は教育基本法を強行採決した当時の産業大臣の大臣応接室で行われてその相手企業は資本金15万円で春に出た女性誌と同じ名前のペーパーカンパニーなんだそうです。厚生労働員会で尾立委員が昨日質問。
ヨーロッパとアメリカの真ん中くらい、わたくしも賛成です。ともかく医療を明け渡してしまったら悲惨な事になると思う。確かに米国では保険に入れる人は定期検診等も細かくやってくれるそうで、(先日友人と話していて知りましたが、日本では自治体によって随分差があるのですね。一部負担があったり。一昨年前から無料の検診も2年に1回になってしまいましたが)しかし自己破産の多くが医療費のためとも聞きます。一方外国人も完全無料とはいえ(数年前の話ですが)緊急でもなかなか診てもらえない欧州の話も聞きました。
BWの本が出ているらしいですね。
 
 
 
出る杭は、、 (moto金田浩)
2007-06-20 21:25:02
どういう訳か最近出る杭は打たれる状態と愚見
いたします。御三方は典型的な出た杭(笑)
特に成功者はものすごい嫉妬にさらされます。
そういう世の中なんでしょう。
そのうちに嫉妬に狂う世の中が正常に戻るでしょうからそんなに心配してはいませんが。(笑)
中でも最後の方は写真写りが今一。
かわいそうではあります。

 
 
 
エコナ (memoま)
2007-06-20 21:41:02
忘れるところでした。

Canon tops list of climate-friendly companies

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/06/19/AR2007061902496.html

19日、広告代理店がらみで経団連会長のお名前もでておりました。「経団連からは会長名で(クールビズへの)協力の文書を頂いている」
エコな会社なんです。
 
 
 
本日もお日柄よろしく (作業員)
2007-06-21 17:01:21
作業が、もろ土方だったので、現場適当にやっつけて上がりました。あちーつーの。
週プレを立ち読みするマダムもなんだが、虎の子の金を株につぎ込んでいるオバハンが、目の色変えて週刊ダイヤなんか開いてるのも、ちと、怖い絵でありますね。今週のダイヤは、最低でっから。医療崩壊に拍車をかけたい、脱税の疑い濃い外資もどきのくせになにが日本郵船だ草刈のドアホの提灯記事に、低音が魅力ならムーディーだし漫才もシャンプーハットの方が百倍おもろいのにから、まっことその程度の男たらしこんだことを自慢するいかにもB級ビーズだかビー玉だかと並ぶ横国の恥真鍋かおり正確にはかをりと、おめでたいことに次期首相らしいケツで漫画を読むセメント屋でかつ一説には「野中は○○がらみだから権力を絶対に与えてはいけない」とどう考えてもアウト!な発言をしたらしい創氏改名は好きこのんでするもの強制連行は我が麻生炭坑には絶対になかったが座右の銘のどっちを向いても右向いてしゃべっているようにしか見えないあの散弾銃男が不必要な右翼臭を持ち込んだと言われている日本アホボン会議所ことジェイシーの誰だか知らないおっさんと対談している記事がメインだったりする。

もうあちこちで言われていますが、年金問題は、グリーンピアなど建てずに、台帳を五十年保存する倉庫を建てるだけで解消できたのですね。いまさらながら、社会保険庁はアホです。万国の労働者が気をつけなければならないのは。電通と御○所経団連の○器の汚れを舌でなめとるようなウ○コ評論家、代表は猪首ですが、そのような転んだことだけが自慢の輩の言うことを今一度よく聞いてみなさい。休憩が多い、タッチが少ない、組合はけしからん。組合という労働者として当たり前の身分と「仕事の仕方」に口を出しているでしょう。ホワイトカラーエグなんとかという制度を、御○所ウ○コ経団連は、年収四百万から導入しようとしましたね。いいですか、万国の労働者よ。二時間で一日分の仕事を終わらせて家に帰って副業のネズミ講でせっせと洗剤を売って歩いたりしたら、「あの野郎、昔の社保庁みたいな働き方しやがって。過労死、すればいいのに!」と自分もネズミ講だけはちゃっかりやっているタコ社長は絶対に言います、ボーナスはゼロですね。結局、労働者が憎いのです、お転び組は。奥谷のように、死なない程度に死ぬほどに働かせたいだけなのです、万国の労働者を。インサイダー利権と偽装請負で儲けてるだけでしょう、御○所経団連の○器ズなど。で、選挙は野党にどうぞ。

さすがメモ夫人、社会の裏側をのぞくその体位はすばらしいですね、いつもながら。今井メロメロです。何言ってんだ、わしは、熱中症だな。今、厚労省が、労働局のアホタレ同様ごっちゃんゴルフばかりしているチーム施工を使って隠しているのは、「医療崩壊」ですね。731石井部隊の残党とズブズブの連中が全員死ぬまでは、医療崩壊は止まらないでしょう。草でも刈っとけドンビャクショーめ草刈、のようなプチ宮内が最後のナタ振り下ろして、ポンちゃんのような下々の患者の息の根を止めるでしょう(ポンちゃんは、下々までしかかからないので誤解なきよう)。
そこの死にかけの勤務医よ。患者の謝礼をぽっぽに入れるような世耕い人生は、いいかげんにやめんか。自営業者の利権団体にすぎない医師会など抜けて、ガキの頃夢見たブラックジャックでもケーシー高峰でもええがな、病を見るのではなく患者を診るリーマン医団体にとっとと入れ、医は仁術やろうが。助かるはずなのにこっそり殺されていった貧乏患者の声や、どうころんでも殺されただろうマルタや八百長告発者の声が、江原ごときの霊能力者以上に聞こえる人は、幻聴だと病院に行く前に投票所に寄って、武見医師会に鉄槌をくらわせるべく、分かりましたね、言うまでもなく野党へ一票を。
 
 
 
エコな会社なんです。(偽装請負以外をパクリまとめや) (作業員)
2007-06-21 18:27:44
あまりに有名な話なので、出所もいらんし、英訳して世界に配信するまでもなかろう。

キヤノンは鹿沼市で地下水汚染を犯したと推定されちゃったりしたらしい

「鹿沼土で知られる栃木県鹿沼市の白桑田・深津・千渡地区のテトラクロロエチレンによる地下水汚染が明らかになったのは、1990年7月である。住宅造成業者(戸田建設)が地下水の水質検査を保健所に依頼したところ、汚染(最高値7850ppb)が判明した。汚染範囲は、東北自動車道とJR日光線が交差するあたりから武子川流域の低地で、長さ約2キロメートル、幅300メートルの地域である。この地区の186戸のうち56戸が井戸水を利用しており、住民は地下水汚染を知り「パニック状態」になった(32)。テトラクロロエチレンはクリーニング業による汚染が一般的であるけれども、鹿沼市の場合、栃木県の調査で地下水の上流にあたるキヤノン鹿沼工場(当時従業員220人)が汚染源と推定された。詳しい調査の結果、地域369戸中、21戸の井戸が基準値を超過していた。」「住民側は津田千渡地区地下水汚染対策協議会をつくり、鹿沼市を仲立ちにキヤノン側と交渉した結果、キヤノンが被害補償として1世帯当たり見舞金60万円等、総額2800万円支払うことで1990年9月覚え書きが交わされた。」

キヤノンは宇都宮市でも土壌汚染を犯したのか

2006-08-12朝日新聞によれば、「キヤノン(本社・東京都)は11日、宇都宮市清原協業団地の旧宇都宮工場(敷地7万2250平方メートル)の一部から、環境基準の最大6.7倍の濃度の有害物質テトラクロロエチレンを検出したと発表」す。また、「重金属類の溶出調査では、ホウ素が最大で基準の166倍、鉛が同55倍、フッ素が4.12倍、ヒ素が1.2倍、それぞれ検出された」らしい。同工場で初めて土壌汚染を確認したのは1990年で、98年にも基準の8.6倍のテトラクロロエチレンが土壌から検出されたそうです。

キヤノンは福島県でも地下水汚染を犯したらしいじゃないか

「同じキヤノンのレンズ関係の工場からの地下水汚染の例としては、キヤノン福島工場(従業員約1500人)がある。同工場は従来、一眼レフカメラと8ミリビデオを生産し、現在は後者の専用工場となっている。福島大学行政社会学部・中馬教允教授の調査によれば、この工場の立地する福島市佐倉下から加藤にかけて、トリクロロエチレンと1,1,1-トリクロロエタンにより、長さ約1.3キロメートル、幅100-400メートル、面積約35ヘクタールの範囲に地下水汚染が見られる」そうです。

川崎市では土壌汚染もか、さすがエコな会社だ、すごいぞフジオ!

2006-09-02毎日新聞によれば、「キヤノン(本社・東京都大田区)は1日、玉川事業所(川崎市高津区下野毛3)の土壌から環境基準を最高で20倍上回る有害物質が確認されたと同市に届けた。トリクロロエチレン、鉛や六価クロムなど6種類の有害物質が見つかり、地下水もテトラクロロエチレンで汚染されていた。同社は住民説明会を開き、年内に土壌入れ替えや地下水洗浄をする。」とやら、どうなったんかのう。

キヤノン御○所会長、なんでもかんでも居直るのこと

2006-10-20しんぶん赤旗によれば、「自社の偽装請負が国会でも問題になった御手洗冨士夫会長(日本経団連会長)が、 作業員の情けで略 「これをぜひもう一度見直してほしい」と発言。略 「見直し」を要求しました」、とのことです。

さて、みなはんはキヤノン製品を買いますか? いーんです、買って上げてください。大野君たちの仕事を守りつつ、御○所収監に向けて共闘を。
 
 
 
またまた脱線 (memoま)
2007-06-21 21:25:33
どうして最後はここに落ち着くのでしょうねえ。作業員さまの執念には感服致します。
しかしあちらの国土を汚染したわけではないので、剥奪されないでしょうね。

東京新聞の夕刊に「日本に伝えられなかったサルコジ大統領の公約」という記事がありまして、実はサルコジくんは「ごく少数で敷かない経営者達が過剰な報酬や特権を得るのは受け入れられない」「働くものが愚弄される社会派受け入れられない」という公約を掲げておられるのだそうです。雇用を柔軟化しつつ失業給付は厚くというデンマーク式に倣うのだとか。日本の新聞もNHKもは一様にアメリカ型を目指すと報道していたように思いまするが。誰かと一緒にして申し訳なかった。

helloコムスンで困っておられる方も多数おられるわけですが日本語を母国としない人のブログを見ていると、NOVAにすえられたお灸のためにお仕事を失って困っている方々もおられるようです。

汗をかいたら塩分も取って下さいませ。
 
 
 
Unknown (覚醒)
2007-06-21 21:51:34
山崎 さま

6月16日のコメントのご返事に関して記します。
まず、ご指摘の「マスコミお抱えの評論家」と言う言い方は、私の言いたいことを正確に表現したことばではありませんでした。正しくは、「マスコミご愛顧の評論家」とすべきでありました。(時々、マスコミご追従・腰振り・・と言うかも知れませんがお許し下さい。)すみません。

私の投稿は、マスコミによく登場する評論家を束ねて論評するような意図ではありません。確かによく登場する経済評論家の中には、視聴者の受けを狙っての無責任な発言が多く、信用ならない人が結構おられます。例えば、森永卓郎氏は05年の暮れのNHKで来年の経済展望で、「消費者の公共料金・税金の負担増で、真逆さまの大不況が来ます」のご宣託でしたが、完全に外れておりました。マネーサプライ政策論者ですから、当然の予測でしょうが、結局この予言は的中しませんでした。しかし、その後も、自分のモデルが現実の経済に適合していないことの原因究明をせずに(あるいは「出来ずに」かも知れません。また、適合していないモデルを修正せず)金だけ貰って、厚顔無恥な経済予測を繰り返しています。まあ、芸能プロダクション所属だからタレントと思えばよいのかもしれませんが、蛙の面に小便の様を見ると不愉快です。

そういう点では、山崎さんは謙虚にモデルの適合性を振り返り、修正をされているのだろうと推しております。ただ、私は、JMMをこの2年間ぐらい読んでいて、山崎さんの論評に毎回ではないとしても、違和感を感じたのでこのサイトを訪ねたのです。したがって、山崎さんの論を読まずに、意見を申しているのではありません。

順次意見を記しますが、16日のコメントの簡単なものから始めます。
>なぜ小泉・安倍政権に批判的かですが、それは、彼らが改革と称するものが不徹底だからであり、改革そのものに反対しているわけではありません。

この論法、よく見かけます。例えば道路公団改革で、桜井よしこ氏は全く同じ論法で猪瀬直樹氏を罵倒していた。本当に改革を望んでいるなら、改革に反対している守旧派を批難すべきなのだが、猪木氏を、小泉首相を批難するのである。古賀誠議員を批難するのを聞いたことがない。私は、桜井氏は本音では道路公団改革反対なのだろうと今でも思っています。

郵政民営化の話でも、山崎さんはスピードが遅すぎたし、民間の形で官僚を食わせることになったからと言うが、やれば早く出来たのにわざと小泉・竹中ラインは遅らせたのだろうか、当初案からの退却は自発的だったのであろうか。あれだけ、後退しても内閣と一部自民だけが賛成で、自民内部はかなりの反対そして、野党は全て反対であった。そして異論100%の選挙までしてやっと通せたのが現在の法案である。

例えば学園封鎖で、デモ隊がバリケードを張っていて教授陣が無勢で入れないとしよう。山崎さんは教授たちは5時間経過しても学校の仕事に着かないから、怠慢であり支持しないのだと言ってるようなものだけど、私は、バリケード張ってる学生に言わない、あるいは言えない、誤魔化しを述べてるだけだと思う。こういう類は多いのだ。

ついでに
>「生理的に嘔吐するね」なんて威張った文末を書いている割りに、言い訳で「下々」の立場にへりくだる、というのは、余りに「へたれ」ではありますまいか。

嘔吐するのは、北朝鮮とつるむ連中の汚さに対する感情の表現、威張っているわけでない。「下々」と言うのは良い情報(インテリジェンス)を沢山持っている方に話を伺う時の尊敬の念を示す表現、へりくだりではない。「へたれ」であることは甘受いたします。
 
 
 
Unknown (山崎元)
2007-06-22 10:42:13
覚醒さま

「改革」について私見を補足します。

過去のJMMを見ていただけるとお分かりと思いますが、私も、小泉氏登場登場当初は、彼の官僚制度改革を「支持してみよう!」という立場でした。しかし、その後、政治的な掛け声はあっても、細部を官僚に丸投げするため、結局、高速道路は今後も建設するし、住宅金融公庫は実体として何時無くなるのかはっきりしないし、郵政にしてもさんざん時間を掛けて、結局、大量の職員を奇妙な民間会社に移行するだけ、というような「名を掛け替えて、実は変わらない」状況陥る一つのパターンが見えてきました。

少なくとも、郵貯、簡保は、そのまま民営化ではなくて、廃止で良かった筈です。バリケードは前回総選挙で軽く突破できたわけですから、首相裁定で「郵貯、簡保は廃止」といえば良かったし、特殊法人改革も、「民営化」ではなく「期限を切って、廃止」を基本方針とすれば良かったのではないでしょうか。

思うに、小泉氏は政局の天才ですから、政敵・旧経世会を叩くのにどの場所を刺激すればいいかということは分かっていましたが、官僚を丸ごと敵に回すような積もりは、少なくとも政治的判断としてはなかったのでしょう。もっとも、一人の、あるいは少数の人間に、全てを期待するのは、無理ではあります。

ここで、一応は「改革」を言っていた小泉氏・竹中氏と、抵抗勢力にされた野中氏・亀井氏といった人々のどちらを支持するかと言えば、まだしも前者だったわけですが、私は、小泉氏自体について、「改革」を言うだけで「実行していない」ので、かえって有害な存在だと考えました。

しかし、「『改革』が悪いのではなく、実行が不十分なのだ」という意見に対する政治的受け皿に適当なものがないのが残念なところです。

前回の総選挙では、民主党は、このポイントを突き損ねて大敗しましたが、覚醒さんもご指摘の通り、旧社会党や民社党のような勢力を抱えていては、キチンとした対抗軸を打ち出すのは無理なのかも知れません。望ましくは、自民党も、民主党も割れての、政界の再編があるべきなのでしょう。個人的には、全くの少数党になってしまっても、民主党が先ず割れるべきだと思います。

では、政界再編がない状態を前提として、どのような投票行動が望ましい「改革」を少しでも進めるかと言えば、これは、「与党にとって最もダメージとなる投票」ではないでしょうか。選挙前の支持率の低下を受けて、年金問題について、的確ではないものの(役人に考えさせるからでしょうが)、次々に何かを繰り出そうとしている現政権の様子を見ると、明らかだろうと思います。ここで、ぬくぬくと安倍政権を支持して、憲法なんぞを論じている場合ではない、と思うわけです。もちろん、投票に関する考え方は、人それぞれ、自由です。

民主党に政権が渡ることは覚醒さんには「悪夢」かも知れませんが、たとえば、年金問題は現状維持よりも一歩以上マシな方向に進むと思いますし、それに、あの寄り合い所帯は政権に就くと、3年以内にバラバラになるのではないでしょうか。

私の希望としては、国家主義的でない自由主義の政治的な受け皿が出来ることですが、これはなかなか難しそうですね。



尚、言葉の問題もまた感じ方は人それぞれなので、深刻に論ずるつもりはありませんが(たかがブログですし)、「嘔吐するね」は、「嘔吐」という表現が偉そうなのではなく、言い捨てるような文末の「ね」が偉そうなのではないでしょうか。また、「下々」が、相手に対する尊敬の念だと仰るなら、これは自分の側をへり下ってそれを表現する言い方ですから、「へりくだりではない」というのは矛盾しています。尊敬など必要ないので、気楽に、ご意見をお書き下さい。

覚醒さんには、毎回中身の濃いコメントを頂いており、感謝していますし、楽しみにしてもおりますので、今後ともよろしくお願いします。
 
 
 
今年は空梅雨かな・・・ (yokoyari)
2007-06-22 13:08:08
四国は既に取水制限。こっちにも波及してきそうです。

覚醒殿
遅くなりまして申し訳ございません。

年収200万は介護労働者の給与です。コムスンは若干低かったでしょう。「そんな給与で働くなんて真っ平だ」という所では同意頂けた様で幸いです。
コムスンの離職率は高かったようですよ。

私も核家族はあまり好きではありません。
>つまりはスープの冷めない距離に大家族が住めるようなシステムが一番向いていると思う。
私もこれが理想だと思いますが、どうすればこのようなシステムが実現できるのでしょうか?


介護保険制度の話ですが、
>我々の世代の責任も大きいですね。
と、このような状況になったのには自らの責任を仰られる。それは良いのですが、そうすると・・・北朝鮮とつるんでいるらしい政治家に対して激しく嫌悪を感じておられるようですが
>貧しい国の時代を知っているからです。1960年代に外国に行っても日本なんて見向きもしてくれませんでした。

こう仰られているのですから年配の方だとお見受けします。(江戸時代だと世界最高齢ですね)ということは当然その間選挙も何度もあったわけでそういう政治、政治家を作り出してきたのは間違いなく貴殿にも責任の一旦はあるはずですが(民主主義であり国民主権と言うのはそういうことですから)
そのことに関する言及が見当たらないのは何故なのでしょう?

森永卓郎氏は経済成長がマイナスだからと言ったわけですか、それは確かに説明が悪いですね。
私なら「自殺者を減らすためには、1%以上の名目GDP成長に加え、法人税増税と累進課税増税をし、景気を良くして雇用を増やさなければならない。それまで大幅には減らないだろう。名目GDP成長1%までは上方バイアスがあることが知られているため1%までは実際はマイナス成長だ」と言います。
この辺は説明すると時間がかかり、とっつきにくいのですが説明しなかった森永氏にも責任はありますね。
彼に代わって謝ります。申し訳ない。
大不況ってのも煽りすぎではありますね。彼は(というかテレビに頻繁に出ている人はそうなる傾向がありますが)タレントになったのでしょう。

ところで、名目成長率2.2%ということでしたが、
よろしければソースなどご提示頂けませんでしょうか。
いろいろ探したのですが見当たりませんでしたので。

 
 
 
「改革」について私見 ってかっこええ表現やなあ (作業員)
2007-06-22 15:24:33
横槍氏。どんなにグロスで成長しても、貧困層(精神的貧困層を含む)を生み出したら、自殺率は下がらんど。
メモ夫人。マムシ並にしつこいわしの悩み、訊いてクレヨン。わし、昔からヘビが大嫌いでさあ、こないだも知り合いがマムシを捕まえて焼酎漬けにするというそのビンを見て、ピーニス縮み上がって泡吹いて倒れそうになったりしたんだよね。わし、ワイの前世は神武天皇、と言いふらしていて、ワイ染色体を神様にもらったマスラオ、と吹聴してきたのだが、どうも本当は、前世はカエル、でないかと思い始めると、夜も寝られない今日この頃なんだなあ。いやだなあ、「偽装請負はイノベーション」のナイスなジャケット猪首直樹といっしょかあ。郵政改革の方向も山さんと同じ清算主義やしなあ。やばい前世学、執筆しようかなあ、ここで。山さんは、ヘビは大丈夫ですか?
ポンちゃん、復帰おめでとうございます。一点、事実誤認がありますので、指摘させてもらいます。いわゆる左翼あるいは朝日原人が北のシンパだったことは概ね事実でしょう。しかし、金丸田辺訪朝以後は、完全に自民党ルートが主体、だったはずですね。北とよろしくやっているのは、例えばエロタクさんなんかでしょう。あるいは、現政権そのものでしょう。山本一太はテレビを干されているのでしょうか。アメこーの政策転換を非難して、金融制裁強化!とかアサリ買うな!とか、今こそシャウトせねばならんでしょう、あまりかっこよくないけど。

かっこええので、わしも私見ですが。小泉竹中がやった改革の問題点は二点でしょう。
ひとつは、規制緩和を規制緩和利権にしてしまったこと。御○所や草刈は、「規制緩和」と「法律を守らなくていいこと」、を混同しています、さすが○器ですね(ハケン悪魔たちは言うまでもないですな)。ちなみに、愛する滝川栗ちゃんの共謀罪とスパイ防止法を成立させたいジャーナリズムというより公安そのもののフジのニュースで、孫悟空の猪八戒のオーディションを落ちたと噂される箕輪が、「企業は法律を守るだけではだめだ。社会の模範とならねばいかん」と口から出任せの正論言ってました。法律、守らないんです、どいつもこいも○器も、なんちゃって猪八戒さんよ。
改革の問題点のもうひとつは、公共事業費の切り方です。山さんは、ここをバッサリ切るのはかまわんという考えでしょうが、わしは違います。公正な競争の前にパイを人為的に半分にする、とかアリでしょうか。公共事業の問題というのは、無駄遣い、とは別に、例えば、医療費とのバランスがでたらめ、とかがあるわけです。公共事業で削る分を医療費に乗せる、そういう操作があってもよかったでしょう。別に土建屋の新就職先まで斡旋しろ、とは言いませんよ、役人ではないのですから。政府規模はすでに十分に小さいですが、方向として小さな政府を目指さないと、バラマキがなくならない、それはそうでしょう。しっかし、自殺者、いわゆる三文小説家石原言うところの首つり侍がなるべく出ないやり方はあったと、わしは思います。亀井静香ドンみたいで、嫌な言い方でっけどね。でまあ、一番いかんのは、旧竹下派の建設利権を奪う、「ための」公共事業費カットだったことですね。政争の具にされた土建屋は星霜の藻屑と消えていきました。合掌。
 
 
 
ニュースを少し (作業員)
2007-06-22 17:07:31
>グッドウィル「違反あれば指導」 給与天引き問題で厚労相(2007年6月22日読売)

前代未聞の二百円訴訟なんだが、善意の任官拒否者でかつ若者と老人を食い物にしたとされる三流タレントとジャグジーに入る姿がお似合いの折口は、おかしなことを言っている。

>同グループは21日、制度を廃止した今年5月までの2年間に就労した約80万人に、計約37億円を返還すると発表した。期間を2年間としたのは、労働債権の賃金の時効(2年)に基づくとしている。(同読売)

不法行為に対する損害賠償(百万はふっかけろよ、若い衆ども)なら、時効の年数が違うし、そもそも。

>FujiSankei Business i. 2007/6/22
「対象人数は子会社の請負業「警備・施工マネジメント」(同港区)のスタッフを含め約80万人、返還総額は約37億円にのぼる」

あのねえ、ナイスな髪型折口さんよ。KSMは請負なんだろうが。請け負って、建設現場に派遣したんだろうが。それは、現場作業員個人まで、「請負(一人親方)」なんだろうに。派遣なのか? いいのか、派遣で? 
「請負」債権の時効は、三年(民法170条2号)やで、もうとっくに役に立たない柳沢よ。建設現場への「派遣」は、違法、だぞ、覚醒しろ柳沢。昼は眠くて眠くてしかたないのはわかるが、それなら永い永い眠りにでもつけ、眠たいタコ大臣が。

ニュースをもう一つ。
>集団自決巡る検定意見、全会一致で撤回要求 沖縄県議会 2007年6月22日朝日

毎日が曾野綾子のことを少し書いていたが、粘着性が足りんぞ。曾野は集団自決は国民全員のせい、と言うてるわけだが、井戸に放り込まれたアカ好きとかアナル好きも、同じ臣民で、同様に責任とらされるのか。非力を恥じて首つり侍になる前に、殺されたんやろうに、別に上坂冬子の親父に、とはいわんが、特高にさ。責任の順序で言えば、東条から岸笹川まで、死刑だろ。
 
 
 
へび (山崎元)
2007-06-22 20:49:00
作業員さま

ご質問にお答えします。

私は、触りたいとか、飼いたいとかは思っていませんが、ヘビという生き物は割合好きです。

その昔、幼稚園に行けない(23日で中退)泣き虫のハジメ君は、札幌の繁華街に母親について行って、母親がデパートで買い物をしている間、狸小路というアーケード街にあった漢方薬屋の店先のガラスの水槽に入ったヘビを眺めて、母親の戻りを待っていました。ヘビとはその頃からの顔なじみです。

無駄に吠えたり、毛が舞ったりしないので、犬や猫より、ヘビのほうがよほど好きです。
 
 
 
三番目のかたの印象 (moto金田浩)
2007-06-23 00:14:22
うっかりしていました。

三番目の方の印象を写真写りが悪いと書きました。

追加ですが、写真写りが悪いのでなんとも気味が

よろしくないとの印象を持ちましたが髪の形が

なにか変なのがそう思うりゆうでしょうか。

又は、本当は良い表情の方なのでしょうが意図的に
変な写真をメディアは使っているのかも。
このあたりはなんとも判断出来ません。
 
 
 
極私的 メモ夫人への推薦図書 (作業員)
2007-06-23 15:22:20
金融論をつかむ 前多康男 鹿野嘉昭 酒井良清 著
有斐閣(税込 2310 円)

まあまあ、よくまとまっているのではないでしょうか。わしにはじぇんじぇん、つかめまへんが、メモ夫人は旦那のキャンタマつかむように、しっかり金融をつかんでみてください。

金融工学 マネーゲームの魔術 吉本佳生著
講談社+α新書 本体880円

二千年発行の本ですから、図書館ででも借りてみてください。わしは、みごとな新書だと思いました、工学はわしにはよくわからんですが。巻末の「厚底サンダルのジレンマ」は、今時はやらない厚底ではあるが、安倍支持者のインチキチキ愛国心競争と、カエル御用学者の底上げ経済政策を想起させ、亜保競争は革命と同じくらい危なっかしく、ついでに底の浅いものだと改めて確信するに至ったのでありました。では、もう一冊。

高校数学で理解する ファイナンス入門 前田文彬著
学文社 本体1900円

高校数学が理解できていないので、わしはまだファイナンスに入門させてもらえませんが、メモ夫人はわしよりも数学がでけるので、結構理解がすすむのではないかと思います。「心強いのはオプションの価格である確率変数の確率分布密度関数は、チャップマン・コルモゴロフの等式を満たし、しかもフォッカー・プランク方程式という偏微分方程式に従うことがわかっていることです」
全く、心強くありまへんね。マルタンガル法は知っていましたが、あやつやこやつの方式を「イベント・ドリブン投資回収法」と、かっちょよく呼ぶことを覚えました。この本の惜しいところは、ページ203でせっかくミルとロバート・オーウェンのいい話を載せているのに、「無責任なレセフェールは資本主義を破壊すます」と、しまらない誤植をしているところです、すます、って。

わしのお薦めのペンは、ダイソウカガッカイか?と噂されている百円ショップの四色ペンです。このボールペンは初め、ハサミの部分がプラスチックでできていましたので、すぐに割れて飛んでしまったりしていたので、なんとかせーや、とわしは苦情を言い続けたのでしたが、今はハサミの部分はアルミになって、ほぼ完璧な四色ペンです。インクも特に問題ありまへん。

山さんへ
わしもヘビ好きなら日掛けの取り立てとかしたんだろうが、どうも爬虫類はだめだなあ。わしは藤原新也と同じ猫好きだなあ。こんなわしにも実は女きょうだいがいまして、そいつは沖縄まで、金色のヘビを首に巻くためだけに出かけます。女の方が腹がすわっていますなあ。で、一点、ついでに質問させてください。

上記ファイナンス入門に、LTCM崩壊の過程が説明されてあり、ロシア危機によるキャピタルロス(50億ドルから数億ドルに)が命取りになった、とされていまして、それはそうなんでしょう。しかし、同じその危機で、6ルーブルで旧国債を持っていた者は大儲けした(35ルーブルで新債務と旧債務を交換した)とあります。LTCMの失敗というのは、もっとなんちゅうか、理論の失敗というか敗北というか、のような感じなのかと思っていましたが、持ちこたえるかどうか、だったんでしょうか。絶対の理論なり屁理屈はない、ことはよくよく分かりましたが、今まで語られていたLTCMの話は、ざまーみろ、的なものだったのかなあ、とも思いました。山さんはどう思いますか?
 
 
 
愉快だったり不愉快だったりニュース (作業員)
2007-06-23 16:01:26
>「ヤンキー先生」義家弘介氏、自民から参院選立候補へ(読売)

なにが元ヤンキーやねーん。現パンチ系だろうが。ちと薄い頭の夜回り先生の出番だなあ。ポスターには是非、「いいんだよ、いーんだよ、過去のことは」と書いてほしい。

>グッドウィルの派遣給与天引き、労組が10年分返還要求
略 10年分となれば、単純計算で最大200億円規模に達する可能性もある。略 目的外の強制的な天引きは、民法上の不当利得にあたるとして、返還請求の時効期間である10年分の返還を求める。(読売)

やったれやったれ。介護保険のジェニひっぱって、ホリエのように中古ならまだしも新品のジェットなんぞ買ったら、そりゃ恨まれるで、オリに入ったらヘビがカゴに入ったみたいに見えて笑えるなあ。あとはミキュタニミニャウチキミュラタケニャカぐらいか。やったれやったれ。では、浮き世のアカを落としにいつものところへ。
 
 
 
私の時代認識 (覚醒)
2007-06-23 22:16:41
1989年のベルリンの壁の崩壊が象徴するように、東西冷戦が終焉した。これを契機として、東側に属していた人々が資本主義市場に包含されることになった。

参加した人数は、中国13億人、東欧諸国1億1千万人、ソ連2億9千万人、ベトナム8千万人、約18億人が新規参入した。それに対して、西側諸国、米国3億人、ヨーロッパ諸国、3億7千万人、日本と韓国、台湾、2億人、(インドネシアやフィリピンも資本主義国であったが、一人当たりのGDP等からすると新規参入と同じ扱いにした)合計凡そ9億人しかいない。

それなりに豊かで政治経済システムが状況に適合していた国に、貧しい人達が倍の人数新規参加したらどうなるのか明らかであろう。政治は各国別に独自でよいが、経済は独自という訳には行かない。なぜなら、新規参加者が排除される危険性が大であるからだ。

米国の経済システムと、欧州や日本の経済システムの基本的な違いとして教わったのは、欧州や日本はそれまでの取引慣行や実績を重視する商取引を基本にしているが、米国でそれでやると、移民の人達は直ぐに餓死してしまうという。当然だ、いままでの取引実績を移民の人が持つはずがない。したがって、良いものだとか安いものなら過去の実績に関係なく採用しましょうと言う商習慣が基本になっている。

旧共産圏の人達は、移民と同じ境遇の部分がある。旧西側が貿易障壁を作れば、共産主義が崩壊しているのだから、資本のない旧共産圏は飢えたであろう。いま、東欧圏も中国も種々の問題は抱えつつも豊かになり得たのはグローバリゼーションと言う新規参入者も加われる拡大貿易時代のお陰ではなかろうか。

日本がグローバリゼーションを拒否することは可能であろうが、もし拒否した時には、日本産の商品にペナルティとして重い関税が掛けられ、売れなくなるだろう。そうなった時には、恐らく有力な日本企業は国籍を移すに違いない。その結果、日本はまっ逆さまの不況になる、恐らくは2001年どころではない恐慌に近い不況になるのではなかろうか。

日本0.9%、米国65.8%、中国220.3%--。これはアジア経済危機に見舞われた97年の名目国内総生産(GDP)に対する、2007年の見込み額の伸び率を示したものである(ドルベース、国際通貨基金=IMF予測)。危機に直撃された韓国を含むアジアNIES(新興工業経済群)も50.5%、ASEAN4(インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ)も60.6%伸びている。(引用日経PLUS)

経済学者も評論家も、9億の豊かな平和に経済活動している国に、18億の貧しい人達が新規加入した大変革について何も語らない。これが何をもたらしているのかも語らない。その新規加入で一番大きな影響を受けたのが日本だと思う。それは、不幸にして日本が世界の工場だったからだ。そして、顧客を奪われて稼げない状態の国を、単なる不況と診断して公共事業に金を突っ込めば回復すると信じて大判振る舞いをしたのが、90年代の後半であった。経済学者も評論家もばら撒けば景気回復すると主張していた人は多い。しかし、結果は明白で、殆ど効果を現さなかった。経済の構造が変わっていたのである。

私は時代をこう思っている。これから、これをベースにお話を続けたい。
 
 
 
モリアオガエルだとかわいい (Unknown)
2007-06-23 22:25:40
作業員さま
いろいろと推薦図書をありがとうございます。何年かかるかわかりませんが、読んでみましょ。本屋に行ってもあのあたりは全く近づかない棚ですねえ。それこそこの前山崎せんせいの本を探すのに初めて近寄ったというくらい・・・。化学と経済、殆ど無縁の世界であります。
今日も仕事であった。帰って来たら20年使っている冷蔵庫が危篤になっていた。久しぶりのお休みが電気屋巡りとは。
カエルといってもモリアオガエルからヤドクガエルまでいろいろいますで、作業員さまはどれでしょうね。ヘビは平気、マムシも目の前に生きたのがきたらいやですが、瓶詰めならOK。ゴキブリも平気ではあるけれど、イモムシだけはこわい。前世は葉っぱか。
メモっていたけど聞き間違いかと思って放置してたんですが、今日語録としてのっていました。「戦後レジームから脱却するという使命を帯びたわたくしの内閣でこそ実現できる」と年金問題の解決について述べたのはどなたでしょうか。年金と戦後レジームって関係あり?なくねー?
それでもねえ、憲法改正のための国民投票法案、教育基本法改正、防衛庁昇格、イラン特措法延長、この先「通すぞ」とおっしゃったのが通ったら、ある意味十二分に「グッジョブ」。上手に利用したのは誰なんでしょう。
ところで、白熱灯追放運動どう思われます?やたらと最近攻撃されているようです。
白熱電球を使用規制…経産省「省エネ基準」作成へ(読売新聞
2007/6/21)
日本だけではなく
http://www.cbsnews.com/stories/2007/02/28/tech/main2524079.shtml
そんなこと規制すならこの狭い国ででかい車を作らせるのも規制したらどうだろうか。
おまけ
http://web.canon.jp/technology/s_labo/light/002/02.html


 
 
 
名前忘れると減点 (memoま)
2007-06-23 22:26:55

memoまでした。
 
 
 
アングルは大事だ (作業員)
2007-06-24 13:37:07
メモ夫人ごめんなさい。またトンパチ竹村のところだけ聞きそびれてしまいました。しっかし、中ガマ秀直をよこから映すと、本当に、ゲロって、言いそうでしょう。相変わらず半分寝てるのか呆けてるのか、もうドキュメンタリーを撮っていた頃とは完全に別人の田原、なんとかならんのかのう、田原がズブズブの超一流派遣会社パソナでも、代わりの人材用意でけんのかなあ。代わりの呆け老人というのもなんだが。

昨日ちょっと予定が変わって家で居眠りしていたら、電話がかかってきて、なんだエニエッチケー出てないのか、と知り合いに言われた。おまえ、なんでわしが作業員やって、知っとんねん。まったく口の軽い人間が多くて困る。安倍や中川(元銀行マンのくせに全く年金を払っていない酔っぱらいの方)にねじ込まれて番組を摘んでしまうエニエッチケーになど出る気はない。だいたいわしはカメラなど見ると、アワアワワとなってしまうぐらいにシャイなので、やはり前世はカエルなのかもしれない。

竹中など顧問にしたせいだと思うが、何年勤めても絶対に社員にしないと言われ涙をこらえて働いているおねーちゃんだっていくらでもいる超一流派遣会社パソナ南部の顔には、死相が出ていた、おかわいそうに。南部が明らかな嘘を言っていたので、へたれエニエッチケーに訂正を求める。南部は、自分の会社は、「技能のある人間だけを派遣している」、とまるで自分たちはグッドウィルやフルキャストやなんとかアールのようなろくでもない会社ではないようなことを言っていたが、どの求人誌でもいい、開けばこう書いてある。
「作業もパソナ!」
南部、徳を積まねば、来世はおまえもカエルやど。

自称新自由主義者を代表する御用学者が、八代尚ゲロで、本当によかった。八代程度なら、モリタクさんや何故かRCファンのマサルカネコのような不細工な識者であっても十分に応対でける。八代の顔がウシガエルでなく、イケガエルだったりしたら、モリタクやカネコでは、カメラアングルの印象で負けてしまう。幸い、スタジオの素人衆は、八代ってあほ? という印象を持って家路についたことだろう。
八代は、二ヶ月刻みの派遣奴隷たちを、最低でも三年いや五年の雇用、に伸ばしてやりたいそうだ。そのために、労働市場を自由化するそうだ。モリタクさんが指摘するようにマクロの見方もかなり自己都合だが、現場を知らない、ようするに知性がない、という印象の識者カエル面は、さすがに大衆には受け入れられんだろう。
ちなみに、八代は、法律を守らない会社は淘汰されればよい、と言っていて、それはほっとけば市場がしてくれる、と言っている。やはり、ウシガエル八代はアホだとわしも思う。具体的に、即刻キヤノンや松下を市場から退出させよ、というのがいくらか読み書きのできる大人だと思うのである。

わしもメモ夫人と同じく株のコーナーなど寄ったことがなかった。人生の楽しみをハナクソほど増やしてくれた山さんに感謝している。本屋といえば、わしの知り合いの本屋が、「朝日新書 偽装請負」を大量(まじすげー量)に平積みしていて、鬼畜キヤノンと鬼畜松下の工作員が回収してくれるんだろ?と言っているが、そんな保証はないぞ、万国の書店員バイト諸君。なんなら電話かけて、うちにはまだありますよ、ともろもろの会社に言ってやったらどうだ。百万部売れてしまったら、朝日が儲けただけか、結局。

ポンちゃんの超マクロな話で思い出したが、広瀬隆なんかは、世界同時不況の原因は軍事マーケットの縮小、なんてことも言っていましたなあ。平和はグロスの成長を阻害するのかどうか、メモ夫人、その辺も考えて投票せんといかんのかもしれまへん。環境問題は、語るほどの知識がありまへん。ただ、いい地球環境で生きる前に、職場環境で若者はバタバタ死んでいくので、クレイジーケンちゃんでも聞きながらV8のアメ車で走るぐらいのことは、させてあげてもいいかなと思います。セルシオ小僧とかは、法規制して軽四に買い換えさせるほうが、エコでしょう。ちなみに、新車がまったく売れないのは、皆が環境に配慮しているからではなく、不況だからですね。
 
 
 
LTCM (山崎元)
2007-06-24 15:04:31
作業員さま

LTCM本を読んだわけではないので、おおまかな当て推量ですが、LTCMは、過去のデータと理論から見てこれ以上は国債と一定の信用リスクのある債券の利回り差がこれ以上広がらない、というような確信に基づいて、何十倍ものレバレッジを掛けて、後者を買うようなポジションを持っていた、ということでしょう。ここで、ロシア危機というショックが起こって、利回り差が「想定の範囲外」まで拡大して、ぶっ飛んでしまった、というような事態を考えると、いいでしょう(実際には、単純にスプレッドに賭けたのではないと思いますが、一定の理論の下での「価格の歪み」に賭けたのですから、本質的には、似たようなものです)。

一流の学者やトレーダーだの、最先端のシステムだのを揃えても、相場には「絶対」がなかった、という典型的な教訓事例ではありました。

LTCMの事例には、他にも幾つか面白い教訓があります。

一つめは、「インチキは、とほうもなく大掛かりにやると効果的だ」ということです。LTCMは、伝説のトレーダーに、ノーベル賞学者などを揃えて、「ただのヘッジファンドとはちがう!」という印象を与えることに成功して、多額のお金を集めました。

二つめの教訓は、「日頃は騙す奴も、簡単に騙される側に回ることがある」です。LTCMで痛快だったのは、たとえばメリルリンチ証券の幹部のような、日頃は、ヘッジファンドやデリバティブなど儲けの多いインチキ商品を売って儲けているはずの投資銀行家(←本質はただの証券マンですがね)が、「LTCMなら儲かるかもしれない」と思って、自分の個人資産でこれを購入する例がいくつもあったことです。これは、単純にザマミロでいいでしょう。悪銭身につかず。

三つ目の教訓は、「政府も中央銀行も、金持ちとはお仲間である」でしょう。LTCM破綻の際のFRBが主導したトラブルシューティングは「美談」として語られていますが、錯綜したデリバティブのポジションは、それぞれプロの自己責任から生じただったはずで、この問題解決は、放っておいて良かった(とも言える)。しかし、現実には、政府・中銀をフルに使って、証券会社の利益は守られたのでした(この点については、詳しい事情を知らないので、「いい」とも「悪い」とも言えませんが、彼らが一種のお仲間であることは事実でしょう)。
 
 
 
信用も中くらいなりおらが国 でんな (作業員)
2007-06-24 15:34:45
山さん、コメントありがとうございます。呆け防止にぼちぼち勉強します。ファイナンス入門、には、中華民国・国債、帝政ロシア・国債などデフォルト例が示してあり、国というもののやっかいさを今更ながら感じます。関係ないが、義家ヤンキー先生だって、愛国心に目覚めて、パンチ系のつまらない大人に更生したわけやなかろうに、と思うのでした。

>年金と戦後レジームって関係あり?

メモ夫人。産経系正論垂れ流し右翼諸君の言いぐさを聞いて、一応関係のあることが分かりました。自治労、つまり占領軍によって労働組合が認められたその占領体制(戦後体制)を転換して、アカやアナルは井戸に放り込みたいそうです、再び。レジームチェーンジすれば、まっさきに、リバタリアン宣言なんか恥ずかしげもなくしてしまう朝日新書の輩から、放り込まれるでしょう。
理屈はなんとなくあっているように思いますが、正論というのは書くのが恥ずかしいのですなあ。しかしまあ、正論だ、と恥ずかしげもなく自称しているのでしかたなく書きますが。産経系安倍ファン記者は、「ジャーナリストの多くが権力を監視するので、自分は野党を監視する」と言っています。赤面してしまいます。安倍が下野したら、安倍の監視でもするのでしょうか、人生の無駄でしょう。安倍を下野させてみるのが、人生のささやかな楽しみ、になるかどうかしりまへん、あほらしくてつきあい切れません。とっととバリ辺りで暮らしたいです。日本国・国債がデフォルトする前に。
 
 
 
場違いですが介護を (moto金田浩)
2007-06-24 18:08:12
山崎様の介護に関するコメント又は
現状改善のご意見等お聞きさせて
頂ければ幸いに思います。
コムスンは一つの例にすぎません。
また、この業界は従事する職員さんの
待遇もとても低く、若い男の方は
定収入から結婚も無理な様子です。

おっとどなたかが書かれていましたが
文春6月号の派遣地獄よみました。
ひどいものですね。
かっての女工哀史を思い出します。
 
 
 
「欧米か!」 (覚醒)
2007-06-25 23:37:26
9億のそれなりに豊かな国に、18億の貧しい人が参加し、世界的な自由に近い貿易がなされるという劇的な環境変化が起こった時と同じ頃に、日本では過剰流動性から起こる不動産バブルに対して、土地融資への総量規制が掛けられバブル崩壊が始まった。

バブル崩壊後の不景気を、循環的な不景気と間違った診断をして、公共事業費の大判振る舞いをして、それが効果を出さず日本国の借金を増やす一因だったことは先述した。

1990年代の状況を第三者的に見ると、今まで世界の生産の需要を一手に引き受けていた企業群(日本)に、新参の安さを売り物にする新興企業群(中国)が、攻撃を仕掛けた図に見えるはずである。そして、新興の企業群は、先進諸国(欧米)の企業からの指導よろしきを得て、どんどん品質を高め、得意先を従来の企業群(日本等)から注文を奪取することに成功したのです。

顧客が離れていった日本の企業群は、値段を安くする対応策をとらざるを得なかった。売り上げが大きく減ったのですから、まず縮小均衡をやり、希望退職や肩叩きで余剰人員を削減し、固定費の削減をやった。中国との競争で負ける根本は、日本の人件費の高さ(だけ)でありますから、国内生産では、安い労賃で働く労働者の確保に向かった訳です。生産があるときだけ働き、無いときは給料を払わなくても良い労働形態により、安くなる労働力を確保する方法として、委託、請負、アルバイト、パートに走ったわけです。偽装請負と言われるものは、90年代末以前では生産現場で派遣労働者が認められず、また請負では、委託側が請負側の作業者に仕事の指導が許されていないことから発生した形態で、私が知っているだけでも、殆どの生産工場では広く類似のことが行なわれていたのですが、表面化した数社は言ってみれば運の悪かったことに尽きるでしょう。また、日本での生産を断念して、日本の工場を閉鎖して中国に移設するところがどんどん出てきたり、日本の工場は閉鎖したまま、中国に委託生産するところも脚光をあびたりした。

この図式から分かるように、中国で作れる商品を舞台として、中国の労働者と日本の労働者のコスト/パーフォマンスの競争が起こっており、結果として日本の労賃のダウンが発生した。また、正社員と非正規雇用社員との給料の差は、正社員の既得権保護から発生していることで(正社員の給料引き下げは組合が飲まない等々)、本来の中国企業との競争からすると正社員も賃下げを受け入れないと競争にならなかったはずだが、非正規社員の給与がその分低いものとなったのであろうと思われる。そして、正社員にはせめて少しでも平均を下げることが出来る目的で、成果主義賃金制度の導入が多くの企業でなされたのではなかろうか。

こういう例が歴史にあるかと言えば、アメリカの1973年から1993年に掛けて類似のことが起こっている。私たち日本が米国の生産工場から仕事を奪ったのである。したがって、アメリカはこの20年間、週給が連続して落ちている(93年の週給は73年の20%ダウン)。米国人に出来ることは、日本人に出来たのである(更にうまく)。今、日本人に出来たことは中国人にもやれると言うことが実証されているだけとも言える。

こういう鳥瞰的な視点からすると、いままでの考え方を変えねばならないのに、変えられない人が多くいる。例えば、JMM(07.06.11)で「最低賃金1000円は現実的か」の問いに対して、国内の事例の検討だけとか、欧米の最低賃金の事例とかを引き合いに出して論じておられる。最低賃金が対象になる方は、中国やベトナムなどの労働者が競争相手のはずであり、その動向や比較を論じることなく日本の最低賃金が現実的かどうか言える筈がないのに、今まで通りの論理構成で論じるのである。読んでいて、「欧米か!」と本当に言ってやりたい気になった。こんな評論家はいらない。
 
 
 
今日のキモ 偽装請負工員にアンフェタミンを飲ませたい (アベルフ・シンドラー)
2007-06-26 01:02:19
>私が知っているだけでも、殆どの生産工場では広く類似のことが行なわれていたのですが、表面化した数社は言ってみれば運の悪かったことに尽きるでしょう

貴社は発覚しなくて良かったですね。

あといっときますけど、ほかの皆さんが何度も何度も言ってる様に、現人便○がやったのは懲役2万年執行猶予3万年相当の重犯罪で、本来ならすでに後ろに手が回っていなければならないわけです。
それが大手を振りかぶって横行し続けている事実のどこが『運が悪い』のか、私には本当にわかりません。
 
 
 
Unknown (山崎元)
2007-06-26 03:29:00
>覚醒さま

確かに、中国の経済的台頭は、大きな問題だと、私も思っています(相手は中国だけに限りませんが、象徴的にも、効果の大きさも中国が圧倒的でしょう)。

特に製造業が中国と競合して苦しんだことによって、利潤が圧迫され、投資も縮小し、資金需要も後退したから、金融緩和が信用創造につながりにくく、デフレに陥った、という流れは、あった、と考えています。中国が変動為替相場制でない、ということの影響が大きいし、日本でも、簡単にインフレ率がコントロールできるわけではなかったので(政策への評価はいろいろあったでしょうが)、中国ショックは、それなりに、日本の経済にダメージを与えたとも思いますし、消費者レベルでは、恩恵も受けている(それだけ日本企業の市場が喰われている)、というのが、現実でしょう。

ただ、偽装請負に関しては、百歩譲って、これが発覚したことがキヤノンや松下(の子会社)の「不運」であったとしても、不運に見合うけじめは付ける必要があるのではないでしょうか。なにせ、明白な違法行為なのですから。この点は、曖昧に処理しない方が、いいように思います。

それにしても、日本企業や政策の多くが「ものづくり」に拘っていることは、中国その他との競合を考えると、他人事ながら少々心配です。日本の産業の相当部分がクライスラー化する心配がありますね。GEは、日本との競合を結果的に上手くかわして、成功しましたが、あのくらい上手く立ち回ることが出来るかどうかが、ここの企業ベースでは、問題ですね。

>アベルフ・シンドラーさま

相手は○器ですから、ウンを引き受けるところに、その使用価値があります。仮に「不運」なのだとしても、不運なりの責任を取って貰いましょう!
 
 
 
日本は法治国家ではないんですねぇ・・・ (yokoyari)
2007-06-26 12:16:04
覚醒殿
>それが効果を出さず日本国の借金を増やす一因だったことは先述した

乗数効果ってご存知ですか?
国の投資が20兆増えたとする(財源の金は刷ります)。国民の所得はいくら増加するか。
消費性向を0.8とすると、国民の所得増加をYとして
Y=20+20*0.8+20*0.8^2+20*0.8^2+・・・・+20*0.8^n
これは初項20、公比0.8の無限等比級数の和である。
結果として、Y=100となる。
http://www12.plala.or.jp/ksp/mathInPhys/infGeoProgres/
http://www.kwansei.ac.jp/hs/z90010/sugakua/suuretu/touhisum/touhisum.htm
経済学の教科書にも載ってるので、これを否定するなら
経済学が覆るのでノーベル賞ものです。
ぜひ論文を提出することをお勧めします。

デフレが中国のせい(日本はどうしようもなかった)というのも証明できればノーベル賞ものですね。

実際、小渕がやったときは消費者物価指数も上がりました。
日銀が0金利解除したりマスコミの批判にあって2年目にはやめてしまったので効果が消えてしまいましたが・・・

覚醒殿のお金は使うと消えてなくなるんですねぇ・・・
大変だ。
私のお金は使ってもレジに入ったりするだけなんですが。

で、中国がどうだろうがインドがどうだろうが日本がデフレになる必要性はありません。
なぜなら円は元にもルピーにも発行量を依存していないからです。(変動相場制なので)
好きなだけ刷って使えばいいのです。借金が嫌なら刷れば良いだけの話です。
日本のデフレは、日本の政策が阿呆なだけです。

アメリカやイギリスはレーガノミクスやサッチャリズムが齎したのは、単なる貧困と富裕の格差拡大でした。
なので、その後のクリントンやブレアはその修正を行っております。
この辺日本じゃきちんと伝わってないですがね。

「苦労の末に力強い経済が!!」なんてドラマティックなので受けやすいのは分かるんですが。

私の質問にも暇があればお答えいただけると幸いです。
 
 
 
現実を少々 (作業員)
2007-06-26 14:08:29
今さっき、土建屋の役員に昼飯をおごってもらって口からカレーがあふれそうです、おいフジオくるしゅうない、ちこうよれ。テレビ画面に恥ずかしげもなく○器面映して、鬼畜キヤノンの御○所フジオこと折口も加ト吉も理事(やめたけんどね)の経団連う○こマン会長いわく
「食品は人命にかかわるもので、偽装などけしからん!」
現人○器フジオ会見現場の記者どもは、どんな感想を持っているのでしょうか。豚コロッケを牛コロッケと偽装するより、派遣を請負と偽装する方が、千倍罪深いことは、ここの読者ならもはやゲップするほどおわかりでしょう。ハツやレバーで腹壊すわけやないからねえ(BSEはしらんで、血液はかなりやばいなあ)。何百万というまっとうな人間の人生をだいなしにした御○所フジオ収監を! で、野党に清くなくてもいいから一票を。

さて、現実の話やが。やっぱ、スッパリ公共事業を切った政策は愚かだったと思う。今、鉄が熱いんだ。廃業せずに続けてきたというだけの、溶鉱炉をかろうじて持っているしょっぼい事業所のタコ社長が、平成中国様様成金になっている。関連する建築物の改修等、建築関係の仕事も増えている、中国様は神様や~。が、土建屋みんなつぶれっちまってさあ、型枠屋とか、探しても、おらんらしい。国が何もしないというのは自由主義者としては健全な状態なんだろうが、だからって、国はろくなことをしない、という事実から遠ざかってはいない。そして、不況を生き残る会社が偽装など一切しないまともな会社かどうかなど、全く分からん、ザッツ不確実性、まさにウン。廉価な偽装コロッケというより残飯を食ってしのいでいる派遣請負奴隷を違法に使って大儲けする御○所フジオ、○器が食中毒起こしたりは、せんはなあ、うらやましくはないね、さすがに。
それにしても、偽装請負主犯が偽装コロッケ糾弾って、世も末やなあ、とにかく政権を代えましょうね、腹壊す前に。

横槍氏の話でいうと、限界消費性向というのをどうやって高めるか、とかになるのかなあ。「将来不安払拭」って、大事ですよね。社会保障制度を先に充実させる、というのはずっと言われているけれど、意外に「福祉国家嫌い」、なんだよね、我が同胞は。
 
 
 
こんな評論家はいらない。 (作業員)
2007-06-26 14:27:06
「日本経団連の影響力が弱まっているとの印象はありません。御手洗会長をはじめ、経団連はよくやられていると思います。(JMMきっての論客談)」

みんな違って、みんないい! どうせならヤンキーから愛国党にでも入ればよかった義家ごときに負けるな日教組!
 
 
 
劣情社会主義が理想なのか (覚醒)
2007-06-26 22:31:43
いま日本は没落の途上にあるのは確実だ。賃金でも今が底と思うのは甘い判断で、まだまだ下がると思ったほうがよい。敗戦で大没落をしたが、あれは急激なものであったし、原因もはっきりとしているものであった。しかし、いまはゆっくりと衰退するという、過去の日本で経験したことのない見えない犯人に真綿で首を絞められるような状況にある。

栄華を極めた集団が没落し始めた時の、典型的な行動パターンは、3つある。1つは、自分だけは何とか今迄の既得権を守ろうとする動きと、もう1つは、犯人探しである。(自分は絶対に悪いと思っていないから他の人達の中に犯人を見つけようとする)そして、最後は憂さ晴らしだ。

既得権の維持は、どの国でもあるが、日本はこの引き剥がしが外圧なしでは出来ない国で、日産のケースなどはその典型である。ゴーン氏が社長に就任し、従来からの商取引の関係をビジネスの関係に戻して、会社の倒産を防いで多数の人の解雇を避けたのに、「非情」と言うレッテルを貼る人達が沢山いる。こういう批難を恐れて、変革の矛先を鈍らすのが日本人であり、外圧があれば日本人リーダーでも出来るのは責任転嫁が出来れば動く無責任さ以外のなにものでもない。

「犯人探し」と「憂さ晴らし」は、往々にして結合する。大概は、自分の好まない人や集団に責任を擦り付け、罵倒しまくる形となる。このコメント欄での派遣業叩きもそれだろうと推察している。なぜなら、派遣業の勃興は、結果であって原因ではないことは、日本の世界における経済的な地位の衰退の理由を見れば分かることである。もし、派遣業を絶対に認めない状態であれば(社民党や共産党に政権を取らせよと呼びかけられるべきだと思う)、中国製製品との国際的な競争に敗れるので、日本企業は日本から駆逐されていたであろうと思われる。

いまの「格差」論も前述のように、正社員が既得権で給与を下げないままの雇用を確保したことが原因なのに、正社員が原因などと言及することがない。正社員の給与を下げ、非正規社員を増給せよとの主張もない。マスコミを始めとして国民皆が、右肩上がり経済時代の考え方の習性で、低いほうの給与を上げて問題解決をすべきと本能的に思っているようだ。衰退の時代にそのような解決方法は実現可能なものではあるまい、今は、一部の者達がマイナスを受け入れるような説得が重要になった時代である。それが衰退の時代の特徴である。

私たちの子供の時代は、経済的な差は克服すべき対象であった。刻苦精励して、人格を磨いてそのような地位を獲得できる人間になれと教えられた。自らの努力で自分を上に持ち上げよとの考えである。しかし、今はその差は嫉妬の対象でしかない。上にいるものを引き摺り下ろせと言う思想であろう。マスコミのコメンテータも全てこれである。自らは努力することもなく、成功者を引き摺り下ろして喝采を叫ぶ社会に未来などあるはずもない。木村剛氏が、「劣情社会主義」に向かうのかと嘆くのは誠に正しいことだと思っている。

さて、前投稿で「不運」となぜ言ったかだけ付け加えておきたい。戦時中から、米は配給制度であった。戦後もそれが続いたが、米の配給が極めて不足し、飢え死になる状態だった。国民はみんなヤミ米を買って命をつないだのだが、それは明確な法律違反であった。唯一人、判事の方が法は守らねばならぬと言ってヤミ米を口にせず栄養失調で死亡された例があったが、全員が違反している時にそのことで逮捕されたら、運が悪いだけである。あるいは、交通規則で40Km/Hのところで、50Kmで走っていて10kオーバーの速度違反で逮捕されたら、それは「運が悪かった」に過ぎない。全員が全員違反して走っているのが現状では、制限速度は目安にしか過ぎない。2003年まで生産現場に派遣を認めない方が、現状を無視したのか、派遣は悪とする教条主義だったかどちらかで、国に害を及ぼす無為であったと思っている。
 
 
 
遅れました (覚醒)
2007-06-26 23:17:28
Yokoyari さま

貴台のご質問に応えていませんでしたですね。言い訳はしませんが、お許しあれ。

乗数効果:勉強不足ですね。経済学のモデルは、国境がない(1国)、競合相手は1社、製品品目は1つと言う仮定で出来てます。複雑系は、それをベースにして増やしていけばよいという思想です。乗数効果は、国境を全部取り外して世界規模で見れば貴台の言うとおりでしょう。しかし、国境がある場合に、特定1国の中だけの経済を見るとき、外国と交易していない閉鎖系では乗数効果は成り立つのですが、開放系では成り立たないと言うのが通説です。当然ですね、最初の消費性向が80%としても、その大部分が中国に行ってしまったら日本国内で流通するお金は、極めて少ないため殆ど効果がないのです。加えて、特に当時は日本国内の生産設備に投資する状況ではありませんでしたから(過剰設備)、小渕さんの公共事業投資は、効果僅少と言われています。

北朝鮮とつるむ政治家に対する責任:自信を持って言えます。責任ありません。旧社会党に対しては、浅沼委員長の時代から、土井たか子委員長まで日本の敵だと思って行動していました。自民党の野中元幹事長についても、落とすことに協賛したことはあっても支持したことはありません。金丸信副総裁一派に対しても同様です。だから小沢代表は私にとって全く信用できない人です。

GDPの掲載されているURL
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/qe071-2/ritu-mcy0712.csv
上記の2006年は推定値であり、下記の方が07.06.11発表のものでこちらによった。
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/qe071-2/rnen.pdf
 
 
 
バーナンキの背理法 (yokoyari)
2007-06-27 00:18:44
覚醒殿 お返事有難うございます。
あら、そうでしたか。それは勉強不足でした。
でわ、もうこれからはインフレを心配せずに金を刷りまくって良いわけですね。
金すりまくって国民にばら撒いて中国産のものをバンバン買い捲りましょう。
みんな働かなくて良いわけですね。夢のような時代の到来だ!!中国万歳!!

>責任ありません
では、それにもかかわらず彼らに投票していた人たちが多数居るわけですが、彼らに対して何か行動は起こされていたのですか?

ところで、北朝鮮と関わったとされる政治家に対してどのようなお考えをおもちで?
ちょっとその辺の政治家に対する認識をお伺いしたいのですが.
 
 
 
そもそも論だが (作業員)
2007-06-27 12:07:54
ポンちゃんの倫理観って、北の問題を持ち出したり、国家間(の公正な)競争を語ったり、あるべき国家を語ったりできるのか? 戦場でみんなが強姦ばかりするから自分も強姦するわけか、さすが我が神軍兵士やなあ。食えない人間は何してもいいなら、米倉を襲えばいいわけやろ、三光作戦やがな。そういう自称神軍兵士やどこからみてもタコ社長の蛮行に比べれば、労働者が組合を作って闘争的に果実を得る、倫理的にすぎるぐらいの善行グッドウィルやないけ。そりゃ、偽装請負も偽装コロッケも、全員やっている、ことは確かやけどなあ。もはや、終わっとるのやろなあ、この国は。で、とりあえず自称前世が神武天皇のわしを中心に(はなりたくないから、傍観するが)国造りから始めないといけないので、一キロオーバーでも死刑は死刑と考える人は、鬼畜キヤノン御○所フジオ収監のために、野党へ一票を! で、ポンちゃんは、大丈夫なの?

ついでなので、善意の折口のところの200円訴訟だが。派遣先現場で重傷を負った労働者が、会社が善意に200円で入っているはずの保険を出せ、とせまると、労災で勘弁してくれ、と折口グッドウィルは答えたらしい。二点、疑問が残る。善意の任官拒否者折口が、200円をポッポに入れずに、仮に保険をかけていたとして、それは、どの保険会社のどういう保険なんだ? 神軍兵士になれなかった折口閣下総統、大きな声で言ってみなさい。労働者が現場の事故で負った傷害について、保険金が労働者に給付されるよう会社がかけ捨てる、そんな保険、あるのか? まあ、あるんやろう、なんせぎょうさん種類あるからなあ、保険は。しかーし、折口、おめーのとこが入ってたらしい保険って、派遣先でポンちゃんが花瓶割ったとか、車当てたとか、そんな事故に対して「会社におりる」保険じゃねーの? あの偽装コロッケ会社が頻繁に使ってたらしいやつやがな。いや、真相は知らんからなあ。善意の関係者、真相をここに書き込んでくれ。労災で勘弁してくれって、労災と200円保険の種類は、そもそも違うんでねーの、グッドウィルさんよ。
それからなあ、折口。労災、ほんとに使えるのか。ポンちゃんをどこに派遣しとったんや。大けがするような派遣先って、どこやねーん? 現場の労災なら、大元請けの労災使うのが普通でないのか。おまえのとこの労災使う必要、ないかもよ。いや、使ったら、まずいんでないか?
最後に、鬼畜○器製造各社の工作員各位へ。知り合いの本屋が、「朝日新書 偽装請負」があと11冊もあるので、そこのとこひとつよろしく、とのこと。
 
 
 
トリック (覚醒)
2007-06-27 17:21:11
「そもそも論」(と言うらしい)に書いた通りで、衰退期に必ずでてくる「憂さ晴らし」の特徴通りに、○員さんの話は、破壊的当たり散らしばかり。建設的な話は爪の垢ほどもなく、ひたすら「罵倒」。何か現状の突破を目指しているわけでなく、単なる「憂さ晴らし」だからそうなるのは当然だけど、飽きないで続くのは驚き。

詰らない話に付き合う積りは全くないのだが、話しのトリックだけは暴いておこう。

>戦場でみんなが強姦ばかりするから自分も強姦するわけか、さすが我が神軍兵士やなあ。

強姦はその行為そのものがインモラル。国民がそれを守ると餓死するような法律は、法律自体がインモラル。だから、その法律を破っても、大したことではない。この区別をわざと混同させて、守れば死ぬ人がでてくる法律を守らなかったことを、インモラルそのものの強姦と同一視させようという、うす汚い魂胆、さすが!○員でなくて、工作員。

喜べ!米国下院が「従軍慰安婦決議案」を大差で可決したらしいぞ。あんたの上層部にお祝いのメッセージでも送ると良いのでは。(まあ、言われるまでもないか、失礼)

Yokoyari さま

>もうこれからはインフレを心配せずに金を刷りまくって良いわけですね。

この飛躍が理解できません。たとえ乗数効果が無くても、流通している通貨量が無茶苦茶に増えたらインフレになるに決まってます。物と兌換性のない通貨を外国が受け取るはずもないです。

北朝鮮と関わった政治家に対してどう思うかとのご質問ですが、「嫌い」がお答えです。
 
 
 
もう一度、そもそも論 (作業員)
2007-06-27 18:50:35
確かに野党に勝ってほしいわけだから、山さんもわしも工作員かもしれんから、それはよかろう。せっかく振ってくれたので、暇つぶしに答えるが。タコ○器社長が守銭奴として日々法律を守らずに人間面することは、すでにそれ自体十分にいかんことだ、が、わしと山さんが言っているのは、○器の分際で、人間の集まりたる諮問会議にのこのこ出たり、組織自体が十分に卑しいからしかたないにしても、う○こ経団連の会長○器になって日本を勝手に代表なんかしてみたり、ましてや、2006年う○こマンオブザイヤーだからといって愛国心や武士道をいっちょまえに子供たちに語ったりしては、こらこらフジオそれは絶対にいかん、ちゅうことね、ポンちゃん。

今現在、例えば教員という労働者は、歌いたくもない歌を歌わなければ、即刻、職を失うわけよ。一応、それについては、法律に根拠がある、とされとるわけや。子供たちだってそう、破れ窓理論など持ち出されて、日々厳罰をくらっているわけ。タコ社長も、労働基準法等に違反すれば、即刻収監されればよいだけやろ。しばらく臭い飯食って出てきたら、いいんだよ、いーんだよ、過去のことは、と慈悲深き仏教徒なんだから、言うちゃるがな。まだ十年ぐらいは余命があるんやろ、ポンちゃんも。○器から人間へ。それが人間革命ちゅうもんやで、池田学会諸君もね。
ちなみに、塩崎は元黒ヘルの元過激派でしょうに。ポンちゃん的には、転向すればええだけでしょう。(わしは、いーんだよ過去のことは、とは言うものの、転向者には、わりに厳しいかも。)

さっき、工作機械が中国に馬鹿売れで絶好調の会社の役員と話すついでに、「会社は、存続のために法律を守らなくていい」というタコ社長擁護派が結構いると言ってみたところ、ポンちゃんにこう言ってくれ、ということなので、お伝えします。
三国人か!
ちなみにこの役員は、どっからでもかかってこい作業員、と言っておりまして、鬼畜キヤノンとは違って法規違反などせずとも十分稼いでまっせ、という御○所フジオにケツの穴のしわの間のう○こなめとらせてやりたいぐらいの無名の名経営者、でんな。
一点だけまじめに反論すれば、「御○所フジオを収監せよ!」という意見は、もっとも建設的な意見だとわしは信じておる。信じるものは救われちゃったりするかもよ。

一点が二点になったが。派遣会社を擁護したいポンちゃんは、奥谷が広告塔を務めているいるアムウェイのようなネットワークビジネスも擁護しますか? わしは擁護しません。身内が始めたら、止めさせます。それは、ネットワークビジネスが、合法でも、であります。わかるかなあ? 倫理っていうのは、合法でも、を考えることじゃないかに。わしの身内が偽装請負をしていたら、当然、首つって侍になれ、と言います。もちろん、二十分ほったらかしにしたりせずに、すぐに降ろして、人生をやりなおさせますが。首つって侍になるまえに、たとえ一時でもまっとうな経営者になってみなさい。○器のまま死んではいかんよ、タコ社長ども。

一点が三点になったが、慰安婦の話は、統一協会に祝電を送ればいいのか? 安倍か山谷、祝電の送り先、すまんが教えてくれ。四点目になっちゃうが、工作については、期日前投票で野党に票を集め、最後の一週間はダメもとで、池田学会婦人部松葉崩し作戦、われこそは加藤鷹という侍どもよ、頼むで、折伏合戦じゃー。
 
 
 
これで失礼するので一言 (作業員)
2007-06-27 19:28:54
>あるいは、交通規則で40Km/Hのところで、50Kmで走っていて10kオーバーの速度違反で逮捕されたら、それは「運が悪かった」に過ぎない。
>国民がそれを守ると餓死するような法律は、法律自体がインモラル。

中学生諸君へ。道交法は、「守ると餓死するような法律かどうか」、八百字で答えなさい。道交法がインモラルかどうかについても、考察を加えなさい。
 
 
 
作業どんの後ではあまり言うことが無いなあ (アベルフ・シンドラー)
2007-06-27 20:44:59
とはいえ我思うところの本日のキモ。

>「犯人探し」と「憂さ晴らし」は、往々にして結合する。大概は、自分の好まない人や集団に責任を擦り付け、罵倒しまくる形となる。

ほほう。
そういえばこんなことを言っている人がいました。
『全て中国が悪い(要約)』by酩酊(仮名)

> 守れば死ぬ人がでてくる法律を守らなかったことを、インモラルそのものの強姦と同一視させようという、うす汚い魂胆、さすが!○員でなくて、工作員。

 
 
 
続き (アベルフ・シンドラー)
2007-06-27 21:18:56
> 守れば死ぬ人がでてくる法律を守らなかったことを、インモラルそのものの強姦と同一視させようという、うす汚い魂胆、さすが!○員でなくて、工作員。

> 中学生諸君へ。道交法は、「守ると餓死するような法律かどうか」、八百字で答えなさい。道交法がインモラルかどうかについても、考察を加えなさい。

偽装請負に手を染めないと富士夫ちゃんは餓死するのか?んな亜保な(←作業員風)。よしんばそうだとしても、万民を食うや食わずの状態に置かねば生きていけないのだとしたら、サムライなら腹を切ります。
富士夫ちゃんは(文字通り)万民を(文字通り)食い物にしたわけで、つまるところ太ってるやつがさらに太るために、守ったところで飢え死にするわけでもない法律を違反したわけです。
それを戦中戦後の従えば確実に死ぬ配給制度と同一視させて『現人便○を批判するなら飢えて死ぬ覚悟はあるのか、いやむしろ飢えて死ね』と恫喝めいた詭弁を吐いて相手の良心を逆撫でし黙らせようとする手合いが平成も20年近くなろうというのにまだいたのですねえ。

美しきかな美しきかな。
 
 
 
再度介護に (moto金田浩)
2007-06-27 22:57:55
三番目の方について。

やっと、マスコミさんが介護の職員さんの
低賃金を取り上げてくださっています。
三番目の方のこれは反面功績かも。(笑)
本当にこの問題は政府もそして納税者も
真剣に考えていただきたいことと思います。
コマーシャルでも、流されています。
介護職の方が次々にでてくるおしゃれな
ものですが。
 
 
 
追加です。 (moto金田浩)
2007-06-27 23:08:30
介護保険がパンクするという大きな流れがあります。
介護保険の利用者が急激に増えています。
それにつれて当然介護保険の支払いも増えます。
介護保険は基本的には地方自治体ごとに設定されます。その自治体の中でそこに住む人が使った介護
料をそこに住む住人が介護保険料でまかなう
ということになっています。もちろん全部では
ありませんが。
従って、国・地方自治体とも介護保険料の値上げは
住民のこれ以上の負担増は避けたいとなり、一方では
介護保険の利用者は増える。介護料の圧縮となり
つまるところ介護職の賃金圧縮に繋がっています。
 
 
 
ということで (moto金田浩)
2007-06-27 23:14:41
レジンマに陥っています。
しかし、介護は今後ともますます必要になります。
結局、受益者負担の原則にとなりますが
お年寄りの方はわずかな年金・また息子や娘さん
も苦しい家計から多くは負担出来ません。
介護は受益者負担という原則が通りにくいのです。
やはり、なんとか多くの方々の理解のうえで
なんらかの公的援助すなはち税金で、、と。
 
 
 
エコノミックアニマルは遥かなり (覚醒)
2007-06-27 23:47:52
まだまだ賃金は下がる危険性がありますよと前投稿で申し上げましたが、昨日知ったのですが、こんな分野でも中国製のものが入ってきて大きな影響を与えているようです。

>中国など海外で安く作られた入れ歯の輸入を厚生労働省が認めているのは問題だとして、歯科技工士80人が22日、国を相手に8000万円の損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こす。診療報酬が低いため、歯科医が義歯類の作製代の大幅な値引きを求めてきたり、海外業者に委託したりしているため、廃業した技工士が増えているという。提訴するのは「訴訟を起こして歯科技工士を守る会」(東京)の脇本征男代表(64)ら全国の技工士たち。
http://www.asahi.com/national/update/0622/TKY200706210410.html

歯科技工士法では、義歯類を作れるのは歯科医と、国の免許を得た専門職の技工士だけ。違反者には刑罰があり、材料も指定されている。こういう国家試験で免許を持つ人達も廃業したり失業したりとなっていると報じている。

日本人に出来ることは、中国人にもできるのですから、この類のことは色んな分野で起こると知っておくべきでしょう。そういう意味では、今の日本経済は小春日和なのかも知れません。そして、開発なども中国は手がけてくるはずですし、日本が見つけた路をトレースするように進むのですから、スピードはかなり速いと思うべきです。

こういう状況からの脱却は、中国が悪いなどと疎外することでは決して達成できないと思います。(詰らない人が、私が「中国が悪い」と言っていると曲解して投稿していますが、文の意味すら理解出来ないようです。)また、「憂さ晴らし」に思い付きに喰いついて罵倒しても何も変わりません。(誰かを牢獄につなげば、本人の溜飲は下がるのでしょうが、日本は何一つ良くなるわけではありません)

我々一人一人が、明確な意思とファイティングスピリッツを持って、今までの金持ち良家のボンボンやお嬢ちゃんからの変身が必要となっている。我々は、1980年代のバブルの時代にそれらを忘れてきたのだ。ワーカーホリックと言われ、エコノミックアニマルとも呼ばれたが、今やその面影すらない、弱弱しい、政府にすがる、動物園で飼育された動物達の姿にそっくりだと思う。

そして、中国と同じ土俵で勝負していては、中国人の給料で暮らさねばならないのですから、異なる場所を見つけないと今の暮らしのレベルを維持することは無理であります。

それは、①開発・創造の分野、②個人資産の1500兆円の運用、③現在ある生産などの競争力維持向上、④国内の生産性の悪い分野の効率化、⑤新しい事業(具体的に何か分からない)だと思っている。
 
 
 
参考意見です (覚醒)
2007-06-28 00:17:02
moto金田浩 さま

真剣にお悩みの様子を伺い素人考えを書いてみます。しかし、

>お年寄りの方はわずかな年金・また息子や娘さん
も苦しい家計から多くは負担出来ません。

その方が負担しているのが税金ですから、其処からも多くは期待しては駄目ではないでしょうか。

原点に戻り、介護は家族がやるのを基本にすべきだと思います。家族がやる場合でも、ケアセンターにかかるより少ないですが、定額給付金が介護保険から出るようにすることも方策です。

日本人の考えは、上げ膳据え膳が親孝行と言うように、年寄りを動かさないのが善行と思っている節がありませんでしょうか。このやり方だと、寝た切り老人を作っているみたいだと言われています。自分でやる意思を持たせる工夫と、道具類の工夫は良くなされているのでしょうか。それにより、ケアの時間は少なくなるが、単価はアップできるかも知れない。

現在介護にかかってから亡くなる方は、6人に1人らしいですが、この比率を10人に1人だとか、20人に1人にする動きが少しありますが、もっと大々的にやるべきではないでしょうか。食習慣と運動などを継続することで大きく変わるとも聞きましたが、宣伝すべきですよね。(これはマスコミと厚労省の仕事でしょうが)これが成功すれば、介護単価を大きく上げれる。

この方は、保険料の値上げか外国人労働者への門戸開放と結論づけておられます。
http://www.nikkei.co.jp/neteye5/asakawa/index.html
 
 
 
国を貶める右翼・・・ (yokoyari)
2007-06-28 00:17:58
覚醒殿

>インフレになるにきまっています。
ご自分でお認めになりましたね。
インフレになるということは、使っても消えてなくならない、ということですよ。
開放系ではなく、閉鎖系。乗数効果あり。
みんながお金を使うことによってインフレになるんですから。需要超過ならインフレ、供給超過ならデフレ。それだけの話です。

私に言わせればそちらのほうがよほど論理の飛躍です。
乗数効果はない。お金は使ったら消えてなくなる。「でも」お金を使いまくるとインフレになる。ならお金は消えてなくならないことになる。なら乗数効果はあることになる。
これじゃせっかく執筆中の論文は通りませんが。

ところで、名目成長率2.2%上昇ってどこに載っていたのですかね?

「みんなが法律違反をしてるから良いんだと言う人も居る」と
ドイツ人に言ったら目を丸くしていました。
「日本は先進国じゃなかったのか!?」
いやぁ、久々に恥ずかしい思いをしました。
覚醒殿は日本を世界に誇れる法律違反の国にでもしたいのでしょうか。私は真っ平なのですが。


政治の話。
日本では長いこと左翼勢力が政権を握っていたわけですが、あなたは彼らに屈して大人しく奴隷になるでなく、
落選させるための行動をしていたというではないですか。
なのに、なぜ我々には「国を有難がれ」というような事をいうのか理解不能なのですが。

北朝鮮の拉致問題に関してご関心がおありのようなのでお伺いしたいのですが、
拉致問題において、貴殿の考える問題はどういうところでありましょう?
 
 
 
精神論でも何も解決しない (yokoyari)
2007-06-28 00:38:52
覚醒殿

>我々一人一人が~
長ったらしくかかれた文章を要約すれば
結局「頑張れ」という一言でしかないですね。

病気で苦しんでる人に「頑張れ」というなら、医者ではないですね。
単なる無責任な第三者でしかないです。

医者は、病人に対し的確に対処法を見極め、処方し一刻も早い回復をさせるのが仕事です。

経済学者も同じで、経済的な問題に対し、的確に対処法を見極め、処方し一刻も早い解決をするのが仕事です。

そういう意味であなたの発言は無責任な第三者を出ません。

御手洗については「彼を逮捕しても~」というのはじつはそうでもなく、経済財政諮問会議や経団連の影響力を考えればその影響力を大幅に削ぐことが出来るんで有益です。
国を滅ぼす政策提言しかしないから・・・あの人たちは


moto金田様
介護について、ですが。
やはりここは累進課税増税と法人税増税でまかなうべきでしょう。
いわゆる社会的責任を払ってもらうということで。
金はあるので心配は要りません。
 
 
 
Unknown (どんぐり)
2007-06-28 01:24:20
ポンちゃんの話とちょっとずれてるかなとおもったけど書いてみます。

入れ歯を作ってる人は大変ですね。安売りのピンポイント攻撃は痛いです。対策は、言い古されてるけど、彼らが新しい仕事を見つける支援をするんでしょうね。僕はせっかくだから大型トレーラーの免許みたいに、時間とお金がけっこうかかることにチャレンジできると、塞翁が馬って気がします。

「中国人と同じ仕事ならば給料で暮らす」というのは、前後の表現からムムッとしてしまいそうですが、おおむね合ってるように思います。ただし山崎さんから教えてもらったのですが「場所が違えば違う労働」だそうです。キーワードは「要素価格均等化定理」だったと思うので、もし気が向いたらしらべてください。ちなみに僕の仕事柄で思いつくのは、あくまで感覚ですが、中国の税制や銀行制度なんかも「違う労働」の要因になりそうです。資本の引き揚げに税金がかかるし、銀行の為替手数料は小心者ならおしっこをチビルほど高いです。まだまだ見えないインフラが整ってないという気がします。

中国もいずれは日本の給料と生活レベルに近づくのかなあ、と思ってます。彼らの生活ががんばって良くなったなら、ヒガまずにご同慶の至りと言ってあげればいいんじゃないかなあ。
 
 
 
人を食った話をいくつか (作業員)
2007-06-28 12:26:44
ポンちゃんの人を食った話に興味のある中学生は、「山崎、ほにゃららを撃て!」で有名な奥崎謙三主演の「ゆきゆきて神軍」か、武田泰淳原作三国連太郎主演の「ひかりごけ」でも鑑賞してみてください。遠藤周作の「深い河」は、凡作中の凡作なので、パスしてもいいでしょう。

ポンちゃんの言いぐさは、ザ・アールのアールはレイコのレでおなじみの奥谷そのものなので、もう一度奥谷という人間をおさらいしておきましょう。過労死は自己責任、労働法はいらない、労働基準監督署をなくせ、ネット難民も甘えです、で有名な、自身の派遣会社に三億引っ張ったやり手郵政役員で規制改革の女王兼財界芸者マルチ奥谷には、もうひとつ、口癖があります。
「あなたたちは、絶対に、パンピーにはなってはいけないのです」
で、あります。ポンちゃんのようにマルチな才能をお持ちのアゲアゲな人たちに対して奥谷は、派遣で「させろよ、な、させろよ、させてくれよ、たのむから一回だけ、おねがい、このとおり、戦場には慰安所が必要なんだ、俺たち神軍兵士には」と尻なでながら働くおねーちゃんや、ヘルメットのひものあとが日焼けで抜けてしまうザッツ郵便屋のような、汗水たらすだけの「パンピー」には、絶対になってはいけない、と言っているわけです。ある意味、うまくやれ、というスピリチュアルメッセージですね。アムウェイのビジネスモデルがよくできているかどうかの前に、奥谷の思想が卑しい、卑しすぎるのであります。卑しい人間の口からしか、出てこないひねりのない言葉の連発なのであります、奥谷語録って。でも、鑑賞者には、奥谷って、ス・テ・キ、よね。確かにパンピーではないわな、奥谷は、人食ってるよ。背中が光るのでないかに。

メモ夫人へ。
昨日、電通の犬田原の友人のあの会社、そう正月のたんびに住民票を移すことで有名な竹中センセが顧問をなさっているあのパソナで働くおねーちゃんが電話をかけてきて、こう言いました。
「最近、うちのタコ社長、なんかやらかしましたか?」
おねーちゃんによると、派遣先職場でパソナが話題になったそうです。「さすが君を派遣するパソナだなあ。パソナだけは、他のインチキ派遣会社とは違うのだなあ。すごいねえ、パソナの社長は」なんてことを言われて、むずがいーの、だったそうです。
メモ夫人、どうも、こないだの番組で、死相がでていたはずの南部は、ちゃっかり点を稼いだみたいです。
「作業も、パソナ!」
のくせにですよ。人の印象というのは、ほんと、わからないものですねえ。確かにあの日、電通の犬田原のツレの南部は、自分の会社は棚に上げて、日本のあるべき未来、について熱く語り続けていた、からこそ、わしのような顔相観の観察眼には、ポンやっているように見えたのですね。どうなんでしょう、やっぱり、「作業も、パソナ!」で、いーんでしょうかね。いーような気がしてきました。あと、アルバイトより安くこきつかえるから、「うちは、正社員を雇うぞ!」のくっだらない文言も日付入りで手帳に書いていたらしいワタミの社長も、いーのかもしれませんねえ。アゲアゲの時代、なのかもしれまへん。

週刊東洋経済さまへ。
「朝日新書 偽装請負」の書評読みました。東経さんが、過去に朝日同様、偽装請負を特集しておられたことには敬意を表します。が、あんたのとこ、鬼畜キヤノンの「人材活用」、トリプルA評価でしたよね。法律に違反しても、みんなが違反しているときは、トリプルAに評価でけるのでっか? 労働関係の法規は、強行法規でしょうに。ポン中の主観に左右されるものではないんだから、虚ろではない記者の目、しっかりしなさい。
にしても、こぎゃんどの雑誌も広告うったらば、百万部ぐらい鬼畜○器企業工作員に回収されてしまいまんがな。そないなことになったらば、御○所フジオがダブルトークと揶揄されたことに切れて引き上げた広告料、朝日は回収でけてまいまんがな。しかも、ジャーナリズムとしてのハクまでついてきまんがな。まったく、ヤクザな商売でんなあ、うらやましい。まるで、グリコ森永、キヤノン松下、でんがなまんがな。

山さんへ。
オーマイニュースはこれで開くことがなくなると思います。おつかれさんでした。媒体のバリューも、簡単な計算で出るものではないですね。例えば、朝芸は森巣博のコラムだけで、いわゆる「値打ち」があるように思います。ダイヤのFXの話も読みましたが、縁がないのでパスですね。
株にも縁がないのですが。山さんが、「手数料」について書いておられるのを読んでは、「ケツの穴の小さい男の、せっこい話やのう」と思っていました。が、こないだから読んでいた本の、「株式投資から得られる期待収益は0」のくだりを読み、さらに、手数料が胴元に入る説明が付してあるくだりを読み、さらに、証券会社の手張りのうま味まで読んで、ようやく納得できました。手数料って、数学的に問題なのですね。ポンちゃんのように精神力で張って、負け続けたので、今度は数学を勉強し直して、いろんな場に出かけてみたいと思いました。競馬はやらんけどね、広義のアニマルライツ派ですけんね、わしは。
 
 
 
しつこく政権交代を訴えてみるのこと (作業員)
2007-06-28 16:58:29
下請け大工の労災認めず 『労働者に該当しない』
2007年6月28日 東京夕刊ウェブ見出し(以下記事を参照した)
ゼネコンの下請け大工が、現場で事故を起こし、労災を申請したが、認められなかった。理由は。
『元請け業者の指揮監督下で仕事をしたとは認められず、労災保険が適用される労働者には当たらない(裁判長)』
からである。わしなんかは、判決自体に違和感はない。一人親方は自己責任だからだ、が、問題は別に山積みのまま、である。この大工は救済されなくて、本当にいいのか。あるいは、ある労働者が「一人親方」に偽装され、本来認定されるはずの労災が認められない、こともあるのではないか。
仮に、折口や平野が「派遣」した労働者が「一人親方」であるならば、判決のとおり、当然に労災は認められない。そもそも建設現場への労働者の派遣は、違法だ、からして「派遣」したのは、「一人親方」でしかありえない。故に、労災はおりない(実際はおりるけどね、理由は以下)。
『小法廷は、元請け業者からの指揮や命令、報酬支払いなどの実態について検討。(1)工法や作業手順は自分で選択できた(2)作業時間も自由(3)報酬は出来高払いで労務に対する対価ではなかった-などの事実を指摘し、「労働基準法上の労働者には該当しない」と結論』
(時給等で時間拘束され、現場上司の指揮命令等があれば、労働者に該当するから労災と認められる、ただし労働者の派遣は違法のまま、のはず。だから、インチキ土建屋はあくまで派遣会社ではなくインチキだけど土建屋で、例えば六次の下請けに入った形を主張するしかない、がインチキ土建屋の名前など下請け業者報告書には載せられない、かもなあ。だから、現場に「派遣」はされてはみたものの、元請けのバイトとして大怪我を負った、として、あんちゃんは、労災申請するしかないやろなあ)

このように、偽装請負の問題は、まだなにも解決していない。アコギな人貸しどもは、現場への人夫出しを完全に合法な形で行えるよう、法改正を準備している。方向としては、マクロで全労働者が実は一人親方化される中の、ミクロではなんでもありの派遣天国化ということになるか。

雇用申し入れが三年に伸びて、ポンちゃん崇拝するところの「法律は守るものではなく、自己都合で変えるものだ」が口癖の現人○器こと御○所フジオは、ただひたすら○所にこもって、嵐の過ぎるのを待っている、札束で尻ふくようなことだけは、しつつ。このブログも、スポンサーになったらどうや、フジオ。ちなみにフジオ、広告○器のおまえには悪いが、世界陸上は、勝手に、労働者の祭典にさせてもらうで。日の丸を見たら右翼労働者、赤い旗を見たら左翼労働者が、偽装請負と御○所フジオを告発するついでに陸上競技を楽しんでいると、妄想してください、読者のみなさんは。
ポンちゃんのようにいくらかでも覚醒してくれればいいのだが、昼間は眠くて眠くてしかたがないもうすぐ永眠する機械の柳沢と、頭にカニ味噌詰められた蝋人形安倍では、請負派遣等の法整備は絶対に無理ですので、「御○所ナニガシ!」で有名な民主の福耳枝野にでも、ちと脳味噌使う仕事、させてやってください。万国の陸上好きな労働者のため。
 
 
 
カンブリア宮殿 (yokoyari)
2007-06-28 18:38:21
村上氏は山崎様のレポートなどを読んで偽装請負のことは当然ご存知のはずですが
彼はこれについてどう思っているのでしょう?

カンブリア宮殿は村上氏が司会の経営者持ち上げ番組ですが、御手洗をゲストに呼んで(もちろん「すばらしい経営理念をお聞かせください」とか言って)
実際には「偽装請負の実態~キャノン工場で行われていること~」を放映し、村上氏と客席から容赦ない突っ込みが飛ぶ(あ、東証の社長も財界の最新号でコンプライアンスとか言ってたようなので彼も呼びましょう。)
とか出来ないものなのでしょうか。

あの番組は過去にベネッセ社長を持ち上げる内容を放映した翌日に愛人問題が週刊誌にすっぱ抜かれるという恥をさらしてしまったので、ここで名誉挽回しましょう、村上さん!!
 
 
 
そぎゃんこつより (作業員)
2007-06-28 18:55:15
>宮沢喜一元首相が死去

横槍氏。崇拝する?ケイン事案ミヤザーワ、死んでまったがな。
フーキルドケイン事案宮沢? ちゅう本を山さんに書いてもらうの、間に合わなんだなあ。なーんの感慨もないなあ、わし。大往生やろ。ケインズ本は読んでないし、英語がペラの東大出しか側に寄れなかったんやろ、ミヤザーワ。カンブリアは、栄子ちゃんが谷間見せてくれなかったら、見るバリューゼロやろう。
しっかし、ベネッセ、笑ったなあ、元赤ペン先生の冷泉氏もびっくりやろ。部下の嫁かあ。好きだなあ、みんな。部下がおらんから、わしには縁がないなあ。不謹慎極まりないなあ、とりあえず山さんも尊敬しているらしいケイン事案宮沢に手合わせとこう、合掌。
 
 
 
食われて飲み込まれる話 (覚醒)
2007-06-28 19:07:11
>民主党の工作員

あり得ないし、工作する動機がない。公然と活動している政党であり、選挙で政権をとる積りだからね。民主党の政権を作りたいと思っている人は、普通「支援者」と言うよ。

エロ話と幅広い話題で包んで何を言ってるかと言えば、「派遣の根絶」だよね。これが実現した時を考えると、日本企業の完全な負けと日本から生産系企業の全面的な国外移転でしょう。そう!それが目的だったのかと思い当たった訳。命令なのか、自発的かは知らないけれど、やはり某国の工作員でしょう。

スイス国発行の「民間防衛」と言うスイス国民に対する、外国からの侵入対策のマニュアルがありますが、工作員は味方のような顔をして煽るそうだ。あなたの言ってることを見ると、○器から人間へとかヒューマニスティクな事いってるけど、キヤノンを叩き追い出したら残された従業員がどうなるか全く言わないのは、同罪だからザマー見ろてところかな。

木村剛氏の「劣情社会主義」の言葉を見た時、あなたを思い浮かべた。世にはびこる嫉妬の劣情を煽って、その結果、日本企業が出て行けば、某国にすっきりと「飲み込まれる」、よくできた話です。

工作機が海外に売れまくって儲けに儲けてるお会社の経営者さんは、多分数年先には某国に会社を売り渡してるでしょう。いいお友達をお持ちのようで、良かったですね。


どんぐり さま

入れ歯作ってる人の転職の支援だけだったら余りに寂しい。それ以外に何か方策がないのかと言うのが書いてる目的なんです。日本にしかない素材や技術で、多少値段が高くても値打ちのあるものを作りましょうよという話です。(当事者でないから無責任に言ってるところがあるのですが、一般論としては故坂井泉水さんの歌の通り「負けないで」なんです。)

「要素価格均等化定理」は、私の言ってる通りのことが起こる理論だと理解しているのですが、「場所が違えば違う労働」と言う意味が分からないので、山崎さんが解説している場所を教えていただければ幸甚です。

私は決してヒガんでなんかいませんし、中国の人が豊かになるのも良いことと思いますが、それに反比例して日本が没落するのは悲しくて困ることだから、何とかしようぜと声を掛けている積りです。その一番のベースになるのは、一人一人が意識変革するところからではないかなと思っております。どんぐりさんのお話は、私の意図とずれているところなんてありません。
 
 
 
わしゃここでは、新社会党支持キャラやがな (作業員)
2007-06-28 19:23:13
特に矛盾なかろう。ま、左傾の経験はないし、生い立ちは山さんが「作品」と呼んでくれるもので過去にほぼ語っているから、新しいポンプ用意して、トリックではなくレトリックについて考えながら、鑑賞でもしれくれ。頭が冴えてたら、中学生向けに出題した解答、ポンちゃんも考えてみてください。道交法はインモラルか?
それから、民主党を支持すると票が減るのでやめてほしい勝谷が、YO!先生は中国のスパイだの工作員だのまきちらして、会社として辛抱たまらんのことになっとるからなあ、読売は。匿名右翼ジジイと一介の作業員の間ではかまわんが、わしのツレだからと言って自称リバタリアン山さんをスパイ扱いなどしたら、右翼の恥も恥、だから、それだけは止めてね、ポンちゃん。つうか、君、右翼ではないよな。奥谷亜種か、シオニストやろ。まあ、本日はこんなもんで、あとよろしく、横槍ちゃん。
 
 
 
mistral (工作員も、ものづくり)
2007-06-28 20:03:21

山崎さん、こんにちは。
山崎さんもすっかり非国民扱いで、おつかれさまです。
作業員さんは、私も「偽装作業員さん」だと思っており、実は「西町インターナショナル経由、アメリカの大学卒の、某芸能人の娘」ではないかと確信を抱いています。

私がこのブログを楽しみにしているのは、山崎さんから「物事を論じるポイント」を、作業員さんからは抱腹絶倒自己矛盾なニシニッポンの話芸に期待しているためで、別に工作員でもOKなんですけど。「芸のない目上の同胞」より、「芸のある工作員」が私は好きです。
ところで、覚醒さん、タレコミです。ここにも工作員がいますよ!
私も山崎さん、工作員さんの次に楽しみにしています。この方、職業柄、山崎さんより女性に人気がありそうでけしからんですよ。
是非コメント欄に居座って、このブログを煙たくしてください(笑)

http://blog.tatsuru.com/

ところで私は学生時代、京都で過ごしたのですが、
ここや奈良には古来、某国からの工作員がうじゃうじゃですよ。というようなことを、仏像や画を学びながら痛感しつつ、「どう落とし前をつけるか」の軌跡が京都の文物の蓄積なんだろうなあ、なんて思ったりしました。そんな私も工作員、なんでしょうか。
 
 
 
タイトルと名前が逆です (mistral)
2007-06-28 20:07:01
すみません、名前とタイトルを逆にしてました。
こんなだらしない者ばかりのニッポン、やはり没落中ですかね。
 
 
 
要素価格均等化定理 (山崎元)
2007-06-28 20:23:04
覚醒さま

要素価格均等化定理は、同じものを作っている労働(=「投入要素」の一つ)の価格(インフレ率を国が左右できる場合、相対価格ですが)が等しくなるということを含意しますから、貿易を通じて、日本の製造業の労働者の相当部分が中国の労働者と競争しているという貴台のご認識は、基本的に私が考えていることと同じです。

「場所が違えば、違う労働」とは、商品としての労働を厳密に比較した場合、場所が違えば(商品の移動コスト等が反映して)労賃に差が出てもおかしくない、という程度のことであり、製造業で重要なのは、要素価格均等化の圧力でしょう。

もっとも、たとえば、タオルの製造は中国で行うものと日本で行うものの均等化が強く働きやすいでしょうし、日本の床屋と中国の床屋は、仮に同じ技能とサービスでも、どこで床屋をやるかによって、相当程度違う価値で評価されうるでしょう。

「ものづくり」に拘って中国企業と全面競合した企業は大変でしょう。ただし、その「対策」は基本的に国単位で考える問題ではない(企業が独自に考えるべき問題だ)と私は思っています。
 
 
 
精神が起点 (覚醒)
2007-06-28 20:28:55
>長ったらしくかかれた文章を要約すれば、結局「頑張れ」という一言でしかないですね。

違うやろ。私が書いているのは、今の現象は誰かの失政や、誰かの悪意や、儲け主義で起こっているものではない。大きな目で見れば、世界の流れや。だから、特定個人を罵れば罵るだけ、本当の問題解決に気付かなくなる。事実は事実として受け入れて、どうその流れの中で皆で再生すべきか考えなければならない。その意識変革がまず必要だと言う話。頑張るのはその次のステップですよ。

>精神論では何も解決しない。

何にも分からん人やのう。物理とか化学などの自然科学は精神論では変わらんでしょう。しかし、経済とか政治とか人文科学に属する分野は精神で変わる点が多いのよ。医学と言う自然科学(偽薬効果と言うように精神が関与する部分も多分にありますがね)が主として支配する分野と経済のように人の精神が大きく関与する分野とを混ぜて論じるのは、タワケ(名古屋弁)の所作でしょう。

マックス・ヴェーバーによれば、資本主義が勃興するには、どんなに高い「技術」や膨大な「資金」、十分に発達した「商業」があっても駄目で(実証的に、それらを全て備えた国でも資本主義が起こっていないと言われている)欠かさざる条件として「資本主義の精神」を挙げている。それは、①目的合理的な精神、②労働そのものを目的とし、救済の手段として尊重する精神、③利子・利潤を倫理的に正当化する精神だと言う。(別の項目で上げた鈴木正三師の「4民日常」と似ています)

いま世を席巻している煽りに乗せられることは、これらの精神からの逸脱になるでしょう。働くのは楽にやろう、文句を言って金は多くせしめよう、沢山儲けている奴は悪いことをした奴やという前提で物事を見るとそう見えてしまい、正直に働くことが馬鹿馬鹿しくなるのではないでしょうか。日本人全体がそうなると、今たどっている衰退の速度を速め、10~20年先には悲惨なことになっています。そして、そうなると取り返しが極めて難しいことになるのではないでしょうか。

事実私たちの国が、終戦直後の灰の中から、奇跡のように世界第2位の経済大国に慣れたのは、いくつかの幸運があったとしても、上記の「資本主義の精神」は完備していたと、同時代を生きた人間として言えます。

ものの見方が方向を決めます。それが正しければ、後は頑張るだけでしょう。


Yokoyari さん 詰らない問いや話なのでお答えはやめときます。すんまへん。
 
 
 
ケーテーにYOUに、でしたっけ (mistral)
2007-06-28 20:51:03
私の友人に、某国出身ですが日本文化の創作活動で活躍している方がいます。私は日本人ですが、この方ほど日本文化に堪能ではありません。もしも震災が起きて「某国人が水道に毒を入れた」なんて噂が流れ、
「日本人ならくずし字が読めるはずだ。そうでなければ某国工作員だ」と判断されると、私は撲殺されてしまいますが、私の友人はどうなるのでしょう。名誉日本人の称号を与えてやってくれますか?
私の愛読書(没落中の「第2日本人」にふさわしく、これがマンガだったりします。すみません。)に「気分はもう戦争」という作品があります。
この中に「日本人だと言うなら教育勅語を唱えてみてくれんか?」なんてセリフがありまして、「第2日本人」としては、とてもツボにはまりました。

 覚醒さんのような意識の高い方に指弾されそうなので、うちの子には「生き延びる方便」として教育勅語を教えておこうと思います。

で、このエントリーの本題に戻ると、堀江氏も折口氏も、この「第2日本人」の範疇に入るなあ、ということで私は同類、同罪人、という捉え方をしていました。
 
 
 
ひどいちゃぶ台返しだなあ (アベルフ・シンドラー)
2007-06-28 22:23:35
>日本の地方が景気回復できなくて苦しんでいるのも、安い賃金で働く非正規雇用者が多く輩出したのも、

 全 て 中国に代表される国々が

自由圏に参加してきたからであって、商品を安く輸入できたり、日本から原材料・部品を買ってくれるからといって、日本国民は中国の経済発展の受益者だと私は全く思いませんね。

>こういう状況からの脱却は、中国が悪いなどと疎外することでは決して達成できないと思います。(詰らない人が、私が「中国が悪い」と言っていると曲解して投稿していますが、文の意味すら理解出来ないようです。)また、「憂さ晴らし」に思い付きに喰いついて罵倒しても何も変わりません。(誰かを牢獄につなげば、本人の溜飲は下がるのでしょうが、日本は何一つ良くなるわけではありません

安倍ユーゲント的に言葉についてつらつら考えるに、こういうのって、転向とか、さもなくば自打球とか言うのではなかったかと。一両日で主義の千変万化する
転向というのは流石に無理があるので、これは自打球でしょう。これは衆目の一致するところだと思うんですけど、多いですよ、自打球。

そこで思ったのですが、覚醒氏の中の人って、実は元ジャイアンツの後藤選手なんじゃないですか?ドラゴンズ系の選手かもしれないけど、自打球で有名な人って知らないのですよ。
シオニストとか中堅クラスの人材派遣会社経営者とかまたは工場の蛸社長とか、もう少しまともっぽい説はありましょうが、私は覚醒氏の中の人、後藤選手説を推します。後は似非工作員にして似非プロファイラーの作業員どんにバトンタッチ。
 
 
 
感謝です。 (moto金田浩)
2007-06-28 22:49:56
介護に関してコメントいただき感謝です。
いろいろと難しいことおおしですがなんとか
皆様の関心とご理解をいただきまたご支援
で良い方向へいくよう微力ながら努力を
していきたいと思います。
本当に有り難うございます。
引き続きよろしくご指導下さい。
 
 
 
ご冥福をお祈りします。 (yokoyari)
2007-06-29 00:53:16
戦後政治家では池田勇人氏が一番好きですね。次に小渕氏、宮沢氏は3番目かな。
宮沢喜一氏は経済に対する造詣は深かったんですが、調整型の政治家だったので実行力が乏しかったのが悔やまれるところです。
参院選前に亡くなるというのもなんだか象徴的だなとちょっと感慨に耽ったりしました。


覚醒殿。乗数効果はあるということで同意いただけたようで何よりです。

さて
>世界の流れや。
あらそうですか。では日本は北朝鮮に対して援助するということでよろしいのですね。
アメリカも支援を表明してますしね。北朝鮮への支援は「世界の流れ」ですし。頑張って支援してください。


>沢山儲けている奴は悪いことをした奴やという前提で~
では御手洗や折口は(堀江や村上は現在裁判にて係争中なので留保しておきましょう)明確に違法行為をしたので逮捕してOKということですね。

自分のことを棚に上げてこんな事をいう人が経団連の会長です。世界に対して恥ずかしい・・・
http://www.keidanren.or.jp/japanese/speech/kaiken/2007/0611.html


対処法としては前述されておりますが
>①開発・創造の分野、②個人資産の1500兆円の運用、③現在ある生産などの競争力維持向上、④国内の生産性の悪い分野の効率化、⑤新しい事業(具体的に何か分からない)

で、これに向けて「具体的に」どのような行動を取ればいいとお考えなのですか?
まさかこれが具体的とは言いますまい。それと、かかる年数をお教えください。
そのあいだどのくらいの年収で耐えればよいのですか?
もちろん年収200万は真っ平な覚醒殿ですから400万くらいは確保できる方策であるのですよね。

>正直に働くことが~
おや、年収200万で働くことには真っ平ごめんということで同意頂いていたと思うのですが。どちらなのですか?

>高度経済成長
あれにはちゃんとした理論的裏づけがあって実行されてるんですよね。まぁ当時は法人税と累進課税はとても高かった、と覚えておいてください。
 
 
 
明日からできる具体的国民行動 (mistral)
2007-06-29 09:27:03
とりあえず、松根油取りに行きましょうよ。
うちのおかんも行ったそうです。(行かされた、というのが正確な発言ですが。)航空燃料になります。
 
 
 
と、いうわけで。 (作業員)
2007-06-29 12:07:52
とりあえず、一言。京都には長く潜伏していました。
mistral様も、山さん好みの貧乳の人妻ということでしょうか。わかりました、京都におこしの際には、と、いうわけで。に宿を取りましょう。メモ夫人と、嘆きの壁女同士仲良くお泊まりください。観光はまず、銀閣寺の前の御手洗団子を、おごらせてください。えっ、違いますよ。御○所団子ではありまへって。うまいんですよ、まだ、やってれば、ですが。
内田樹は、バブルでしょう。読んでないのに、論評する工作員ですが、わしは。それからですね、わしの経験心理学によると、分裂したりポン打っている人でなければ、ハンドルと本人に明確な境界を作ることはできません。ですから、ハンドルの人格と生身の自分に大きな差をつくらないことが、精神衛生上、大切なことです。残念ながら、本年自己破産の可能性○割、身長も珍長も大したことのない、工作員と疑われることの多い、人妻にだけは何故かもてる知性と倫理観むき出しの作業員なのでありました、わしは(いやー、自画自賛も気持ちええもんでんな、ポンちゃん)。
京都で思い出しました。あの頃、下鴨神社のそばで遊んでいた京都の子供の口上です。

「いま なんじー」
「かんじ おれんじ ばんばんじーやー」
「ほんまかー ほんで さわだけんじはー」
「おちめやー」

洒落のきかないジジイを見るにつけ、日本が落ち目なのも、むべなるかな。むべなるかな。稚気よ、痴気よ、知己よ(開高風)。
 
 
 
memoま夫人がきっと趣味 (mistral)
2007-06-29 13:01:12
工作員さん、健在でなによりです。ハンドル名には仏のミサイル名をつけているとおり、memoま夫人に横恋慕する側です。
下鴨神社ですか。糺の森が懐かしいですが、神社というのは基本的に紅葉を愛でないそうです。紅葉が綺麗なところは「工作済」なのでは、とにらんでおります。
現在は儀式そのものの葵祭り、かつては牛の角に灯火を灯した勇壮な祭事だったとかで、これはきっと「未工作」なのでしょう。
某国工作員の関与が疑われる、十七条憲法を今こそ改正しましょう。
 
 
 
本土決戦でおもてなし (mistral)
2007-06-29 13:11:16
京都の宿ですが、先日、聖護院近くの和風のゲストハウスに泊まりました。オーナーの旦那様は、和服が似合う素敵な西洋人。オーナーさんはとても清楚なご夫人でした。ここに泊まる客の多くが某国系の若い女性で、年甲斐もなくときめきましたなあ。
私の職場周辺でも某国から消費にいらっしゃる若者が増えております。まことに初々しい。
作業員さん、共に本土決戦で華の方々にときめき、華奪われた富を取り返しましょう。没落してもときめいたもん勝ちですよね。
気難しい方も、国富のために、おもてなしの心を学ぶとよろしいえ。
 
 
 
プロファイル用資料1 (作業員)
2007-06-29 18:08:20
日本が世界の競合の中で生き残るために何をすべきなのかが、評論家先生の背骨ではないのでしょうか。出された問題の範囲で答えを書くのは、学校優等生だけで結構です。そういえば山崎氏は東大でしたね。このような思考方法が、科挙の制度の弊害でしょう。木村剛(東大経卒)氏のフィナンシャルジャパンを引用すれば、略。木村(東大経卒)氏は「『日本企業は、アジア企業のリーダーだ』などというのは全くの時代錯誤。略。
朝日新聞のごとく、『政府を弾劾するような記事』を書いてきた結果、せいぜい首相が靖国に参拝したら批難とか叱責が他国から来たり、従軍慰安婦謝罪をせよとUSAの議員から責められたり、自分たちの子孫の教科書に書く内容について他国の検閲を受けたりすることになっただけでしょう。すなわち、筋の悪い喧嘩を売ってるだけですよ(??)。『政府に楯突くのが進歩している人達の最低条件という考えはやめた方が良いのではないですか』。「政府は信用できない」とか「政治家に期待しない」とか賢しらにのたまう「賢き人々」に、裁判員(あなただけはならないでください 某ロースクールの貧乳学生談)制度のごとく一定期間政治をやってもらうのが一番でしょうね。かと言って、政府にゴマをすれと言ってるのではないですよ。安心な位置から「石」を投げる(ポンちゃん)だけでなく、『(スピリチュアルな)実行可能解を提案してみたらどうなんだろうと思ってる(一同絶句)』のです。
〉しかしなあ、教祖(山崎貧乳教)もどきのことをやるのは、嫌だしなあ・・・。
最低。木村剛(東大経卒)氏は、日本が偉いと思う場所から降りて、アジアに学んで我々の働きの付加価値が高く認められる形になるように頑張らないといけないと主張しておられます。木村剛(東大経卒)氏に関する議論は、失礼ながら貴方が彼に就いて勉強なさってからにさせてもらいます(苦笑 木村某)。
ファイナルアンサー (覚醒) 2007-06-14 23:04:42 あなたの質問は設定が正しくありません。どう思おうとも勝手ですが (覚醒) あなたのお考えは、純情だと引きこもりになるか、命を絶つことにさえなるかも知れませんし、そうでなければ毒食らうなら皿までと犯罪に手を染めるかも知れませんね。昔の社会主義や共産主義を信奉する人はそう教えてました。今もまだ、その色が残っている人は結構沢山、世に残留しています。(あなたは生徒でなく先生かも知れませんが、その時はこの投稿はお忘れ下さい(??))

グル (覚醒)
山崎(貧乳教教祖)氏がこのテーマを掲げた目的は何なのか勘ぐりたくなりますね。3人比較して何をしようと言うのだろう。家産官僚(私利私欲で動く官僚)ならやる行為だ。建物の強度偽装の時もそうだった。『官僚の責任を追及すべき民主党』は、国土交通省の責任は一度たりとも追及しなかった(大嘘 民主馬淵談)。検察も別件にて起訴してガス抜き終了だった。民主党にも手が回っていたのだろう(??)、官僚は極めてずる賢いのだ。このブログでも、誰かの音頭に合わせて「折口をギロチンに掛けろ!」と叫んでる民衆の方々よ、折口氏がギロチンにかかりガス抜き終了後、すべてスッキリした気分にならない方が良いですよ。その音頭を出してる奴(東大経卒山崎元)もグルかもしれないのだから。今日本に必要とされる堀江氏について言えば、16億円(?)の粉飾決算、しかも自社株の売買代金の売り上げ計上だから罪深いと世の評論家は言う。しかし、それを毎年やっていた訳でもなく、あれだけの捜査をして1年だけの粉飾決算だった。この程度の額の粉飾決算で強制捜査をするのが正当なら、なぜカネボウや日興コーディアル証券の捜査に入らないのだ。このような恣意的な官僚の人気取りの行為に異を唱えるのが山崎氏らの評論家の仕事ではないのか。
御手洗タイホも日興強制捜査も言及してますが (ぷっyokoyari)
そういう役割を棚に上げて、水に落ちた犬(○器)は叩けとばかりに、今も罵倒するのが日本の将来に資するのだろうか。マスコミお抱えの評論家の限界なのかも知れないが、背骨が権力の方向に曲がり、官僚の掌で踊る様は醜悪である。(この区別がつきません?)

個人的にはご両名とも不好なり (覚醒)
貧しい国の時代を知っているからです。1960年代に外国に行っても日本なんて見向きもしてくれませんでした(顔のせいでしょう アベルフ氏談)。密入国しようとしているのではないかと言わんばかりの尋問をされて(顔のせいですよ メモ夫人談)。今の日本人に対する扱いなんて天国です(それはあなたのおかげではありません 横槍氏談)。『金持ちの類に認められることも信用していただける重要な要素』です。加えて、今の日本は没落途上にあることです。今国内で発生している問題も、多くは『経済的な没落に起因する(精神で解決できる)問題』が殆ど。没落の原因は、例えば、『今の子供のやる気のなさや犯罪の多さのかなりの原因は家庭教育にあると思いますが、学校教育や政治(小泉改革)だと言う報道は多い』こと。昨年で9年連続自殺者3万人越えとなりました。少し前は、森永、金子、田岡、森田、らは小泉のせいだと公言してましたが、景気が明らかに回復しても『自殺者は減少しません』。大衆にとって耳障りの良い「政治が悪い、庶民は犠牲」の構図で、金を稼いでいるこいつら(東大経卒山崎元を含む?)こそ拝金主義というべき輩ではないでしょうか。村上氏については同様ではありません。金融は、これからの日本にとって極めて重要な分野だと思います。個人資産1500兆円の活用で、色んな益を得ることが出来るはずです。しかし今まで、金融市場で日本企業は負け続けですよ(欧米人がうらやましいか! 無名芸人談)。その原因は、金融市場での有能な人材は、製造業での優秀な人材とは異なる才能と性格を持っているせいだろうと思っています。そういう価値観の変革の嚆矢に村上氏が成ってくれればと思っていたのですが、大衆受けのみ狙った検察に遮断され、まあマスコミの受け狙いでのバッシングの凄いこと。これで価値観の変革に少なくとも5年は遅れをもたらしたでしょうね。たぶんその間に、『外国人ファンドに席捲されていることでしょう』。アホな話です。私は、検察は国賊行為をしたと思いますし、検察庁長官は責任をとるべきでしょう。資本主義の最重要である株式市場を、間違った見込み捜査で株主に大損を与えていながら、株式市場の人達が黙っていること自体がおかしいのです。なぜ金融庁や東証が黙っているかと言えば、官僚の仲間意識と恐怖からでしょう。評論家はそれに付き合うなと言っているのです。個人的には堀江氏も村上氏も好きではありません(お金が好きです アベルフ氏つっこみ)。面識は全くありませんが、私と肌合いが違うように思っておりました(??)。しかし、その才覚には強い興味を持っては降りましたが(憧れか!)。
 
 
 
プロファイル用資料2 (作業員)
2007-06-29 18:10:07
左半分の民主党の顔 (覚醒)
私は、どうしても『民主党に政権を担ってほしくないと思っている』。『日本を批難する』発言をする岡崎トミ子参議院議員とかがいる。昨年、小泉首相が靖国参拝を中国の外交カードにささないために種々の圧力に逆らって強行している時に、小沢民主党代表が訪中をして胡主席に叩頭外交をしている。また、党の公約として、沖縄に1国2制度で、3千万人のノービザで外国人の長期滞在を認めるとのことで、中国へ秋波を送っているようだ。かように写らない左の顔を画面に向けさせれば、お岩さんの左面のように醜く腫れてただれた顔(やっぱり顔のせいですか ミラちゃん談)が出てくるだろう。自民の政権が続くのは権益まみれが多く嫌だが、まだ化け物なる党がやるよりはましである。

陰謀に加担してるだけ? (覚醒)
木村剛(東大経卒)氏のHPからたどりついた 略。 折口氏の顔が気色悪いとか言ってた方々よ、わたしゃ、小沢代表の方がず~と気色悪いのだけど。彼の親分だった故金丸信氏の教えよろしく、多分手は汚れ放題だろうよ。あの野中広務氏が、悪魔と呼ぶんだからすごい。(話は別ですが、野中氏が議員だったら、総連に関する今回の騒動はなかったろうね。○員さん、巨悪を追ったら。【巨悪とはキヤノンと松下の偽装請負 朝日新書】)
山崎さん、もしマスコミ報道がベースなら、ジュリアナのおねえちゃんでなく、山崎さんがマスコミの論調に合わせて腰振って踊ってるだけなんだけど。話の筋がおかしいよ (覚醒) あなたの話し、論理矛盾してるのが分かりません。従業員からピンはねするのは、資本主義のメカニズムだとマルクスはのたまっている。(社会主義も1党独裁の人達がピンはねするんだけどね)ピンはねしていない会社があったら教えて下され。ピンはねするのを食い物にするというなら、会社は皆そう。他社より時給100円安かったそうだけど、それで食い物にしてると言えるのかしら。それも募集時からそう明示した上の話だから、騙したわけでもない。別に折口氏を持ち上げているわけでもないし、かばっている訳でもない(かばっている 天の声)。少しマスコミに登場する経済評論家なる人が言えば、声をそろえて唱和しているのが「みっともない」と思って、「本質を見ようぜ」と言ってるだけ。ご本人にも確たる情報ですかと聞くと、新聞情報で充分じゃないとのお答えのようだから、経済評論家のネームバリューからすると、「羊頭を掲げて狗肉を売る」類だねと思ってる。新聞以外にいろいろ情報をお持ちだと思うじゃない、我々下々は勝手にね。皆でご唱和していると、本質を忘れるます、まるで時宗のように(??)。昭和(唱和とかけた?)の戦争も、国民みんなが過激なことを叫びつつ開始したんです。軍という官僚は「悪いことしない」と思い込み(たのむから、自民党という権力が悪いことをしていることに気づいてほしい 読者投稿)、政財界の腐敗を糾弾すべしとご唱和している内に、軍の出世主義のやらかす事変の既成事実に引っ張られ、二進も三進も行かず開戦でした。またもや、諸悪の根源に官僚がある時代になりましたから、要注意です(偽装請負も要注意です 巨乳パソナのねーちゃん談)。
国民新党! 亀井静香議員の顔を見ただけで吐くよ(曾野三浦が匿っていたフジモリは? 同読者投稿)。05年の郵政選挙で小泉首相がぼろ勝ちしたのは、このおっさんと平沼赳夫議員が自民から放り出されたせいでしょう。利権まみれは、宗男さんと松岡さんあたりで終わりにしたいですね。まだ時間があるので考えようと思っとります。でも北朝鮮とつるんでる連中に入れるのは生理的に嘔吐するね。なにせ奴隷精神ですから・・ (覚醒) 失礼ながら、お勉強が不足しておられるようで、論理が分かりません(一同唱和 わたしもわかりません)。

>どうして過激なことを国民が言うようになったか考えたことはおありで?
当然。あなたは、なぜそうなったか勉強しておられます?政財界の腐敗を糾弾しはじめるのは、昭和の始め(には日本においては義務教育制度がすでに整っていましたが、女性には選挙権が与えられませんでした。男女共同参画に反対し、慰安婦はキーセン文化と宣う安倍ちゃんがキショイと思ったら、野党へ 工作員からのお知らせ)ですから、軍部はまだ力がないし、教育も軍国主義教育ではありません。国の状況は今と似てるところもありますなァ。勉強して皆様にお伝え下さい。
介護保険制度に関するご質問ですが、恐らく、親の介護を放り投げ、子供をキッチリと躾なかった我々も含めての世代の責任も大きいですね。(こういう切り口を出してくるのが、評論家だと思っているので、一歩下がって師の影を踏まずの精神でいるわけです。「へたれ」と言われればそうでしょうし、江戸時代の方かと問われれば、そう思っていただいて結構ですとお答えいたております、ハイ 以上ポンちゃん談)。さて、○員さんから私を任せたと言うことですから、頑張らなきゃ。しかし、○員さんの論理もメタメタ。奴隷諸君を救うお積りなのでしょうが、最低賃金を大きく上げたり、経営者を逮捕したりして会社を日本から追放しよう(追放するぞ! なじぇか世界陸上で、起て飢えたる者よ!)と言うのですから、『奴隷諸君の働き場』は一層無くなりますわな。私共、IQの低い者には、難しすぎるのかも知れませんです。
山崎(IQが高い ぷっ 工作員註)さま まず、ご指摘の「マスコミお抱えの評論家」と言う言い方は、私の言いたいことを正確に表現したことばではありませんでした。正しくは、「マスコミご愛顧の評論家」とすべきでありました。(時々、マスコミご追従・腰振り・・と言うかも知れませんがお許し下さい。)すみません。私の投稿は、マスコミによく登場する評論家を束ねて論評するような意図ではありません。森永卓郎(東大経卒)氏、金だけ貰って、厚顔無恥な経済予測を繰り返しています。まあ、芸能プロダクション所属だからタレントと思えばよいのかもしれませんが、蛙の面に小便の様を見ると不愉快です。そういう点では、山崎(東大経卒)さんは謙虚にモデルの適合性を振り返り、修正をされているのだろうと推しております(むずがいーーの 寛平ちゃん風に山さん談)。ただ、私は、JMMをこの2年間ぐらい読んでいて、『山崎さんの論評に毎回ではないとしても、違和感を感じたので(??)』このサイトを訪ねたのです。したがって、山崎さんの論を読まずに、意見を申しているのではありません。
>小泉・安倍政権 改革と称するものが不徹底だからであり、改革そのものに反対しているわけではありません。
この論法、よく見かけます。例えば道路公団改革で、桜井よしこ氏は全く同じ論法で猪瀬直樹氏を罵倒していた。本当に改革を望んでいるなら、改革に反対している守旧派を批難すべきなのだが、猪木(猪首)氏を、小泉首相を批難するのである。『古賀誠議員』を批難するのを聞いたことがない。あれだけ、後退しても内閣と一部自民だけが賛成で、異論100%の選挙までしてやっと通せたのが現在の法案である。例えば学園封鎖で、デモ隊がバリケードを張っていて教授陣が無勢で入れないとしよう。山崎さんは教授たちは5時間経過しても学校の仕事に着かないから、怠慢であり支持しないのだと言ってるようなものだけど、私は、バリケード(のせいで東大を受けられなかった竹中あわれ 工作員註)張ってる学生に言わない、あるいは言えない、誤魔化しを述べてるだけだと思う。こういう類は多い(??)のだ。
>威張った文末を書いている割りに、余りに「へたれ」ではありますまいか。
嘔吐するのは、北朝鮮とつるむ連中の汚さに対する感情の表現、威張っているわけでない。「下々」と言うのは良い情報(インテリジェンス)を沢山持っている方に話を伺う時の尊敬の念を示す表現(??)、へりくだりではない。「へたれ」であることは甘受いたします。
私の時代認識 (覚醒)
東西冷戦が終焉し、東側に属していた人々が資本主義市場に包含されることになった。いま、東欧圏も中国も種々の問題は抱えつつも豊かになり得たのはグローバリゼーションと言う『新規参入者も加われる拡大貿易時代』のお陰。日本がグローバリゼーションを拒否することは可能であろうが、もし拒否した時には、日本産の商品にペナルティとして重い関税が掛けられ(??)、売れなくなるだろう。そうなった時には、恐らく有力な日本企業は国籍を移すに違いない(遅)。その結果、日本はまっ逆さまの恐慌に近い不況になるのではなかろうか。経済学者も評論家も、9億の豊かな平和に経済活動している国に、18億の貧しい人達が新規加入した大変革について何も語らない。これが何をもたらしているのかも語らない。その新規加入で一番大きな影響を受けたのが日本だと思う。それは、不幸にして(??)日本が世界の工場だったからだ。そして、顧客を奪われて稼げない状態の国を、単なる不況と診断して公共事業に金を突っ込めば回復すると信じて大判振る舞いをしたのが、90年代の後半であった。経済学者も評論家もばら撒けば景気回復すると主張していた人は多い。しかし、結果は明白で、殆ど効果を現さなかった(??)。経済の構造が変わっていたのである。
 
 
 
プロファイル用資料3 (作業員)
2007-06-29 18:14:44
「欧米か!」 (覚醒)
バブル崩壊後の不景気を、循環的な不景気と間違った診断をした1990年代の状況を見ると。日本に、新参の安さを売り物にする中国が、攻撃を仕掛けた図に見える。顧客が離れていった日本の企業群は、値段を安くする対応策をとらざるを得なかった。まず縮小均衡をやり、希望退職や肩叩きで余剰人員を削減し、固定費の削減をやった。『中国との競争で負ける根本は、日本の人件費の高さ(だけ)』でありますから、国内生産では、安い労賃で働く労働者の確保に向かった訳です。
偽装請負と言われるものは、90年代末以前では生産現場で『派遣労働者が認められず、また請負では、委託側が請負側の作業者に仕事の指導が許されていない』ことから発生した形態(早稲田法出の鬼畜キヤノン広報責任者の説明は違います 工作員註)で、私が知っているだけでも(告発しろや! 横槍ぷすっ)、殆どの生産工場では広く類似のことが行なわれていたが、『表面化した数社は言ってみれば運の悪かった』ことに尽きる。中国との競争が起こっており、『結果として』日本の労賃のダウンが発生した。また、正社員と非正規社員の給料の差は、正社員の既得権保護から発生していることで、本来正社員も賃下げを受け入れないと競争にならなかったはずだが、非正規社員の給与がその分低いものとなった(搾取か! 御○所! 万国の労働者叫ぶ)。そして、正社員には成果主義賃金制度の導入がなされた(成果暮れ ネカフェ難民談)。
今、日本人に出来たことは中国人にもやれると言うことが実証されているだけとも言える。こういう鳥瞰的な視点からすると、いままでの考え方を変えねばならないのに、例えばJMMで、「最低賃金1000円は現実的か」の問いに対して、国内の事例の検討だけとか、欧米の最低賃金の事例とかを引き合いに出して論じておられる。最低賃金が対象になる方は、中国やベトナムなどの労働者が競争相手のはずであり、その動向や比較を論じることなく日本の最低賃金が現実的かどうか言える筈がないのに、今まで通りの論理構成で論じるのである。読んでいて、「欧米か!」と本当に言ってやりたい気になった。こんな評論家(我らが山さん?)はいらない。
 
 
 
つまらないプロファイル資料は以上 各自前世でも占え (作業員)
2007-06-29 18:18:45
劣情社会主義が理想なのか (覚醒)痴情社会主義もええなあ(作業員)
栄華を極めた集団(極めてねーよ 下々のため息)が没落し始めた時の、典型的な行動パターンは、3つある。1つは、自分だけは何とか今迄の既得権を守ろうとする動きと、もう1つは、犯人探しである。最後は憂さ晴らしだ。既得権の維持は、どの国でもあるが、日本はこの引き剥がしが外圧なしでは出来ない国である。ゴーン氏が会社の倒産を防いで多数の人の解雇を避けたのに、「非情」と言うレッテルを貼る人達が沢山いる。こういう批難を恐れて、変革の矛先を鈍らすのが日本人であり(あんたは三国人 某工作機械社長)、外圧があれば日本人リーダーでも出来るのは責任転嫁が出来れば動く無責任さ以外のなにものでもない。「犯人探し」と「憂さ晴らし」は、往々にして結合する。大概は、自分の好まない人や集団(ポン中がよく言うチャソとかチョソって人たちか? 某医者談)に責任を擦り付け、罵倒しまくる形となる。このコメント欄での派遣業叩きも『それ』だろう。なぜなら、『派遣業の勃興は、結果であって原因ではない』ことは、日本の世界における経済的な地位の衰退の理由を見れば分かることである。もし、派遣業を絶対に認めない状態であれば、『中国製製品との国際的な競争に敗れる』ので、日本企業は日本から駆逐されていたであろう(??)。いまの「格差」論も前述のように、正社員の給与を下げ、非正規社員を増給せよとの主張もない(寝言)。マスコミを始めとして国民皆が、右肩上がり経済時代の考え方の習性で、低いほうの給与を上げて問題解決をすべきと本能的に思っている、そのような解決方法は実現可能なものではあるまい(願望か!)、今は、一部の者達がマイナスを受け入れるような説得(御○所!役員報酬三億返せ!)が重要になった時代である。それが衰退の時代の特徴である。
私たちの子供の時代は、刻苦精励して、人格を磨いて(磨いてないがね 天の声)そのような地位を獲得できる人間になれと教えられた。(違法行為をしても)自らの努力で自分を上に持ち上げよとの(卑しい)考えである。しかし、今はその差は嫉妬の対象でしかない(あんたの嫉妬の対象やろキッショー 山さんの妹談)。上にいるものを引き摺り下ろせと言う思想であろう(下々のくせに何いうか 下々談)。マスコミのコメンテータも全てこれである。木村剛(東大経卒)氏が、「劣情社会主義」に向かうのかと嘆くのは誠に正しい。
さて、前投稿で「不運」となぜ言ったかだけ付け加えておきたい。米は配給制度であった。国民はみんなヤミ米を買って命をつないだのだが、それは明確な法律違反であった。唯一人、判事の方が法は守らねばならぬと言ってヤミ米を口にせず栄養失調で死亡された例(事実と違うという主張あり 工作員註)があったが、全員が違反している時にそのことで逮捕されたら、運が悪いだけである。あるいは、速度違反で逮捕されたら、それは「運が悪かった」に過ぎない。全員が全員違反して走っているのが現状では、制限速度は目安にしか過ぎない。2003年まで生産現場に派遣を認めない方が、現状を無視したのか、派遣は悪とする教条主義だったかどちらかで、国に害を及ぼす無為であった(フジオがとっとと自己都合で法律を変えないのが悪いってか ある偽装請負監督談)と思っている。
(覚醒) 乗数効果:勉強不足ですね(←どうやら横槍氏への言葉 工作員註)。北朝鮮とつるむ政治家に対する責任:自信を持って言えます。責任ありません(安倍はつるんでるけどね 本物の工作員談)。旧社会党に対しては、浅沼委員長の時代から、土井たか子委員長まで日本の敵だと思って『行動していました』。野中元幹事長についても、落とすことに協賛したことはあっても支持したことはありません。金丸信副総裁一派に対しても同様です。だから小沢代表は私にとって全く信用できない人です。

トリック (覚醒)
衰退期に必ずでてくる「憂さ晴らし」の特徴通りに、○員さんの話は、破壊的当たり散らしばかり。建設的な話は爪の垢ほどもなく、ひたすら「罵倒」。何か現状の突破を目指しているわけでなく、単なる「憂さ晴らし」だからそうなるのは当然だけど、飽きないで続くのは驚き。詰らない話に付き合う積りは全くないのだが、話しのトリックだけは暴いておこう。
>戦場でみんなが強姦ばかりするから自分も強姦するわけか
強姦はその行為そのものがインモラル。『国民がそれを守ると餓死するような法律』は、法律自体がインモラル(道交法はインモラルですか? 労働基準法等とどちらが、よりインモラルですか? 三回目)。だから、その『法律を破っても、大したことではない』。この『区別』をわざと『混同』させて、守れば死ぬ人がでてくる法律を守らなかったことを、インモラルそのものの強姦と同一視させようという、うす汚い魂胆、さすが!○員でなくて、工作員。喜べ!米国下院が「従軍慰安婦決議案」を大差で可決したらしいぞ。あんたの上層部にお祝いのメッセージでも送ると良いのでは。(まあ、言われるまでもないか、失礼 以上ポンちゃん談 安倍・山谷事務所へ 統一協会へ祝電を打つにはどうすればいいですか?)Yokoyariさま 北朝鮮と関わった政治家に対してどう思うかとのご質問ですが、「嫌い」がお答えです。

エコノミックアニマルは遥かなり (覚醒)
日本人に出来ることは、中国人にもできるのですから、こういう状況からの脱却は、『中国が悪いなどと疎外することでは決して達成できない』と思います。(詰まらないアベルフ氏が、私が「中国が悪い」と言っていると曲解して投稿していますが、『文の意味すら理解出来ない』ようです。以上ポンちゃん談)また、「憂さ晴らし」に思い付きに喰いついて罵倒しても何も変わりません。(御○所フジオを牢獄につなげば、本人の溜飲は下がるのでしょうが、日本は何一つ良くなるわけではありません)我々一人一人が、明確な意思とファイティングスピリッツを持って、今までの金持ち良家のボンボンやお嬢ちゃんからの『変身が必要となっている (○器から人間へ!)』。我々は、バブル時代にそれらを忘れてきたのだ。ワーカーホリックと言われ、エコノミックアニマルとも呼ばれたが、今やその面影すらない、弱弱しい、政府(日本会議池田学会統一連合)にすがる、動物園で飼育された動物達の姿にそっくりだと思う。そして、中国と同じ土俵で勝負していては、中国人の給料で暮らさねばならないのですから、異なる場所を見つけないと今の暮らしのレベルを維持することは無理であります。それは、①開発・創造の分野、②個人資産の1500兆円の運用、③現在ある生産などの競争力維持向上、④国内の生産性の悪い分野の効率化、⑤新しい事業(具体的に何か分からない へたれ談)だと思っている。
参考意見です (覚醒) 原点に戻り、『介護は家族がやる』のを基本にすべきだと思います。食われて飲み込まれる話 (覚醒)

>民主党の工作員 (因果関係のないのをあるかのごとく言うのは、「デマゴーグ」の手なんですがいわゆる作業員談)。
あり得ないし、工作する動機がない。公然と活動している政党であり、選挙で政権をとる積りだからね。民主党の政権を作りたいと思っている人は、普通「支援者」と言うよ。エロ話と幅広い話題で包んで何を言ってるかと言えば、「派遣の根絶」だよね。これが実現した時を考えると、日本企業の完全な負けと日本から生産系企業の全面的な国外移転でしょう。そう!それが目的だったのかと思い当たった訳。命令なのか、自発的かは知らないけれど、やはり某国の工作員でしょう。工作員は味方のような顔をして煽るそうだ。あなたの言ってることを見ると、○器から人間へとかヒューマニスティクな事いってるけど、キヤノンを叩き追い出したら残された従業員がどうなるか全く言わないのは、同罪だからザマー見ろてところかな。
木村剛(東大経卒)氏の「劣情社会主義」の言葉を見た時、あなたを思い浮かべた。世にはびこる嫉妬の劣情を煽って、その結果、日本企業が出て行けば、某国にすっきりと「飲み込まれる」、よくできた話です。工作機が海外に売れまくって儲けに儲けてるお会社の経営者さんは、多分数年先には某国に会社を売り渡してるでしょう。いいお友達をお持ちのようで、良かったですね。
入れ歯作ってる人の転職の支援だけだったら余りに寂しい。それ以外に何か方策がないのかと言うのが書いてる目的なんです。日本にしかない素材や技術で、多少値段が高くても値打ちのあるものを作りましょうよという話(大野君はつくってますよ キヤノン正社員談)です。当事者でないから無責任に言ってるところがあるのですが、一般論としては故坂井泉水さんの歌の通り「負けないで」なんです(がんばらない 某医者談)。私は決してヒガんでなんかいません(??)し、中国の人が豊かになるのも良いことと思いますが、それに反比例して日本が没落するのは悲しく(大嘘)て困ることだから、何とかしようぜと声を掛けている積りです。その一番のベースになるのは、一人一人が意識変革するところからではないかなと思っております(スピリチュアルですね 江原談)。精神が起点 (覚醒)

>結局「頑張れ」という一言でしかないですね。 
違うやろ。今の現象は、世界の流れや。だから、特定個人を罵れば罵るだけ、本当の問題解決に気付かなくなる。意識変革がまず必要だと言う話。頑張るのはその次のステップですよ。
>精神論では何も解決しない。
何にも分からん人やのう。経済とか政治とか人文科学に属する分野は『精神で変わる』点が多いのよ。医学と言う自然科学が主として支配する分野と経済のように人の精神が大きく関与する分野とを混ぜて論じるのは、タワケ(クソタワケの名古屋弁)の所作でしょう。ヴェーバーによれば(私にも一言言わせてください 現東大教授カンサンジュン)、資本主義が勃興するには、欠かさざる条件として「資本主義の精神(鈴木正三師の「4民日常」)」を挙げている(万国の労働者笑)。いま世を席巻している煽りに乗せられることは、これらの精神(鈴木正三師の「4民日常」)からの逸脱になるでしょう。働くのは楽にやろう、文句を言って金は多くせしめよう、沢山儲けている奴は悪いことをした奴やという前提で物事を見るとそう見えてしまい、正直に働くことが馬鹿馬鹿しくなるのではないでしょうか(それはタコ経営者が法律を守らないからです キヤノン大野君談)。事実私たちの国が、終戦直後の灰の中から、奇跡のように世界第2位の経済大国に慣れたのは、いくつかの幸運があったとしても、上記の「資本主義の精神(鈴木正三師の「4民日常」)」は完備していたと、同時代を生きた人間として言えます。ものの見方が方向を決めます。それが正しければ、後は頑張る(???)だけでしょう。
Yokoyari さん 詰らない問いや話なのでお答えはやめときます。すんまへん。
 
 
 
大事なこと忘れとった (作業員)
2007-06-29 18:26:14
資料は、フィクションです、名前の挙がった人、許してちょ! プロファイルの結果だけ報告して、潜伏します。

屋山太郎本人、ないしは、ピーエッッチピー読み過ぎ、ハンケチ王子ブームの前に木村剛に融資を断られハンケチ工場を閉めた死国のタコ社長。書き込みの理由は、木村剛に苦笑させるため。
 
 
 
ようお気張りで! (覚醒)
2007-06-29 19:35:10
ご苦労はんどしたなァ。えろう手間掛けて、みな見やすいように組みなおしてくれはって、おおきにどすェ、亡国の工作員はん。ちょっとだけ、小枝か葉っぱに「てんご」してはりましたけど、人生幸朗・生恵幸子はんらの「ぼやき漫才」思い出しましたがな。「りんごの気持ちは良く分かる?なんでりんごの気持ちがわかるんや!責任者出て来い!!」というふるいやつですゎ。旧い話ですんまへんなぁ、なんせ人間が古おして。ところで、話の筋は、なーんも変わってまへんけど、ホンマそれでよかったんでっしゃろか。それで「工作」になってますの?なってへんかったら某国のお上のひとさんからえろう叱られまへん?わたし、それが気になって気になって・・まあ、この町から元気がなくなるまで、精一杯お気張りやっしゃ。
 
 
 
劣情社会主義? ピッタリですね ()
2007-06-29 19:40:40
堀江、折口、村上、成り上がりの成功者が、因縁のような罪で巨悪呼ばわりされよってたかって引きずり降ろされるのを見て喜び、愚かな群集が「もっとやったれ!」と叫ぶ。
劣情社会主義ね~まさにピッタリな表現(笑)

マスコミを牛耳ればなんでもできる。
馬鹿な大衆などいくらでも煽動できる。
誰かが裏で笑っているような気がしてなりませんね。


 
 
 
それだけは聞いたことがなく (mistral)
2007-06-29 20:00:00
京都に4年間いましたが、「おおきにどすエ」なんて、聞いたことなかったですね。
ちょっと違うんです。
火曜サスペンス劇場ではよく耳にしますが。

「ホリエモンin尾道」
「折口さんin介護」
「現・一澤帆布の社長さんinものづくり」
に似た、これまでで最大の違和感です。

 
 
 
Unknown (hiro)
2007-06-29 21:08:37
作業員さま

ちょっとひどいんじゃないですか。
とても、読む気になれません。

あなたのブログではありません。
ご自身のブログを開設し、そこでご自身の主張を開陳
されるべきではないでしょうか。

もちろん、ここは山崎さんのブログですから、
山崎さんが容認されるなら、それに従い、そして上記は撤回いたします。
 
 
 
いけずやわー (覚醒)
2007-06-29 22:16:05
Mistral さま、おじゃまします。そないな使い方、あらしまへんどしたやろかぁ。私のおばーさん、中京区の円町紙屋川上がるの辺りに住んではって、そう言うてはった記憶がありますのやぁ。でもー、なんせ何十年もまえのことでっさかい、まちごぉてるかもしれませんなぁ。まあ、言葉は時代とともに変わりますよってに、今の時代にはのうなってるのやも知れませんなぁ。まあー大目に見ておくれやす。一澤帆布のお兄さんと同じ違和感やなんて、かなんヮー。私も信三郎帆布さん応援してますのにー。

それから、内田樹さんが工作員やいう告げ口おおきに、よー考えてみます。
 
 
 
創造を支える価値観に! (覚醒)
2007-06-30 00:19:23
まず、創造的な仕事が盛んになることに関して考えていることを述べたい。

漫画の世界は、著名な高年収の漫画家とひたすら労働する低賃金のアシスタントで成り立っているらしい。アシスタントは、月収14~5万取れればよい方だとも言われている一方著名な漫画家は版権があるので、年収数億円だと言われている。アシスタントは、普通、健康保険や失業保険等の社会保険とも無縁かも知れない。野球の世界ももっと明確な差がある。松坂投手は、年収11億、四国リーグの支配下選手は年収200万円。なんと、550倍の格差である。

しかし、この格差を批難する声はきいたことがない、「金満投手松坂」などと言う週刊誌の扇情的見出しを見たこともないが、なぜなんだろう。それは、そう言うものだと思っい込まされているのかもしれないし、作品の売れ行きを決めるのは個人である漫画家の力であって、作画するアシスタントには売れ行きを決める部分が少ないと言うことに皆が同意しているのかもしれない。そして、恐らくアシスタントのなり手は数多いるが、売れる作品を描ける漫画家はそうそういないことも関係しているだろう。

私は創造という作業は、偏に個人のなせる業であり、孤独に耐えて周囲の白眼視を突破することで成し遂げられるものだと、自分の経験からもそう思っている。とにかく、周囲が「そうだ」と双手を上げて賛成するものは、創造ではなく人々に知れ渡っていることなのだから、設計だろうし、ちょっとした人なら誰でもできる。真に新しいものを考え付き、それをやりたいと言った時の周りの反応は、「売れない」「売れるはずがない」「成功しない」「理論的に成り立ち得ないことを証明してやる」「お前はほら吹きだ」「頭が悪いと思っていたが、其処まで悪いとは思ってなかった」等などの罵詈雑言の類である。

この周囲の反対に耐えて、成功の確約など全くない、自ら信じる方法で日々の仕事に突き進むエネルギーは一体どこから出るのだろうか。それは、成功時の報酬(金銭や賞賛)の魅力以外にあるはずがない。それは、極貧の中で必ず売れると信じて作品を作っている漫画家の卵(アシスタント達)と全く同じだとおもう。

青色ダイオードという世界的な発明をした中村修二氏が、開発成功時の日亜化学からの発明報奨金は2万円であった。彼は、米国の研究者から、スレーブ(奴隷)なかむらと言われていたらしい。その彼が、日亜化学から訴えられて、逆に自分の寄与分をよこせと反訴した東京地裁の判決は、報奨金200億円であったが、この時の新聞報道のコメント欄に伊藤忠会長の丹羽氏(間違っていたらごめんなさい)が、皆も参加して出来たのだから200億などとんでもないと言っていた。私は、この人はこれからの開発競争の時代に邪魔になる人だと思った。地裁の裁判官は、日亜化学は青色ダイオードで600億余得ているので、中村氏が200億しか要求しなかったから、200億にしたと述べた。しかし、高裁では1/10以下に抑えられ、結局8億余で和解となっている。中村氏はこの国の裁判は腐っているとコメントしたが、この分野については私は激しく同意する。また、あるTVで、ノーベル賞候補として中村氏を追いかけていたが、お金に執着する中村氏と紹介していた。これも劣情そのものなのである。なんと卑しいマスコミ根性であることよ。

この国が、創造に活路を見出したいのなら、まず格差を是としなくてはならない。青色ダイオードのような画期的な創造は、個性の強い、ひよっとしたら嫌な性格の人(中村氏は決してそうでない感じがした)でないと不可能なものだと思う。だから、成功すると自家用ジェット機を買うかも知れないし、アイドルと合コンしまくるかも知れない。それらを含めて、悔しければ批難するのでなく、開発や創造をやる力をもつようにすることである。そう言う開発者一人を日本が持つことができれば、数十万人が豊かな生活を継続できるのである。

今のような平等々々の声を聞きながら、私は馬鹿馬鹿しくて仕方がない。なぜなら、そう言う社会は、開発などしない、皆がコンベアの前に立って組み立て作業をする社会なのだ。いつまで、高度成長期の成功した価値観にしがみつくのであろうか。(この辺りは、山崎さんのご指摘と同意見だと思います)。今のワーキングプアーに、最低限の生活の助けは必要だと思うが、それはスキルの習得などの期間の援助と働く場所を作り出す政策ではなかろうか。NHKなどの取り上げを見ていると、中学生の子供が新聞配達さえせずに、母親の生活が苦しい苦しいという報道に、豊かな国に育ったボンボン・ディレクターの貧困と言うものの標準の取り方にきわめて強い違和感を感じている。

そして、類似のことが(創造と同じとは言わないが、失敗すれば無一文になるのでから更に厳しいかも知れない)起業する人とサラリーマンとの間にあってもおかしくない。起業する人は、雇われる人の給料の何倍かを得て不思議はないのである。この差を、不道徳の使い方と絡めて煽るマスコミを見ると、自らの国を衰退させる元凶がここにあるように思う。(しかし、ミートホープ社のような悪辣な稼ぎ方を擁護しているわけではない。)

格差に関する価値観の転換なくして、この国が創造的になることはない。
 
 
 
おれい (どんぐり)
2007-06-30 01:11:01
山崎さま

私の舌と理解たらずのコメントに補足をいたきましてありがとうございます。もう少し本を読んで勉強してから書き込みをします。


ポンちゃん

ご理解を得られたようでうれしいです。僕がもう少し歳をとって入れ歯が必要になったとき、もし付加価値の高い入れ歯があれば、ポンちゃんとのお話を記念して買ってみようと思います。それが、漆塗りの入れ歯なのか、青色ダイオードで光る入れ歯なのか、どんなものか凡庸な僕にはわかりませんが。


作業員さん、hiroさん、みなさん

僕はこのブログが好きですよ♪
 
 
 
皆さん、どうぞ、お楽に。 (山崎元)
2007-06-30 02:40:40
hiroさま、皆様

エントリーを書いた者としては、あるいはブログの管理者として、予想外の議論の盛り上がりで、嬉しく思っています。

コメント欄も、これぐらい深く(件数が多く、ということですが)なると、議論の参加者以外に読んでいる人が少ないかも知れませんが、礼儀を守りつつ、率直な議論が出来ていると思いますし、参加者が楽しんでいるのであれば、大いに歓迎です。

ブログの管理者としては、読むだけで、議論に参加しなくて、申し訳ないな、と思っていた位のものです。

私の理解では、ブログは、開設者本人の自己表現の場であると同時に、読者に自己表現の場を提供する場としても機能するところに面白さと意義があると思うので、「読むに堪える」意見は、大いに歓迎です。たとえば、私の友人の中には、何人もの、作業員氏のファンが居ます(凡そ最低賃金には興味の無さそうな、リッチな連中に氏のファンが多いのですが)。

弊ブログの場合、今のところ、一日平均のPVは6千(IPベースでは2千数百)程度です。たぶん、熱心な読者が1千5百人くらい、時々見るというくらいの読者が数千人いらっしゃるのでしょう。多少は、意見発表の場として使える場合があると思います。とはいえ、あまり関係のない話題に占拠されても具合が悪いので(管理者の主観ですが)、取り上げ方は、適宜考えさせて貰います。

「2ちゃんねる」のような掲示板(私は、これを否定する積もりはありませんが)とブログのコメントの違いをずっと考えていたのですが、前者は誰かと誰かが直接やりとりをするという文脈のコミュニケーションの場であり、一方、ウェイトの違いとして、後者は、「他人に読んで貰う文章」だということを意識して書き込む文章なのでしょう。

以上のようなわけなので、ここのエントリーでは、気の済むように議論して下さって結構です。私も、楽しみに読ませて貰います。

尚、新顔の方以外には、みなさんご存知かも知れませんが、堀江、村上、折口、と3氏並べたときに、堀江氏はどちらかといえば私は好きなタイプだし、村上氏には東大出の(屁?)理屈屋さんに対する親近感があります。お二人とも、一方的に嫌いということはありませんし、彼らを特に「叩きたい」という気持ちは、私には、ありません。褒めたり、けなしたりして、面白がっています。

折口氏には、今のところ共感できる点がないのですが、私は障害児の息子を持っていることもあり、彼が介護を本当にやりたいのだとすると、共感できる何かがある可能性もあります。

私は、彼ら3氏を、極悪人とも、いい人とも、天才とも、思っていません。何れも、時々いるタイプの人ではないでしょうか。彼らを、面白い対象として、吟味してみたいと思っているだけで、このエントリーでも、気楽な気分で取り上げました。

まあ、発端はそんなことなのですが、皆さん、どうぞ、楽な気持ちで、大いに議論されて下さい。
 
 
 
くそみそテクニック (アベルフ・シンドラー)
2007-06-30 04:46:51
つまりこういうことか、『(偽装請負は)まさに経営界の青色発光ダイオードや~♪』
アンフェタミン「Exactry(そのとおりでございます)」

成功した漫画家が富を得ることを是としたからといって、なぜ労働に対する犯罪までも良しとしなきゃならないのでしょうか。

逆じゃないのか?

作業規模がどの程度で何人偽装請負労働者を使ってるか知りませんが、漫画家と犯罪者を一緒にしないでほしいものです。正当な成功者を自分の目線に引き摺り下ろそうとする嫉妬心がフンチラしてます。

(それにつけても詭弁文の見本みたいな文章だ……ッッ)
 
 
 
脳細胞が死ンドラー (覚醒)
2007-06-30 13:26:06
反対はしているつもりだろうが、論がないから反論にもならず、単なる反感だけ。まあ、それもよろしい、筋道あるのなら。創造的にならないと日本は立ち行かないよ、そのためには周囲の無理解を耐えてコツコツ努力するインセンティブとして、格差を認めざるを得ないよと言ってるのを、どう考えても関係のない御手洗氏のことに結びつけて述べている。

猪瀬氏が偽装請負はすぐれた(?)発明と言ったらしいが、その言葉に引っかかっているのだろうが、私は、偽装請負は、日本の製造業が中国との競合で一番苦しい時にやっていたのは、生産工程に派遣を認めることをしない不作為から生まれているわけで、戦後の米の配給をしないくせに食糧管理法で闇米を禁止していた政府の不作為と全く同じだと言ってるだけで、発明と関連付けたこともない。

亡国の工作員(略して亡工員→ボーコーイン)の文をなぞる様な投稿ばかりをして、あんたの性格がよー見える。(文章でもエコー掛けれるのだと大発見した)安全な位置で、人ごみに紛れて、上海の日本領事館にPETボトル投げてた輩と同じ根性(爆)

反論したいのなら、ちゃんと論をお書きなよ。日教組にアカを沢山詰め込まれて、共産主義が消えたから、アカは垢に転化してしまって、脳みそが空隙ばかりの上、足の裏に移動してしまった、脳細胞が殆ど死ンドラーさんよ、2ちゃんねるの荒らしみたいな小枝いじりのコメントでなく(桂小枝ちゃん、あんたのことを言うてんのとちゃうからね)、論を立ててリスクを冒して、かかってこんかい!それが男ぞ!!

今まで通りなら、これからは「返事ばー、しまっしぇん」
 
 
 
だから亜流保守はだめなの (作業員)
2007-06-30 15:34:35
まあ、ひんがら目の手術したテリー伊藤に「あんたのカメラ目線はキショイからやめた方がいい」、といわれれば、さっそくキショク悪いカメラ目線をやめてしまうようなヘタレなオムツ宰相など支持している三宅先生いうところのポン助は、池田学会婦人部の中でも少なくなりつつあるから、山さんの店で、「ちょっとひどい」ことを、繰り返す気はないんです、hiroさま、ごめんなさい。

でもねえ、友人が一次に通ったと喜んでいる司法試験、あるいは労働局のアホタレがなりやがる社労士、でもええわ。伊藤真の本を一冊でも読んだら、屋山ポン太郎、みたいなことは絶対に言わないし、中上健次ちょっとおちるけど文豪村上の本でもええわ、一冊でも読めば、いまなお違法行為を告発しない(不作為の罪)タコ社長のようなことは絶対言わない。漫画をケツで読んでいるようなヘタレ右翼になってはいかんよ、そこのガスパン中学生どもよ。屋山ポン太郎が言っていることは、パブリックなところで通る話ではない(わしの下品さは許せ)。せいぜい、鬼畜キヤノンの御○所の落書きで、野中の出自がどうの新井の出自がどうの、書く、差別だけが生き甲斐のう○こ幼稚園児の発想や。安倍の亜保ぼんもいっしょ。改憲などさせるわけにはいかんよ、カニ味噌つまっとるんやで、あのオムツには。
なぜかゴジラ真紀子の脳みそだった小林節のコラムでも読んでみなさい、ハンケチ工場のタコ社長どもは。法律を守らない人間は、法律を改正する資格がありまへん。通常のアイキューがあれば、5才で認識できることやろうに、もう呆けとんやろうけんどジジイは。

で、ポン太郎も右翼を名乗るなら、国賊河野洋平が御○所フジオとともに、広告○器やっている世界陸上に街宣でもかけたらんかい。ほんでから、河野談話を恥ずかしげもなく継承しとるキショイカメラ目線をやめた、いやキショイのは目線ではなく存在自体である安倍も、スピーカーで批判せんといかんのとちゃう。筋が理解できれば、やけんど。
もうひとつ、古賀誠への執着は、ポンちゃんが親米ヘタレ右翼活動している一環の「人権擁護法案反対活動」なんかと関連があるわけやろ。「人権擁護法案はマスコミ規制を含む」として解同の一部とジャーナリストが反対しているところへ出張っていって、半島や大陸や被差別民の利権につながる、と横から大声だすポン太郎一党やろうにポンちゃんは。ちなみに、人権擁護法案もいずれ通る。法律を守っていないタコ社長には、人権についてパブリックに発言する資格がない、からね。これは、7才ぐらいで理解できることやろうに。
ポンちゃんの書き込みのレベルがどんどん落ちるので、今日も読まずに書いてわるいが。「平等」とか書いているから、全国の中学生に、総連とケンカし、解同とケンカしてきた関西のおっちゃんが、本当のことを教えてやる。
「結果の平等だの機会の平等だの言っている大人の話は、半分だけ聞いておけ。平等というのは、大勢の人間が命がけで手に入れようとしても、なかなか手にできないものだ。機会であろうが、結果であろうが、だ。派遣請負奴隷を見よ。法律からこぼれた彼らを、○器人間は救済しようとしない。それは格差ではなく、差別だ。労働の現場で差別を正当化するようなポン太郎が、思想や門地による差別をしないはずがない。解雇はまず共産主義者から、次に在日、次に同和。インモラルなのは、労働基準法や道交法という制度でなく、差別構造にいい年こいていつまでも胡座をかく人間○器屋山ポン太郎個人である」

などというのは、いささか、堅苦しいなあ。おっちゃんのこの辺の話に興味をもったら、高山文彦の「水平記」を読みなさい、そこのガスパン中学生。実は次期首相ケツで漫画を読むセメント屋の麻生とポンちゃんの宿敵野中の因縁というのは、戦後すぐまでさかのぼれるのだ。敗戦時、天皇様一族は世界で三番目の金持ち、といわれてね、その金を国庫に入れて貧民にくばれ、と言ったのが、松本治一郎で、いやいや天皇様にはなんとかもうちょっと雅なお暮らしを、と言ったのが、吉田茂、なんじゃよ。ま、へたれ右翼ではない関西のおっちゃんの同和教育の授業は、今日はここまで。とにかく、悪平等、などという言葉に惑わされてはいかん。平等に価値があると思えば、命がけで勝ち取れ、派遣請負奴隷諸君もね。

偽装請負については、おそらく朝日よりわしの書き込みの方が詳しい部分もあるから、ポン太郎氏もまあ読んでみてくれ。鬼畜キヤノン御○所フジオの言い分は、若干脚色すると、こうだ。
「なんだと、大野だ。そんな社員はしらん。いまごろ正社員にしろだと。してやらん。絶対にしてやらん。する必要はない。雇用申し入れ義務が三年にのびるまで、どんな苦労して労働局のアホタレ、たらしこんだか。あのなあ、大野。おめーは、不況であぶれた折りに、どっかの業務請負で偽装一人親方にでもなったんだろうが。わがキヤノンは、そんな違法が前提のインチキ人貸し会社じゃねーんだよ。わが鬼畜キヤノンの3Kのラインにはなあ、バブル期、ぜーんぜん労働者が来てくれなかったんだ。わしだってなあ、この○器面さげて、たのむからうちで働いてくれ、金なら1050円払う、いや、もっと出してもいい、と言ったんだ。なのによう、作業員、おめーは知ってるだろ。知ってるよね、知ってると言ってくれ。キヤノンも苦労したんだ、ジェニがなかったんじゃないんだ。足りなかったのは、脳みそと人手、それが足りなかったんだ。なのによう、誰だよ、言いふらしたの。昼飯に和洋中のなかから二食選び、ひとつはキャンセルするような○器が役員の会社は、汚いとか臭いとかなんだとか、さんざんいいやがってよう。作業員ちゃん、そうなんだ。中曽根が慰安所をつくるように、女衒もどきに強制にはなるべくならないように女工の用意させました。それが工場に派遣が認められていなかった時期であること、わがタコ正社員が直接指揮命令してしまったことは認めます。それから、そろそろ謝りたいので、作業員ちゃん、この場でいいでしょうか。『法律は自分で好きなようにかえる』、と口走ってしまったことについては、万国の労働者と万国のアスリートの前で、土下座してお詫びします。もう、○器の分際で改憲について意見したりもしません。派遣や請負の労働者様方に本来私ども大企業こそが救済をなすべきその時代でありながら、皆々様に不安定な暮らしを強いつつ、莫大な利益を留保するばかりで、役員報酬も、ちょっと欲張って三億もらってしまったその恥ずべき行いは、今後の善意と善行の、○器から人間へ、という人間革命の道程にて、悔い改めていく所存でございますから、どうか、どうか、我が一族の葬式で、あの歌だけは流さないでください、作業員さま」

まあ、リクエストにお答えして、ベンの風になって かけたろ。
わたしのー おはかのー まーえでー 泣かないでくださいー
そこにー わたしはー いましぇーんー ○所にいますー
ベンのかーぜーにー ベンのかーぜにーなーあーあーてー

裏声で歌え!ベンの風になって でした。
 
 
 
反省をこめて 男のシリーズでも (作業員)
2007-06-30 19:01:46
男のリスト

今でも、後悔していることがある。この宇宙に存在するすべてのものの中で、もっとも美しいと思っていたはずのGカップのオッパイに、わしは飽きてしまった。飽きてしまったことを、どうすることもできないでいたら、ある日Gカップは、揉もうにも、もう手の届かないところに行ってしまった。
Gカップとわしの音楽の趣味はあまりにも違っていて、何度誘われても、一緒にコンサートにでかけることはなかった。誘われるまま連れだって出かけたのは、映画ぐらいのものだった。二人して観た映画で、記憶に残るものは少ない。二つの題名だけが、鮮明に浮かぶ。映画館の入り口のポスターに、リストという文字が浮かび、そこには手の写真が添えられていた。ポスターを見た愚かなるわしは、どうせ手首の強い男が暴れ回るつまらない活劇だろう、ぐらいのことを思い浮かべた。わしは腕相撲がガキの頃からめっぽう強くて、リストにだけには自信があったから、「わしよりリストが強い男の話やな」などと言いながら、Gカップの金でポップコーンを買ったりした。Gカップはすでに話の筋を知っているらしいのに、何故かわしのリストの話には、のってこなかった。その映画の正式な題名は、シンドラーのリストだ。
席に着いたわしは、まさかユダだのナチだのの話だとは思わず、時々となりの完璧なGカップをつついたりしながら映画を見始め、やがて、シャレにならないスクリーンの映像に、どっぷり入り込んでいった。映画もそろそろエンディングに向かう頃、そういえば究極のGカップにはまだ、涙を見せたことがなかったなと思う。わしは泣いていない。このままこの重いドラマが終われば、リストの強いわしは、いつものように、涙などこぼしたりせず、何を観ても泣きっぱなしの愛しきGカップをもみもみするアホな素振りでもして、笑いながらお天道様の下に出ていくだろうと考えた。
映画が終わって照明がついたとき、わしの大切なGカップは大きく揺れていて、泣きながら笑っていた。わしが、泣いていたからだ。不覚にも、リストが手首ではなかったあの映画のシナリオに、リストが強いはずのわしはKOされてしまった。記憶は曖昧になっている。手にGカップの感触も、わずかに残るだけ。アベルフではたしかなかったシンドラー氏は、「もう一人、いや、もっともっと大勢の人を、私は救えたはずだ」と、足りない善行をわびはしなかったろうか。たった一人の男に救済された大勢の人々の前で、善行を積んだはずのシンドラー氏は、己の愚行をわびなかっただろうか。
Gカップに飽きたことを、今更わびてもしかたない。宇宙一のGカップを救ったのは、リストが強いだけのわしではなく、どこかのアベルフではないシンドラー氏だった。そしてわしの手元には、二行しかない大切な映画のリストが、残るだけ。
 
 
 
いまごろですが蛍光灯 (BB)
2007-07-01 00:32:04
白熱灯廃止論なんてあるのですねえ。日本の家庭では蛍光灯がメインだからイマサラいわれても「?」ですけど。
 
一方的な数字を見てるだけではいけませんよ~。蛍光ランプは中に水銀が数ミリグラム入ってるのです。それを日本ではまだまだゴミとして埋め立てちゃってるのだな。電池の水銀についてあれだけ気にしてた消費者は蛍光灯には無知であります。
 
インバーター安定器専用の蛍光ランプが登場して、確かに省エネなんですが、ランプのリサイクルまで考えないと美しい国として恥ですぜぃ。
 
松下が「あかり安心サービス」なるものを、事務所向けにほそぼそ始めてる。ランプをレンタルにするので、廃棄のときのわずらわしさはありません、回収したランプはリサイクルします。というもので、アタマ良いです(にわかには信じられなかったが)。http://biz.national.jp/Ebox/akarianshin/
 
PETボトルもこういう風にならんかの~
 
 
 
ハンメルンの笛吹き (覚醒)
2007-07-01 00:41:32
90年代に、日立、東芝、富士通、等の電機会社の人事課職員や技術課上司が、成田空港などに毎金土曜日に出かけていた。別に、有名俳優の来日の出迎えなどではなく、自社技術者の出国防止の見張りが目的であった。この時期、韓国電機企業への日本人技術者の週末技術指導が盛んであったのだ。自社の技術の流出を防止するために、人事課職員らが空港出発ロビーに立っていたのである。彼らは、日本人の企業ロイヤリティも地に落ちたものと嘆きまた、韓国に教えに行く技術者を批難していたものである。

私が知っている範囲で推測するのだが、日本の各企業の重要な技術を担っているこれらの現場技術者の処遇条件は、果たしている役割にふさわしいものではなく、他の普通の作業者と同じであった。日本では、部署によって特別の処遇などはあり得ない話なのである。お金も弾んだらしいが、お金以外の尊敬の仕方なども渡韓する動機になっているのではなかろうか。形の平等が災いをもたらした事例だと思っている。すなわち、個人のロイヤリティに問題を求める考えが間違いで、人事制度に問題があったのではなかろうか。

ついでながら、この業界の変遷に目を通しておくのも参考になる。こうした日本人技術者の渡韓の効果はどのぐらいあったのか知らないが、韓国電機会社の半導体事業の業績は日本の電機会社のそれを圧倒するようになっている。1988年に世界の半導体シェア51%であった日本企業は、2005年19%であり、業績としても赤字と黒字の間を徘徊していて芳しくない。それに対して、1988年世界から歯牙にも掛けられていなかったサムスン社が、05年には世界第2位でシェア7.8%の半導体事業を持つ企業になっている。業績は06年度 売上7兆6千億円、純利益1兆2千億円【ドル=120円で換算】(日立、東芝、NEC3社合計の06年度 売上21兆2千億円、純利益730億円、いずれも概算)利益率もとても高い。

日本の半導体産業がわずか20年の間に見る影なき衰退をたどった理由は、多分マネジメントの差だったろうと思うが、日本の外貨獲得の大きな部門が消えてしまった。

「ある女子大教授のつぶやき」と言うブログからの引用だが、
>台湾政府は半導体や液晶ディスプレイといった日本の先端技術の移転を促進するため、東京や大阪などで毎年、海外就職説明会を開いている。移住する家族のためにも、各地に日本語で授業を行う学校を開設している。これを受けて、日本の会社員たちも、自らを雇用市場における商品として身を置くようになった。40代前半から50代前でリストラされた人たちは海外に目を向け、海外での就職という道を選ぶようになった。
 台湾は2万5000人ものエリートを日本から引き入れ、半導体、液晶、エレクトロニクスなどの日本の先進技術を学んだ。そして今、中国やシンガポールなどのアジア諸国もまた、先端技術だけではなく鉄や車などの日本の専門知識や技術を持った人材の誘致に力を入れている。アジアの発展途上国では日本からの人材誘致で経済発展を狙っている。これに伴い、日本の技術の海外流出という問題を招くことになった。資本の国際化だけにとどまらず、かくして頭脳の国際化が始まっている。<

今や韓国でなく発展するアジア各国が、日本の人材をほしがっているわけで、出来る人ほど勧誘され、出て行く可能性があるのだろう。(事実を知らないアホが、森卓と同じく、金持ちと法人から税金を取れと書いていたが、このように簡単に人も会社も日本脱出するのを考慮しているのだろうか)日本が、優秀な人材にとって魅力的な能力の発揮場所を提供できないと、ますますジリ貧となる条件がそろっている。すでに地殻変動は始まっているのであり、劣情社会主義を続けていたら、その変動は激しくこそなれ収まることはない。

格差問題に囚われて、大局を見失うことによる害は広範囲であろうし、深刻なものとなろう。政治が不安定さを増せば、人気を博することを煽るのが政治団体の常套手段だから、更に危険となる。ねずみたちが熱狂の中で、川に群れごとおちるよう誘導するハンメルンの笛吹きが、このブログにも存在するから用心だ。
 
 
 
Unknown (山崎元)
2007-07-01 01:25:42
中国が嫌いとか、インフレが好きとか、いった、好き嫌いの問題まで整理することは出来ませんが、皆様の議論の一つのポイントは、製造現場での派遣・請負をどう考えるかでしょう。

意見は幾つかのパターンに分かれるようです。

A)アジアの安い労働力を前にして、日本も製造現場に派遣を使うべきで、それが不十分だったから、偽装請負が生じたのであり、偽装請負は悪くない。

B)偽装請負は違法行為であり、いけないのは自明だし、請負・派遣といった非正規労働者は、できれば正社員化して、もっと待遇を上げるべきであり、その原資は、資本の(≒株主の)利益から出すべきだ。

C)偽装請負は悪い。たとえば、労働者の安全に関する権利も守られていないから、ダメなものはダメ。ただし、企業は、日本で製造するとしても、競争上質に比してできるだけ安い労働力が必要であり、不当に保護された正社員の待遇を下げて(主に金銭対価の解雇を柔軟にして)、労働のコストを下げるべきで、これに手を付けて来なかったことと、だからといって、違法行為に頼ったことは、経営者の不出来であり、不実であった。

敢えて言えば、A、B、Cの他に、X:「日本が好きであり、日本を応援するのは当然」、Y:「国単位の競争という概念は経済的事実として誤りだし、倫理的にもマズイ。日本を贔屓しようとは思わない」という国際競争の解釈とナショナリズムの立ち位置で決まる立脚点の別があるようです。

私は、大まかに言えば、C&Yの支持者です。

私の意見なんぞはともかくとして、偽装請負が、悪いのか、悪くないのか、悪いとすれば、どのくらい悪いのか、理由を含めて、ハッキリさせると、今後どうしたらいいのかが、分かるような気がします。

たとえばAの支持者は、キヤノンの経営者に対して同情的でしょうが、Cの支持者である私には、根本的な経営の手を打てずにいて、しかも不正を行いこれを隠し損なったバカに見えます。

また、普通の日本国民は、日本の電機メーカーがダメなのに、サムスンが儲かっていることに対して、「劣情」を抱く必要はないと思います。品質が良くて、安い物があれば、自分がそれを買えばいいだけのことです。
 
 
 
私の意見(宗派)なんぞ も (作業員)
2007-07-01 14:41:57
政府(行政)の役割について、補足したい。まず、社会保険庁の職員全員にギョーギするのと同時に、労働局のアホタレ全員にギョーギしなければならない。労働局のアホタレは、労働現場における違法行為を知っていて、そう知りすぎるぐらい知っていて、全く取り締まらなかった。こやつら○器役人は、裏金をプールし、ゴルフは自動車者会社幹部にごっちゃんだった、セコウか! 政治家と官僚は、違法行為を開き直ってヤクザ化していく偽装ミートホープタコ社長アンド偽装請負御○所フジオと、まったくの同罪である(できれば死刑)。労働局のアホタレ、全員解雇、一部再雇用。わしが面接する。洒落のよくわかる病的に倫理的でどちらかと言えばおっぱい星人(女性は言うまでもない)だけ、再雇用。ハローワークは、民間業者への罰則等めっちゃ強化して、バーターで完全民営化しちゃる。わしの立場は、一事が万事、だめなものはだめ!、でオタカサンやな。政権交代! 山(安倍の顔)は動く前に、崩れた、ヤッホー。

で、えらいギョーギよくなったポンちゃんさあ。山さんに一言言いに来たのか。ちんけなブログのコメント欄の監視をしに来たのか、そろそろはっきりした方がいいんじゃない? 無神論無政府山さんは、顔出しでわしのようなトンパチの尻ふいてくれてるわけやから、自称愛国者たるポンちゃんも自身の所属ぐらい言ってもいいんでない? 言えない理由があるのか? 身元やないで、所属とか宗派やで。たとえば、イラクで人質になったあの彼が逃げ出す前に事務所に火をつけた新右翼鈴木クンニオそういえば、木村氏やがな、ここも。あるいは、石原をいじられてムカついた愉快霊○会の政治部なら、それはそれで根拠があるやろ。まあポンちゃんは、ダイヤや日本会議とズブズブの桜井よーしこちゃんまで罵倒するんだから、宗教右派(ここいらの知識はポンちゃんにはないやろ、葦津珍彦って、読める? チンピコちゃうで)ではないし、愛国党よりバース党とつながる先に挙げた新右翼でもない。あるとすればやはり、屋山ポン太郎臭の強い岡崎家畜人系の自称へたれ右翼か、まさか幕屋さんやなかろう。
戦後一貫して岸笹川勝共連合の闘士として戦ってきた、というのであれば、中国の資本主義化については、抱き合って喜ぶべき慶事、のはずやで。あるいは、玄洋社の流れをくむ正統右翼ならこれも、大アジア主義。エロタクさんは変態なだけで、立派な右翼やで(お聖水と親子どんぶりが好物の、ある意味グルメやね)。ポンちゃんが必死こいて、ナイスなジャケットしかーし首が出ていない猪首カエル面をヨイショしても、猪首の仕事で評価できるのは、天皇の影法師とか大仰なミカドの肖像でしょう。道路公団改革について、中途半端、というのは、ニュートラルな評価に思いますがな。あと、猪首は、生○グループかなにかに誘われてポンちゃんがスト破りしているときにバリの向こうおった人間で、資本論をドイツ語から翻訳しなおすために、ついでにハクだけほしいから信州から赤門くぐったお転び組でしょう。いーんだよ過去のことは、とおっしゃるなら夜回り先生ぐらいの度胸はあるので、へたれを自称する必要はありまへんよ。
わしはおっぱい星からきた真言密教徒です、ちなみに。無理に個人情報をさらせとか言ってないっすからね。ただ、ポンちゃんは、長妻が朝日新聞の元記者だったら、朝日の所属だったことを根拠に、「長妻は国賊だ!長妻はスパイだ!」と叫ぶわけでしょう。こっそり教えてあげます。長妻は、日経ビジネスの元記者です。わしから見ると、国賊ですね(ジョーダンやがな、ジョーダン、まったく、洒落のわからん大人が多くて困るなあ、許せ民主党)。
 
 
 
日本の特殊性 (snowbees)
2007-07-01 19:04:52
楽しく拝見しています。日本では、債務危機、生産人口の減少、増税と医療費値上げなど、「痛み」が深刻になると。情報を開示して、各論で本音の議論を望む。
 
 
 
日本の輸出企業は当面、好調 (snowbees)
2007-07-01 19:24:03
1.グーグル幹部によれば、グーグルの「ライバル」は、新たな「ガレージ企業」すなわち、ほかのどこかのガレージで生まれる、とてつもない発明だと。
2.日本のサービス企業について。NTTの携帯は、国内市場と寡占に安住している。(みずほなどのメガバンクと同じ)官僚体質のためか、海外のアライアンスも多額の損失を出して、また国際規格でも失敗している。
3.日本の製造企業について。トヨタ、コマツ、新日鉄などの多国籍企業は、健全な中長期計画を立案して、今のところ、成果を挙げている。
4.韓国企業では、最大手のサムソンが、ウオン高などにより、売上げ、営業利益が激減し、開発研究予算も削減している。対照的に、日本企業による設備投資が拡大。シャープ、松下は薄型TVパネル、東芝はフラッシュメモリーなど。
5.日本は、エネルギーと食料を将来も輸入するが、中長期的な輸出プロダクト・ミックスなど、予想屋は別として、誰にも予想できません。(足元のサババルレースで忙しい。)
6.中国へ進出した日系企業(匿名)は、投資金額を2008-2010年までに回収すべく、すでに50-70%を回収済み。

 
 
 
すみません。 (moto金田浩)
2007-07-01 23:04:50
ここの流れと違う書き込みとなりますが。

また介護の件です。

介護の必要性は当然のことと思いますが
これの負担について最近気になることがありました。
有る町の住民の方が介護保険料が高くなったので
保険を脱退したいと申し出るという
ことが出てきたそうです。もっともわずかの人数
ですが、これまでなかったこととなのだそうです。

介護報酬の引き上げがなければ介護職の待遇改善は
困難。一方では健常者の方の負担は少ない方が
良い。その負担すべき方々が拒否反応を。
なんとも。

愚痴になりました。すみません。

 
 
 
やっぱり国対国のところが多い (覚醒)
2007-07-01 23:44:08
財部誠一氏が、フィナンシャル・ジャパンに書いている、「地方経済の活性化は知事の経営能力にかかっている」の記事のなかで、実例として福岡県と三重県を上げている。

福岡県の場合「早くから『自動車100万台生産計画』をかかげ、トヨタ、日産など自動車メーカーの誘致に全力をあげてきた。そのかいあって、100万台生産も達成。多くの雇用が創出され、莫大な税収が地元に落ちている。しかし誘致活動当初は、ベテラン職員が『1社も来てくれないのではないかと不安な日々が続いた』と話すほど暗澹たる状況が続くところから始まっているということだ。そしていま福岡では、自動車メーカーが好調な業績を背景に、工場の増設、新設に動いている。すると、そこに関連の部品メーカーがやってくる。つまり黙っていても企業誘致が進んでしまうという好循環が出来上がっているのである。」

三重県の場合、シャープを亀山市に誘致し、液晶テレビ日本一の座を同社は、不動のものとしたが、当時の知事北川氏は、「四日市市再生もシャープ誘致の狙いのひとつだった」といっている。四日市は日本有数の石油化学コンビナートの街だが、バブル崩壊以後、地域経済は悪化の一途をたどった。そこにシャープがやってくれば、化学製品需要が高まり、四日市の再生にもつながるという算段だった、と報告している。

この事例で私が申し上げたいのは、「地域社会は、そこにどのような企業などの団体があるかで、経済的に生活レベルが変わる」ということであり、「国」も大きなくくりで地域社会なのだから、国にどのような企業等の団体があるかで、経済すなわち、国民生活は極めて大きな影響をうけるのである。

視点を変えて、大前研一氏の意見を紹介したい。「全米ベンチャーキャピタル協会などがまとめた調査によると、1980年以前から米VCが投資した上場企業の累計725社のうち、144社を占める米国外生まれの起業家の出生地別ランキングを見てみると、
インドが32社で断トツの首位。2位:イスラエル(17社)、3位:台湾(16社)、4位:カナダ(7社)4位:カナダ。 英国・フランス・ドイツ・中国・イタリアといった経済大国がその後に続き、そして12位:韓国・スイス(3社)、14位:ベルギー・ハンガリー(2社)そして日本は、ランクインさえしていない。アメリカという国との親和性や、経済レベルでの国の大きさを考えてみると、日本がベルギー・ハンガリーよりもアメリカで活躍できていないというのは異常なことだと私は思います。」(要旨)
「こういう事実を突きつけられると、改めて日本人というのは、起業というチャレンジ精神が欠けている国民だと感じてしまいます。(中略)これは、日本の教育による影響が大きいと感じます。これまでの戦後教育がチャレンジ精神の薄い国民性を作り上げ、結果としてこのような事態を招いているのだと思います。」

すなわち、その地域社会で行なわれている教育が、人々の行動に影響を与え、起業のリスクテイクをしない結果を生んでいる。このリスクをとらないと言うことは、開発にチャレンジしないことでもあり、企業の競争力に大きな影響を与える。他の地域社会(他国)との競合に勝てない企業しか育たないのなら、その地域社会は貧しくなるだけでしょう。このようにマクロで見れば、企業という機関を通じての、国対国の競争と見なせるところが極めて多くある。

私は大前研一氏の意見に賛同している。なぜなら、私が調べた明治、大正、昭和初期の日本人の行動力に比べると、今の日本人は「引きこもり」かとさえ思えるほどです。商社の人さえ、若い人が海外勤務をしたがらないと嘆く有様であり、起業をもてはやす声も、経済不況が一段落したら、見る見るトーンダウンです。止めが、ライブドアの出鱈目な強制捜査である。(何で他に比べてこんな少額の粉飾で、資本主義の象徴とも言える株式市場に土足で入る強制捜査が出来るのか、誰も文句言わないのか、偽装請負なんかより重罪やで)

今の時点で、日本人の目は、フロンテアに向いていないのでしょう。では、どこに向いているのかといえば、私は「あら捜し」だと思っています。不況の間は、景気回復が望みの殆どだったと思います。景気が少しだけ良好な状態になるとこれからの先行きの真の課題は考えることもなく、目に付く「あら捜し」をおはやしにして、その笛を吹く朝日新聞等のマスコミと、腰を振って先導の踊りをしている人に多数が付いていってるというところでしょうか。恐らく、その行列の至る先は、貧困と言う川で、平等になっているのに皆が互いを罵りながら溺れるのでしょうかね。
 
 
 
通貨発行益 (yokoyari)
2007-07-02 14:03:16
覚醒殿

具体策は「無し」なのですね。

何度もいいますが、お金が必要なら作ればいいのです。
今の通貨に裏づけはありません。辞書にも載っています。

通貨発行益 【つうかはっこうえき】
中央銀行の,通貨発行によって得られる利益。シニョリッジ。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C4%CC%B2%DF%C8%AF%B9%D4%B1%D7&kind=jn&mode=0&base=1&row=0
 
 
 
すでに御解りになっているようですね (yokoyari)
2007-07-02 16:42:10
>「国」も大きなくくりで地域社会なのだから、
そのとおり。それならば国対国と言う概念が如何に阿呆か御解りになるでしょう。

シャープとトヨタは競争しているのですか?
 
 
 
日銀に行って教えたり! (覚醒)
2007-07-02 23:44:27
Yokoyari さま

わしに言うても、どうしょうもない。日銀に行って教えたったらどや。行って言うた時、日銀が同意したらそのことを教えて下され、是非とも。

わしは、印刷機メーカーと製紙メーカーの株を買うことにするで、借金しても。

正直、わしは能力がないから、あんたの投稿を読むと頭が混乱するだけやねん。これから、あんたの投稿パスするので、悪いけど吼えていても相手できんから、堪忍して頂戴。
 
 
 
駄弁にはかなわん (覚醒)
2007-07-03 00:07:20
ボーコーイン さま

何でも良く知ってるね、聖徳太子の再来とちゃうんやろか。惜しいところが、品がないんやなー、それだけや。私には「貧」があると言うやろな。私の見るところ「貧農」いや違う「貧脳多弁」だけや、ごめん冗談や冗談や。

身元明かせてか、宗派は「浄土宗」なれど、極楽浄土に送るなどと詐欺をしておいて、祇園できれいなネーチャンとねんごろする坊主は嫌いや。神社本庁、あんまり好きやないね、葦津さんの大東亜戦争観は、同意できへんしね。

私は、本格的な右翼でもないし、鈴木氏のごとく修羅場をくぐってきたわけでもない、単なる現状を憂いているだけの市井人。座右の言葉は、「一隅を照らす」。延暦寺に行くと感動する。神社仏閣は尊いが、坊さんと神主さんは勘弁してほしい人間なんです。

こんなところで許してくだされ。あんたの駄弁は真似でけん(あんた流に言えば、貴女のダベンポートは西京としか胃炎。下手?失礼さんでした。)
 
 
 
孤独に横たわる国 (どんぐり)
2007-07-03 00:50:02
ポンチャンは「国」ってどういう意味だと思ってる?

僕は移動するときに手間のかかる「線」かなあ。あんまし意味があると思ってないんだ。日本はアヤシイなあと思えば香港株やユーロに投資できるし、一念発起すればアメリカやタイに移住できるかも。線は競争せず、孤独に横たわるだけであります。

「国」が「政府」ってことなら話はベツかな。僕のイメージはヘボ同士の将棋。いかに悪手を指さないかのインキな戦い。ただね、悪手を指さないってスゴイことなんだよ。
 
 
 
日銀は既に知っている・・・ (yokoyari)
2007-07-03 12:07:57
覚醒殿

日銀は既に知ってますよ。量的緩和をしてましたからね。
http://manabow.com/qa/ryoutekikanwa_1.html
税金も取らずに当座預金残高を「積み増し」できるのは刷れるから。

国会議員のほうはこの認識があまりに足りないのですがね。

老婆心ながら株買うなら他の物にしておいたほうが良いですよ。既に輪転機持ってる日銀がほかの印刷屋にお願いする理由がないですし。
これからは農作物関係のほうが良いのではないですかね。

もうコメントしていただけないのは残念ですねぇ・・・
一つお伺いしたかったんですが(これはこれで間違ってるんだけれども)
なぜ「中国の為替レートが低すぎる。不当競争だ!!」とは言わないのですか?
気が向いたらお答えくださいな。
 
 
 
ありゃ もうプロファイルせんでええのか? (作業員)
2007-07-03 12:40:08
天台というより、生長の家ということやな、谷口のところか。でも、谷口の三代目は、左翼、やで(教科書は新田均グループやな)。
では、懐かしい話をひとつ。ガキの頃、わしの住む町でも同和の嵐が吹き荒れた。けっこうな規模の町なのに、切れてしまった彼らに「君たちのやり方は間違っている」と言えたのは、二人だけだった。万葉チキガイなのになぜか菊紋より菊門の方が好きなわしのオヤジと、わしが習っていた習字の先生の二人だ。貧乏なので習い事ができないわしに、月謝も半紙代もとらずに習字を教えてくれて先生は、生長の人だった。その偉い先生が町の人向けに黒板に書く偉いお言葉の横に、フジ様のお○こマークをいくつも書いたりなんかする、わしは罰当たりなガキだった、言うまでもなく。で、ただの懐古趣味でオチはないんだが、この話には。あるとすれば、わしは大まじめに習字を習ったのに自分が書いた字が読めない、悪筆なんだなあ。そんでまあ、立派な習字の先生はいわゆる糾弾されたけんど、わしの家にはマイトがあったので、同和の嵐もどこ吹く風だった。核武装を叫ぶヘタレ右翼の気持ちもわからんでもない、というのは、すでに別のところで書いた。

てなわけでして、ノジュールのみなさんにフォークを一曲。

しょーがなーい 原爆投下はしょーがなーい
広島の公園でひとりー お魚をー釣ればー
お魚もまたー 政権交代を!ー
○器人間なんて ららーらららららーら~
 
 
 
ヘイポーをどうしよう? (作業員)
2007-07-03 13:58:08
暑苦しいだろうから、深き水の底で偽装請負の話をまとめとこうと思う。
まず、山さん、「通信簿」読みました。この仕事は山さんの性格に合っているのでしょうね、立派な「芸」になりましたな。全紙はくたびれるから、テーマを早めに決めないとやりにくいでしょうね。おつかれさんです。
応援する甲斐がない毎日は、ようやく日曜書評の中村達也氏の書評(朝日新書 偽装請負と東経 雇用融解 風間直樹著)で、キヤノンという名前を挙げました。これで広告料が減り、毎日はまた傾いて、ナンミョー臭が増していくのでしょう。朝日なみの記事が書けないなら、せめてコラムを充実させればいいものを、化石岩見とブサヨ佐高師匠のゼミ仲間岸井、もう誰も読まんって、君らの書くものは。昔、色川武大が書いていた「裏オモテ人生録」をそのまま、山さんに書いてもらえ、毎日。鬼畜キヤノンの広告に依存する毎日をそれでも応援してあげたい人は、「滝田栄 仏像を彫る」でも買ってあげてください。中村氏の書評は良いできでした。
ほかの書評では、なんと諸君8月号にまで「朝日新書 偽装請負」が登場しておりまして、大道寺一氏、これもいいコメントでした。週刊ポストの岩瀬達哉氏は次期社会保険庁長官になるのでしょうか、長妻が厚労大臣のもと。さすが、親父がポリの加藤鷹さんばりの手管でございます、文句のない書評でございました、長官。
二点だけ補足しますと。まず、朝日を持ち上げるのであれば、日本経団連う○こ新聞を叩け! と思うのであります。日経は、鬼畜キヤノンのラインをバブル以降徹底的に取材しています。セルラインに正規非正規それも派遣が混在となって働いていること、そしてそれが違法だということを日経は知っていて、ネグっていました。
二点目は、労働局の問題だけではなく、やはり社労士(弁護士等も)の責任をも問うべきだということであります。労災や雇用保険年金などについてインチキ手続きをしてきたのは、御用社労士ども、であり、その中には労働局アガリ、が大勢います。不正を行った企業名タコ社長名公表は当たり前ですが、担当社労士あるいは弁護士の名前を公開し、懲戒するべきです。その点で、週プレで社労士が偽装請負を解説しているのを見ると、イラっといたします。

長くなりますが、文豪村上と流行らない焼鳥屋のデカパイ女将のカンブリアな話に続けます。

大好きなのに栄子ちゃんが暑苦しいカッコばかりするので、もう相沢仁美に完全に乗り換えたわしですが、人材派遣がテーマだったので、観る価値のない番組ですが一応観ました。完全な情報操作でしたね。それだけ、人材派遣業に対する風が強い、ということです。竹中が顧問を務めるパソナ南部の死相もその現れです。
カンブリアの番組責任者などというのは、安倍と同じようにオツムにカニ味噌がつまっている人間なのでしょうが、アナウンスの意図がまったくわからない部分が二点ありました。

ひとつは、「テンプスタッフ社長マルチ奥谷二世篠原キン子は、人材派遣を違法状態で始めた」という部分、もうひとつは、「テンプは、年金には加入していません」という部分ですね。
この程度の○器人間、つまり奥谷二世篠原程度のババアが、「法律的に大問題になっている人材派遣業を営んでいる事実」をヨイショに見せかけて、実は糾弾したいのでしょうか。電通の犬でパソナ南部のツレである田原が、テレビではなく地方講演でだけ大声で言う、「人材派遣業はけしからん。今すぐ、法規制を強めるべきだ!」ということを、糸山日経新聞もたまには世間様にしょうことなしだけんど言いたい、のでしょうか。できれば、誰か教えてください。

ようやく、タイトルにたどりつきました。本日のメインは、人材派遣、偽装請負ではなく、文豪村上です。老いは、人を保守化させ、退行させます。例外は極めて少ない。もう擁護のしようがないので、今後はまた、村上ヘイポー龍氏と呼びたいと思います。ヘイポーが蛇蝎のごとく嫌っていたJポップ、たとえば元ヘルメットロッカーハマショーなんかと、今のヘイポーの区別が、わしにはつきまへん。親がポリだったり、センセだったりすると、ここまで、ということなんでしょうか。ファンの皆様は、どう思われますでしょうか、声をお聞かせください。

横槍氏へ。
基本的に竹森俊平好きなんですよね? 議論の端緒に戻って、「失われた10年の真因は何か 東経 岩田規久男宮川努編」のページ213を引用しときます。
「貿易や海外直接投資など国境を越える経済活動の活発化をグローバル化と定義すると、このような経済グローバル化が望ましくないことを経済学的に主張することはそれほど容易ではない」
容易ではない。無理無理絶対無理わしには無理タコ社長にも無理。
 
 
 
悲しいことに線が壁になりそう (覚醒)
2007-07-03 14:30:48
どんぐり さま

「国」ですか。私は、同じ文化(伝統、歴史、言語、習慣、社会の規範、儀礼、・・etc.)を共有しており、特定の場所を占有している集団のことだと思っています。線は移動に邪魔と言うのは真実、しかし、それは平和が続いているから思える話です。平和でなくなる(紛争が起きる)と、線は壁になる。

理由は、近々投稿しますが、線が壁になる時代が来そうだと思っている。特定の思想や宗教を信じておられることを揶揄したりする積りではないけれど、その思想や宗教に独特の戒律を厳守することを強要されて、今までのやり方を全面的にやめさされる事態になれば(酒は禁止、女性は肌を出すな、牛肉は食べるな、輸血は禁止・・)線が壁になることを喜ぶ人は多いと思うよ。あるいは、集団的に私たちの財産が強奪されるようなことがあっても同様でしょう。

境界が壁でなく線になったのは、この50年ぐらいの特殊な時代のおかげだと思う。その50年の間でも、共産圏は壁、それも忍び返しのある障壁を作っていた。ルーマニアのブカレスト空港では、滑走路の脇にずらりと沢山の高射砲が並び、写真撮影したアホな奴は尋問で2時間留め置きされ、フィルムは没収された。モスクワでも、ワルシャワでも共産圏は大同小異だった。線が邪魔と思えるのは、極めて幸せな時代に生きている証拠だけれど、それが続く条件がやがて失われそうなのは残念なことです。古くから言われるように「治にありて、乱を忘れず」が甦るようです。

ボーコーイン さま

「偽装請負」立ち読みだったので(印税払うのがイヤ)、よく理解できてないためなんだけど、大野さんらがいくらの損失を受けたのか教えて下され。最後の対策を見ると、彼らが受けた損失を補償しろと言う項がなかったもので。洒落をまぶさないで、よろしく。
 
 
 
創氏改名のことなど (作業員)
2007-07-03 14:48:02
ポンちゃんは、派祖にはりついとんかいな。老人性の鬱になるから、ネットの神経戦はやめた方がいい。鈍感力が、実は右翼にはない。あったりまえやろ。右翼がになうのは、論理ではなく感情と暴力。それはそれで、ええこと、やないか、胸を張れ。
大野君たちの損失は、大野君たちの訴える損害賠償額でしか、換算できないでしょう。ただ実際は、大野君たちは、キヤノンという会社を愛しています、訴訟が目的ではありまへん。もちろん、わしも山さんもキ印からジェニ引っ張るのが目的ではなく(引っ張りたいけど、わしは)、御○所フジオの公人性(つまり公衆○器性)を問題にしているだけで、もともとキヤノンのレンズのファンであります。
インチキな金額なら、すでに記述しています。量刑については、アベルフ氏が宣告しています。お探しください。派遣を請負に偽装すると、正規雇用に比べて何パーの得を企業側がするか、についても、精緻な資料を提供しております、わしは。

で、南部と同じく屋山太郎の顔に死相を観たので、元が悪く感じたりなんかもしちゃうからして、屋山ポン太郎という氏の使用はやめます。偽装コロッケ田中ポン太郎で以後よろしく。では、失礼、人妻とお茶です。
 
 
 
閑話休題 喫茶店で (moto金田浩)
2007-07-03 20:05:32
今日、喫茶店で新聞各紙を読んでいたら
嬉しいことに読売新聞さんが介護取り上げ
てくださっていました。
そして、介護職さんの待遇の悪さを書いて
おられました。
この面の改善の必要を訴えておられました。
順次マスコミさんもそのことに注目されつつ
あります。
いずれは、世論も賛同してくださり、厚生省
さんも、考えてくださり、良い方向へ行くと
確信しています。
なんだか、嬉しくなっています。
やれやれです。(笑)
 
 
 
楢山節考だけは避けたい (覚醒)
2007-07-03 23:24:48
>普通の日本国民は、日本の電機メーカーがダメなのに、サムスンが儲かっていることに対して、「劣情」を抱く必要はないと思います。(山崎さん)

私がサムスンと日本の総合電機メーカーとの業績対比をしたのを、何かサムスンに嫉妬すべしと言ってるような受け取り方をされたのだろうが、もしそうなら、なんと被害妄想な反応なのだろうか。私の書き方に問題があったのかと再読したが、見出せなかったので不思議と思うのみだが、私の意図は、あれだけ強さを誇っていた日本の主要な電機企業が、わずか20年に足りない期間に、並以下の企業になってしまっている現実を認識して深く考えることがあるのではないかというものである。

1つや2つの会社が、世界との競争で脱落するのは、ありうることだが、日本の電機会社全体が脱落したのは、我々のシステムとか人とか考え方に問題があったと思った方がよく、その原因を掴み対策をしなくてはならないと思っている。しかし、ジャーナリストの報告は出版されているが、経済や経営の専門家による、そのような系統的な分析には出会っていない(そう言う本は売れないのでしょうね。皆が注目している格差だとかになるのでしょうね。所詮金儲けなんかなぁ。)経済評論家を名乗る人達の出番なんですが、国対国の競争ではないと言う方には、言うても無駄なのかもしれない。(たぶん経営者がバカなんでしょうね。)

>・・・日本を贔屓しようとは思わない」という国際競争の解釈とナショナリズムの立ち位置で決まる立脚点の別があるようです。(山崎さん)

「日本を贔屓にする」というのは個人の好き嫌いのレベルの話になるが、そういう見方がおかしいように私は思う。国というのは当然地域社会であり、そこに住むものが相互扶助している部分がいろいろある。今の生活レベルを謳歌できているのもトリックルダウン効果(おすそ分け効果だと思っている)であり、自分の働きが優秀である結果ではない人が多いだろう。例え山崎さんが優秀な方だろうが、アフリカなどの貧しい国では今の生活レベルを得るのは到底無理で、日本だから出来ているのではなかろうか。だから、この国に国際競争力のある企業が育つことは重要なことでもある。

山崎さんには障害のあるお子様がいらっしゃるとのことだが、(かく申す私にも十数年原因不明の病気の子供がいて、少しだけはお気持ち推察できると思っているが)国が豊かであることはとても重要だと考えている。貧しい貧しい寒村の楢山節考は、あり得ない話ではない。姥捨てとか、間引きとかの言葉が現に存在するように、貧しいところでは働けないものは養ってもらえないことになっていた。それに反して、豊かな村には、老人と子供らを大事にする伝統が残る。私は自分がいなくなった後に残る働けない子供のためにいくばくかの財産を残すように努めているが、例え残しえても、国全体が貧しければ恐らくは悲しい思いをして亡くなり彼岸に泣きながら来るのを迎えてやらねばならないだろう。さすればこそ、この国が少しでも豊かな経済状態になることを手伝いたいのである。それをナショナリストと呼ぶなら呼べと思っている。


当時賢い山崎さんがキャノンの社長と仮定した時、どんな手をうたれるのですか。(正社員で採用するなどの答えはなしですよ。)
 
 
 
国対国の部分が多分にある (覚醒)
2007-07-03 23:39:38
企業の競争力は企業で決まり、国が関与していないかのごときお考えは、偽りである。例えば、日本の半導体産業が離陸し、80年代後半に世界一のシェアを獲得するまでに育ったのは、70年代の国が金を出した「超LSIプロジェクト」に各社が参加して得た技術やノウハウを持ち帰ったおかげであることは良く知られている。プロジェクトに参加した人を知っているが、知的な刺激を非常に受け、その後の半導体事業の発展に随分と寄与された。

アメリカが現在世界に冠たる技術的覇権を握る産業は、アメリカの軍の開発技術を民間に展開したところから生まれているものが多い。IT産業は全て軍の技術からスタートしているし、航空機産業などもその典型である。これは、軍事開発に国が多大の金をだしているからできることであって、企業だけの力(金と人と情報)でやれる道理がない。課題が難しい分だけ画期的なものが生まれ、やがて民生化されることで、その国の企業が他国に対して圧倒的なアドバンテージを得るのである。

日本でも例えばNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の助成金なども産業政策として企業の開発の方向付けに影響を与えてきた。日本が省エネ技術が優れていることにも寄与している。その他に、税制は国毎に異なり、企業活動に大きな影響を与えている。

また、以前にも申し上げたように、企業にとって重要な人的資源の能力や行動形式は教育によって大きな影響を受ける。単純労働はともかくとして、改善が出来る勤勉な日本人は優秀であったが、最近のデータを見ると先が思いやられる。

今年の3月発表になった「日本青少年研究所」の調査結果を見れば
日中韓3都市の小学生の「なりたい人間像」についての質問で「そう思う」と答えた人の割合(%)
・将来のためにも、今がんばりたい
(東京:48.0%、北京74.8%、ソウル:72.1%)
・勉強のできる子になりたいか
(東京:43.1%、北京78.2%、ソウル:78.1%)
この子らの会社に入る15年先が思いやられると思うのは心配性だからだろうか。

国が国際競争力のある企業を創ることが自由に出来るものではないが、国の諸政策が企業の国際競争力に大きく影響を与えているのは確かである。その意味で、国対国の競争の面が多分にあると思っている。(競争力が劣るときに、原因を国の所為にするのは間違いではあるが)


ボーコーイン さま

なんや、正社員採用と仮定しての算定か。やっぱりな。大野さんご本人は少しも損してないな。認可してないこと(キャノンの社員が直接大野さんらを指導したが、許可されていない派遣社員と同じ扱いをしたと言う違反)をやった違反だけやろー。××運送が信書を運んだのと同類とちゃうか。ボーコーだけあって膨らませるのが上手いのう。
 
 
 
国際競争力に拘る愚 (yokoyari)
2007-07-04 11:14:19
国際競争力については↓を読んでみてください。

http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/shimbo.cfm?i=20070529cf000cf&p=1

>最近のデータを見ると~
良くある世代批判ですか。でもそういう時代を作ってきたのはまさしくあなた方の世代でしょう。
若者が上の世代に向かって「こんな時代にしやがって」というなら分かりますが、
その時代をまさしく作ってきた方々が「こんな時代になって」と嘆くのはおかしいですよ。

で、やっぱり現状を嘆くばかりで具体案はないんですねぇ・・・

>大野さんは~
私がこの問題を人事と思えないのは、友人とか、親戚とか、その子供とかがこうなっていたかもしれないと思うからです。
そうおっしゃるなら、あなたもしくはあなたの子供をそこで働かせてください。
その上でそうおっしゃるならそれも一つの見識でしょうが。
 
 
 
議論のスタイルについて (山崎元)
2007-07-04 13:33:16
yokoyariさま

こんにちは。

国際競争力が国の問題ではなく企業の問題であること、偽装請負が違法行為であり重大な問題であることには、私は、大いに同意するのですが、議論のスタイルについて、一言、二言、意見を述べます。

まず、「でもそういう時代を作ってきたのはまさしくあなた方の世代でしょう。・・・。その時代をまさしく作ってきた方々が「こんな時代になって」と嘆くのはおかしいですよ」という論法ですが、これは、個人の行為や責任を、その個人が属する世代のそれらにすり替える論法であって、特定の個人に対する論難としては、些か不正確かつ失礼な場合があるかと思います。

たとえば、団塊世代でも学生運動を軽蔑していた人もいるはずで、この人に向かって、あなたの世代が日本の大学をボロボロにした、と言っても仕方がありません。

もう一点。「そうおっしゃるなら、あなたもしくはあなたの子供をそこで働かせてください」という論法も、議論にあって生産的でないし、やはり相手に少々失礼かと思います。

現実に置かれた環境は人それぞれで、人それぞれの選択があります。何かを身近に、或いは身を以て経験していないことを以て、相手がその問題を正しく理解していない、と決めつけると、そもそも議論というものが出来る範囲が狭くなってしまいます。

何が問題なのか、論理と情報を以て、きちんと問いかける、という議論であれば、相手も、また(ブログとして肝心なことは)読者も、その議論から、得られるものが多いと思うのです。

それに、怒りにしても、愛情にしても、感情について共感を求める場合は、抑制した表現の方が、往々にして効果的なのではないか、とも思います。

やりとりしている当人たちがそれで良ければ、いい場合もあるのですが、yokoyariさんも、覚醒さんも、当ブログとしては貴重なコメンテーターであり、論客だと思うので、敢えて、一言申し述べる次第です。ご一考下さい。
 
 
 
それにしても (作業員)
2007-07-04 14:27:28
>正社員で採用する

困った人だなあ、ポンちゃんは。大野君たちは、正社員で採用されなければならなかった人たちです。それから、損害、は最終的には裁判所で争うしかないでしょう(労働基準局をなくせと言っているあのアムウェイ奥谷でさえ、そう言っています)。折口グッドウィルは、天引きだけで、50億から200億の違法搾取分を早晩支払わされます。さらに、身分差別を行った等の損害についても請求があれば、別途支払わねばならんでしょう、不法行為によるものなので、言い逃れができまへん。本家偽装マシーン田中ポン太郎よりも、御○所フジオの方が罪深いのは、他者、この場合おおむね同胞の若者ですが、そういう他人への直接的影響・関係の中で、違法行為を繰り返し、さらには開き直って法律が悪い、と言っているその態度、それこそが鬼畜○器なのですね。

西の方では、○所まで括約筋がもたずに、黄金を車内にまき散らしてしまった人がおられたようです。久間さんの辞任を当然、とか発言するまえに、とっととう○こ経団連会長を痔して、子供たちのフジコフジオ、と呼ばれるぐらいまで、社会奉仕しなさい、聞いてるのか、フジオ。ドラえもんの新しい発明でーす。

僕、フジオ。どこでも○器ー。

一回の使用で、自動的に百円が大野君たちに還付されます。
 
 
 
わしはここが理解でけない (作業員)
2007-07-04 15:37:51
>貧しい貧しい寒村の楢山節考

こないだから言っているように、少子化は、成長せずとも国民一人あたりの所得を増やす、はずだわね。
2000年ぐらいの資料しか手元にないが。我が日本はラインにあがっている中で、パーキャピタ、一位。ポンちゃんがションベンちびってビビっている中国の三十倍はある。左派が理想の国とするスウェーデンの1.5倍ぐらいはある。これで、国民の多くが飢えて死ぬのであれば、GDPという指標に、まったく意味がない、ということになってしまう。どこが、豊かさの指標なのさ。

ついでなので、ポンちゃんにもつきあうと。シャープ亀山のように、ブラジル人を大量に入れて地域をつくっても、同胞の命を救うことができるかどうか、これは難しい問題でしょう。多くの場合、切羽詰まった資本の生き残り、にすぎないでしょう。外国人を入れることについて、なにか意見をお持ちでしょうか。
シャープがやっている唯一のいいことは、数年でブラジルに帰る人々から、国庫に入る金をきっちりせしめている、点です。同胞の暮らし、だけを考慮するのであれば、外国人を大量に入れて、搾取の対象をそれら三国人とは言いませんが、外国人に向けるべきでしょう。少なくとも大野君たちは、同胞ではありまへんか。
で、横槍氏がよく言っていることですが。日本のGDPで、外国との貿易が強く影響しているところは、一割から二割、ではないでしょうか。さらに横槍氏的に言うと、ポンちゃんがチビりあがっている中国様は、1パーセントから数パーセント、の影響力しかないのではないでしょうか。あくまで、今現在、将来は誰にもわかりまへん。
いずれにせよ、GDPが突出していて、国民の多くが飢えている、などというは、ただの失政でしょう。山さんは無政府主義なので、たぶん、「失政なら、いや絶対失敗するから政府などない方がいい」、ということでしょう。
しかーし、悲しいことに、政府があるんだから仕方ない。その亜保政府に御○所タコ社長どもが影響力を持っているんだから、しょーがない、原爆投下はしょーがなくない、で、政権交代を!

最近新しいファンが増えたみたいなので、一旦、わしの結論を言っておくが。わしは、タコ社長どもに、「なにがなんでも正規雇用せよ!」という主張をしてきたのではない。できれば正規雇用してやってほしいが、「このタコ! 法律をまもれ! 守らないのならおめーらアウトローだから、それなりのケジメとらせてもらいまっせ」という主張をしてきたまでだ。野村秋介が生きていたら、フジオはとっくに会長職をやめて、公衆○器になっている。わしは秋介ではなくスケベーなだけのただのオッパイ星人なので、ベッドから出るのは面倒だ。
今は、○器が人間をなめている、時代、なのだ。大野、おまえは一人で戦え。おまえは池田○作のステージをすでに超えている、ということは、釈迦も超えている。スピリチュアルな応援は毎日している。万国の○器使用者が、燃えるようなソウルで鬼畜キヤノンを恨んでいる。だから、トートーの○座は発火するんだ。とんだトバッチリだな。
で、結論だが、わしゃ、ナショナルミニマムにしか、きょーみがねー。右翼のおっさんなど、視界にねー。だって、オッパイに顔を挟まれてるから。あー幸せ。
 
 
 
申し訳ございません (yokoyari)
2007-07-04 17:44:26
山崎様
失礼いたしました。訂正いたします。

覚醒殿
外貨獲得は特に心配することはありません。キャノンが潰れようがシャープが潰れようがトヨタが潰れようが外貨は獲得できます。

比較優位
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%94%E8%BC%83%E5%84%AA%E4%BD%8D

それから、若者の意欲がなくなっているとお嘆きの件ですが、デフレなので無くなって当然です。
諸外国はインフレ、日本だけデフレ。前提条件が違うのです。
ましてや中国は経済成長のさなかです。将来明るい見通しが立てやすい状態でしょう。
逆に日本は経済停滞の状態が続いている。将来明るい見通しが立てにくい。

前提条件が違う、そのことをご理解いただきたい。
 
 
 
みんな J-BOY (mistral)
2007-07-04 19:02:24
>品はないけど芸のある工作員さんへ(業務連絡)

村上龍さんがハマショーを嫌っていたのはわかります。
本当に鼻が曲がる、悪臭のものづくりタウン・O市が
「littleDaddy'sTown」ですもん。
溶けたタール パルプのにおいも、
頼りなく豊かなこの国に世話になっている身、
むしろ誇りに思わなければいけませんが。

で、村上龍さん、同郷のさだまさしも嫌ってました。
ハマショーと区別がつかない、ならまだしも、
最近の龍さんは、さだまさしとも近づいてないか?なんて
思ってます。
げーんーきでいーるかーまちにはなれたかー
小説はまだ大丈夫ですが、地域や経営者への、あの暖かい眼差しは、
こんな感じになっていないでしょうか?

ところで、覚醒さん、どすエの件では失礼しました。
当時の私、偽装請負のフリーターとさして変わらぬ身分だったので、
地域への溶け込みが足りませんでした。
本当は、卒業するまで、「おおきに」言えなかったもんなあ....。
で、「防人の詩」は、おきらいですか?さだまさしの。

本題に戻ります。ファンドの方の村上さん、
灘出身の友達に似ているので、
どうしても憎めません。
もうちょっと枯れて脱力したら、彼はオトナになれるんだろう、
なんて思います。
ということで、「ぼくの好きな先生」(RCサクセション)を歌ってほしいです。
こういう「佇まい」もあることを、感じ学びとっていただきたいな、と。

そいえば、ホリエモンが国策逮捕された頃、CDデビュー直前だったことを
覚えていらっしゃいますか?
作曲した人、知り合い筋なんですよ。
とってもいい曲らしいです。
ホリエモン、練習してたそうです。あとちょっとでレコーディングだったそうです。
国策逮捕がこの名曲を狙ったものということは、十分考えられることだ。

折口さんが「千の風に乗って」を歌いながら
全国の老人ホームを慰問したりなんかしたら、
素敵です。

3人には、まだまだ活躍してほしいなと勝手に思っています。
 
 
 
山さん抜きで (作業員)
2007-07-04 19:25:35
遊んでていいのかなあ。すまんのう、ゆるせよう。ハンケチかみかみ謝っときます。ヘイポーはそのうち、「ヘイポーばかりの草野球大会」というのをダウンタウンに企画されてしまうでしょう。歌の話で言うと、日本のシンガー、特に男のシンガーは、年くうと、なんであんなに声がでなくなるのかなあ、歌いすぎかなあ。佐野元春は、咽頭ガンじゃないのか。伊勢しょーやんも、キショーいしなあ。なんか話が埃っぽくなるので、山さん宛に小説の話をします。

「生きるなんて」読んでいただいた、お礼といいますか挨拶といいますか、遅れてすいまへん。誤解があるといけないので、丸山について一言。「夏の流れ」で賞をとった後、まあいろいろ書いていたみたいなのですが、わしは完全にネグっていました。世紀がかわってからです、改めて丸山を読んだのは。ヘイポーの小説とかもイマイチな感じ、ただ自分が年取っただけかもしれませんが、そんなこんなで、ポストモダンがどうしたには参加しておりまへんでした故、たどりついたのが、丸山の仕事のおさらい、であったのですね。わしは、驚愕しました。「集中力は一日二時間」。これはフカシではありまへん。丸山は、そういうテンションで、一年にたった一冊、大著を書き続けています。好き嫌いは別にして、畏怖を感じます。(開高が好きなのも、そのテンションの高さ、が好きなので、)おまえはなんで生きているのだ? と問いたくなります。丸山の答えは、「わしは牛乳しか飲まんから」ですけどね。
お忙しいでしょうから、読みやすいものを、と思いますが、読みやすいものはないですね。それでも一冊あげれば、「千日の瑠璃」ですな。一日一ページの物語が千日分でひとつのストーリーです。ですから千ページ、ですね。正直、人間業かと思います。内容はシンプルです、田舎の人たちのスッタモンダ。主人公の少年は、いわゆる暖かい子です。読み終わると、体をかしげた少年が側にいる気がしてきます。では、遊びすぎ、失礼。
 
 
 
資源争奪戦の恐怖 (覚醒)
2007-07-05 00:38:05
今までの資本主義国に倍する人数の貧しい人が新規参入し競争条件が大きく変わったことを中心に記してきたが、それ以外に、世界の経済に関連する根本的な状況の変化について説明しておきたい。

それは、資源争奪戦に関することである。石油や天然ガスのようなエネルギーはよく報道されているが、確かにこの2年で石油は倍近いコストになった。そして、3倍の価格になるのは時間の問題だと言われている。この問題は、その存在に気付き、対処方法がそれなりに検討されていますので、ここでは省略します。

広範に気付かれていない問題は、食糧と水であります。地球環境問題で、有名なレスター・ブラウン氏の著書名にもなっているが、21世紀は「飢餓の世紀」だということに関する話である。

20世紀後半は、緑の革命などが寄与して、人類史上珍しく食糧問題が浮上しない時期であった。しかし、現在その様相は一変しているが、その原因は世界人口の増大(65億人、毎年7千万人の増加)と肉などの酪農品の消費の増大に対して、食糧生産量の減少が恒常的になっていることから起こっている。食糧生産の減少は、作付面積の減少、水の枯渇、気温の上昇の影響が出始めている。したがって、20世紀後半に備蓄してきた在庫が2000年から毎年減少し、06年には43年来の低水準となった。備蓄在庫は、収穫直前にサイロに貯蔵されている量を世界人口の1日当たりの消費量で除したスケール(世界の人口の何日分)で示すが、最大130日分あったものが、60日を切る所まで減少した。過去の経験則で言えば、在庫が60日を切ると穀物の価格は上昇し始めるらしく、この1年小麦で14%トウモロコシで22%価格上昇しているが、その原因は供給量の不足である。マスコミは、バイオエタノールを価格上昇の原因のように言うが、穀物は大雑把に言って、60%が食料、36%が飼料、燃料は3%である。確かに増加率は燃料は20%であるが、食料・飼料も1%増加しているので、食糧が燃料に用いられるようになったから価格アップであるするのは、マスコミの勉強不足である。

全体としての需給の話は上記の通りだが、世界が平均的に飢えるのではない。アフリカとインドは今でも食料不足なのに、人口増大が起こるので更に不足となり、飢餓が蔓延するだろう。中国も備蓄をまもなく使い果たしそうで、かっては大豆の大輸出国であったが、今は大輸入国になって大豆価格を上げている。中国の供給量の不足は、作付面積の減少に加え、水不足の度合いが増してきている。黄河と揚子江も水枯れの時期が結構観察されているようである。黄砂がひどくなっているのもその証左であろう。中国東北部では、地下水位は1000mとも言われている。

中国の内陸部で水が不足し作物が凶作となることが続くとどうなるのであろうか。人類の歴史から推測すれば、人々は作物の取れるところに移動を始め、作物が取れるところの人々と衝突することが繰り返されるのではなかろうか。解決策は、武力しかないのかも知れない。

こういう事態になった時は、国境線は比喩的に言って壁にせざるを得ないだろう。食糧と言う生死に関わる資源争奪戦は、日本のサヨクの好きな話し合いでは絶対に解決しない。あの福島瑞穂氏は、それでも話し合いでやるべきですと言うだろうか。


ボーコーイン さん

日本のGDPパーキャピタは、たしか05年、世界24位。年々順位を落とし、イギリスにまで抜かれる始末。今の円安傾向からすると、まだまだ下がるでしょうね。何にもせんでも、日本は豊かやと、官僚みたいな親方日の丸でいたら、えらいことになりますよ。はよー目覚まさんと、手遅れになるでー。
 
 
 
水不足 (覚醒)
2007-07-05 01:18:23
もう1つは、水である。日本は水が豊富と思っておられるだろうが、人口当たりの水資源賦存量は、世界的に見ても貧弱である。アメリカの1/3程しかない。ただ中国よりは、1.5倍ほどあるが、近畿地方や関東地方は中国よりもかなり少ない。

今日本では、水不足になるのは異常渇水のときだけになっているが、実は世界から大量の水を輸入しているからそうなっているのである。小麦1トンを得るのに、1000トンの水を用いる、牛肉1キロを得るためには、21000キロの水が必要である。これを、バーチャルウオーター(仮想水)と言い、日本は食糧や化学製品の輸入で、計算上は600億トンの仮想水を輸入しており、これは、日本国内で実際に用いている900億トンの2/3に相当する。

したがって、国内で食糧を作る時代が来ると、日本の水は足りない。どこかの知事で、気色の悪いバッジを付けて「脱ダム宣言」をしていた人がいるが、後10~15年もすれば、馬鹿なことをいっていた奴がいたよなと言うことになるかも知れない。水危機が食糧危機に影響をあたえるので、更にクローズアップしてくるだろう。今、環境派がダム無用論をとなえているが、10~15年後には、賛成派の人達からつるし上げられる可能性さえある。先般も熊本県知事が始めからダムありきだと国土交通省の会議に文句を言っていたが、時代が見えておらず、農業などは今の条件どおり続くと思っているのだろう。何事も先のことで生きるのに大きく影響する要因を調べないと間違った行動をとる。

諫早湾の水門や干拓事業も今は糞味噌に言われているが、20年後には先見性のあるプロジェクトだったと持ち上げる人がいっぱい出てくるものと思う。

日本の需給率を高めた途端に水問題に突き当たるのではなかろうか。沢山のダム計画は、公共事業のためもあるかもしれないが、計画されたのは農業がまだ衰退する前だったものが多いですからね。


mistrial さま

育ちは大阪でしたから、純粋の京都弁ではないときがありますが、祖母の話してる姿を思い浮かべるとそう言うてたきがします(確信に近い)ので、他で言ってもらっても恥にはならないのではと思ってる次第。「おおきにー」で終わる言い方のほうが圧倒的に多かったですけれど。

さだまさしも、ハマショーも、山下達郎も、好きでカラオケしてました。「防人の歌」もいいですが、「無縁坂」の方が好きでした。
 
 
 
いくらかギョーギがいいので (作業員)
2007-07-05 12:58:25
人妻でも巨乳でもないパンチなポンちゃんに返答しときましょう。偽装請負はもう飽きたか? 紳士服のコナカは、今度は「偽装店長」をやらかしました。本来平社員になれた人たち、だからこそ、平社員のもらうはずだった、残業代、を損害として請求するのですね。もちろん、民事であれもこれも、優秀な弁護士をつけて引っ張るもよし、厳つい顔のポンちゃんのようなパンチ系に相談するもよし、打ち出の小槌でんがな。法律を破ったり、人の道から大きくそれたりした○器は、同○器のつけいる隙をつくるわけです。西武が食いつかれたのは、ポンちゃんのようにパンチの効いた偉い人の墓の上をヘリで飛んだから、ですね。

パーキャピタの話は、手遅れにはなりまへん。1990年の資料をみてください。アメリカのちょうど半分、イギリスにもフランスにもドイツにもイタリアにもシンガポールにも、負けています。問題は、失われた10年とはなんだったのか? です。
 
 
 
訂正 (覚醒)
2007-07-05 17:45:02
05年のGDPパーキャピタは、14位でした。すんません。間違っておりました、訂正いたします。

ボーコーインさん、どんな資料で言っているの、1990年は、日本は7位、アメリカは9位(パーキャピタでアメリカの半分なんてのは大昔だがや。ーー美空ひばりが「りんご追分」歌ってた頃かな?)

この時イギリスは18位、日本の7割弱のパーキャピタ。05年は10位。

飼料のURLつけとくから、よく噛んで呑み込んどきや。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/h17-kaku/percapita.pdf

あんたの大丈夫は、どこの国の立場や。日本を弱らすことしか考えへん工作員やからなぁ、某国から見るとそら大丈夫やろ。

派遣の話は、もそっと先になりま。
 
 
 
本当に困った人だなあ (作業員)
2007-07-05 18:29:51
パーキャピタが何位か、は資料によるんじゃないかなあ、知らんけど。だいたい、何位か、など問題にしとらんでしょう。日本の一人あたりのGDPは十分だし、小産多死化の人口減少段階では、成長がゼロでも一人あたりの所得は増えますよね、としか言っておりまへん。それから、貿易における敗北が、即座にGDP自体を大きく減らすことにはならんだろう、ということと、90年代の大不況でも、常に日本は勝ち組ではないですか?資料(GDP等)によれば、ちゅうことではないでしょうか。

山さんのような専門家ではないので、資料の信憑性にまでは言及しませんが、わしが書いたように読み取れる資料は、「初心者のための経済学 創土社 ページ198」です。GNIとGDPで数字がちがったり、何かわしが混同しているのかと思いますが、資料の表記どうりではそうなります。引用しますと。
「2001年時点で見る限り、略 一人当たりGNIでみると、日本がトップ、続いてアメリカ、スウェーデン、ドイツ、イギリス、フランス、シンガポールとなっている。」
GNIとGDPが全く違うもの(議論に乗せられない程度に)であるならば、この本の表記が間違っているので、わしのせいではありまへん。
 
 
 
少産多死化  (作業員)
2007-07-05 19:14:53
誤植をなおすついでに、ポンちゃんの書き込みを今ごろ読んでみたが、結局、ブロック化にそなえて自給自足圏構想を、ちゅうことか、で、軍備増強かあ。ポンちゃん個人の印象は、額に汗せずに稼ぎたい人、だけど、ほかの人の印象はどうなのかなあ。だんだん、落合信彦みたいになってきたので、わしの落合ネタを披露させてちょ。
落合 「豚は死ね!」
わし 「おまえから氏ね」

人生相談とか始めた方が、客が増えそうやなあ、ポンちゃんは。なんちゃって北方謙三がええで。中国との競争にまけて売れ残った粗製濫造ハンケチ敷いたら、強姦も和姦じゃー、って、叫んでみたらどうか。派遣について勉強してくれているらしくて、有り難いことだが、これまでのジャッジをまだしていなかったので、わしも現場があるので、一旦、まとめを。

大崎山崎というサキッチョ我慢汁コンビが目指しているのは、イギリスをまねた、証券市場のウインブルドン化、である。のだが、困ったことにそのコートに、ルールを守らないタコ○器社長どもが参加させろとうるさく言うだけではなく、ラケットを捨てて牛刀ふりまわしているのが現状。
北海道出身本家田中ポン太郎の、すべての法律を守らない、という態度は、わりと清々しい北海道気質なんじゃないかと思うだけど、山さんどう? あれぐらい、あるいはポンちゃんのように、完全に開き直るっていうのは、イノセントなんでしょう。甘いのかな、わしが。
 
 
 
閑話休題 週間現代 (moto金田浩)
2007-07-05 19:15:39
今日、週間現代を見ました。山崎先生の新聞評の次の
ページに介護のレポートあり。なかなか良い記事です。

利用者の個人負担についての記述。老人ホームに入ると月13万円~20数万円の個人負担。
まあ、個人の年金では無理で家族が普通月10万円は負担されますか。
個人負担分は介護職の方の給与はごくごく一部しか入っていません。
(ごくごく一部というのは介護報酬分の一割が個人負担となっている
ことからですが)
大半は居住費・食費・光熱費等です。
個人負担分を増やして、増やした分を介護職員さんの給与アップへまわすという手もありますが、それは困難です。
従って介護報酬のアップによることとなりますが、厚生省さんも今朝の別の新聞報道によると、介護職の方々の待遇改善も今後考慮の必要有りとあり、前向きに進みつつあります。
感謝。
 
 
 
世話の焼ける奴やな (覚醒)
2007-07-06 00:03:35
GDP(国内総生産)は、分配面からするとこう分解されるようです。(Wikipedia百科事典)

国内総生産=雇用者報酬+営業余剰+固定資本減耗+(間接税―補助金)

人口が減ると、雇用者報酬は減る、会社の売上も消費人口が減るから減る、生産量も減るはずだから固定資本も減る、人数減れば間接税も減りますな、したがってパーキャピタが自動的に増えるなんて思ったら大間違い。しかも年寄りが増えるのだから働き手は一人で扶養家族ばかり多い一家みたいなものになるね。

中国が作れないようなものを開発して諸外国に売らねば今の生活レベルなんてとても難しい上に(簡単に出来ることではないですよ)、石油や食糧の輸入代金が大きく増えるのだから、遊びほうけていたら貧しい社会になるんだよ。(頑張ってキャノンを海外に追い出して、あんたは某国に渡航して、良くやったと褒められて暮らせるのでしょうがね。)加えて、中国が飢えているから、玉突きで半島から武装した難民がやってくるでしょうね。その対応だけでも金がかかるし、悲しいけれど千数百年ぶりに北九州一帯だけではない「防人の歌」なんよ、本当は農作業なんかで猫の手も借りたい状況なのにね。

誰が自給自足と言うたんや。アルタルキー(自給自足)で養える人数はせいぜい3~4千万人でしょうね。海外からエネルギーと食糧と加工貿易の材料とを仕入れないと、1億2千万の民は生きられんのですよ。この課題極めて重要、それをまとめるので派遣は後ということ。
 
 
 
だからさあ (作業員)
2007-07-06 14:28:29
初めからモリタクさん(横槍氏らも)は、雇用者報酬を増やせ(企業は内部留保をはきだせ)、と言うとるわけでしょう。マクロの理論をポンちゃんより知らないモリタク、ありそうだけど、あるわけねー。ポンちゃんは、アメリカ化することで、なにか目の前をよぎっているのだろう幻覚を乗り切ろうとしている、のかどうか、まだ何も語ってないから、さっぱりわからんのやが。
アメリカと日本の違いは、資金調達の直間比率の違いと、消費性向の違い、じゃないかなあ。だからして、銀行のバランスシートがよくなってきた今、投資については大きな不安はないはずでしょう。問題は、国があまりにもアホのてんこ森なせいで起きている、将来不安、による消費の控えと、小泉竹中安倍がキリステタ最下層・それも違法状態を放置したその詰め腹を、蝋人形安倍や鬼畜キヤノンの御○所にやね、リクエストに応えて鴻池風にいえば、市中引き回しの上打ち首獄門さらし○器、なわけや。もちろん死刑廃止論者の慈悲深い仏教徒故、○器から人間へ、と人間革命する姿を子供たちに見せてやれ、○器どもよ、なわけやけどね。子供たちも子供選挙で野党へ!

だいたい、九十年代に話をもっていったのは、ポンちゃんだろうに。ここで山さんにわしがレクチャーしてきた「偽装請負」のキモは、「雇用申し入れ回避」にまつわる鬼畜松下の悪行三昧、についてなのよ。偽装請負・偽装派遣・二重派遣あるいは労災逃れというのは、公取の取り締まり分野まで含めて、今に始まった話ではないし、九十年代の不況などを真因に挙げられるものでもない。そして、今なお、ポンちゃんのようなタコ社長の違法行為によって塗炭の苦しみにあえいでいる我が同胞労働者が多数存在する、わけや。なーにを、大仰な寝言こいとられますのん(偽装請負も、実は旬は過ぎとるんやで。7.31ショック。もう一年やがな。早くに正確な情報で問題を整理できていた評論家は、山さんだけやった。わしのおかげやけどね)。

ほんでから、ポンちゃんは、二年に渡ってJMMの山さんの論説を読み続け、いっぺん言うてみたかった、から、ここで痔説たれながしとる、わけやろ。ほんまにJMM読んだんけ? 吉川先生をまねいて、「需要がたりない」かもしれない話を大まじめに議論したり、煮え切らない玄田をまねいて、最低賃金を上げても経済停滞しないこともあるかも、などというささやかな希望を見いだしたりしたことも、あるんだぞ、山の一党は。ちなみに、わしがここに居座ることになったのは、山の一党が、「ブルーは字が読めないし、日経を読んでいない」ととれる発言をしていたので、「ブルーは日経は読めるが、日経など読むに値しない」という痔説をたれながすことにだな、相成った次第であります、長居してごめんよ、マスター。ねえ、マスター つく打ってやってよ ヒロポン入りのカクテル~ (今日はシミケンで締めてみました。そういえば、ポン中が全然守らない道交法のたとえですが、返答がないままなので、わしが結論を書いておきます。「偽装請負」は、スピード違反ではなく、轢き逃げ、です。容疑者はまだ逃走中です。リンチという手もあるのですが、ポン中の○器を壊して器物損壊で臭い飯食っても毎日○器と向き合うだけなので、犯人に心当たりの方は、近くの労働局へ御一報を。労働局のアホタレが、おめこぼししているようでしたら、わしに御一報を、貧乳でも受け付けるが、パンチパーマのおっさんは、あかんで)
 
 
 
ありゃりゃ (作業員)
2007-07-06 15:08:48
読まずに返答したら、なんだポンちゃん、自給自足圏を読み取れてないじゃないか。君、法華経徒石原完爾読まずに、最終戦争に子供たちを導いてはいかんよ。ポンちゃんは、中国に侵略して満蒙自給自足圏をつくる、という考えでは、どうもないのですね、ごめんよ、工作員としたことが正確に読み取れずに。
どうもポンちゃんの痔説にピンとこなのは。中国の資本主義の歴史四千年、という事実を知らないのではないか、という点だなあ。赤い中国なんぞ、オマケ、やで。国民国家・国際間競争など、明治からあるわけ。たとえば、藺草畳表とか、その他雑貨等なんでもいいよ、大きな世界シェアを一度は獲得したけんど、中国の廉価な製品に負けて、しぼんでいった産業あるいは製品など、いくらでもあるやろ。ポンちゃんの木村剛に融資を断られた粗製濫造ハンケチ工場など、初めから競争しようというのが甘いんじゃないの。
人口の話やが、生産性を落とすなってことか。(人口減少で、落ちない気もするけど。)生産性などどうなろうが、五十年後八千万、五百年後ゼロ、でしょ、トンパチでパンチな我が大和民族は。本来お国のために毎日、山さんみたく交尾子作りに励むべき同胞たる大野君たち請負奴隷に、柔らかでスプリングの効いたベッド、巨乳あるいは貧乳の嫁はん、最大の果実無邪気な子供、用意してあげらるのは、絶対的に用意しなければならない、わけではないが、一応の可能性を一番多く持っているのはだな、現人○器フジオですね(山さん流に言うと、甘えてはいかんぞ!、大野。わし流に言うと、サイの角のように、一人歩め!)。まあ○器は、三億ポッポに入れて、このまま○器桶に入るつもりらしいですが、で、大分に古糞を造るんでしょう。ベンの風になって はもうよろしいな。
 
 
 
身の程知らぬ話ですが・・ (覚醒)
2007-07-06 19:19:26
Yokoyari さま

折角山崎さんの前向きな助言を、あなたが受け入れておられる折ですので、私から何故、あなたの投稿にお答えしないのかの理由を開陳して、ご参考に供したいと思い投稿いたします。ただし、これから申し上げることは絶対に正しい訳ではなく、単に私がそう思っているに過ぎないことですので、そのように認識して下さい。ただ、私が反論とか説明をしてもあなたが受け入れる余地がなさそうなので、パスすると申し上げたところもございます。

① 議論で決まることと、決まらないことの区分がなされていないこと。
 経済学と言うの学問は(私は、偉そうな事を言ってますが単に独学ですので、割り引いて聞いてください)実社会の生起している現象を、原因と推されるものとの因果関係で説明する仮説の体系であります。したがって、自然法則に基づく物理とか化学とは根本的に異なる学問でして、時代とともに仮説が変化するものです。(時代と共に諸条件も変わり、人の考え方も変わりますので、現象を支配する原因ですら変化します。)

例えば、乗数効果ですが、ケインズは時代を画する洞察で公的支出が雇用を創出し、その連鎖で完全雇用になる意味の説を出し、ヒットラーが証明しました。しかし、小渕総理の時代の公的支出は、そのような効果が極めて小さいことを示し、日本の1970年代とは異なる効果しか持たぬことを事実として問題提起し、その変化を説明する仮説が閉鎖系、開放系経済といなっております。事実、Whikipediaでもそう書いています(効果を相殺する要因参照)。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%97%E6%95%B0%E5%8A%B9%E6%9E%9C

事実が先にあり、それを説明するのが理論ですから、あなたと私の議論で決まるワケがありません。私は、あなたの「乗数効果があるの認めましたね」の言葉で、言っても無駄だと思いました。(私は小渕総理の公的支出の効果を注視していましたし、開放系が原因なる仮説をたてておりました。Whikipediaを見たのは昨日で、これなら信用されると思い貼付けました。)

② 事実を間違って記憶しておられるように思います。
端的なのが、日本だけデフレで世界はインフレ、だから子供の意欲が無くなると言う論でして、1990年代中ほどから、先進国は全てデフレでした。ゼロ金利にしなくてはならないほどの国は日本だけでしたが、アメリカはITバブルで繁栄していた90年の後半でも物価は余り上がっていなかったはずです。ITバブル崩壊後は、金利を0.75%(02年)まで下げています。先進国がそうなるのは当然で、以前の投稿でも申し上げたように9億の先進国に18億の購買力は乏しいが働く意欲は強い人達が新規参入したのですから、供給能力過剰になったのです。ドイツもフランスもデフレと失業問題に苦しんできたこの10年だと私は認識しております。(参入から20年近く経って、新規参入の人達も少なからず購買力を持つようになり、先進国の経済も一息入れているのが現在だと思っています。)

こういう事実が異なると、議論できないのです(失礼ながら指摘しても受け入れる余地なく、また焦点のずれた反論がくるだけなら、やめようと思うわけです。)

③ 経済学説に対して基本的な誤解をしておられるように思います。
比較優位説を参照せよと言う一方で、日本にトヨタもキャノンもシャープも要らないと言う話になるのが、どう考えても誤解だろうと思ってます。あなたの紹介のWikipediaにあるように、タイプライターが秘書より速く打てる政治家は、政治活動も秘書の仕事もすべきかと言うと、間違いです。政治家は政治活動に専念し、秘書にはタイプが下手だけれど秘書業務をやらせた方が、トータルアウトプットが増えるというものです。今の日本の貿易の構図を概念的に言えば、比較優位である自動車、事務機、工作機械、電気製品などを作り輸出し、比較劣位である石油、食糧、金属とその原材料を輸入して成り立ってます。すなわち、耕地面積が少ない上に地主が多数で、起伏の激しい田畑での食糧生産は生産性が悪いので、工業製品の生産に集中して生計を立てていると言うような構図であります。したがって、あなたの言われるトヨタ、キャノン、シャープがなくても大丈夫と比較優位説を出される意味が理解できないのです。確かに、重厚長大産業が発展途上国の需要増大で復活しておりますが、通常製品なら需要国での生産を強要されることになるでしょう。いずれにせよ、長期の努力でやっと得た比較優位の産業を放棄して、何を生業になさろうというのでしょうか。

類似のことが、「金融緩和の話」「為替の話」「お札を刷れば日銀が儲かる話」・・いずれもどこか考え違いをされているに違いないと思っていますが、ややこしいのでここでは略します。

私は議論をするのを厭うものではありませんが、すれ違いになる議論は辞退します。私の考えが誤解だったり、間違った説に依拠していたりするせいかもしれませんので、その場合には謝すのみですが、一度ご検討くだされば幸甚です。

山崎さんのご指摘については、私は気にしない方です(申し訳ないですが、勝手に言うとれと聞き流せるのですが、焦点が異なっているので反論などしようとは思いません。)しかし、そうでない方も多数おられますので、論の立て方は山崎さんの言われるようにされた方が良いと存じます。我が身の程をわきまえない話ばかりで不快でしょうが、お許し下さい。
 
 
 
ギョーギよくていーんだが (作業員)
2007-07-06 19:32:32
御○所キヤノンはすでに外資(総連などと扱いは同じでよい)。日本郵船の糞刈のところも、外資持ちで、石原いわく三国人しか雇わんやろう。で、二人とも、「日本には法人税は一円も払わん」と言うとるわけ。少なくとも御○所糞刈などは、スッパリ無視する度量がほしいなあ、パンチでも愛国者には。では、社長の顔に死相が出ているパソナのねーちゃんと食事でーす。
 
 
 
一点ずつ行きましょう (yokoyari)
2007-07-07 05:08:23
覚醒殿

先に確認したとおり、輸出の名目GDP比は2割程です。

wikipediaから引用ですが
>国際的な取引を考えない閉鎖経済では需要の拡大はそのまま国内生産の増加に繋がるが、国際貿易を考慮すると国内需要の増加分の『一部』は輸入の増加となって海外に流出してしまう。

となっております。
開放経済というのは乗数効果が一部弱まる理由にはなりましょうが、輸入はGDPの2割程度なのでそこまで極端に効果が弱くなる理由にはなりませぬ。
このあたりはどのように説明なさるのでしょうか?
 
 
 
実質実効レートの下落=交易条件の悪化 (作業員)
2007-07-07 15:03:46
交易条件論争というのがあるらしいが、イマイチ交易条件というのがわしには理解でけない。安く買って高く売れる条件だ、と言われるのだが、おまいら円安望んどるやろ、と思うのである。いつか、の話でいいが、ポンちゃんの望む経済状態って、交易条件はどないな水準であるべきなのか(交易条件もただの結果かもしれんが)、このまま原油等輸入物価が上がって、どんどん交易条件が悪化するのは、好ましい状態なのか、教えてほしいなあ。大円安なら、輸出企業はポンちゃんの望むような復活を遂げそうな気もするし、海外から何も買えなくなるような気もするし、わからんなあ、わしには。

ポンちゃんのような愛国的経済学を社会に反映させるのであれば、国内法だけでなくいつものように国際機関とかも一切無視して、最低時給を、石原いわく三国人時給250円、アズマエビス時給400円、日本人時給1000円、にすればいいような気がするが。
そういう仕組みをつくったところで、鬼畜御○所キヤノンの大野君たちは解雇され、日本中の工場で三国人かアズマエビスが雇用されるだろう。もちろん、その他、田中ホープポン太郎経営の鬼畜○器ハンケチ会社等も、それら新品の部品な人々をまたまた偽装請負で雇い、キ印をまねて食堂まで昼休みの時間ではたどりつけないような工場を建てまくるだろう。あるいは、鬼畜マネシタ電器を真似てポン太郎は、どさくさに紛れて、あろうことか公金まで引っ張るだろう。資本の論理はしょせん守銭奴○器が好きな論理であって、そしてそれはそんなに悪いものではない(村上欽ちゃん弁)、からして、おまいらアニマルでいいから、ただ法律を守れ、愛国など口にするな、でいいんじゃないかと思うのである。
と、ここまで書いたら、なんだか創氏改名はきやつらが好んでしたことアンドうちだけは強制連行はなかったの麻生炭坑が思い浮かんだ。麻生ポン太郎、ぴったりだなあ、名前負けの反対だ。

最低時給について思い浮かんだことがあるので、書いておく。最低時給はとりあえず、期待最低時給千円でどうか。何年後かはわからんが、いずれ千円まであげるというのでどうだろう。で、ヘイポーの好きなイレブンが時給千円を達成していれば、ご褒美で消費者はイレブンで山さん寄稿の週刊現代を買ってあげる、とかいう仕組みはどうだろうか。ひねくれているので、ポンちゃんなんかは、最後の最後まで最低の最低の最低時給で中国人を雇っているファミマいや、いいかげんなことを言ったら抗議がくるから、抗議がきても洒落が通じるように、山さんのツレのローソンということにしておく、もっとも効率的な(できうるならば違法な)経営をいつまでも続ける○器会社のあくまでも話の例えとしてよ、ローソン。
 
 
 
閑話休題 地元介護の会で (moto金田浩)
2007-07-07 17:26:09
先ほどまで地元で介護の会に参加していました。

介護を受けるご家族が中心の会です。また、ご家族
が自宅で介護を行っている方も参加されています。

介護が大変なことから行政の方も色々と指導する立場
もあって参加してくださっています。

そこで介護職の方の待遇の悪いことを訴えました。
あまり知られてなくて私も唖然としたものですが
もっと訴えなければと痛感しました。

案外このことは業界内では知られていますし行政も
わかってくださってはいますが一般の方はまだまだ
知っていない様子です。残念ですが。

もっとメディアの協力を得なければ、、、。
 
 
 
閑話休題 会 2 (moto金田浩)
2007-07-07 20:32:10
この会である方の本音が。
この方はご主人の介護を長年続けられていたのですが
とても365日24時間拘束された状態での介護に疲れ
はてられ、ついに思いあまって老人ホームにお預け
になられました。世間的には非難されるのではないか
夫に対して悪いことをしたのではないか、、等々
悩まれたとのことです。
しかし、一方ではほっとした。もう介護から開放
された。安堵の気持ちの方が勝ったと。
費用もいるがそんなことよりほっとしたことの方が
良いと。

で、その方は介護職の方の待遇のことは知らない
とのことで、話すと理解してくださいました。

 
 
 
閑話休題 会3 (moto金田浩)
2007-07-07 20:40:04
女性の80歳の方のお話。
ご主人は20年前に亡くなりお一人。極めてお元気。
はつらつとされ介護のボランティアされています。
ご主人は当時介護が必要な状態だったとか。
しかし既に20年前に、、、。

そういえば、早くにご主人をうしなった未亡人の
方はどういうわけか、多くの方がお元気ではつらつとされています。
年取ってご夫婦健在の方の奥様はどういう訳か
元気がなく、お疲れのご様子。全部とはいいませんが。ふしぎでは有ります。
 
 
 
閑話休題 会4 (moto金田浩)
2007-07-07 20:48:32
老々介護が多くなっています。
ご主人か、奥様かどちらかが要介護状態となり
困っておられます。
多くはご主人が要介護状態ですが。
お互いにお互いを思いやっておられます。
涙がでます。
しかし、基本的には体力・気力が伴わず無理が
来ます。
介護のお世話にとなります。


 
 
 
ポンちゃんに愛を (どんぐり)
2007-07-07 21:37:35
yokoyariさんのご意見はもっともだと思います。乗数効果が下がった原因は、①非ケインズ効果、②企業の借金返済、③開放経済 等だろうと思います。おそらくyokoyariさんもだいたい一緒じゃないでしょうか。

ポンちゃんがついにゲロったように、実は浅学の身なんだそうです。僕たちと同じようにわかっていても書き足りないことあるでしょう。その当たりは補って読んであげればよいと思います。

ポンちゃんは「議論で決まることと、決まらないことの区分」を話したくて、その一例を乗数効果で説明しています。これもし違うと思っても、本旨の部分じゃないし、大目に見てもいいんじゃないかな。むしろポンちゃんはロバ耳ではレアな意見を持っているので、この差異を楽しむくらいのスタンスでちょうどいいと思います。

どちらかというとみんなから攻められているスッポンポンのポンちゃんをたまに判官ひいきしてみようと思いました。

あと僕もポンちゃんに質問したいことがあるけど、あまりパソコンの前ばかりにいるわけにもいかないので、また今度ね。
 
 
 
挑戦課題を明示する (覚醒)
2007-07-07 21:48:00
今までの話を、荒っぽく要約すれば、今まで比較優位で世界の需要を一手に引き受けてきた組み立て型の工場を、中国がやるようになり、(これを日本に戻せるなどまず不可能であるから、夢想だにしない方が良い。もし、戻ってくるなら、中国より日本の方が安い給料になっている時だから、日本の殆どが下流社会になっている暗い時代だ。)日本は退潮の現象が色んなところに出てきた。(格差、派遣、国の負債1000兆、極低金利・・)

したがって、中国に対して比較優位となる仕事を生み出さねばならない。それは開発とか発明とかソフトやコンテンツである。その基本に、我々の価値観の変革が大事であり、格差を許容し成功者を祝福し、自らもそうなるよう努力するものの考え方にならねば再びの成功がないことを説明した。

また、目の前に潜在している極めて大きな変化として、食糧と水の問題があり、また、当然それと関連もするが、地球温暖化問題もあるし、それにつながるエネルギー問題も厳然として立ちはだかっていることをしめした。

どなたかから、失われた10年とは何であったかとの質問を頂戴したが、私は、「目的を見失い徘徊して問題の先送りを繰り返した年月」だと思っている。豊かになることを目的にして勤しんできた1億の民が、それが達成した途端に、茫然自失となり目的を見失った。見失った人達は、何をしたか。全員が、浮かれ呆けて、私欲の充足に走ったのである。勉強は良い会社に入り、安楽に暮らすためであり、役所に猛勉強で入りさえすれば、安楽に過ごせばよいだけの意識しかなくなった。こういう民は、自分の周りの仲間と一緒に、公金であってもくすねて皆で使うなら「私個人のためにやっているのではない」と言うエクスキューズで平気で会社や役所の金をチョロマカセタのである。

全国に広く見られる役人のカラ出張やカラ残業などであるが、一方では中高生から人妻まで「援助交際」の呼び方で売春をするのである。およそ、世界で良家の子女が平気で売春をする国は日本だけであるろう。この風土の中で、ホリエモンや村上氏を血祭りに上げても何にも変わらない、変わる筈がないではないか。守旧派に踊らされたであろう検察の、薄汚い魂胆での捜査そのものが、問題の所在をあいまいにさせただけで幕引きになるのであろう。ニートの存在など、目的の無いことゆえに発生した現象だと思っている。

いくらこれらのことを罵っても全く変化しない事は、皆が経験している。こうした不具合の事が少なくな理消えるのは、人々が目的を定め意思をもって行動し始めたときである。そして、自分のためだけでなく、皆のためにもなることをやるんだと言う大義名分を得た時には、更に元気になる。そして、その課題は、私達を押しつぶす程大きな姿で我々の前に存在しているのだ。

これらの課題(既存品の創造的発展、食糧、水、エネルギー、地球温暖化防止)の存在を、国民皆の前に示そう。それが、チャレンジのテーマなのだ。この難しい課題を、自らの意思で解決するように活動すれば、日々の作業は苦しくとも創造の喜びを知ることで、面白い日々になるはずだ。こういう大義名分のある目的を持った人間は、瞳は輝き、自らを律するから品格も高まる。


ボーコーイン さま

「交易条件とは、製造業の投入物価と産出物価との比率であり、前者の上昇ペースが後者のそれを上回った時、従って例えば、原材料価格が上昇する中で製品価格への転嫁が進まない時、交易条件は悪化する。」
と書いてある。ぼちぼち、価格転嫁が出来る雰囲気になってきたから、交易条件は改善なのかな。

 為替レートについて言えば、円高であっても貿易収支が黒字となるのが私には理想なんですがね。円安は駄目ですよ。我々の労働を世界に値引きして売ってるだけだし、国力が落ちている証左になるだけ。

 
 
 
疲れまする (覚醒)
2007-07-08 00:09:17
Yokoyari さま

あなたの議論しようと言う内容は筋違いなんです。Wikipediaに書かれている内容が正しいかどうかの議論になるわけですから、私に対してではなく、(あなたの好きな)経済学者にお尋ねになるのが適切でしょう。(こういう問いかけは、おやめになったほうが良いと思います。以降ご返事いたしません。)

専門家でもない者がここで論じてもケリの付く問題でないことは確かですが、小渕総理の時代の公共投資は、景気浮揚の効果を生まなかったことは広く認められている事実です。この事実だけで十分でしょう。

ただ、あなたの数字をそのまま使って、少し試算しておきますと、(消費性向0.8 海外流出0.2)閉鎖系なら、乗数効果は5ですが、開放系では、2.7となります。単純な計算でも半分になりますね。(消費性向が0.8ですが、国内に残るのは、0.8を乗じるので、0.64になります。)

多分当時は、消費性向はもっと少ないものだったでしょう。それが証拠に、バブル崩壊の後の1993年頃から2005年頃までで、国民の資産は、1200兆円から1500兆円と25%も増えてます。ただ、消費性向が当時いくらかは知りません。

また、GDPは付加価値に近い概念だから原材料費は算入されていないようにも受け取れるし、しかも全産業の付加価値だから、消費財はその一部であり、その消費財の海外流出比率なので単純な(輸入金額/GDP)ではないはず。流出係数をいくらにしたらよいかはわかりません。
 
 
 
挑戦課題を明示する前に (どんぐり)
2007-07-08 01:30:04
どんな仕事をするにしろ、成果を出すポイントは「THINK」でしょう。ものごとの本質を見抜くために考える習慣やコツを持っている人は、おおむね賢いといわれるようです。卑近な例ですが、一緒に仕事をしている人が「なぜこの仕事が必要なんだろう」と考えて、理由がわからないものは「こんなくだらないことしなくていいじゃん」と止めてしまいます。僕はなかなか頼もしいなあと見入っています。

僕が教育がキーワードになると思います。今の教育には「THINK」が欠けています。たとえば歴史のテストなんてくだらないですね。もちろん「徳川家康」は知っていてほしいけど、今はGoogleで調べたらすぐわかるんだから、細かいことまで覚えなくていいでしょう。理想の教育スタイルとしては、たとえばバレーボール部をどうやったら強くなれるかを考えたり、将棋を追求したり、皆さんのように経済を勉強したり、何でもいいから好きなことをとことんできるようになるといいなあ。それでもって道の奥深さを知って「わけいっても、わけいっても、山」という歌をきいて、「たしかにそうだよなあ」とため息をつけたらシメタモノです。

「THINK」の習慣のある人ならば、エネルギー、地球温暖化防止にとりくむにしろ、マンガを描いたり、チェスプレイヤーを目指すにしろ、いい仕事ができるんじゃないでしょうか。自ずから比較優位となる仕事も生まれるでしょう。
 
 
 
キーは大学入試の改革 (覚醒)
2007-07-08 11:28:49
創造的な人間を育てるキーは、教育である。私は高等教育を変革すべきだと思っている。

今、格差の固定化ということで、金持ちでないと東大に行けないという話がある。そして解決策として、子供が塾に行ける給与を皆がもらえるように格差をなくせと言われている。何故、そう言う解決策なのだろうか。

塾に行くか行かないかで合格率が変わるシステムがおかしいのだ。塾は、試験上手を育成するシステムにしか過ぎないと思う。試験上手が、良いと言われる大学に入り、良いと言われる大企業や官庁に就職し、安穏な人生を送れる、そういうシステムがおかしいと誰も思わないこの国の不思議にまず気付くべきなのだ。格差の固定化は、試験だけ上手を育てると利益が出ると言う社会システムが根本的に間違っているだけで、格差問題とは切り離して考察すべき問題である。

そのようにおかしいシステムなのに、更に弊害が大きい。センター試験が出来て、明確な大学の序列が出来てしまった。それ以前は、A大学のX学部は日本一などとそれぞれが言って頑張っていた。それぞれの大学は、互いに異なる特徴があるのだから、順位をつけられないはずだし、つけても意味がない。ある分野に限定して、文献の引用回数とかの評価基準で順位をつけることは場合によっては意味があるかもしれない、なぜならそれで皆が研究を頑張るからである。しかし、大学全体の順位など無いはずだし、たかがセンター試験、すなわち入学試験の難しさで順位が決まるなど全くナンセンスではないか。単に、試験上手の順位だけなのに、それが大学の順位になぜなるのだ。こんなものは廃止しよう、百害あって一利なしである。

青色ダイオードの中村修二氏はこんな提案をしている。「自分が総理大臣になったら翌日に大学入試を廃止する。大学入試を廃止すると何が起きるか。最初は東大医学部に10万人集まるかもしれない。 でも教室には100人しか入れないとします。それでいいんです。 本当に講義を受けたい学生は。前の晩からテントを張って並びますよ。それがやる気のある学生なんです。年に1~2回試験をして、出来ない人には辞めてもらう。辞めた人は入試がないからすぐ別の大学に移れる。」

基本的に賛成である。大学で学んで所定のレベルを達成したところで学士の称号がもらえるはずで、今のように入試で決まるものではない(入学できれば後は楽であった)。東大医学部に10万人で混乱が起こるのなら、今の定員の2~3倍入学を認め、勉強しない学生は振り落とせばよい。何故2~3倍かと言えば、学校の教室には入れないだろうが、インターネットで授業が受けれるようには出来るから授業は大丈夫なのだが、試験の会場と採点の困難さからケア可能人数で足切りをしたらよい。

私の経験からでも言えるのは、「試験上手」と「仕事が出来る」との間に相関があるとは思えない。日本電産の永守社長が随分昔に書かれた本で開陳している話に、彼が工夫した試験で、試験の成績と入社後の仕事の成績の間で一番相関があったのは、筆記試験終了後(この成績は参考にしただけと言う)に行なった、昼食の弁当を速く食べた順位だったと言う(食べるのが早い順に採用したらしい)。彼の解説では、早く食べれる人は体が頑強だから、エネルギッシュで仕事が出来るのだろうとしていた。(つづく)
 
 
 
困難にチャレンジする愚直が大事 (覚醒)
2007-07-08 11:44:32
私たちもいい加減、「試験の成績が良い=賢い=仕事が出来る」と言う公式を捨てよう。これは、中国の科挙の思想であり、清(支那)が滅びたのも科挙で選ばれた宰相の節操のなさである。本で読んでも、私の経験でも、頭のよいと言われる人達の多くは、困難から逃げる要領のよさは持ち合わせているが、困難にチャレンジする愚直さはない。だから、少しばかりの改善はやれても、本質的な変革となるような開発や創造はしないことが多い。理路整然と、やれない理由を説明して、やらない自分の弁護をしている。創造的な社会になるのに、障害物になることが多いのではなかろうか。

創造性を高めるための教育改革の一部を提案したが、それ以前の考え方に一言記したい。それは、高野連の特待生問題に端的に現れているように、知識の学問がメインで野球などはデザートだと言う思想である。したがって、職業的スキルや知識をつける専門学校などは、大学や短大に比べて一段も二段も低い地位に見られている。しかし、JMM(07.06.08)春具氏のオランダレポートに詳述されているように、「世界を見回すと、ロシア、東欧(チェコ,スロバキア,ルーマニア、そしてセルビアとかクロアチアとか)、南米など、勉学なんかどうでもよく、スポーツで生きていくのだという姿勢が明確であります。」の考えが拡がっている。日本が世界にキャッチアップするところにおいて、学問が多大な効を果たしてきたのは確かである。しかし、全員がベルトコンベアの前で組み立てをするような仕事で生活できなくなった今、基本的な考え(全員に学問を強要する)を変えなくてはならない時期だろうと思う。創造の世界で世に貢献することも、スポーツの世界で皆に感動を与え人々に貢献することも共に等しく貴いことなのだから、高野連の時代感覚は、守旧派の最後のあがきなにしたいものだ。それにしても、「お金とは無縁です」を看板にする高校野球を、新聞の拡販に使う朝日新聞という会社は、売るためには何でもする会社なんだろう。そう、日本さえ売るのだから。


どんぐり さま

長文の投稿を繰り返していますので(山崎さんすみません)長文は1回/日にしていまして、教育は本日になりました。言われることは大賛成ですが、大学入試センターを潰すことは至難のことでしょう。(失業者が出ますし、文部省の天下りがなくなるので、大学の先生など総動員で潰しにかかるでしょうね)したがって、まずは課題の提示で世の中がそちらに動き出す必要があると思ってます。

THINKと同様にTRYが大事と思っております。失われた10年(本当は15年)は、日本全体が官僚化し、TRYもTHINKもせず、政府にDEPENDして政治を批難する他責の時代でした。その意味で、FIGHTING SPIRITが更に大事だと思っています。

コメントならびにカバーして頂き感謝します。
 
 
 
特にコメントはないのだが (作業員)
2007-07-08 16:45:31
>年金度度があるから少子化になっていると思うし、その点から国がやるべき事業ではないと思っている。(弁田中ポン太郎)

語録から漏れていたので、付け足しておく。年金制度廃止、を支持する人は、安倍ちゃん池田大○ちゃん政権へ一票を!

なんとなく、教育の話になっているようなので。こないだ読んだ英語教育の本に、アメリカの中学生の政治のテキストは600ページ、歴史にいたっては1000ページで、もはや百科事典と書いてあったような気がする。ポンちゃんの好きな扶桑社のテキストも、これぐらい分厚くすればいーんだよ、過去のことは。ポンちゃんの心配は、岡崎ヒヒジジイ久彦的には、問題ではない。とにかくユダ飴をなめ続けてさえいれば、心配ないって我が日本は。子供たちを安心させてあげなされ。

で、わしも閑話休題。わけいっても、は、山頭火の
わけいってもわけいっても青い山
のことだろうか。わしのオヤジは廃人の俳人なので、親孝行をかねて俳句の話に無理矢理ひっぱると。水道メーター談合で有名なエロメールみのもんたが、ザードとかいう女の人の名前をセンスイと呼んだそうだ。この話を聞いたとき、銭まみれのみのも、たまにはポント町で都々逸ではなく俳句をたしなむのか、と思ったものだ。荻原井泉水という人がいて、この人に金をせびりたおして小豆島で野垂れ死んだのが、ボブと並ぶレゲエの神様で東大法科だからまあ山さんの先輩であり、尾崎豊とはたぶん血縁にないだろう、尾崎放哉その人である。から、歌ではないぞ。ちなみに、こういう句もある。

すばらしい乳房だ蚊が居る 放哉

鬼畜キヤノン御○所フジオねたに無理からひっぱると

いれものがない両手でうける 放哉

ぱくると、

いれものがないフジオでうける 作業員
 
 
 
kabadhi (mistral)
2007-07-08 19:00:09
学力以外でもOK、いろいろTRYすべし、と総論はいいとして、
受け皿として、多様性に対して寛容な社会が必要なように思えます。

そういう社会、個人的には魅力を感じつつ、
この国内では「働かざるもの、食うべからず」が現実なんかなあ、とも思うのです。

英国なんかだと、バンドやっている若者は公団で家賃浮かして
クリエイティブ活動に専念しています。
私が好きなバンドのメンバーは「教会の管理人」でした。
現在好きな音楽家は、英国在住レバノン人です。

外国人の「天才予備軍」が、公団住宅に住んでサッカーだかカバディだかロックだかやっていて、
いわゆる(「ものぐさ太朗」状態)、わが国の皆さんは、果たして寛容でいられるか。

http://it.jeita.or.jp/infosys/f-office/paris0204/paris0204.html

要は、おフランスは農業と観光資源でニホンよりも余裕がある、という論です。
ごく短期間のおフランス滞在経験からも、私もこの論に
妥当性があるかなと思ってます。
国が、というより、ミクロな私の生活設計として。

若いときは好きなことに没頭して、ダメだったら
「イヤなこと=レイバー」を8時間だけこなして、
40でリタイアして畑仕事に年金で、というライフスタイルは無理だろうなあと。

欧州のお店で、「引き算ができない」店員を目の当たりにし、
「これだけは、我が祖国では通用せんだろうなあ」と思いました。
そんなわけで、私は「基礎学力論者」です。
数学と国語(→その延長として外国語)は、
猿のようにやった方が有利ではないか、と。

鉄のドイツ国民を創るために開発されたというラヂオ体操よりは
太極拳派ですが(←鬱に強くなるので、日本国民にはオススメよ)、
百ます計算、魚へんの漢字、百人一首にビートルズとランボーの暗誦、は
悪うないと思ってます。
(考える力と基礎学力は「車の両輪」であり、
ニワトリが先か卵が先か、という話になることは承知で言うてます。)
 
 
 
カバディできたら外務省就職可とすべし、と書きたかった (mistral)
2007-07-08 19:04:22
大学無用論、某国の文化大革命みたいだなあ、
あるいは大体みんな入れるけど教室が足りない「おフランスの一般の大学の現実」は
そんなにスバラシイかなあ、なんて思ったりします。

今時、高校3年間、6科目を最後まで真面目にやって、
面倒な記述式を真面目にやる学生は、
「国ぬ宝」ではないかと思うのです。
要領のいい今どきの子は、2、3科目に絞って私大受けます。
大学全入時代なんで、高3の秋には、そこそこの大学に推薦が決まります。
私立大の問題は記号選択式が中心で、今時、記述式の国立受験なんて、
参加するだけで本当に立派なもんですよ。

「考える力」。聞こえはいいですが、
これの推進者(大学の教育学部、知識人など)はエリート選別の
傾向が強いです。しかも「ゆとり教育」推進論者に多い。
また、現在、学校現場で行われている「総合教育」は
この「考える力」に力点を置いています。今、実施中なんですよ。
(現場の教師がダメだから効果ないのだ、というのは簡単ですが。)

ちなみに。旧司法試験に強い某大学、数学が入試に必須でないから
数学必須の「山崎さんの母校」に「考える力」で差をつけられている、という
指摘もあります。
某大学の法学部教授に聞くと、大学以前の差を大学で逆転することは
現実としては難しいというてまして。

大学の代わりに、全員、トヨタに入れて、アンドンつけて「なぜなぜなぜ」を繰り返したらよい、
頑張るやつは工場の周りをぐるぐる回ってジャストインタイムするだろう(それが競争だ)
思うのですが、じゃあキ○ノンならどうなんだと言われそうなので。

私が考えられるのは、地元で聞いた「古老の知恵」です。
曰く、
「海軍があった頃は、よかったんじゃ。
海軍は帝大出よりよっぽど偉かったけ、帝大の連中も
でかい顔できなんだ。貧乏でも海軍に入れば出世できたけ、
大したもんじゃ。」

よって、私の提案は「海軍復活」。ダメっすか?
テーマ曲は、YMCAでおなじみ、ヴィレッジ・ピープルの「イン・ザ・ネイビー」。
(ネイビーで素敵なアニキに出会えるぜ、という歌なんですが)

山崎さんの母校を全国展開、(例:なんばパークス校、天王寺フェスティバルゲート校)
なんてのもいいでしょうが、
企業の人事担当者の意識が変わらない限り、難しいでしょうね。
個人的な経験での話ですが、
「山崎さんの母校」の方は、私よりは考える力や突き詰める力がある人が多く、
なかなか優秀だと思うてます。「相撲最強論」ではないですが、「山崎さんの母校最強論」を
感じることがあります。悔しいですが。

ちなみに。就職して、お金持ちが多いというK大(内部上がり)の人たちと親しくする機会がありました。
経済的な格差は学力では逆転可能だが、教養となると、逆転が難しいなあとも痛感しました。
「自由な発想力」はこの教養によることが多いとも。
つまり、格差はより発生しやすいのです。

大学入試というお題には、青春時代の怨恨が表出するようですが、
マクロな国益のためには、科挙も宦官も工作員も
各々の私的な恩讐の彼方で「各員がその義務を全うする」必要があるかと思います。
と、ネルソン提督も夢で言うてました。

本題に戻ると、ファンドの村上さんは、「山崎さんの同窓生」というよりやっぱり「灘高」で語りたいです。

 
 
 
閑話休題 うーん (moto金田浩)
2007-07-09 00:04:58
今晩も何か書き込みしたくて入りましたが
頭が回転せず、、参りました。
今朝の各局の報道番組の中で介護職さんに
ついてのコマーシャルがいつものように
流れていました。
あからさまに待遇向上を前に出さずサラッと
流している。
こういうやり方も良いのかなぁーと感じて
おります。
 
 
 
コンペを活用すべし (覚醒)
2007-07-09 19:42:51
具体的に開発を推進する時のやり方に関することである。

開発テーマが決まると、現在の推進方法は、企業等からの申請を受理して、書類審査などを経て助成金を出すとか、大学の研究室を選んで補助金を出すとか、競争入札ないしは特命で1つの会社に任せるなどが通常のやり方だろう。

わたしは、NHK主催の高専のロボコンのような、オープンのコンテストを多用すればよいのではないかと思う。あるレベルを満たしている参加者には、(領収書などの添付した書類の提出は必須だが)、一定額とか一定割合(当然上限がある)の奨励金を出せば良い。(ただし、開発らしいことを何もやらずに金だけ只取りは防止する工夫はいる。)多くの人が意欲を持ってチャレンジすることが下支えのレベルを上げ、結果頂上のレベルを高めて、進歩を生むのだから、そのような参加の機会を多数作ればよい。また、実証することが普通のことになるのも重要だ。百の議論より、一つの試作である。プロトタイプを試作することで知恵も出る。

例えば、食糧難の時代のテーマを責任部門(これをどこにするかは議論があるだろうが、ここでは触れない)が展開して、今四国で広がり始めている「綿に稲の種子入れた布」を田に敷き詰めると無農薬の米が出来ると言うような方式をもっと安価にする方法を募るだとか(その会社の持っている特許を優秀なところには許諾する了承をあらかじめとらねばならないが)、作業の補助具のことだとかに展開して、それぞれの部門でアイデアを広く募り、試作装置や方式を実際にやって証明する場を与えてやれば良い。関連のテーマに、武装難民を想定して、沿岸警備のシステムを開発がテーマになったとしよう。スペックを明示して(沿岸からどれぐらいの距離にある、どれぐらいの大きさの物体をキャッチすること、・・)明示から1~2年後にコンペを開催し、沖合○○mにある物体をどのくらい確実にキャッチするのか、どれぐらいの時間間隔でモニターできるのか等を実際に測定してみるとそのアイデアの値打ちがリアルに分かし、改善の方向も分かるだろう。そう言う実証の後に、良いものはそれをベースにして、更なる開発をすれば良い。そう言う機器が開発できれば、今でも麻薬やピストル類の密輸を防止する監視装置として使用できる可能性だってある。警備における設備を利用した警戒システムは、国においても重要である。

もう一つ例を上げておく。水が不足することは述べたが、その解決方法として海水の淡水化装置がある。今、逆浸透膜の利用で大規模な供給は出来上がっているが、小さな家庭レベルで必要とする水を海水から得る安い簡単な淡水化装置は完成域に達していないので、開発する価値のあるものだろう。そのような装置の大規模なコンペをやり、一定期間の必要な場所での実証運転をすれば本当の性能が分かる。(インターネットで調べても色んな方式があるが、実用化は出来てないようだ。)こういう装置があれば、離島で暮らす人々に便利さを贈れるだろうし、海外にも同類のニーズがあるものと思う。

日本は十分省エネをやっているから、これ以上は無理だなどと、学者が言っているのを聞くと、本当に価値が分かっていないと思う。理論的に不可能なら、永久機関を開発するのと同じだから意味のないことだけれど、そうでなくまだまだ削減の余地があるなら、日本が開発していった方が、世界の市場で売れるものが入手できるのである。我々にとってチャンスなのである。     (終)
 
 
 
基礎学力 (どんぐり)
2007-07-10 00:46:00
思いのほか教育でコメントがあったので、寝る前に簡単に書いてみます。

僕も基礎学力派です。下手の考え休むに似たりでしょう。簿記を知らない経理、よしりんしか読んだことのないウヨクなんぞは、話がいかにもつまらなさそうです。

基礎学力ってどれくらいなんだろう。ざっくりとしたイメージでは、国語なら村上春樹さんの本を読めるようになること、数学なら微積や統計学の基礎、英語ならTOEICで600点、家庭科なら料理と針仕事・・・。ちょっと難しいかな?

ちなみに100マス計算みたいな勉強の仕方は僕のスタンスに合ってないだろうなと思う。勉強っていうのは、わからないことがわかるようになることだから、マスターした同じことをサルみたいにくりかえしてたら、無間地獄に落とされたような気分になって、「お地蔵さん助けてー」って泣き叫びそう。




>作業員さん

ありがと!
 
 
 
村上春樹はファンドの村上さんよりユニバーサル、らしい (mistral)
2007-07-10 13:04:07
>どんぐりさん
 以前、タイ王国からの留学生と話す機会があったのですが、村上春樹を教材に使っていました。非常に「わかりやすい」のだそうです。
私は高校を卒業した辺りから龍さんの方が「心に残る」ようになり、春樹さんの作品はどうでもよくなったのですが、彼の文体の「伝わりやすさ」まで読み取っていませんでした。
100マス計算は、ウォーミングアップ(ごく短時間)に使われているようです。あれを最初にやると、活気が出て「考えるとこ」に繋がりやすいようです。あれを延々やるわけではないみたいです。
ちなみに。100マス計算などでゆうめいになったKさんですが、別に彼がこういう方法を開発したわけではないようです。全国で何千人もの無名の教員(非組合の有志らしい)が実践している方法を「自分以外の人も、志ある人はやってますよう」と積極的に言わなかっただけのことです。
 彼が「メソッドの創始者」としてヘッドハンティングされて某県に行ったり、関西の某小学校に更に引っ張られても、現場の皆さんは十分忙しいのでしょう、妬むどころか、メソッドの普及を喜んでるみたいです。ちょっとすがすがしい話ですが、いつまでもK氏ばかりもてはやすマスコミさんだけは、どうにかならんかとも思います。
 
 
 
続へいぽーネタか (作業員)
2007-07-10 16:07:54
とりあえずキ印ネタからだが。
ニューズウィークが、世界の企業に、いんちきランクをつけていて、我が御○所キヤノンは、27位だったと思う。で、諸江ではない広報の人が、「大手は風当たりが強い」なる論調にのってええかげんなことしゃべっている。まったく反省の色なし。当局の指導の度に是正した、で終わりか、さすが○器には仁義がなくていいよなあ。だいたい、「大手は風当たりが強くてあたりまえ」なる発言は、こないだまでグッドウィル折口が言うていたことである、恥を知れ、ラッパ小○器広報野郎。で、ニューズウィークに言いたいのは、鬼畜キヤノンは、すでに外資であって、日本企業・大和民族の恥なんだから、勝手にランクつけるのはいいが、日本企業として世界に配信するのはやめてくれ、くそたわけが。それから、日本では、鬼畜御○所企業として有名なのであって、安全だの環境だので有名な会社ではない、ことをハッキリアナウンスしろ、この幇間雑誌が。

で、リクエストに応えてヘイポーネタでも。糸山がひいたらしいテレ東は、おむつ宰相を単独で出演させて、放送倫理にもとる、と怒られているそうだ。まあ、大勢に影響はないから、いいけどね。
ヘイポーのカンブリアがいかんのは、リーマン経験のない者が二人そろってタコ社長にインタビューしても、テレビ芸者の役目しか果たせんだろうのことだ、などと言っても、ヨイショケツナメが目的の日本経団連う○こ番組だから、いいんだけどな、う○こ表現の自由だろうし。
ただ、せめてアシスタントは、乳がでかいだけの栄子ちゃんではなく、メモ夫人ぐらいのシャープな女性にしてほしいものだ、乳もほりださんのなら。なんせ、アジサイの葉っぱをハッパだと売っていたような、風呂桶のアカ取りは人間の仕事ではないと考えるような、さらには白黒ヘリコプタープレイが自慢の我らがヘイポーだからなあ。
たとえば、テンプの脳がすでにかなり萎縮している篠原とかいうタコ社長が、「うちは年金には入っておりません」とボケかませば、わしにいじられたメモ夫人はだな、「では、御社はひょっとして、派遣に試用期間を認めてらっしゃったりなんかしちゃったりしませんよね、まさか」ぐらいのことは咄嗟に言ってくれるだろう。そうすれば、篠原の石原言うところのババアが、派遣に試用期間が認められていないことを知らない事実が引き出せるし、派遣で試用期間を勝手に認めている事業所が摘発される契機にもなるだろう。
結局のところ、自民党と共に葬られるべき日経がヘイポーを使うのは、文豪ヘイポーが安全パイであり、全く生きている価値のないタコ社長が引き立たないからバリューいっぱいの栄子ちゃんのオッパイはインタビューには邪魔、なのだな。
まあ、国際評価ということになれば、カフカ的ハルキなんでしょうね。週刊誌的百科辞典的、と言われるようになると、ちょっとズレてくるのでしょう、世界文学なる文脈からは。別に小説がおもろければいいので、それはどうでもいいんでしょうが。本屋の扱いはすでに、石田衣良以下、ですし、このままミポリンの旦那より低くなったら、ヘイポーファンとしてはなんとも、悲しいでんな。わしとしては、もう一度日本語というものと向き合ってほしい気がするのですが、大きなお世話ですな。このままいけばおそらく代表作は、13歳の職安、になるでしょう。ヘイポーは、自分の作品が毎回百万部売れないのは何故だろう、と考える作家で、丸山は、ほとんどいや全く売れていないのに、俺の小説はまだ売れすぎている、と言うイカレポンチ、なわけですね。
灘出の代表は、ロッカー中島らもちゃん、にしといてください。ナンシー関もらもちゃんもすでに鬼籍でございますから、もはや我らキャンタマの小さい男衆を揺さぶってくれるのは、永遠のべっぴんの街出身メモ夫人しかおりまへんな。重責でなにより、夫人。
 
 
 
灘出のらもさんに聞きたかったこと (mistral)
2007-07-10 19:02:16
中島らもさんのことで思い出すのは、
らもさんの事務所にあった、「切手舐め機」のことです。えらい大型で、維持費が月うん十万円かかるため、えらい高いなと思って開けてみたら、中に人が入っていたとか。(某新聞コラムから)

今だったら、派遣を通して維持費を抑えるのだろうか、月うん十万円の維持費のうち、中に入っていたスタッフにいくら渡っていたのか、オプション(スタッフを若い女性の方にしてもらう)は可能だったのか、労災は適用されたのか、社会保険に入ってたのか、
らもさんが鬼籍に入られた今、聞く由もありません。

ファンド村上さんもそうですが、妙な過剰さが、あの学校の特質なのかもしれません。

 
 
 
閑話休題 一般の人と (moto金田浩)
2007-07-10 19:11:49
今日は、一般の方と話しました。介護の必要な
ご家族もおられず、本人も健康、四十代。

税負担に悩んでおられ、手取り収入も少ないと
嘆かれていました。
これ以上負担増にはたえられない。まして
介護保険の負担増はごかんべん下さいと。

いわれれば、もっともなことですが、介護の必要性
と介護職の待遇問題を話理解下さいと訴えました。
 
 
 
頭の良し悪しなど大したことではない (覚醒)
2007-07-10 22:58:41
mistral さま

入試偏差値崇拝から脱却できないようにお見受けしますが、間違ってます?いわゆる賢い人がトップであれば、何とか上手くやってくれると言う信仰でしょうか。安倍は頭が悪いから駄目だなんて話はそこいらで聞きますが、賢かった宮沢さんの手腕は下の下だったような気もします。トップの手腕は、頭の良し悪しでなく、人を見る目の確かさのように思っています。私の経験では、人選の上手い人は、仕事が自然と成就するのです。人選の悪い人は、他人に任せられず、優秀でも本人がドタバタするだけで何にも結果が出ません。

海軍の話をされてましたが、その古老の方のお話は、イリュージョンでしょう。陸大海大というのは、一世代50人ずつぐらいの選抜ですから、すごいものです。今の東大でも一学年3千人ぐらいいるでしょう。しかも、士官学校(海軍は兵学校)卒業して隊に配属され3年ぐらい後の部隊長推薦がないと受験も出来ないですし、受験する人は官報に掲載され、それだけで地元の誇りだったそうです。

しかし、そのようなエリートのやったことは、結局仲間内の仲良き安定を追及し、年々序列と入隊時の成績順位(卒業時の成績)を基準とする序列を守るだけの官僚主義で、日本を破壊したのです。でも今の官僚よりましなのは、5万人位いた将校の内で、500人ぐらいの方が終戦時に責任を取って自害しておられます。バブル崩壊で日本を経済的混乱に叩き込んだ平成の鬼平たる三重野日銀総裁もその時の大蔵省の連中もそして過剰流動性を招いた政治家・大蔵省・日銀も、誰一人として「すまない」と命を投げ出した奴はいないですね。それは別にして、頭の良い連中のやったことはこんなものですよ。そして、日米開戦の先導をやった奴など生き延びて、終戦後に議会に出てきたりして、賢いだけに変わり身も早いと言うものです。

>大学入試というお題には、青春時代の怨恨が表出するようですが

もし、私に対してのお言葉なら、ご心配なく。山崎さんの母校には行きませんでしたが、成績的には十分行ける順位でしたから、全くコンプレックスがありませんし、会社でもその学校の方と一緒に仕事をして実力も知った上での話です(百人以内ですけどね)。開発できる人は、試験上手だけの人とは違いますね。そもそも、試験なるものは、出題者が何を出すかを予測し、どういう答えを期待しているかが分かれば、満点なのですよ。しかし、開発は全く異なりますので、試験上手は自分の成功体験を繰り返して、上司を喜ばせる類のことに執着します。もし偏差値の高い大学を出た人がすごく仕事ができるのなら、NEC・日立が松下に負けません。麒麟麦酒がアサヒビールに逆転などされません。麒麟など、65%のシェアから、負けて30数%まで落ちたのですから、仕事は頭のよさ以外の要因が効くのですよ。

私は、毛沢東のように大学不要論ではない積りなのですが、そう言う理解になるのでしたら、書き方が拙いのでしょう、すみませんね。
①入学は一定の能力があれば今の2~3倍入学させ、大学に入って勉強をみっちりとやらねば卒業できないような方式にしよう。
②勉強できることだけが全てだというような今の考えはやめよう。手に職つけた人も尊いし、スポーツや芸能で皆に感動を与えることも尊いと世が認めるような社会になろう。
③開発は、アートみたいなところがあるから、やってみることが大事と言う風土にしよう。
私の主張点は、その辺りなんですが。

小学生レベルの教育は、動物の調教に似た部分がありますよ、絶対に。繰り返してこそ、会得できるものは、このぐらい幼いときにやっておかねばなりません。挨拶・皆とのコミュニケーション・集団行動などです。でも、基礎学力をいくらつけても、今の記憶力だけを競うセンター試験があると歪んだ勉強方法になるでしょうし、勉強が面白いものになる人は少ないでしょう。小学低学年から重要なのは「元気」「やる気」「自立」でしょうか。百ます計算も、脳の活性化には効用があるようですし、自分の能力が向上することを確認できるので、自己賞賛できるのもよいですね。
 
 
 
解らないなぁ・・・ (yokoyari)
2007-07-11 09:40:47
お返事はいただけないでしょうが同意できるところが多々あるので

>① 入学は一定の能力があれば今の2~3倍入学させ、大学に入って勉強をみっちりとやらねば卒業できないような方式にしよう。

このためには小中高もみっちりやらないと。入試はいらなくても小中高で。もちろん大学でも。教育費はタダにしましょう。

>② 勉強できることだけが全てだというような今の考えはやめよう。手に職つけた人も尊いし、スポーツや芸能で皆に感動を与えることも尊いと世が認めるような社会になろう。

これには激しく同意するんですが、そうすると、偽装請負なんて許されないはずなんですが・・・手に職をつけた人を差別してるわけですからね・・・派遣もそうだけれど。

>③ 開発は、アートみたいなところがあるから、やってみることが大事と言う風土にしよう。

うん、そのとおりですね。そうすると成果主義は駄目ですね。
開発者がのびのびと開発できるようにしないと。アートですから。
失敗から学ぶところが多々ありますから。成果主義だと失敗できませんからね。
中村修二氏の著作は私も読みました。最初のうちは好き勝手に研究させてくれたようですが、社長が代わってから好き勝手に研究できなくなったと書いておりましたね。
研究者にとってはつらい環境だったのでしょうね。

しかし、これをみると同意できるところが多々あるなぁ・・・
 
 
 
営業界の東大、の友達にも勝てなんだ (mistral)
2007-07-11 12:16:16
>覚醒さん
揶揄してみたつもりでしたが、論破されてしまったようです。
また出直しますが、相手していただいたこと、感謝いたします。またよろしくお願いします。

学歴信仰は確かに認めます。
というのが、地方で地域密着な仕事での「個人的怨嗟」がありまして。
(「青春時代の怨嗟」を感じたのは、私の方ですね)

学力以前のコネばかりで、新卒募集は不景気でやってないちゅうに、
腰掛けの女の子だけは募集してないはずなのに入ってくる!
ようなところに一時いたもので。あーれーよりーマシだろう、というレベルでの話です。
職場のおぢさんのおしゃべり相手しているうち、寿退社です。
就職氷河期になんとか営業職にもぐりこんで、靴をすり減らしている学友と
あまりの違いに、くらくらしてました。

偏差値については、開発した地方の高校の先生のお話を何かで
知りまして。あまりネガティブなイメージがないのです。
「現役で大学合格できなければ進学断念せざるをえない教え子を、
いかに確実に合格させるか」に粉骨砕身した人のことを知ると、
「それって、パンクだ」と思いました。

ただ、はじめっから文学部志望ってとこで、
自分自身が偏差値競争から脱落していたので、
語る資格はないかもしれません。
「本気で勝負したら、ぜったい負ける」と
どこかで思っていた、のも認めます。
(そのツケで、社会に出てからホントに七転八倒、
多少恥もかきました。)

海軍のお話ですが、ご指摘のとおり、古老の話が幻想なのは、言うまでもありません。
しかも、もうちょっとスケールがセコイです。大学校まで話が及ばないのです。
兵学校どまり。

間引きはいかん、ってことで人口過剰だった我が出身地、
とにかく「一人前に食っていければ万々歳」でしたので、
兵学校なら代々の誇り、水兵でも「帝大出と変わらん、一人前じゃ」
くらいの気概だったみたいです。
友達のお父さんも、
「(戦争に負けて、とは口にしなかったが)兵学校への夢が断たれて
仕方なく医者になった」
というてました(笑)

まあ、こうした共同幻想が満蒙が欲しいとか
水兵さんに手柄をよこせとか、
大きな軍艦を作ろうとかに繋がったとは
思ってます。

ところで、松下が強いのは、
「営業界の、東大」こと、
あの大学の営業さんの尽力かと思ってました。
「松下は以前の松下ではない」
とはわかってはいるんですが。


 
 
 
ポンちゃんよう (作業員)
2007-07-11 17:59:23
街宣車ぐらいまわしたらんかい。

>同市保護課の○○○○課長は「辞退届は本人が自発的に出したもの。亡くなったことは非常に残念」と話している。朝日

北九州市はさあ、我が同胞を、何人、間引く気やねん?
 
 
 
コートダジュールは、素直にうらやましい (mistral)
2007-07-11 19:55:22
>覚醒さん
まだら模様ながら、接点や共感できる点も出てきまして、
ちと嬉しく思っております。というか、こちらの浅学が
明らかになるばかりですが。
で、お尋ねです。
格下なんで、どうぞお手柔らかに....。

次の人たちを、国益順に並べると、どうなるのでしょう。
⑥⑦以外は私の知人友人なので、
ミクロに「それぞれがシアワセならそれでいい」、のですけど。

①ニホンの製薬企業で研究職にあったが
(会社から、研究から離れて管理職への異動を強要されたので)
外資系に転職した日本人の学友。じきに出国するかも。

②外資系企業に勤めている某国人SE。
在日の隣国人とニホンで結婚したので、当面ニホンに留まる予定。

③ニホン企業に研修生扱いで来日した某国人エンジニア。
給料が約定と違って極端に安かったが、
某国で展開する日系企業に転職。

④ニホン国内で経営コンサルタントをやっているが、現在某国で現地企業の
経営指導も始めた、友人のお義父さん。

⑤外資系企業の会計監査で来日しているフランス人の知人。

⑥モナコ市民権を得た中田英寿さん
(自分探しか、もしかして節税対策? いずれにしても、うらやましい。)

⑦言動が国益に反する上、言動に品がない作業員さん

個人的には、作業員さんの正体は、「ラディゲと澁澤龍彦が好きで、
図書館にあった「トパーズ」をジュエリーのお話だと思って手に取った、
世田谷区在住の女子高生」
だとにらんでおりますが、
そうなると付加価値を生んでいないため、いよいよ困ったもんです。
 
 
 
 
閑話休題 そろそろ (moto金田浩)
2007-07-11 20:32:48
介護職の待遇改善問題。
そろそろ議員さんへと思っております。
明日からいよいよ参議院選挙。
事務所開きも熱が入っています。
 
 
 
閑話休題 2 (moto金田浩)
2007-07-11 20:36:42
地元の議員さん、県議さん、国会議員さんと
つてを頼ってお願いに行こうと思います。
これも必要ではあります。

また、一般の方への啓蒙も続けていきます。

けっこう時間はかかるでしょうが。
 
 
 
歪な賃金の低下が本質 (覚醒)
2007-07-11 21:03:28
世の種々のことを論評する時、世の流れを見透してなさねば誤った判断をすることになる。例えば「ゆとり教育」の評価でも、1980年代のような日本の労働時間が他国に比し長く、圧倒的に経済競争で勝っているときにそう言う提案がなされたのであれば、貿易黒字緩和策として、ガツガツやらないことの大事さを訴えることは意味のあることであっただろう。しかし、今では時代に合致していないと評価されるのは仕方のないことである。

現在の世界的視点での世の流れは、日本の高い給料の是正段階であり、まだ恐らくはその途中なのだろうとは思うが、国内に目を転ずれば、既得権者がバブル崩壊以前の高給を維持しているのに、新規参入者(主として新卒や女性パート労働者)に大幅な安い賃金を押し付けて、平均として高給の是正がなされている構図が見える。

だから、「格差社会」なる言葉を作り出した山田昌弘東京学芸大教授も自分が格差を作り出している一端の役割を担っているなど意識したこともなく、政治だとか企業経営者だとかを犯人に仕立て上げ、涼しい顔にてTVでコメントを流しているのだろう。彼らを含めて皆が3割ぐらい賃下げをすれば、もう少しましな形になっていたように思う。

本来なら、労働組合だとか、その支持で成り立つ社民党や民主党(一部)が、正社員の給与を下げよう、そして非正規雇用者の賃金を上げようという声を出せば、格差の緩和された社会が誕生していたのであるが、そのような損な役割は誰も果たさないし、ましてやマスコミや腰振り評論家が口にするはずも無い。

正社員がそれまでの給与であるなら、(需要の減少に合せて希望退職で減員していても、必要な生産のためには)非正規社員のところで埋め合わせる必要性から、それまでの小規模にやっていた、請負会社の働き手を正規社員に混入させる方法(当時の労働者派遣法では違法)を拡大したものと推察している。そして、それはかなり広範囲の企業でなされていたやり方であった。(この労働者派遣法での制限も労組の既得権を守るのが主目的であり、日本全体の不況の中で2004年には生産現場への労働者派遣が認められた。)

確かにキャノンのやっていたことは違法である。山崎さんや投稿者は、違反だから逮捕せよとか落とし前をつけよ主張しているが、まあ、それについては何も言うまい。会長を逮捕しても(別に私にとって痛くも痒くもないが)、派遣のシステムを無くすことは無理だし、本質的な解決などにはなり得ない。(これらのことは十分ご承知の上で言っておられるのだろうが、執拗に投稿されているので触れただけ。)本質的な解決策は、今の派遣の賃金以上を支払ってもやって行ける比較優位の商品を日本が持つようになるか、全員が等しく賃下げを受け入れる(正社員から非正社員に一部給与を移転する)ことだけではなかろうか。企業が従業員を非ピーク時も働かない状態で抱えられる余裕は、かなりのところまで賃下げすれば出てくるから、派遣も無くせるかも知れない。

正社員の給与は今のままで(あるいは年々ベアがあるとさえ思っている)、派遣は正社員並の給与を出せという要求は、歴史的認識を失っているイリュージョンだろう。景気が回復すれば、トリックルダウン効果で皆の給与が上がるかのごときことをのたまう評論家も多いし、それに乗って政府の政治家も言うが、要素価格均等化定理が働くとすれば、まだまだ日本人の給与は下がるに違いない。したがって、派遣の給与を人為的に上げても、下げる圧力は常に働くし、法律で縛れば、企業は安い労賃の外国に行かざるを得ない(それによる失業率のアップで、結果として派遣の賃金は下がるだろう。それとは別だが、正社員と公務員の給与を下げる仕組みを作らないと、そのときには派遣がまたまた犠牲になる。)

ここ数年は、小春日和だろうと言っていたのは、団塊世代が大量に定年となるので、日本全体の平均賃金は低下するため(高い高年齢社員が辞めて、安い新人が入ってくるので)新卒採用は増えたり、アルバイトの時給が増えたり、従って派遣の給与も増えるだろう。しかし、団塊の世代の定年が一段落する2010年以降になると様相が異なるのではなかろうか。

このHPの方々が、人情論で派遣のことを論じておられるのは理解している積りである。しかし、騒いでおられる方向が、私の歴史認識からすると、効果の無い領域での謗りに思えるので、もう少し解決策を模索された方が良いのではないかと考える次第である。私は現状を是とするものではないが、根本的な解決(比較優位の商品を持つ)にいたるまでの間は、安全などが犠牲にならないようにすることと、セフティネット(職業訓練等を含む)の充実を図るのがまずやらねばならないことだろうと思っている。
 
 
 
辞書を読む子などいなくなってしまったようです (memoま)
2007-07-11 22:34:03
日曜日、「800円で辞任するんですか」と自信ありげにおっしゃる首相にさすがに公明党代表も呆れ顔でしたが、次の日、漫画のお好きな大臣は、与党が負けると株価が下がるとおっしゃったようです。こんなに政局が混乱してるのに株価に影響したという話にはならないのですから、それはなさそうな気がしますが。
忘れないうちに、前3回の日曜日の竹村先生のお言葉は「日本の皆保険制度、健康的な食生活、時間を守る習慣、これは誇っていい。最近日本は元気がないがこんなえーとこもあるんだと覚えてといてほしい」&年金原資を投資に回せ、は2度おっしゃっておられたように思います。

教育といえば連日のニュースをみていると教育上好ましくない事の決算バーゲンみたいで、規範意識を、戦後レジームからの脱却をということで教育基本法を改正して、教育三法も成立しましたが、規範意識とは何か文科大臣に説明して頂きたいです。

100マス計算、のようなものは小学校の頃にさんざんやらされた記憶があります。(割と好きでした。)最初に広めたと言われている岸本裕史先生は最近亡くなりましたね。この先生は蔭山氏に隠れてしまって余りマスコミに取り上げられませんでした。貧困から抜け出すには教育、と昭和の時代に基礎学力の大切さを説いておられたのですが。今のこどもの教科書は内容も薄いし(教科書は厚いほどいい、というのは正しいと思いますよ。)テストは業者プリントばかり。「できん奴はできんままで結構。戦後50年落ちこぼれの底辺を上げる事にばかり注いでいた労力を、できる者を限りなく伸ばす事に振り向ける。百人に一人でいい。やがて彼らが国を引っ張っていきます。限りなくできない非才、無才にはせめて実直な精神だけを・・・」とのたまった元文化庁長官の計画に従ってヤバいお子たちが量産されてしまったようです。残念ながらどちらも期待通りに育っていないのですが。「大学生の学力を診断する」という岩波新書を読まれるとマズイこといなっているのがおわかりになるでしょう。しかし多くの大学で業者に入試問題の作成を任せているという事実を見ると、勉強しない、と学生だけを責めてもなあと思うのです。

塾は覚醒剤である、と思います。中高一貫校の入学式で後ろの坊ちゃまが「パパ、僕いつから塾に行けるの』「ああ、お父さんがいいところ探しておこう」という笑える会話をしていた話をしましたっけ?今のお子たちは塾通いが小学校の低学年から始まるのですから、塾に行っていない自分が落ち着かないようです。親も保険わりに早くから通わせる。学校の方は疎かという方も少なくないのです。塾とか予備校が悪いとは申しません、いいところもたくさんあるのです。(うちのリバタリアンは小学校を廃止して塾が学校をやればいいじゃん、と言うのであった)しかし多くの塾は余りにも手厚すぎて、何か自分で入試に望むための策を工夫するということをしなくなっているように見受けられます。小学校の時から小学校で与えられる教科書に対して何倍もの教材を塾から与えられてこなす、ということを繰り返す訳です。で、塾に通っていないお子たちはのんびりと薄い教科書と簡単な業者テストであとは余り深く考えずよき消費者として遊んでおれと。小学校を併設する中高一貫も増えましたから、アウトソーシングはますます低年齢化し、自分で道をつくるという発想が消えてしまいそうです。

灘中というのは不思議な世界のようで、自分の息子を「変やわ」という方、結構おります。ちょっとエキセントリックな人たちが相乗効果で更にエキセントリックになるのかも。しかし結局は官僚か医者、大企業などに進み、同窓会で会うと普通のおっさんになっていると言ってた人もいました。

全く関係ないのですが、梅雨時の夕暮れって他の季節にない美しさがあるのです。忙しすぎて外の景色を見る余裕のない生活ばかりではね、と思います。バカの壁はわたくしには余りおもしろくなかったのですが(わたくしの理解力が不足しているんでしょう)同じ昆虫ヲタの奥本大先生は尊敬しております。山崎先生の同窓生ですが、いろいろなものに興味を持つ時間をこどもに持たせないと、学校と塾の二重生活はやっぱり問題かなあと思うのです。

moto金田浩さまが一人エントリーに沿ったコメントを黙々とつけておられるのがこのブログらしくていいなあと思っています。もちろん他の議論好きなお客様達も山崎商店のおもしろいところですが。
わたくしの祖母は最後の何年かを、コムスンではないがどう考えても他業種が経営母体のホームで過ごしました。職員の方々はほんとによくやって下さり、本人も仕合せだったと思います。叔父叔母頭数はあってもやはり介護というものを肉親だけでは背負いきれず・・・。自分や主人の両親はできるだけ見たいとは思っていますが、やはり制度として利用できるものが多いほど助かりますよね。
 
 
 
格差の数字 (どんぐり)
2007-07-11 22:41:49
「格差」という文字を見てなんとなく書きすすめてみます。キ印のような「一流企業」の正社員のボーナスは主任で半期に80~100万円くらい、課長で200万~300万くらいでしょうか。大手町の友達の話をきいてゲセワに推測してみました。(推測がちょっと多すぎかなあ・・・間違ってたら教えてください)

これは僕の知っている狭い世界だけの話かもしれませんが、正社員の中にもヒエラルヒーがあって、元締をしている「親会社」の正社員がもらい過ぎに思えます。「親会社」の正社員は「子会社」や「外注会社」の正社員や派遣さんと同じ仕事をしていても、給料はぜんぜん違うように感じます。これがオスソワケというよりドロボーじゃないだろうか、とカチンとトサカきた人がここに書き込んでいるはずです。「一流企業の正社員」と「派遣」の話をセットにすると、どこか不健全な違和感と人情論がわきおこるのを、少なくとも僕は理解できます。

ちなみに正社員といったときに、どのあたりを指しているのか明確にすると、議論がより一層かみ合うのでないでしょうか。
 
 
 
大学のはなし (どんぐり)
2007-07-11 23:25:56
今日はがんばって2つめを投稿してみます。

> 大学に入って勉強をみっちりとやらねば卒業できないような方式にしよう。

今のままでも構わないように思います。僕は文系だっただので、大学を4年間の夏休みみたいなものだと思っていました。自由研究をするも良し、昼まで寝て過ごすも良し、趣味を楽しむも良し、資格をとるも良し、バイトするもよし、なんでも良しなんです。4年間(僕はウカツに6年もいましたが)好きなように何でもやっていいというのは、とても太っ腹ですぐれた教育だと思います。

これを生かすも殺すも本人次第でしょうが、僕の周りを見渡すと、大学時代にとても大切なものを見つけた人は多いように思えます。あくまで個人的なお話です。
 
 
 
派遣法 (どんぐり)
2007-07-12 00:18:22
ふと思い出したのですが、改正された派遣法で「3年以上継続して同じ業務のために派遣を雇っている場合、企業は雇用契約を締結する申し込みする義務を負う」とあります。
派遣さんは正社員への道が開かれて、格差が是正される方向に進んでいると考えていいのでしょうか?
 
 
 
Unknown (山崎元)
2007-07-12 08:54:17
覚醒さま、皆様

ここのエントリーに書き込むのは久しぶりですが、たまには、店主(≒管理人)も参加しましょう。

覚醒さんは、偽装請負の問題を、非本質的で小さな問題と見たがっているような印象を受けますが、かくいう私も、最初はそのように思っていました。競争上低賃金でなければ仕事が無いのだから、雇用が海外に流出して、仕事が無いよりはマシじゃないの、といった、程度にしか思っていなかった訳です。

しかし、社会保険をいい加減に済ませ、職場の安全管理の責任も曖昧にし、いつまでも使い、且つ、いつでも切ることができる実質的に派遣の労働力として、偽装請負を使い、また最終的使用者企業と請負労働者の間にこの状態を提供することで利潤を得ているクリスタルのような企業があることをを知るにつけ、労働者が、ここから抜け出ることは容易ではないだろうし、これは、身分差別に近い根の深さを持った問題ではないかと思うに至りました。

覚醒さんは【私は現状を是とするものではないが、根本的な解決(比較優位の商品を持つ)にいたるまでの間は、安全などが犠牲にならないようにすることと、セフティネット(職業訓練等を含む)の充実を図るのがまずやらねばならないことだろうと思っている。】と書いておられますが、違法状態を開き直るキヤノンのような会社に、「安全などが犠牲にならないように」させることは簡単なことではありませんし、たかだか競争優位な貿易財を持つことのために、違法状態を野放しにしておくことが望ましいとも思えません。先ずやらなければならないのは、順法の徹底だと思います。

もう少し、かみ砕いて言うとすれば、先ず、物事の前提として、労働(市場としては情報、契約コスト共に不完全な市場です)に関する違法を、徹底的に取り締まることが必要でしょう。この際、現状の企業と行政の倫理観を見てみるに、遵法を徹底させるには、違法への強い罰則をもってインセンティブとせざるを得ないと思います。

また、現状は、経営者による非正規労働者の酷使というだけでなく、正社員の非正規社員への差別といった、ある種の「身分差別」の方向に向かっているような、嫌な感じがします。

一方、正社員の権利や給与については、論者によって多様な意見が存在します。JMMなどで書いてきた私の意見は、正社員の権利を流動化し、報酬は多様化せよ、ということです。金銭対価で自由に解雇できるような条件を整備するのがいいだろうし、たとえば外国と競合している製造業の正社員の給与は低くても仕方がないだろうと思っています(この点は覚醒さんと、たぶん同じですね)。

また、同じ正社員の中では、成果主義を徹底させる方が合理的でしょうし、同年齢で何倍もの年収の開きがあって構わないと思います。ただし、企業が社員に対して果たすべき義務は、きっちり守って貰う必要があります。

ところで、覚醒さんの言葉遣いで一点気になるのは「比較優位な商品」の意味です。ここでの優位は、リカード的な国内の生産コストで比較優位にある商品なのでしょうか、或いは、海外との絶対比較における優位な商品なのでしょうか。リカード的に考えると、比較優位な商品を輸出し、劣位な商品を輸入すれば、貿易によって国民の経済厚生は高まるのであり、そこで意識すべきは、たとえば隣国との絶対的な競争力の水準ではありません。日本は、まだ経常収支が黒字ですし、何れは中国も為替レート・賃金共に上昇するでしょうから、企業は業種によっては中国を意識しなければならない(競争上、或いは仕入れなどでの利用の上で)とは思いますが、消費者としての国民は、安くて良い商品を買って満足していればいいのだと思います。

従って、中国の生産力の発展は、日本の居住者にとっても、大いに好ましいことだと、私は思っています(この点は、気にくわない人もおられるでしょうが)。
 
 
 
キ○○○キヤノンではなく 基本のキ (作業員)
2007-07-12 14:29:14
ポンちゃんのようなタコ社長が、保険料を全てくすねていても、保険料をかけたことにして救済してもらえるそうで、のんきな労働者としては、まっことありがたいことだが。年金も保険も、タコであっても事業主の義務やからなあ。条文をあげとくで。

第27条 適用事業所の事業主又は第10条第2項の同意をした事業主は、厚生労働省令で定めるところにより、被保険者の資格の取得及び喪失並びに報酬月額及び賞与額に関する事項を社会保険庁長官に届け出なければならない。
第102条 事業主が、正当な理由がなくて次の各号の一に該当するときは、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。(以上厚生年金保険法)

第208条 事業主が、正当な理由がなくて次の各号のいずれかに該当するときは、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。(健康保険法)

偽装請負というのは、派遣法の問題だけではなくその他法規法体系、労働者に対するあらゆる意味での冒涜やからなあ。御○所フジオは死刑にせなあかん、そのための法改正は必要やろう。
 
 
 
ものには順序 (作業員)
2007-07-12 15:07:52
>派遣は正社員並の給与を出せという要求は イリュージョン

同一労働同一賃金というのは、面倒でも、同一価値労働、と正確に言うべきだろう。継続して会社に貢献したということについて褒美を得るのはまあ、いいだろう。が、同一の価値を生み出す、あるいは、全く同一の価値を投入している、のであれば、ある程度、同様な扱いがなされて当然だ。
派遣業のゴタクソは、結局、人権まで含めた同一価値に対しては同一の扱いをしなければならない、という理念を徹底するまえに、ヤクザ者のシノギとしての労働市場における規制緩和をしてしまったことにつきる。小泉竹中安倍大田弘ポン子に欠けているのは、倫理観だ。もちろん、ポンちゃんにも欠けている。宗門改めして、ピューリタンにでもなりなされ。

で、連日、派遣業擁護派は、ワークライフバランスなる造語で、なんとか派遣業の意味を無理から世間に訴えようとしているのであるが。無理無理絶対無理。みんなきっちり八時間働いて、親を看取り、自分も心配のない老後を送りたいのだ。よくでけた派遣のねーちゃんと、出会い系しか趣味のない三段腹のおばはんをイッショクタにするな、篠原のババア。よくでけたねーちゃんでも、三十になったら、どうする? 四十になったら、五十になったら、よくでけた茶くみババア派遣してくれるのか? 篠原のババアよう?

なにか結論めいたこともそろそろ書きたいのだが、順序としては、キ印フジオを世界陸上でさらし○器にするのが先なので、なかなか具体的政策までたどりつけない。
とりあえず思っているのは。山さんは嫌うだろうが、総量を規制しようと思う。現状、三割が非正規であるとすると、二割を超えないように、調整を加えたい。神さんのいる市場に手を突っ込んで、ヤクザをつまみ出すもよし、ピンハネ率のグレーゾーンを廃止して人貸し利率は上限20パーとするもよし、非正規を雇うと法人税が加算される、という仕組みでもなんでもいい。とにかく、二割以下まで、総量を規制したい。わしは、もう臨界を超えたと思っている。これ以上の不安を社会に蔓延させるのは、やめた方がいい。てなことを、思うそろそろ梅雨明けかな、夫人。

そういえば、最低賃金を大幅に上げるのは、与党が狙っているじゃないか。公示後なので、大声では言えんが、ポンちゃんは、無慈悲自慢の日本会議池田学会統一亜保ボン政権批判せんといかんよ、人間○器守銭奴タコ社長を代表して。
 
 
 
プロファイルに答える (作業員)
2007-07-12 16:39:43
>ラディゲと澁澤龍彦が好きで、 世田谷区在住の女子高生

山さんのような貧乳好きではないが、山さんとおなじく、高校生はしょんべん臭くてイマイチだな、わしは。朝商流のタニマチの山林王みたいなセーラー好きだったら、わしも間違いなく人生を踏み外していたと思う、踏み外し方の度合いにすぎんが。ヘイポー風に言うと、テクノロジーは思想を超えてしまうからして。おっさんは、カメラ付き携帯とか手鏡とかは絶対に持ってはいけない。それが身の安全。
ラディゲも渋澤も、試みはしたが、じぇんじぇん読んでない、女子高生に手を出さなかったのと、おんなじだな、趣味ではない。そう言えば、福永武彦とかは、真面目に読んだ記憶がある。辻邦夫よりは、辻征夫だろう。詩人辻の作品に、あなたが頭をなでてくれたから、という先生を詠ったものがあったはずだが、正確に思い出せんなあ。あんたが頭ばなでてくれしゃったから、こぎゃん大人ばなりもうした、とか熊襲なら言うんじゃないか。
女子高生と言えば、桜井亜美とか言う人の本がいっとき流行って、宮台とか中森がイッチョかんでたけど、あぎゃん頭ばよかおなごが、肉○器になっても傷つかないもんねー、なんちゅうフィクションを垂れ流すのは、純然たる大人のシノギに思ったものだ。
いよいよ、エントリーに関係ないなあ。いくらか関係するとすれば、谷崎と同じく足フェチでSM倶楽部に通い倒したヘイポーなんだから、世界を覆いつつあるのが、新自由主義などというなまやさしいものではなく、サディズムだ、ということをどうか語ってほしい。そういう意味では、香山リカちゃん人形にも、不満だな。やはりダウンタウン松本の前に松本なし松本の後に松本なし、で、大日本人だよ、松本は。松本松本うるさかろうが、天才松本の、「ドエスはドエムに内包されてしまう」という認識は真理だ、とまだまだ修行中のわしは思う。雪村明智御大に誰かインタビューしてくれ。山さんのY談バーに縄師が出る日はくるだろうか。ちなみに、わしゃ横着なので、そぎゃん面倒な趣味はなかよ。
 
 
 
市場に神など居ないのですよ (yokoyari)
2007-07-12 16:56:00
政府も失敗しますが、市場も失敗します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AE%E5%A4%B1%E6%95%97

具体例でいくと、車の車検を規制撤廃で取り止めました。すると、みんな車検をしなくなりました(その方が一時的には得だから。)。結果、整備不良の車が大量に増え、事故が頻発し、死者が増えました。
当然ながら人命は金で買えないので、結果として大幅な損が生じます。
エレベータの定期点検も同様です。チャイルドシートも。

ので、市場に手を突っ込むのは当然。むしろ手を突っ込まなくてはいけない。
派遣業は昔に戻すべきですね。範疇が広がりすぎ。そして賃金は欧州のように正規より多く支払うべきです。
 
 
 
そのとおりなんだが (作業員)
2007-07-12 17:16:16
ここは本来、お人好しの株屋と愉快な仲間たちの遊び場で、汗くさいブルーの占拠する場ではないわな。すまんなあ、ヘイポーが大嫌いな、焼酎の梅干し割ばかり頼んで、マスター。で、株の話だが。当たり前には思うが、折口グッドウィルや平野フルキャスト、の株は壊れてしまっている。わからんのは、外資が持っているのだよなあ、この辺りの株。こんなに壊れても、大損しないのか、あるいは、当たり前に青くなってるのか、ケトーども。青い目の男の青ざめた顔かあ、なんか、想像でけんのだなあ、よろしくやってるような気がしてならん。奴隷根性か、これも。

ここでもJMMでも議論のあった「タクシーの規制緩和」について、国民新党だったかなあ、「規制緩和の大失敗」に挙げていたような気がする。規制強化に風が吹きすぎても、あんまりいいことないから、実に難しいなあ。風はコントロールでけんやろうしね。

あんまり意味のない書き込みもなんだから、ケトーの由来でも書いとこか。毛唐というのは、字からも分かるように、もともとは亀田家みたいなへんてこりんな髪型を指していたのだと思うので、最初に使われたのは、アジアンに対してだと思う。転じて、飴公どもへも、かな。
 
 
 
閑話休題 コメント感謝 (moto金田浩)
2007-07-12 19:28:41
Memoま 様 コメント感謝です。
介護の必要性ご理解いただきありがとうございます。
また介護職の方のことも気にしていただき
いたみいります。
施設や組織はあっても、実質的には介護職の方が
一番です。その方々の待遇改善の必要性もご理解
いただけると思います。

我が家のつばめさんも子育ての真っ最中です。
何度も何度も餌を運んでいます。けなげな
ものです。
介護職の方の働きになにか似ています。


 
 
 
偽装請負、製造業の場合 (Unknown)
2007-07-12 21:12:38
山崎さん、製造業では、偽装請負は違法行為であるほか、労災隠しに繋がるので、被雇用者にも重大な問題です。なお、労災隠しは、以前から、建設業や製鉄行(JFEなど)で頻発している。
<厚労省では「偽装発覚の恐れから労災隠しを招きやすい」と警戒する。」
NIKKEI NET 2006年8月22日>低賃金国との競争であれば、偽装請負=違法行為をしないで、イノベーションを含む選択肢がある。
 
 
 
辞書読みがはやり (memoま)
2007-07-12 21:44:05
朝日の朝刊にお子たちへの教育の試みの一つとして辞書を読ませるのがはやっていると書いてありました。そういえばそのような書籍を書店で何冊か見かけたのを思い出しました。

フランス語は習っていないのでちょっと秘書課の村野瀬嬢からお借りしますが、

http://www.philomag.com/fiche-philinfo.php?id=40

2007年、バカロレア「哲学」の課題
文科系の課題
-あらゆる意識行為は解放的なはたらきをするか?
-芸術作品は他の作品と同じく現実であるか?
-責任という論題についてのアリストテレスの「ニコマコス倫理学」からの一節を説明せよ。
理科系の課題
-欲望は現実に満足することができるか?
-手仕事と知的労働との対比にはどんな価値があるか?
-正義という論題に関するヒュームの「道徳の原理に関する調査」の一節を説明せよ。
経済・社会系の課題
-偏見と縁を切ることは可能か?
-労働することでわれわれは何を得るか?
-道徳に関するニーチェの「人間的な、あまりにも人間的な」の一節を説明せよ。

どなたかTRYなさいませんか。おふらんす、なめちゃあいけませんよ。
 
 
 
中途半端はアカン (覚醒)
2007-07-12 22:21:50
どんぐり さま

キヤノンやトヨタのような国際競争をしているメーカーの給与はそう良くないと聞いています。ボーナスを2.5ヶ月と仮定すれば、言っておられるような額にはならないでしょうね。知人から聞いた確度の高い話ですが、トヨタの部長クラスで、あなたが書いておられる課長レベル近辺のようです。給料が高いのは、国際競争をしていないマスコミだとか、金融(本当は国際競争しなくてはならないはずなのに)と言うのは常識のようです。

親会社からの天下りが子会社で偉そうにするのは本当の話で、天下りは何も官庁だけではないのですよね。傑作なのが、BSアサヒの田岡俊次氏で、己が朝日新聞からアエラを経てBSアサヒに天下りしているのに官僚の天下りをぼろくそに言えるあの神経が分かりません。親会社がどれだけ偉いのかと思うのですが、頑なに考えを変えませんね。類似のことになりますが、どなたかが、外国からの移民をどう考えるかとの質問がありましたが、私は反対です。と言うのは、この国はタテ社会の人間関係で、仲間でまとまり外部を受け入れませんからね。その性癖はいつまで経っても直らないように思えるので、日本に移住された方々が気の毒ですよ。結果として、摩擦が大きくなり、厄介な問題を抱えますので反対です。

学士と言う称号は、在学証明ではなく能力の証書ですから、太っ腹の大学は偽装ですよね。勉強なら勉強、社会経験なら社会経験に集中しなくては、中途半端です。私が大事だと思うのは、致命的でない失敗を経験することで、その経験がある分賢くなれます。時間があるのなら、世界を旅して回るのも良い経験ですが、大学に入る必要は無いですしね。大学では、実社会の種々の現象を解明したり、問題解決する方法論を学ぶ一環として学問もすれば良いわけで、ビジネススクールのようにたっぷり宿題を持ち帰り睡眠を削って考えるぐらいの課題をこなさないと駄目ですよ。

派遣の3年で正社員の項目は、多分2.5年で人を入れ替えるような運営になるのではないでしょうか。正社員を抱えるのは、フレキシブルではありませんので企業は原則避けるでしょうね。

Mistral さま

すごい問題を考えますね。目下七転八倒思案中。
 
 
 
太っ腹と派遣 (どんぐり)
2007-07-13 01:10:42
大学について僕と意見が異なるようですが、ポンチャンの言うことはわかります。こういう違いがあるって楽しいなあ。人生いろいろ、大学もいろいろあるといいですね。

派遣については、僕の説明がマズかったようです。同じ内容の仕事をAさんが2年、Bさんが1年した場合は、Bさんに「うちの会社で働きませんか?」と言う義務があります。ただしこの法律に従って雇用契約を結んだという話はあまり聞かないので、タチション禁止くらいのなんちゃって法律かもしれませんね。このへんは実務を知ってる人のお話を伺ってみたいです。
 
 
 
死んで花実が美しい国 (作業員)
2007-07-13 14:23:13
>中小企業の従業員の1割が、「過去1年に自殺考えた」朝日見出し

もはや何も言うことないんだが。なんのために国防を食糧安保を語るかといえば、生き延びるため、のはずやろう。だんだん、コントみたいになってくるで、安倍ちゃんよ。首つって侍、どこのアホやねん、そぎゃんこつふれて回ったのは。

メモ夫人が一人、哲学しているので、つきあいますと。若い衆は、中公の世界の名著57ニーチェ、でも読みなされ。ハゲ尾失礼西尾先生が訳している「悲劇の誕生」はあんまりおもろくないから、ツアラトウストラの方だけでよかろう。わしゃ、ツアラトウストラは好きだなあ。ここは無政府主義のコメント欄なので、ぴったりだな。引用したろ。
「国家が終結するとき、 そのとき、かなたを見よ、わたしの兄弟たちよ。君たちはそこに見ないか、あの虹を、あの超人への橋を!」
「血をもって書け。そうすれば君は知るであろう、血が精神であることを。ひとの血を理解するのは、たやすくできることではない。わたしは読書する怠け者を憎む」

そんなこんなで、読書する怠け者というのは、ニーチェから何も学ばないハゲ尾とか、何冊本を読んでも安倍をヨイショしてしまうアタックチャーンスの児玉さんなどのことか、とも思うし、己のことかとも思う、台風に怯える日であった。
そういえば、内田樹の話やが。本屋でパラパラしても、この人の何を読み取ればいいのか、わしにはさっぱりわからん。オフランスかぶれは苦手じゃよ、メモ夫人。だいたい、あとがきに、久しぶりにおもろいもの読んだら自分の書いたものだった、とか、関西人のセンスやなかろう。いや、関西人のセンスか。わしゃ、関西人を代表するほどの関西人やないから、メモ夫人に判断はまかせる。で、兵庫のおじさん、もう見たか?
 
 
 
はぁ? (作業員)
2007-07-13 14:36:09
>この国はタテ社会の人間関係で、仲間でまとまり外部を受け入れませんからね

油断しとったがな、ギョーギがええから。じゃあ、鬼畜キヤノンの請負奴隷大野は、外部か? 外部性の問題なんだな、偽装請負は。当たってるがな、ポンちゃん、最近進化しとる。き○○○キヤノンの社是は、新家族主義、なのさ。終身雇用を保障する正社員は平民で請負奴隷は新平民とでも言いたいんやろ、フジオは。やるがな、ポンちゃん、やればでけるで。
 
 
 
露呈・・ (覚醒)
2007-07-13 15:15:58
>先ず、物事の前提として、労働(市場としては情報、契約コスト共に不完全な市場です)に関する違法を、徹底的に取り締まることが必要でしょう。この際、現状の企業と行政の倫理観を見てみるに、遵法を徹底させるには、違法への強い罰則をもってインセンティブとせざるを得ないと思います。

ほおー、国家権力による統制ですか。ご出身の母校の方々が好きそうな手段ですね。いっそのこと、ご同窓の方が大勢おられると思いますから、特別高等検察こと特高でも作って、バリバリ強制捜査・検挙して、ボーコーイン氏の主張のように悉く死刑にしては如何でしょうか。お似合いです。なんせ母校の先生方は、仮面コミュニストの方が多かったのではなかったでしょうか。ただ、検察の方にお伝えいただきたいのは、見せしめにライブドアをやっても後を絶たない不正がこれでもかとはびこっていることです。
http://it.nikkei.co.jp/business/column/aruga_gyokai.aspx?n=MMIT0z000002072007
どうします、やはり、罰が軽いのでしょうかね。

>正社員の非正規社員への差別といった、ある種の「身分差別」の方向に向かっているような、嫌な感じがします。

法律でもおつくりになりますか。差別した奴は、死刑というような罰にして。そして、仲間の密告をどんどん推進する法律でも作って、やるのも一つの方法でしょう。

私は「へたれ」ですから、全く異なる意見を持っています。今重要なのは、キヤノン社の労働組合ではないでしょうか。キヤノン労組が、派遣を仲間として扱い、派遣の人達に労組キヤノン支部を作らせ、正社員のベアは断念するからキヤノンに派遣されている人達の給料を上げるべしとキヤノン社に要求をすれば、経営陣が自らを恥じますよ。職場を同じくにする仲間と思えば、蔑視的な行動を組合員が恥じるのではないでしょうか。今は狭いタテ社会の人間関係が支配して、仲間のウチ・ソトで問題を処理しているから幅広い視野を持つようにすれば変わる可能性が十分にあると思いますね。

そもそも、派遣労働者の労組を組織し、ばらばらの人達に集団の力をつけるのは、社民党や民主党のテリトリーでしょう。福島氏のごとくあほなイデオロギーだけに凝り固まり9条を守れだとか、従軍慰安婦に補償せよだとかの口だけサヨクはやるけれど、労働者のことは全くの無為であることの責任を誰も何も言わない、目利きもいないあほな時代ではありませんか。彼らの党が衰退するのも当然ですよね。そして口を開けば、政府が悪い、企業が悪い、アメリカが悪いと責任を他にかぶせるだけ。そして、派遣などの組織化などの地道な仕事は、やらず既成の労組回りでお茶を濁す「サボリ」根性、処置なしです。ダラ幹でない人の登場が待たれます。

90年代の18億人の新規参入による日本の不況で、労組が力を失いましたね。一つは、ベースにしていたマル経がベースの労働運動理論が衰退してしまったことと、自分たちの雇用を守ることに専念してしまった、せざるを得なかったためでしょう。しかし、マルクスの言ってることは根底から間違ってはいませんし(レーニンやスターリンの言ってることは間違いですが)、経営者に対するカウンターパワーが存在しないと自由社会は上手く機能しないはずです。経営者も、混乱を切り抜けるのに必死でやってきましたが、若干余裕は以前より出てきているはずですから、カウンターパワーがないと暴走してしまいますね。私は、「へたれ」なので統制でやることは嫌いですなぁ。
 
 
 
目利きの前に、新聞嫁って (作業員)
2007-07-13 15:41:13
>福島氏のごとくあほなイデオロギーだけに凝り固まり9条を守れだとか、従軍慰安婦に補償せよだとかの口だけサヨクはやるけれど、労働者のことは全くの無為であることの責任を誰も何も言わない、目利きもいないあほな時代ではありませんか。

ミズホちゃんは確かにあほかもしれんが、安倍よりはどうみても賢いし、社民党は、大野君たちのためにキヤノンへの立ち入りをしています。
最近の派遣請負奴隷の小規模デモが感動的なのは、ホームレスや日雇いの一部が奴隷労働を強いられている若者と連帯しているからです。ホームレスや日雇いのおっちゃんは、最下層はわしらだけで十分、と言っています。ポンちゃんもデモに参加してあげてください、ポン仲間を集って。っつうか、まず新聞嫁って、産経ばかり読まずに。
 
 
 
安倍よりはかしこいミズホたんの日記から (作業員)
2007-07-13 15:53:01
>キャノンの宇都宮工場の偽装請負の視察を行なってー正社員化の道をー2007年02月28日(Wed)<
 
 
 
昏睡? (山崎元)
2007-07-13 16:13:27
覚醒さま

労働組合ですか。私は、集団で主張するのが嫌いなので、組合は性に合いませんねぇ。

もちろん、ルールの適用を担保するチカラが何だ(このチカラは国家に限りません。この点については、例えばマリー・ロスバードでも読んでみて下さい)という問題はありますが、ルールが決まっていて、個人間で問題が解決できる仕組みがいいと思っています。

キ社の労働組合がどれほどのものか知りませんが、自分達の労働条件を落としてでも、派遣・請負の非正規労働者を平等に扱え、と主張したとは聞いていません。御手洗氏(サラリーマン経営者ですし、心情的には「正社員の長」でしょう)も、キ社の正社員様も、残念ながら、現状を恥じた行動は取っていないようです(むしろ、法律の方が悪いと思っているように見えます)。

倫理的、心情的には、この辺からして、それこそ「嫌な感じ」なのですが、経済的には、正規労働者と非正規労働者は利害が対立して競合しているので、キ社の正社員を強く責めるのも、気分的には、今一つですね。私もそうですが、キ社の正社員さんたちも、それぞれ、おのれが可愛いでしょうし。

労働組合には、非正規労働者のためにストを打つぐらいの近時珍しいくらいの正義を期待したいところですが、これは「木に縁りて魚を求む」の類ではないでしょうか。

昼寝の間に夢でもご覧になりましたか・・・・。

もっとも、キ社の偽装請負自体が解決すべき問題だという点についてはご賛同を頂けたようで(ご反対は、ないようですから)、これは、幸いであり、一歩前進です。
 
 
 
法は既になんぼでもあっからよ (作業員)
2007-07-13 16:50:57
とりあえず、派遣元事業所に対する罰則

=1年以上10年以下の懲役または20万円以上300万円以下の罰金 略=
=1年以下の懲役または100万円以下の罰金=
派遣禁止業務への労働者派遣(労働者派遣法第4条1項)一般派遣事業者の名義貸し(第15条)無許可で労働者派遣を行った場合(第5条)不正な方法で派遣業の許可を受けたり、許可の有効期間の更新を受けた場合 厚生労働大臣による業務停止処分(第14条2項)、事業廃止命令(第21条)に違反した場合 無届で特定労働者派遣業を行った場合(第16条1項)
=6月以下の懲役または30万円以下の罰金=
特定労働者派遣事業の名義貸し(第22条) 法違反の事実を申告したことを理由に解雇などの不利益な扱いをすること(法第49条の3の2項) 厚生労働大臣による改善命令による処分に違反した場合(第49条)
=30万円以下の罰金 略=
以上資料終わり。

両罰規定のため、違法行為当事者のみならず、法人または事業主にも罰金等が科される。派遣法以外にも、当然、職安法、労基法、労働安全衛生法等の処罰が科される可能性がある。
 
 
 
ぬはは 愉快なり (作業員)
2007-07-13 17:11:55
改めてみると、あいつも、こいつも、すぐに収監でけるでないか。参院選次第かもなあ。おもろいなあ、ポンちゃんも、証拠はシュレッダーへ、パクラレタら、子供が泣くで。にしても、学歴コンプレックスはないと言いつつ、すげー灯台への執着やなあ、隅を照らしたい、のやろ。特高のことは、親父が特高だったことだけが自慢の上坂冬子にでも訊きなされ。どーやって山のような無政府主義者を、絞め○したんですか、とか、どーやって井戸に放り投げたんですか、とか、えぐいことは訊いたらあかんで。どーにかして、あいつとか、こいつとかのタコ社長、収監しようではありまへんか、万国の無政府主義者よ! 世界陸上へ集え!
ちなみに、特高は、特別高等警察、やからよ。
 
 
 
閑話休題 グループホーム (moto金田浩)
2007-07-13 20:02:03
今日はグループホーム巡りをしてきました。
少人数のご利用者の方を家庭的雰囲気で介護
する施設ですが皆様は良くご存じと思います。
当然のこととして職員さんは365日24時間
体制で交代に勤務されています。
これまた介護職の方の待遇は良くありません。
従って、他の産業に働く方が転職され介護職
不足気味となっていると。
 
 
 
閑話休題 2 (moto金田浩)
2007-07-13 20:06:49
そういえば、数年前までは介護業界に多くの
働き手が集まっていました。
他の産業が不況であったことかも知れませんが。
ここ一二年の間に大きく変化したようです。
他の産業が景気回復と共に求人が増え低賃金の
介護業界に働き手が来られなくなったようです。
 
 
 
閑話休題 3 (moto金田浩)
2007-07-13 20:11:45
介護職はボランティア精神、こういう崇高な
気持ちから、若い方が、世のため、人のため
と、最初は入ってこられます。
そして、溌剌とはたらかれます。
数年はこれももちますが、、。
次第に、、。
最近は多くのそういう方々が去って行かれます。

 
 
 
この国にも自転車修理マンが必要になる (mistral)
2007-07-13 21:10:33
しかし、店主・山崎さんの母校って、
スペイン宗教裁判みたいに苛斂誅求された後に、
「silly walkがヘタだねえ。独創的が足りない」と言われたりで、
大変ですね。
関西人のひつこいからみにも、
さらりと応対される山崎さんには、勝者の余裕を感じます。

>memoま夫人

作業員さんと見ているところが違うのですが、
いつも清楚な文体にあこがれております。
本質は、文体ではなく、思考の道筋なのでしょう。

「一番美しい季節」というおフランス映画で、
グランゼコールを目指す若者の(少し歪んだ)青春を垣間見た記憶があります。
傍らで内職する母親を黙殺してラテン語を暗誦、なんて場面がありました。
映画で見る限り、結構「変」でした。
英才教育って、どっか「過剰品質」で「変」なんでしょうね。

学生時代、家庭教師のバイトで、ヤンキー母子家庭の中学生男子を教えたことがありました。
頭の回転でいえば、私よりもよっぽど性能が良くて驚いた記憶があります。
学力の差となって表れるのは、せいぜい「机に向かう回数」の違いで、
子どもと入れ違いに出勤されるお母さんには、酷な注文でした。
山崎さんの母校の卒業生を有効に使えないのも「もったいない」ですが、案外素質のいい子を実直であればそれでいいなんて、「もったいない」ですね。
 
 
 
山崎さんの母校が始めたりして (mistral)
2007-07-13 21:53:31
>覚醒さん
大学教育の改善案及び学生のあるべき姿について、
「ちとキビしいなあ」と思いつつも、
輪郭は理解しました。
天才を開花させる、ピリ辛な学校があってもいいな、と思ったのですが、こういうシステムを導入するのって、案外「山崎さんの母校」なのかもな、と思いました。
大阪大や筑波大辺り、ピリ辛系で成果出して躍進するのも、いいかもしれないですね。うちの子も私の遺伝子を受け継ぐため、親子二代で「偽装」かもしれず、「レジャーランド」もひとつくらい残っていればいいのですが。
 
 
 
晴耕雨読 (サイレントじゃないマジョリティー)
2007-07-14 12:18:01
memoま様

少しばかりのご縁があってバカロレア(Bac/バックと通称を用いると揶揄されそうなので止めますが)の問題を毎年覗いておりますが、いやあ~かくも早期にお見事な和訳文付きで課題一覧を拝見出来るとは!!、今年が初めてのことです。

「秘書課の村野瀬嬢」も初めてお聞きするように思いますが素晴らしいタイミングを感じましての投稿です(場所を何処とすべきかも迷っていましたが)。

専ら「政治と社会と希望」を主題としてカミュとアリストテレスの言葉を思い出し書棚の奥をひっくり返していたところ、此処では同時にmemoまさんの投稿に接したしだいです。
●希望とは一般に信じられているのとは逆に諦めることに等しく、また、生きるとは諦めないことである。
●希望は目覚めている人が見る夢であり、絶望は、眠れる政治家を持つ現実なり。
確かこの2文でした(正確な文言は引き続きチェックの最中で、正確さに欠けると思いますが)。

社会保険制度、介護に就いて、選挙、金融経済と正義・・・・まあ色々本当に考えさせられますので、雨模様の3連休にチョット学生時代に戻った気分で考えてみます。
 
 
 
美は美は美は この国のどこに (作業員)
2007-07-14 15:06:36
だんだん、何書いてもよくなってきてしまって、すでに全員が酔い衆かラリパッパーだからして、マスターも大変だろうと思いつつも、ここでだけちと、ええかげんなことを。
ポンちゃんも社民だのヨヨギだののヘタレ左翼ではなく、無政府主義にいくらか興味がわいたら、すっかり上智出のなれの果て風情の関川夏央の名著というより谷口ジローの名著「坊ちゃんの時代」でも読んだらどうか、麻生ポン太郎でも読めるようにちゃんと絵が描いてある。山さんは、さしずめ秋水幸徳伝次郎であるが、人の上に立つのが嫌いな人だからなあ、あんまり持ち上げんでおく。メモ夫人はやはり、管野須賀子か伊藤野枝なのであろうが、わしゃ人大杉を名乗るほどの器ではないので、できそこないの啄木を気取ることにしたい、金銭感覚だけは啄木ごときに負けん。なわけで、美は乱交失礼乱調にあり、浣腸失礼階調は偽りなり。われは知るピーピーの安倍の悲しさを。われは知るエロテロリストになるには壁にすぎるメモ夫人の悲しさを。

山さんのおかげで、口から出任せの幅がさらに広がって、実に楽しい後半生が送られるかもしれない。あろうことか、このわしに歯磨き粉を売ろうとしたマルチねーちゃんがいて、その壁ではない山ねーちゃんは株にまで色気を出していたりもしたから、ここで学んだ付け焼き刃株知識披露したりして、結局、株の先生、とかいうことになってしまって、こりゃ黒詐欺じゃねーのか、と思う次第である。
なわけでして、行動経済学にまで手を伸ばしたわしは、ついに本源的問題につきあたった。それは、「経済学を学ぶと、利己的になるのか?」という、いわゆるネタなのだが。ポンちゃんを見ていて、どうしてもわからんことがある。
「ポンちゃんは、経済学を学んだのか? そして、ポンちゃんは、利己的なのか?」
利己的な国家主義者とは、言語矛盾ではないのか、なんてことはもうとっくに答えが出ていて、自己が国家にまで肥大しただけの「寂しがり屋」ちゅうことで、ひとつよろしく、皆の酔い衆。肥大させるなら、オッパイだろ。美はオッパイにあり。

関係ないが、山さんのツレと亜保学者土居君の番組を見ていて、やはり顔がガメルのは、飯台に入るからだな、と思ったものだ。山の灯台か、カンカンドーリツでいいんじゃないか、子供の顔のためには。
 
 
 
旧社会主義国家の消費は? (yokoyari)
2007-07-14 20:23:19
覚醒殿

お返事はもらえないでしょうが

言い遅れましたが、専門用語を使うときには定義くらいは調べませんか。
ほかの先進国もデフレだなんていってたら、経済論議は成り立ちません。

現在の経済学を否定しつつ、己の経済観を披露するのは「俺様経済学」を主張していることにほかなりません。
(経済学は人々の経済活動を研究する学問なので、実験には世界中の方々が参加しております。もちろん今も。)
で、たいていの俺様経済学はすでに過去に主張され、否定されたものです。
学問はそういった歴史の積み重ねなので、否定するよりは一応あたっておいた方が得です。
そうしないと車輪の再発明になってしまいますので。
もちろんこれから否定されるものもあるでしょうが、だからといって全否定するのももったいないと思います。

しかし、本当に社会主義圏の人が経済活動と無縁だったと思っているなら、彼らは何をして食っていたのでしょうか?

ところで、社会主義経済圏の人が参加するようになったから云々と何度も述べておられますが、どうして彼らの消費には眼を向けないんでしょうか?
彼らは別に霞を食ってる仙人ではないので、我々と同じように生産するだけでなく消費するわけなんですが
どうしてそっちの話が皆目出てこないのか不思議でしょうがないです。
 
 
 
酔客のたわごと (どんぐり)
2007-07-14 21:13:47
僕も労組をやったことがあって、こぶしを高らかにあげて「オー!」と叫んでいたなあ。労組の幹部っていうのは、事務処理能力が高くて、ほのぼのした人当たりのいい調整役みたいなイメージがあります。闘争って感じじゃあないなあ。

はるか昔にサルトルなんぞ読んでいたこともありましたが、哲学は僕の手の届かないところに行ってしまった。ニコマコス倫理学は読んだことがあるという記憶しか残っておらず、ああなんと無念なりけり。

メモ夫人のバックで取っ付きやすそうなやつを雨の3連休で考えてみようかな。「手仕事と知的労働との対比にはどんな価値があるか?」。これは今はなきドラッカー先生の本に書いてそうだなあと思った。ありきたりの結論になりそうだから、なんか別のやつにしよう。
 
 
 
よこやりさんに絡む酔っ払い (どんぐり)
2007-07-14 21:41:47
> 社会主義経済圏の人が参加するようになったから云々と何度も述べておられますが、どうして彼らの消費には眼を向けないんでしょうか?

一般的な都市の中国人の工資(サラリー)は今でも3万円/月です。ポンチャンは昔の話をしているから、彼らの消費インパクトはもっと小さく、かつ多くの人民が巨大資本のもとで労働集約産業をしているので、生産量は膨大になります。

当時のアジアの消費といえば、ホンダの中古オートバイが一生のお買いものっていうレベルだと記憶しています。霞じゃなく米を食べていたけれど、トヨタの車には乗ってませんでした。つまり生産のインパクトの割に消費が小さいんです。

アジアの皆さんも「手仕事」でなく「知的労働」のフェーズに入っているから給料が上がってます。ようやく彼らの「消費」について話はじめられる時代になりつつあるんじゃないでしょうか。

なんとなく一般論を書いてみたけれど、よこやりさんはどう思いますか?
 
 
 
嗜虐 (覚醒)
2007-07-15 16:03:18
「問うに落ちず、語るに落ちる」と言う諺があるが、本当だ。逆上すると、その人の本質がもろに露見してしまう。

>おもろいなあ、ポンちゃんも、証拠はシュレッダーへ、パクラレタら、子供が泣くで。(ボーコンイン氏)

小生の子供が病気と知っての、あざけりのお言葉でしょうが、嗜虐そのものなのです。かの国の、則天武后が、競合する皇帝の愛妾の手足を切り落とし、肥溜めに叩き込み唾を吐きかけた姿とダブります。正義の顔をして、逮捕をと叫んでおられますが、うろたえたり、青ざめたりする姿を見て舌なめずりをして溜飲を下げたいことがあるのでしょう。○器から人間にと仰ってますが、汚物を文句も言わず受け取り処理するだけマシでして、あなたは、鬼畜から人間への転換が必要でしょうから、長年の修行や精進が要るのではないでしょうか。

恐らくは、雑誌社等のマスコミの方が出入りされるお店で、才気煥発の応対をなさり、中国に工作機を輸出してバンバン儲けている方もお友達ではなく、お客様だろうと推しますが、逆上して嗜虐性を露出するようなへまはなさらぬように注意された方が良いと存じます。もっとも、このようなご忠告は不要でしたね、正義面でもおなじみの仮面はお得意だと思われますので、お気になさらないでお忘れ下さい。
 
 
 
ええおっさんが (作業員)
2007-07-15 16:56:17
おっさんに、癒しを求めたら、あかん。ヘイポー龍に言えば、「センチメントを拒否せよ!」やで、ポンちゃん。などと、あんまり遊びが過ぎてはいかんので、まじめに今日も、鬼畜キヤノンのフジオネタである。

我らが現人○器御○所フジオは、「2010年までに、売上高原価率を45パーまで下げろ!」と指令を出しているらしい。フジオ、答えてくれ。おまえはそんな風に○器の分際で、「即刻、偽装請負を全ラインで常態化せよ!」と指令を出したのかい? 忠言は○器でも、耳に痛かろうが、あのなフジオ、思いつきで、指令、出したらあかんど。それじゃ、ベンジョンイル、丁寧に言えば、オベンジョンイル、やがな、このタコ。
 
 
 
虹は丸いのである (memoま)
2007-07-15 18:09:56
正義や責任や欲望についておふらんすのの若い人たちがどのように取り組んだのか、是非読んでみたい。みなさまの連休のお楽しみになるといいですね。昨日NHKの番組で東大の哲学の先生が、何かを説明するために、そうでないものを説明するのだというようなことをおっしゃっていました。哲学は数学なのです、きっと。同じ番組で先週、慶応の環境工学の先生が電気自動車の開発について語っておられたんですが、車の後ろ半分のデザインはちょっとおふらんすのシトローエンDS的、各車輪にモーターがついておるのです。先生は「研究者」らしく他のことには無頓着、お金は銀行にいそうな別の先生が集めておられ(経歴を見たらやはりもと行員さんでした)、このコンビがいい感じでした。
http://www.eliica.com/

ところで、終末にでる虹はともかくとして、虹は太陽がないと見られないと思っていたのですが、満月の前後の明るい夜、霧雨などが夜の虹を見せてくれる事があるのだそうです。こころしておればきっと見られるそうですから、これも人生の宿題にしようと思います。

タツルくんの対談を聞きに行った事がありますが、ほんとに「ヘタレ」さんでした。タツル氏は関西人ではありませんから、関西人のセンスに欠けるのは仕方ないでしょうね。ま、いいでないの、クワタくんの師匠と武士道について極めてもらえば。
関西の私立学校はいろんな意味で大変なのです。伝統校と大学進学で実績を上げている新興校との戦いですね。伝統校だって定員割れを起こしたりしています。女子大の経営陣も教授陣も非常に厳しい立場に置かれているのです。
これから小学校の「お受験」が関西地区に及ぼす影響も気になります。

今日はお盆ですから台風が来ようとお墓参りが正しい日本人、ということで忙しく竹村先生のお言葉しか聞けませんでしたが、社会保険の財源を投資に回したらええやん、ほしたら増税なんかしなくてもええのに、といっぺんいうてみたかった、ですでに3回目のような気がするのだが・・・。
 
 
 
世界初の夢の機械 (mistral)
2007-07-15 19:22:20
>memoまご夫人さま
 理由あって、京都観光のついでに大阪のプリスクールなるものを見学したことがあります。「ぼったくり」というより「授業料の高さこそブランド」な東京のそれより、はるかに良心的でしたが。
 関西のお受験熱、北摂辺りの教育熱、なんだかすごそうです。京都にいた頃、放課後、路線バスでこれ以上はない「しつけの悪さ」、じゃなかった自由な教育の成果を発露なさる某女子大付属小学校の生徒を見ているせいか、あまり魅力も感じないのですが、やはり「さつじんいがい、なんでもあるで」という公立校への恐怖感、なんでしょうか。かくいう私も「ハリポタの魔法の学校」みたいなら、それならいいかも、なんて思ったりもします。
 英才教育は大いに結構ですが、関西弁という凶器をあまり振り回さない、「他人に寛容」な選良の育成を期待したいところです。ファンドの村上さん、上野千鶴子さんが量産されるのも、しんどい。
 
 ところで。虹というのは基本的に機械で作れなかったそうですが、板橋区の中小企業の方々が、「夢のマシン」を開発したそうです。世界初、人類史上初です。かように「すごい技術」を結構おもちなんだそうですが、商品化、販路開拓がネックなんだそうです。
天才の発現に期待するバクチより、「ふつう以下のおっさん」の瞬間最大風速な努力のほうが好きです。
 という私はロック、よりパンク、なのだと思います。

 作業員さんの暑苦しいヒロミゴーを聴いてみたいとも思うのですが。
 
 
 
わが国の持続的競争優位のために (mistral)
2007-07-15 19:37:39
というわけで、「虹発生機」にご用命のギョーカイの方がいらっしゃれば、特許も確か押さえているとのことでしたので、導入をご検討いただければ幸いです。
 経営資源の有限な社長さんたちに代わって、お友達が販路開拓などを調査していたのでした。
 その機械、いちおくえん位するのかと聞いたところ、たしか「ヤッターマンのドロンジョ様が連呼していた販売価格程度」というてました。
 夜半過ぎに虹を眺めて語れるバー、なんてのは素敵ではないでしょうか。人類初ですよ。
 いかがでしょう、店主・山崎さま
 
 
 
日本国民必読の書 (mistral)
2007-07-15 20:31:12
>作業員さん
「坊っちゃんの時代」は諳んじるほど読み込んだ私ですが、(実相寺昭雄監督あたりで映画化していただきたかった)
作業員さんには、下記短編をお勧めいたします。
 
「上を向いて歩こう」(「SOS地球探検隊」収録)/大友克洋
「さよならにっぽん」/同、でもいいのですが。

本題(六本木のお三方)にからむとすれば。
この作品の脱力を味わっておけば、
一人くらいは、
違った生き方だったのではなかろうかと。

タツルさん推薦でスベっちまいましたが、
今度こそ、モザイク消えますから。

 
 
 
全国民必読の書 (mistral)
2007-07-15 20:38:08
>作業員さん
「坊っちゃんの時代」は諳んじるほど読み込んだ私ですが、(実相寺昭雄監督あたりで映画化していただきたかった)
作業員さんには、下記短編をお勧めいたします。
 
「上を向いて歩こう」(「SOS地球探検隊」収録)/大友克洋

「さよならにっぽん」/同、でもいいのですが。

本題(六本木のお三方)にからむとすれば。
この作品読んで「脱力」しておけば、
一人くらいは、また違った生き方だったのではなかろうかと。
わが国民に必要なのは、品格本にあらず、柔和なる脱力なり。

タツルさん推薦でスベっちまいましたが、
今度こそ、モザイク消えますから。

 
 
 
閑話休題 感謝 (moto金田浩)
2007-07-15 21:16:38
ここで、勝手に書かせてもらいましたが

別項に介護についてのページが出来ました。

感謝です。介護の値段は、本当に介護の値段は

なにが適正で、そして、どの程度の値段が社会

に認められるか。大きな問題と思います。
 
 
 
珍しく読書 (Dialectician)
2007-07-16 03:53:16
山崎さま
生きるのに忙しい状態にいたら、知らないうちにロバ耳の通りすがりになってしまったようですが連休ぐらいは、挫折して久しい「民主と愛国」小熊英二(なんと1000ぺージ近くある)の残りを読もうと思っていたのに再度思考停止状態。読めたのは「歌舞伎町案内人」李小牧2冊と、「越境のとき」フランス文学者鈴木道彦と、なぜか辛酸ナメ子のみです。同性愛と外国人という二重の差別に呻吟したミシェルフーコーは夏休みの宿題にしようと思います。しかしあれほど伝統的に“哲学”しているフランスで外国人差別が強力に現存し、しかし同時にフランス人の“血が一滴も”入っていないサルコジが政権を執るというという不可思議・重層的な現状をフーコーは草葉の陰でどう論評しているかなど思いつつ、ふと足元見ればアベシンゾー。自己を疑ってみる能力に欠ける→自己肥大→国家主義者という典型的パターンに、世襲というドライブが掛かるとどうなるかの良いケーススタディかも知れません。選挙前のこの時期、公職選挙法を意識して妙に、不必要なまでに萎縮しているような感じのネット言論のようですが(明確に違法とされる言辞とそうでない言辞との外延が不明瞭であるが故に違憲無効との疑いが制定以来からつきまとう同法ですが)、ついでながら明快で分りやすい論評記事を添付すると、
http://blogs.yahoo.co.jp/lifeartinstitute/archive/2007/7/15
やはり淀んだ川の掃除にはとりあえず政権交代でしょう。その為には民主党といったところがどうも全くスッキリしない所以なんですが、、、

この記事のエントリーと無関係で恐縮ですが、他の200余のコメントもけっこうアバウトのようなので(とても全部読めないのですが)、多めに見て下さい。
 
 
 
宇野薫はいい (作業員)
2007-07-17 15:06:35
>クワタくんの師匠と武士道について

師匠は、武士道というより古武道の身のこなし道、だから、世渡りに通じるのじゃないかなあ。師匠の言う理屈はだいたい分かるけど、交流したいとは思わんなあ、なぜかなあ。関西はせまいから、クワタくんのツレとわしは知り合いです。この人は、クワタキヨと対戦していた元球児でありまして、クワタのカーブがどれぐらい曲がるかは、ずっと昔にこの人に教えてもらっていたので、老体に鞭打つクワタくんが大リーグでやれているのも、さもありなん、です。
漫画の話で言うと、イブニングのゴールドダッシュだったかなあ、ラッシュだったかなあ、の、どういうキャラかよく知らないのだが、ヘイポーとしか思えない顔が描かれていて、笑った。シンクロして、時代はヘイポーなのかもしれん。

あんまりアバウトになってもいかんので、日本経団連新聞フジオネタも書いておこう。
IT技術者が働いてみたい会社、さすが御○所フジオのキヤノンは堂々験の悪い4位だ。で、日経に問いたいが、「業務請負で絶対に働きたくない会社」、山さんもわしもそれなりに愛するキヤノンは、何位なんだ? 公表しろや。結構、試しに偽装請負セルラインで○器作ってみたい、という人も多いのではないかなあ、なんせメイクイットクッソブルで有名やけん。
それにしても、日経主幹の
「日本の存在感が高まれば、円の凋落にも歯止めがかかる」
ってのは、スピリチュアルですね。

最後にタイトルだが、宇野薫はいい。特に、宇野鴻一郎と川上宗薫を足して二で割ったような、潔さ、がいい。侍だな。
 
 
 
さすがだ 藤原師匠 (作業員)
2007-07-17 17:55:16
>言葉を信じてはならない。顔を見ろ。
>自然が壊れているように、今日ほど政治家の顔が壊れている時代はないのだ。君たちの掛け金はきっと保証されないだろう。それは私が保障する。

ブログ内コメントについては引用等を認めるとのことなので、藤原新也先生のナイスなお言葉を紹介させてもらった。結局、顔じゃないか。勝手に引用だけしても気が引けるので、最新巻「名前のない花 藤原新也 東京書籍」をよろしく。写真家からみた、キヤノン御○所フジオ像、誰かインタビューしてほしなあ。猥談バー、ゲスト候補にひとつよろしく。
 
 
 
再び、コムスンさんに感謝 (moto金田浩)
2007-07-17 22:14:51
介護の問題が廣く一般にひろまったのは

逆説的にここの三番目の方の功労といえます。

そして、根本問題の介護職の方の待遇問題も

多くのメディアで取り上げられ、そして

注目と認識を集めてくださいました。

厚生労働省さんも、業界に対して、介護職

の方々の待遇改善の要請も出てきました。

短期間で解決するとは思いませんが、息長く

訴え、一般の方のご理解を頂けるよう期待

します。
 
 
 
グッドウィル バッドウィル (作業員)
2007-07-18 13:13:08
善意には善意を悪意には悪意を。というのを正負の互酬性と言うらしい。悪意のあるグッドウィルには、ただひたすらに制裁を、でよろしいかな、金田氏。

こないだから市場の話をしとるんだが、市場という言葉を使うなら、「福祉市場」あるいは「福祉市場原理」、という言葉を使えばどうか、と思う。談合と浜子ーとヤーコーが跋扈する公共事業において、北九州市で一人餓死するたびに一本歯が抜けていると都市伝説にされている竹中が大好きな「市場原理」は、一応受注者と発注者の関係の中で、働かない、でもない。福祉事業の難しさは、目の前の弱者からは金が取れない、その金が取れない人との取引を継続しなければならない、点だろう。福祉事業は、公共事業のように、「失礼、うちは本日、トビマストビマス」、とか言って工事(事業)の中断ができない。そもそも、必要かどうか疑わしいダムだの箱だのと、人命は違う。
グッドウィル折口を単なる市場への参入者とすれば、介護と人貸しをシノギにして、ホリエのようなチューブルではなく新品のジェットに乗ってアイドルと別荘で遊ぶぐらいのジェニは引っ張った、純然たる勝者だ。仮にグッドウィルコムスンが解散しても、善意の任官拒否者たる折口個人は、勝者だろう。森巣博が言うように、賭場での勝ちとは、「勝ち逃げ」のことだ。
天皇機関説ではなく思いつきで市場機関説を唱えてみたら、ある映像が浮かんだ。田中ポン太郎が、市場というミンチマシーンに、いろんな肉を入れている。よくよく観察していると、ポン太郎は、いろんな肉に段ボールを混ぜている。よくでけたミンチマシーンは、段ボールをちゃんとミンチにしてくれている。だが、いくら段ボールを市場というミンチマシーンに入れても、肉にはならない。
田中ポン太郎のところに、ミンチマシーンを貸してくれと、役人が現れた。北九州市の生活保護担当者だ。おい、何をするんだ。おい、何を投げ入れようとしているんだ。おい、藤原、おめー門司の出だろうが、親父は大陸ヤクザだろうがよ。おい、おめーの故郷の役人がよ、ミンチマシーンに、生身の人間を・・・。
 
 
 
11億とは (memoま)
2007-07-19 23:26:10
通りすがりのDialecticianさまが小熊英二を読まれるとはちょっと意外な感じも。わたくしめはアイン・ランドの「水源」に挑戦。1031ページですが、これは建築家の話というより政治のおはなしらしい。訳者あとがきには「アメリカの傘の下の資本主義経済体制の恩恵を受けているくせに、反米サヨクごっこに終始して、そのくせアメリカから自立した日本など想像もできないほどにアメリカに心理的に依存しているのが日本人ではないのか?そもそも日本人にはより良く生きたいという暑い欲望があるのだろうか」なんて書いてある。この訳者の方が嫌いなのは「高温多湿。無自覚な偽善。馬鹿な優等生。公僕でない公務員。」(ウェブページサイトより)だそうです。
作業員さま
そう、古武術でした、このエントリーの関連で言えば、師匠による介護に役立つ身のこなしの本がでていたはず。
「古武術介護入門」
「暮らしの中の古武術活用法」これはNHK
mistralさま
べつに「ヘタレ」でもいいんですけど例の下流の本は余りにも救いがなく、それじゃあ、灘中卒業生による「死海のほとり」のイエスではないか、という感想を持ってしまうくらいだったので、もうちょっと頑張ってほしいなと思ったのです。山のてっぺんの女子大でのんびりしてるとしょーがないかもしれませぬ。やっぱりらも氏ですね。
東京新聞が4回ほど首相を分析すべく「坊ちゃん」から引用しつつ名誉毀損で訴えられないかと心配するような記事をのせていたのですが、本日投書欄に、この記事について苦情ありと、あらやっぱりと思ったら、国民的英雄坊ちゃんになぞらえるとは提灯記事だ!というお怒りだったそうで、日本語が
理解できない人が多いんだねえと驚きました。

期日前投票もしてきたのでしばらく夏休みしてきます。なんべんも言うたら値打ちのないいっぺんゆうてみたかった、たまには店主のお役にも立てるようなので代弁?よろしくね。
 
 
 
負けたなあ (作業員)
2007-07-20 13:20:53
さすが前世がタワシなだけあるなあ。千ページかあ。無理無理絶対無理。で、わしはマンキューのマクロを読みました。半分ぐらいでしょう。テキストには「政策提言と経済学者の賛同率」が紹介されていて、最低賃金についても挙がっています。「最低賃金の引き上げは、若年労働者と未熟練労働者の失業率を引き上げる」について、賛同は、79パーです。実に、おもろいですね。他の設問に比べて、賛同が低いことと、経済学の本家アメリカで、ではなぜ最賃を大幅にあげたのか、学説は現実にうちのめされたのか、このあたり、日本の学者さまにレポートしてほしいのだが、なんか、自分でやらんといかんみたいやなあ。甘えてはいかん、と相場の師匠たる山さんに教わったから、まあボチボチやろかねえ。

たぶんよく売れたのじゃないかと思うけど、友野典男氏の「行動経済学 光文社新書」に、四枚カード問題が紹介されている。ネットですでに書いている人もいるし、他のテキストにあるので、すでに知っている人が多いと思うが。
【カードが四枚ある。表にアルファベット。裏に数字が書かれている。「母音が書いてあるカードの裏には偶数が書かれていなければならない」という規則が成立していることを確かめるためには、どのカードの反対側の面を確かめなければならないか? カードは、E K 4 7 の四枚】

問題も答えもどうでもいいんだ。答えは、Eと7。わしがおもろいと思ったのは、この問題の正答率が10パー以下、だとテキストに書いてあることだ。わしが試してみた感触では、1パー以下の正答率しかない。結局それは、日本語の問題なのではないのか、と思い始めたら、夜眠れなくなるので、もうやめる。夏に必要なのは、パズルではなく、読書しながらの昼寝だな、夫人。なんべん言うても竹村は、四回目、五回目、同じ寝言言いそうやから、そろそろパスさせてちょ。
 
 
 
アソシエの続き (作業員)
2007-07-21 15:11:15
アソシエというのは、山さんのコラム以外一行も参考になる記事がないのがとても寂しい、のだがそれは、わしが対象読者から外れているからで、しょーがない、ことだ、なあ久間元大臣。なんか山さんのコラムのページが暗かったが、わしの視力が落ちたからかな。
で、山さんファンはアソシエも買ってあげてください、貴重なシノギでしょうから。内容を全部書いてしまうと、買う必要がなくなる人も多かろうから、キモの「全員がおしゃれになっても、全員がもてるわけではない」、の続きを勝手に書いておきます。前提として、おしゃれでないともてない、というのはあるかと思うのですが、なんせ山さんお書きのように、オッパイの数に限りある故(石原いわくババアまでいれると男女は半々であるが。しかーし、もてたいのはあくまで、栄子ちゃんとか仁美ちゃんにもてたいのだな、オッパイ星人は。週刊現代の栄子ちゃんのパンチにくらくらして、やっぱ栄子ちゃん派に帰ろう浮気してごめんよ、と思うわしである)。

風水ブームも少し落ち着いてきたのですが、一時、石原いわくババアが持つ財布が、ぜーんぶ黄色だったことがあります。石原いわくババアが、全員黄色い財布を持ってしまったら、どうなるのかなあ、と考えたものです。全員が黄色い財布を持ったらどうなるか、あるいは、その街の新築マーケットが十億しかないのに、この街で二十億を売り上げると宣言する社長ってタコよね、などと考えるメモ夫人のような人は、逆に、ガメテルってああいうババアのことよね、とか近所で囁かれるのかなあ。
派遣規制の次はおそらく、マルチ規制だと思うのですが。マルチねーちゃんに、いくらネズミ算を教えても、理解できないのか理解したくないのか知らんですが、マーケットのどん詰まり、について納得してくれまへん。広辞苑の説明によれば、一月の二匹のネズミは12月に、276億になるのであり、小さな街にそういうシステムで同様の物を売る組織が数十存在している、しかも歯磨き粉だの洗剤だののマーケットには、世界的に見ても超優良の日本企業がすでに存在している、のに。歯磨き粉の需要もイランイラン入りラブローションの需要も、ネズミのように爆発的に増えるわけではなかろう、入会金とセミナー料だけが本部胴元に積み上がるんだがね。などというと、「夢のない名古屋人みたいな関西のおっさんね。ダッセー」と言われてしまう。から、とりあえず、ファミレスでお茶でもおごってもらいながら、若い胸の谷間でもおがませてもらい、いやらしいマルチな接点だけ持ち続け、いつかのどん詰まりの日にでもイランイラン入りを使える日を夢見てレ○ンな日々を送るのが、ちょい悪いエロオヤジか。
前にネットで、レ○ンの編集長がどんなにカッコつけても、あいつの顔はう○こにしか見えない、と書いたら、ものすごく怒られた。そういう誹謗しかできないおまえの顔がう○こに違いない、コンプレックスだ、このう○こ作業員、と。で、いくらか反省はしたのだが、やっぱりあのおっさんの顔の質感は、う○こにしか見えないのだから、しょーがない、なあ久間元大臣。

店主の不在をいいことに、遊んでいてはまた怒られるので、店主の同郷のダイヤ系ツレの相場観について書いておこう。「グローバル化のなかで、企業は労働者に利益を還元しない。株主を重視する。そういう構造は選挙によってすぐに影響を受けないので、相場はいわゆる織り込み済みだ」そうだ。馬鹿馬鹿しくも夢のない解説だなあ、本当に函館人か。選挙によって構造を変える、株価大暴落は、そのための耐えなければならない痛みだ。こっちの方が、もてもて小泉っぽくて、カッコええやろ。
最後にあまり関係ないことだが。新聞を読まない人が増えている、からと言って自分の子供が新聞を読んでいないことを正当化するような親は、かなりのタコだ。新聞を読むのは悪いことではない、のだから、一つの個性としてでも新聞は読んでおいた方がいい、読まなくていいのはアソシエだ、逆に張らなくてどうする、ねえとっぽいメモ夫人。
 
 
 
水戸黄門症候群 (覚醒)
2007-07-23 22:53:37
水戸黄門さんの胸のすくところは、庶民にはどうにもならない悪党を、絶対的な権力者である黄門さんが、悪を見抜き「懲らしめてやりなさい」と成敗するところにあるのではないか。だから、60分番組の40分経過した辺りでクライマックスシーンの始まりである印籠が出てくる時間配分パターンでTV番組は作成されている。

1969年以来の世界的な長寿番組だから、日本人の潜在意識と合致するところが沢山あるのだろうと推察される。
①権威の水戸ご老公は、誤った判断をすることはない。そして、ご老公の裁断でその地方一帯は、悪が追放され善政に戻る。
②世の中は、悪い(地方)藩の一部(中間的)役職武士とその利益に与る取巻きが、ひたすら我欲追求で無慈悲なことを行なう少数グループと、全くの無垢で善良な庶民のグループで構成されている。

煎じ詰めれば、私達は、公正な権力者が、悪を取り除いてくれれば世の中は良くなるという信仰を持っているということだろう。実は、そのように考える権力者も過去の日本に多勢存在しており、東条英機も戦時中はゴミ箱を覗いて庶民の生活を心配したりもするが、その一方で、特高を使い徹底した思想弾圧と反対派の追い落としを目立たないようにやるのだ。ライブドア事件の担当東京地検特捜部長は、「額に汗した人が報われる社会にしなければならない」と就任挨拶したというが、ホリエモン強制捜査・逮捕劇は「懲らしめてやりなさい」のつもりだったのだろう。

>この際、現状の企業と行政の倫理観を見てみるに、遵法を徹底させるには、違法への強い罰則をもってインセンティブとせざるを得ないと思います。(山崎さん)

このような考え方は、多分、ご自分が黄門さん同様に「考えていることが正しい」と確信しているからだろうが、黄門世直し症候群と名づけるべき思想だと思う。だから、「懲らしめてやりなさい」と平然と言える訳で、現実の世界は極悪から無垢までの連続的な分布であり、誰を罰すればよい世の中になるのかなどと慎重な考察などすることなく、マスコミと同様に目立つ奴を血祭りに上げれば、世の中が良くなると思っているのだろう。(ご本人の釈明を読んだ後、このコラムで取り上げた3人についてのコメントを何度読んだが、安全地帯から水に落ちた犬に石を投げつけている構図しか浮かばないのは、私の想像力の豊かさの所為かも知れない。)

そして、そう言う黄門世直し手法が現実的に有効かと言えば、一定の効果はあるものの、それで不都合なことが無くなることはない。例えば飲酒運転の厳罰化は一定の効果はあったが、いまだに頻発しているのが周知の事実である。罰則以外の方策を採らないと絶滅は無理であろう。その方法は多分自動車に運転者の息のアルコール成分量でエンジンを停止させるセンサー装置の設置の義務化ではないかと思うが、それが設置されると厳罰の対象は、センサーを無力化する装置の発売とか改造行為に移るのではなかろうか。これは、目に付いた違反者を厳しく罰する方法論の限界であり、違反者全てがあぶりだされたりするような、いわば免疫システムで無ければ絶滅など及びも付かないように思える。
 
 
 
木に登りて魚を求めよ (覚醒)
2007-07-23 22:56:07
公的権力の介入だけで経済的行為が倫理的に運営されるようにすることは、私は、極めて難しいことだろうと思っている。なぜなら、それは極めて多人数が関係している活動であり、また、さまざまな局面があるから、全てを公平に監視して、違反者を摘発するなど不可能だからである。癌になった部分だけの切除で癌患者が完治できないように、違反者摘発重視では不適切な違反者絶滅などおぼつかない。

私の労働組合の活用にたいして、木に登りて魚を求むようなものだと言いながら、その一方では、正社員の非正規社員に対する蔑視をなくすことを望んでおられるが、具体策はなになのだろうか、提案していただきたいものである。以前どんぐりさんと意見を交わしたように、親会社の社員は、子会社の社員を蔑視しているのが現実だがこれは正社員どうしだから問題ないのだろうか。恐らく、蔑視することを修正し得るのは、倫理観だけだろうし、それこそ木に登りて魚を求む行為であるが、そのアナクロニズムも大事なことではないのだろうか。思想に対しても厳罰主義を適用するのなら「特高」が跋扈する暗黒時代と変わらないのだが、やはり体質として、そう言う権威主義がお好きなのだろうか。

別のコラムでは、内部告発者の保護を述べておられ、ミートホープ社のことを例に出されていたが、私はこれも労働組合のカバーすべき範囲のことではないかと思う。内部告発者は、正義だけが支えだが、如何に法律を作ろうとも不利益をかぶる危険性は非常に高い。だから、実行するのに躊躇するのは当然だし、その数は少ないであろう。しかし、労働組合なら、皆が職場を守るために会社と協議することなのだから、共通利益でまとまるはずのことである。一人なら不利益となろうが、多数ならそれはカバーされ得る。あの田中社長なら組合と協議をしても納得しなかったかも知れないが、偽装をやめなければ公表すると組合側が迫ればどうだったろうか。しかも、労組なら職場内でのデータだからいくらでも集めることは可能であったろうと思う。

労組を思想的な機関とし左翼は認識し育成してきた。しかし、その時代は終わったのであれば、経営に対するカウンターバランスとしての重要な機能があるのだし、そう言う育成がなされるべきであるのに、どの政治団体も上部団体もそのような動きをさせていない。今のグローバリゼーションの中、不況が長く続いてきた中で、経営者に怖いものがなくなったのではなかろうか。その点からも、できるだけカウンターバランスをとるシステム構成にし、免疫的なシステムが作動しやすくしておく一方、それをも逸脱する特殊例については摘発し法の裁きを行なうような社会システムを構築することを心がけるべきであろう。そう言う考えを昏睡の結果と呼ばれるなら、どうぞと言っておく。
 
 
 
徳島に街宣かけたってくれ (作業員)
2007-07-24 16:18:09
>「偽装告発し日亜失職」 元請負労働者7人、労働局へ指導を申告(徳島新聞)

ポンちゃん、ひさしぶり。ポンちゃんは、中村好きの日亜嫌いのはずだよね。ちょっと、人助けしたってくれ。ここまで露骨な○器会社は、御○所キヤノン以外には、あまりないよね。

処罰については。行動経済学では、「処罰は協力行動を生む」とされているからして、社長の身柄とったったらええねーん。半端な処罰がモラルの低下をまねくこともわかっているから、できれば、日亜の社長もフジオ同様、死刑、がええな(わしゃ、死刑廃止論者やから、私的極刑やけんどね)。こういうところで、御○所キヤノンや日亜をたたくのは、第三者処罰、に入るのかどうかよくわからんが、わしのような第三者が、御○所フジオ等人間○器をたたくのは、ひまつぶし、やね。ポンちゃんも、のったりーな。
 
 
 
函館原人ネタなど (作業員)
2007-07-24 17:42:12
山さんのツレのこないだのコラムは、日本の金融のスペシャリストが、世界では全く通用しない、話だったような気がするが、まともに読んでないので、違ったらごめん。園児なみのスペシャリストに、夢のような運用益を期待したアホは、どこのどいつか、などとからむ気はない。買って読むことはたぶん死ぬまでないだろうが、ダイヤの記事のボリュームは、大したものだと、いつも感心している。派遣請負の特集なども、文句のないものだった、が、売れないだろうな、と思って複雑な気持ちになった。

スペシャリスト養成に失敗した日本だが、製造部門のゼネラルな労働者は大量に育てることができた、というようなコラムではなかったかと思うが、何年前の話か。ノンスキルの使い捨て部品労働者が大量に発生しとるがな、鬼畜キヤノン御○所フジオのせいで。リケンの部品が止まったら、きっちり全ラインが止まるんだから、派遣請負の部品諸君も、大声張り上げて、ゼネストかましたらんかい。なーんの技術もないけど、サボタージュぐらいはできるだろうが。あと、投票行け、投票!
そんなわけで、選挙期間中なので、政治ネタは自粛しとるんだが、下層の天使雨宮女子は、すごいなあ、頭いいしツボが分かってるし、小池なんとかより、よほど総理候補らしいなあ、しびれる、オッパイ抜きで。今度の選挙の結果はだいたい見えとるが、「生きさせろ!」とか、「命落とすな、○○を落とせ!」とか、キャッチーで、まことに効果的だ。団塊ジュニアはようやく、愛国心では飯が食えないことに気付いたようだが、二十代の多くは、まだ、寝ぼけているそうだ。どんな夢をみとるのか、できれば教えてほしい。黙っていたら、殺されるぞ。

話はかわるが。ポンちゃんと同じように、警察権力行使という公共財(大サービス)を否定した過労死は自己責任でおなじみの財界芸者マルチ奥谷が役員になんぞなりやがって、あろうことか自分の会社に三億ひっぱりやがるのに嫌気して、郵便局を止めてしまった友人が、資産を運用しはじめた。株などなんにも分からんので教えてくれと言われて、この友人には命の一つぐらいは差し出さんといかんぐらいに世話になりっぱなしのわしなのであるから、いつものような口から出任せ言うわけにもいかず、とりあえず、「本屋に行って、和式!洋式!キヤノン式!、というクソ本のとなりに、山崎元というケツの穴のでかい人の割安な本があるから、買って読め」と営業かけておいた。

ちょうどそんな話をしながら茶をしばいていたら、なんとフォーブスの広告に名前があるじゃないか。おお、この人だ山さんだ、と友人に言うと、こんな人知ってるのかお前俺の金運用してくれんか、と言われて、まだそれぐらいの信用は残っているのかとわしは涙ぐんでみたりした。のだが、友人はすでに郵便局の知り合いなどに勧められるまま株をいくつか買っていて、どうもうまくいっていないことを話し始め、あげくブリックスがらみの投信も赤字だよ不安だよどうすりゃいいんだよ、などとも口にした。
しっかし、余裕資金とはいえ、全く知識がないのにいきなりブリックスとか、あかんのでないかなあ。そんなこんなで、奇遇なり、北海道出のツレ助けのために、円も縁もなかったはずのわしが、山のような株の本など読んでみるピーカンな日であった。
 
 
 
そうそう、介護のこと聞きたい (moto金田浩)
2007-07-24 18:45:02
そうそう、介護のこと、覚醒さまに、ご意見

お聞きしたくなりました。

ぜひぜひ、ご意見、今後の指標などを

別項にお聞かせくだされば、幸いです。
 
 
 
超クルーグマン教授貿易モデル (覚醒)
2007-07-25 01:09:00
クルーグマンの国際貿易論の主旨は、2国2物資モデルでの貿易で比較優位の原則で、双方自給自足に比べるとプラスサムになるというものである。彼の紹介するモデルは、不思議にもこれしかない。

さて、そのような2国2物資で貿易が成り立っているところに、1国が突如参入した場合をモデルとして考えてみよう。2国は、A国とJ国で、A国が輸入する物資は丁寧に着色したチップにしておこう。J国はA国からトウモロコシを輸入していることにしておく。

突如参入した国をC国と呼ぶことにして、C国の賃金はJ国より格段に低いのだが、A国に買ってもらえる物品がなかったので、J国の企業に来てもらってチップの着色の工程だけを担当し、完成品をA国に買ってもらうことにしたとする。いわゆる後工程加工貿易で、J国からチップの中間品とペイントを買って、色づけをしてA国に輸出するものである。A国からその代金を受け取るが、その金でトウモロコシを買い、自国分はトウモロコシを取り置き、中間品とペイント相当分のトウモロコシをJ国に渡すのである。

この貿易モデルを見るとA国は、C国の低賃金を活用できるので、豊かになり結構に思っているし、C国は自国の労働が、自国では生産性の低かったトウモロコシに換わったので豊かになり満足であった。しかし、J国にとってはA国とはC国参入以前と同様に、比較優位の原則が適用される貿易をやっているが、C国とは一見輸入してもらっているようではあっても、C国の労働と交換していないので、J国の国内でやっていた労働が単にC国に移転しただけなのが事の本質である。

クルーグマンの提示するモデルには上記のようなモデルはないし、また、産油国のような輸出だけ(別に輸入が必然ではない)のモデルもない。グローバリゼーション賛歌の論者としては当然の帰結なのだろうが、彼が主張する、貿易は全て比較優位の原則適用だからプラスサムであると言う結論は、全てに適合するものではない。多分アメリカ中心の国際貿易の考察しか行なっていないので、このモデルは出てこない。J国とC国の貿易は、クルーグマンの提唱モデルと異なり、ゼロサムなのである。だから、J国からC国への輸出が多ければ多いほど、J国の仕事が流出しているのである。

お分かりのように、J国は日本であり、Cは中国、Aはアメリカを想定して書いている。そして、恐らく、2001年ぐらいまではこの形の貿易だったのではないだろうか。2002年ぐらいから、通常の比較優位の原則が適用されるような貿易がある程度大きくなってきた。しかし、後工程加工貿易モデルはそれ以前に比し、大きくなりこそすれ、途絶えていたわけではない。だから、最近は後工程加工貿易モデルと通常の貿易とが重畳された形で日中貿易はなされているのであろう。従って、現在でも貿易額が多いからといって、比較優位の原則が適応されているので、プラスサムだと思っていたら、それはお目出度いを通り越して間抜けなのである。

あの不勉強の榊原英資氏が、作り笑いをしながら「中国はアメリカを超えて一番の日本製品の輸入国ですから、大事にしなくてはなりません」と言う。志の低い男は、事の本質を考えないのであろう。彼の講演を聴けば分かる、不易流行と芭蕉が言ったが、彼は流行しか言及できない。彼の話で本質に対する考察を聞いたことが無い。それが、「ミスター円」だと言うから笑わずには居られない。私に言わしむれば、「ミスター厭」なんだなー。

中国との貿易で日本からの輸出が多い中に、沢山含まれているのは、後工程加工貿易の部品類(モーターとかコンプレッサーに代表される品物)であり、その分日本から仕事が流出しているのである。誤解の無いようにして頂きたいのは、このような仕事が移転して行くことを「けしからん」等とは思っていない。それは、時代の流れだし、止めることの出来ない趨勢であると思っている。しかし、そう言う流れの中で、それ以上の付加価値のある仕事を創出するのが、私達日本人ではなかったのかと思っているだけである。恐らくは、この店主は、そう言う考えは嫌悪するのであろうが、彼が批難している偽装請負にしても仕事の流出の結果生じた事象であると私は思っている。昔のように皆が良かったなと言える世にするには、「安いから中国製品を買います」で終わるってはならない。

「安いから中国製品を買います」は、それはそれで良いが、「よし、それ以上の物を産み出すのだ」と闘争心をかきたてて、精進する人達が出てこないと、日は沈むばかりである。

私が縷々書いてきたのは、こうしたことを主張したかったからで、付き合ってくださった方には感謝のみです。まだ若干続きますのでお付き合いお願いします。
 
 
 
貿易モデル (yokoyari)
2007-07-25 09:45:30
どんぐり殿
いや、返事が遅れて申し訳ない。
そんな状態なら、既に中国がデフレなんじゃないの?という突っ込みは無しですかね。


覚醒殿
>C国とは一見輸入してもらっているようではあっても、C国の労働と交換していないので、J国の国内でやっていた労働が単にC国に移転しただけなのが事の本質である。

で、そうするとJ国でそれ(チップ着色)に従事していた人たちは他の仕事ができるわけですね。
J国としても、工場を安くC国に作れるからそのお金をほかに回せる。
で、そのお金と労働力で比較優位なものを生産する。
こういうことが可能なわけです。
この例でいうとチップ生産でしょうか(チップ着色にしか言及されていませんが、チップ生産していたのは当然このチップを着色していたJ国ですよね。最初は二ヶ国しかなかったわけですし、A国が生産していたわけでもないようだし)

覚醒殿が言ってるのは「絶対優位」であって、比較優位ではないですね。

んー、この程度で超クルーグマンですか?
 
 
 
フォーブスなあ (作業員)
2007-07-25 13:16:11
山さんの名義貸しじゃねーのかと思う金持ちのクソ雑誌を読んでみたら、いっしぇん億円の資産を持っている人がずらっとならんでいた。それぞれすごい人のようにも思うし、その辺のおっさんとおばはんのような気もする。顔出しで庶民様に称えていただいたお礼に、十人ほど集まって、一兆ほどのファンドをつくり、我らが介護の☆金やんに福祉資金の提供してやりゃいいのに、と心から思う、ノーブルなんだろ、おまいら。もちろん、そういうことをしてこなかったから、キャッシュが積みあがってきたんだろうが、あくまで徹底した貧乏人のひがみやけんどね(なのだが、ここ、わしと横槍氏は考えが違うみたいね。わし、こいつらから命より大事なジェニ引っ張るのは、難しいと思ってる。出してくれるなら有難く頂戴するが、基本的には、こやつらに政治参加などさせない、資本と資本家はどうぞグローバル化の恩恵にあずかっちょけ、というのがわしの考え。鬼畜キヤノンの広告塔カマちゃん感傷自分探し旅行大好きノーブルナカータは、モナコでもモロッコでもどこでもいいからキャン玉でも抜いて、朝からポンでも食っとけって。暇つぶしに、選挙に行こう、とかいうなら、ついでの暇つぶしに、鬼畜キヤノンの偽装請負を告発しよう、とようつべに流せって、タコ。話がそれた。もちろん、可能な規制(徴税等も)はかければいいんだが、なかなか難しいぞな、世界は資本主義、なんだから、逆に、いや真にか)。

で、フォーブスはどうでもいいが、週刊東経の日英比較は、おもろかった。唯一、竹中の下駄顔が載っていたような気がして不快だったぐらいか。別に竹中やなくても、いいんじゃないの、新自由主義カエル代表御用学者は。竹中、おめーは一年中住民票移して、資産いっしぇん億めざしとけ(正直、もう飽きた)。
モリタクさんが好きなスティグリッツでもまじめに読もうかと思うが、あんまり気がのらん。最近、最低賃金は上げた方がいい、と発言する人が増えてきて、なんとも微妙な風が巷には吹いている。

>「利益至上主義に慄然とする」

こういう発言を法曹がするということと、中央法科出の鬼畜キヤノン御○所フジオが利益至上の最たる偽装請負を日本中に蔓延させること、のインバランスがよくわからん。と言っても、フジオは、司法試験の受験資格が熊襲にはあっても○器にはないことを知らなかったのだから、まあ、いいか。
そう言えばここは、飽きもせずフジオいじりする所ではなく、マーベラスな髪型折口ネタのとこやったかなあ。今日の読売でも、細かなことでグッドウィル折口は叩かれている。とりあえず、「宮内ヒルズ系は一掃」ってことなのかなあ。で、エスタブ○器は市場に残るのね、とほほ。日本セッチン至上主義万歳! では、みなさん、投票へ! さて、ポンちゃんの有難いマクロ経済学でも読んでみっかね。
 
 
 
誰が大丈夫なのか (作業員)
2007-07-25 16:16:44
>「実はけっこう大丈夫」的

図書館に経済学会の文豪らしい原田なんとかの本が落ちていてので、開いてみたら、けっこう大丈夫的、だった。
「要するに、日本の年金を実質価値でスウェーデン並みにすれば、年金負担を引き上げる必要はないということだ。なんという豊かさ、なんというすばらしさ。 略 高齢社会をなんら心配することはない」

本の題が、「奇妙な経済学を語る人びと」というのが、ビミョーでんな。原田なんとかは、結局、年金を減額して、ついでに生活保護を減額せよ、と言っていて、これは昔、山さんが言っていたことと同じだ。「エコノミストは信用できるか」という本の副題が、実に、ビミョーだ。
なんちゃって文豪原田や売れっ子山さんが大丈夫でも、無年金者、生活保護生活者、ホームレス等、が大丈夫かどうか、実際にとりあえずの勝ち組エコノミストの言うとおり「減額」がされてみないと、分からない。

グロスならあるいはパーキャピタなら「大丈夫」ということにいかほどの意味があるのか、と考えてきたわしとしては、ポンちゃんの言うように、国民全員が絶対に負けない、方法を発案できればそりゃいいよなあ、と思う。ポンちゃん、がんばれ!
ポンちゃんのマクロはよくわからんが。赤い中国も貿易はやっていたはずやろ。ゲームへの参加者(あるいは量)が増えたことで、ゲームの仕組みやルールが変わることはない、のと違うか。変動相場というルール、などで特殊な状況にあるとしても、貿易の理屈、が変わることはないんでないの。もちろん、競争が熾烈になる、のは分かるよ。オッパイ星人の資本論で言えば、日本が滅ぼうがオフランスが滅ぼうが、世界経済のパイとオッパイが大きくなれば、それだけで世界は「完璧」なんでしょう。

マンキューのテキストによると。「輸出入額が国内総生産にしめる割合」でみれば、日本は例外的に小さいじゃないか。大債権国日本が、カナダおふらんすイギリスドイツ、よりも貿易によってすぐに滅ぶ、ことになったりするのかな。滅ぶのは、鬼畜キヤノンの違法セルラインでしか働けないかわいそうにいかようにも開発できるにもかかわらず部品扱いされて使い捨てられる人びとのうちで巨乳以外、だろ。
貿易赤字などいかようにもファイナンスされるから、とっとと滅べばいいのにネオコンアメリカがいつまでものさばっているんでしょう。と、書いてみたら、ドル暴落アンド円暴落、ってのはあるのかな、とか思ってしまって、ぜーんぜん大丈夫じゃねーやね。ポンちゃん、もう一息!
 
 
 
事実をベースで考えよ (覚醒)
2007-07-26 22:23:57
クルーグマン教授の論旨は、常に「貿易は善で、プラスサムになっている」である。しかし、理論的には貿易の所為でその国の賃金が有利・不利どちらとも言えるケースも存在するのだが、彼は実データで「問題の無い」方に着地していると主張する。「第3世界の成長は、第1世界の繁栄を脅かすか」では、「生産的資産の大掛かりな移動」があれば、第1世界の雇用が第3世界の雇用に奪われている理論的な根拠はあるが、事実として根拠が無いと否定する。それは、第1世界の1993年の設備投資は、3兆5千億ドル以上だが、第3国への先進国から新興工業国への投資は千億ドルだから根拠が無いとしている。しかし、本当にそうであろうか。私の経験でもその頃の中国の投資は日本の10分の1ぐらいの安さであった。工場を作るのに労賃が日本の200分の1ぐらいだから、建物は安いしコンベアだとかコンベンショナルな機械は極めて安かった。投資が問題ではなく、工場の能力や生産性が問題だから、先進国並みの投資として評価するならば、10倍すれば1兆ドルになる。これは、先進国の3.5兆ドルに比べて十分に影響のある範囲である。すなわち、先進国の労賃は、新興工業国の賃金の影響を受けている可能性が十分にある。

また彼は、貿易赤字は自動的に調整される、同様に何年も貿易黒字を続けられることはなく自動的に不均衡は解消すると言う。しかし、交易条件の自動調整を拒否して、固定相場制を固執する国が存在している。中国は、1980年代に通貨を対ドル8分の1に切り下げ、貿易黒字が巨大になりつつ20年近く経っても、自動調整を頑なに拒否し続けている。しかも、アメリカは元切り上げをすると、自国が輸入している商品の値上がりが、低所得層に大きな打撃を与えるために元切り上げ拒否を容認する有様であり、その日本への影響は、後工程加工貿易の興隆で一層大きくなりうるのである。

どなたかの提示で、新保豊氏のNikkeiBizPlusの「国際競争力」を読んだが、クルーグマンの無批判な紹介だけであった。国際貿易のモデルもクルーグマンの提示するものだけではないし、サー・W・アーサー・ルイスが提示したように、発展途上国の生産性向上が先進国の実質賃金にプラス・マイナスどちらの方向にも影響を与え得ることを示したのだから、クルーグマンご追従の解説を書くなと言いたい。「良い経済学、悪い経済学」も発表されて10年経つのだから、その後の世界の事実に照らし、吟味するぐらいの姿勢があってしかるべきだろう。こういうエコノミストこそ、「へたれ」そのものである。
 
 
 
国の競争力が問われる時代が来る (覚醒)
2007-07-26 23:56:24
クルーグマンは、「決定的な点は、限られた市場をめぐる企業間競争とは違って、貿易はゼロ・サム・ゲームではなく、一つの国の利益が他の国の損失になるわけではないことだ。貿易はプラス・サム・ゲームであり、したがって、貿易に関して、『競争』と言う言葉を使うのは、誤解を招きかねない危険なことなのである。」と述べる。

しかし、このような状況を想定していただきたい。世界が食糧が全体として不足し、偏在している時、食糧を確保するための貿易は、どう呼べばよいのだろう。これは、ゼロ・サムそのものである。私が述べてきたことはここに帰結する。食糧をめぐっての貿易競争に勝てる力が無い国は、国民が飢えることになる。食糧を輸出する国と貿易をできた国は、プラス・サムであるが、できなかった国は、ゼロ・サム・ゲームの敗者であり、飢えが待っていることになる。

国の国際競争力は、上記の意味で存在する。食糧輸出国に、あなたの国の商品を下さい、その代わり食糧を買ってくださいと言わしむるような製品を創る企業群を持った国が、国際競争力のある国だと言える。後、10年とか20年後にそのような国として日本が存在しえているのかどうかを、まじめに考えなくてはならないだろう。

グローバル企業は少し横において、普通の企業は、国を苗床(本当は培地の方が適切かも知れない)として育つものである。人材、風土文化、神話、伝統、税制、インフラ、等々の影響の下で育つのだから、それらを色濃く反映している。それは、世界どこでも同じである。

JMM「息のつけない夏」ふるまいよしこ07.06.07
これより先、3月には中国の教育部(教育省にあたる)などが、海外から中国に帰国した人材に対して、その配偶者の就職を優先的に助け、子女の就学試験においても同等条件の子供に比べて優先的な入学許可を取ることを決め、その条例を公布した。経済成長の後押しをすべく、海外で技術や知識を身につけた中国人たちを帰国させたいがための措置だが、そうして優遇措置によって受け入れられた帰国者たちの子供たちはまた今後親の援助によって、希望すれば海外留学することもできるはずだ。

以前から述べているように、闘争心を含めて、最後は人間の勝負なのだと思う。それは、単に教育の問題だけでなく、人の評価や人材配置がきわめて重要である。日本の適材適所は年々序列で(功績など正しく評価することなく、年数がたてば地位を与える実に馬鹿馬鹿しいシステムが官僚を中心にして蔓延している。)極めて劣っているのに、それを変える勇気すらない。

グローバル企業の多いアメリカだけは異なることを述べるが、その一人が、クルーグマンだ。国の介入は不要だと言う。各企業の資源配分に偏った影響を与えると言うのがその理屈だが、アメリカの軍事費の膨大さは、世界の軍事費の半分がアメリカであることを知るだけで十分である。その開発費だけで、アメリカは十分なる国の介入がなされているのである。だから、それ以上は不要と言う米国学者の論理に、土建屋に金を出すような極めてドメスチックな影響しかない介入しかやらない日本が追随する必要性は無いだろう。

最近国連が、石油代替燃料の影響で食糧の需給が逼迫する危険性があるとの注意を流した。嘘であろうと思っているのだが、食糧逼迫が恒常的というと世界的な混乱になるのを恐れてのことだと思う。米農務省のデータを見ても明らかで、在庫量を人口で割ると、120日分あったのが1998年頃から急速に減り始め、とうとう2006年は、56日と60日を切り始めたのであるが、これは1972年以来のことであり、この年穀物相場は倍の値段を付けた。これから先は更に減少するものと予想されているが、当然価格は上昇するであろう。この必須の品物の獲得にどのような策を経済評論家は提示するのであろうか。相も変わらず、「安いものなら、外国の品をどんどんお買いなさい。ノープロブレムですよ。」と言っているのだろうか。それとも外貨統制が当然となり、外貨を使うのが承認制になっているような時代に「貿易はプラスサムゲームだから、規制などとんでもない。」と政権批判をしているのであろうか。

その時代にこのブログが存在し続けていれば、当店主はどんなコメントを述べているの少なからず意地の悪い意味で興味はあるが、時が審判を下すのだから、論ずるのはこれぐらいで終わりにしておこう。
 
 
 
Unknown (山崎元)
2007-07-27 00:50:18
覚醒さま

こんばんは。お呼びですか。

食料もエネルギーも重要ですが、覚醒さんの議論は、貿易のメリットに対する反論にはなっていませんね。議論をすり替えずに、yokoyariさんの議論のベース(もともと覚醒さんのモデルですし)で考えてみてはいかがでしょうか。

また、yokoyariさんも(たぶん)私も、クルーグマンが外にどう言っているかなんて、どうでもいいのです。後工程貿易であっても、貿易の存在は、A、J、C各国民のメリットになっている筈です。

yokoyariさんのご指摘のように、そもそもC国の後工程貿易が成立するのは、J国やA国に経済厚生上のメリットがあるからです。J国でも、自国で生産するよりも、C国から輸入する方がトータルで経済厚生が増加するように貿易は作用しているはずです。

尚、貿易の議論の場合、メリット云々で、重要なのは実質賃金ではなくて、経済厚生です。同一労働・同一賃金的な実質ベースでの要素価格均等化が貿易財の生産に近い種類の労働に働くのは、仕方のないことですが、貿易による、交換が無いよりも、ある方が、経済厚生(≒より豊かな暮らし)にはプラスになっています。

C国の国ベースの生産力の伸長に、J国がかなわないのは仕方の無いことでしょうし、一J国民として、焼き餅を焼く必要はありません。まあ、環境汚染の垂れ流しは困りますが、これは、現在の議論の対象外ですね。

尚、C国などの安い労働力の大量導入は、たぶん、世界経済の長期的な成長にとって、かなりのプラスになってきたのではないか、と私は考えています(日本の企業は相対的に上手にメリットを取ったとは言い難いかも知れませんが、それでも、かなり利益を受けていると思います)。先進国の長期好況にも一役買っていると思います。

食料やエネルギーは需要の弾力性が小さい必需品に近い財なので、これらの供給を絞ることを、他国が戦略的に使う可能性はあり得ますが、その場合、他国の側でも経済厚生の犠牲を伴います。心配はゼロではありませんが、日本はもともと前の戦争にボロ負けした弱い国なのですし、その心配が現在時点での貿易制限で改善するわけでもありません。

ついでに指摘しておくと、「時の審判」というのは、ファンドマネジャーがよく言い訳に使う「長期投資」のようなもので、論理的に今結論を出さなくて済む便利な言い回しです。敢えて言えば、議論から逃げすぎでしょう。せっかうご自身で提示された三国二財モデルですから、全体の辻褄まで含めて可愛がってあげて下さい。
 
 
 
メモ夫人がバケなので (作業員)
2007-07-27 15:47:50
メモなどを少々。ちと古いがスティグリッツの入門経済学(東経版)によると。
『よく知られているが的外れの言葉に、「取引とは両面通行の道路である」というものがある。だが、世界市場における取引とは、異なった国々の間を結んだ何百もの道路から成り立っている。アメリカ全体としての貿易赤字に関しては、均衡するべきであるとする意見のなかにはいくつかは理にかなったものも存在するが、アメリカとある特定の国との間の輸出入が均衡するべきであるという主張には、(経済学上からは)何の根拠もない。』

ポンちゃんの言っているのは、優秀なるチャイ公との競争に負けて輸出できるものがなくなる、ということかもしれんが、瑞穂の国のおいしいお米が輸出できたらいいんでないか、エコでロハスだろ。たんぼでトキと合鴨を飼うのが最新ブランドらしいで。ポンちゃんを真似た灘出の勝谷が工作員扱いして怒られたYO!先生によると、日本の米ぐらい買ってやるぞと言っている赤い新興中間層が、八千万人、ぐらいになったそうだ。戦中戦後、反物と米をトレードしに来たメモ夫人に壁な体まで要求した、かどうかはしらんが、百姓もまた、えげつねーからなあ、御○所フジオなみに。飢餓が起こっても、これで中流日本人の口にはおいしいお米は回ってこないかもしれんなあ、もちろん、息させろ!層は、御陀仏。百姓が国益のために米を輸出する、わきゃなかろう。
ついでなので、マクロなメモだ。
「バラッサ=サミュエルソン効果 生産性の高い貿易財の購買力平価では、生産性の低い非製造業生産物について存在する価格差を調整しきれない」

マクロな話は横槍氏にまかせて。こないだ挙げた森さんという人の本に村上泰亮の言葉として、こんなのがあった。
「有限責任の私有権などというものはない。たとえば、公害防止法違反の刑事責任が、株主にかかることはない」

ああそうか、鬼畜キヤノンの株主には、偽装請負の刑事責任はない、んだなあ、と思ったものだ。が、本当にそうか。わししか言わないようなことはわしが言うしかないので、若い衆、よく聞けよ。あのな、やんごとなき雅子さまの家柄であるチッソその他公害を垂れ流す鬼畜企業が跋扈していた頃、坊さんの中に、あいつら呪い殺してやる、と言った連中がいた。まじな話よ。「公害企業主呪殺祈祷僧団」というてね。まあ、今のクソ坊主どもにそぎゃんエッジな連中はあらわれんだろうから、葬式真言宗徒のわしが、インチキ護摩でもたいたろか、とは思う。偽装請負御○所企業主呪殺祈祷暇人団、ぐらいか。スピリチュアルブームの現在では、実効性がある、とされて、わし死刑になるかもなあ。やっぱ、わしはやめとこ、おいしいお米が、麦の飯になってまうがな。鬼畜キヤノンとは関係ない人物とされる請負の大野君、得度したまえ。呪うなら、株主まで呪ってみたらどうか。大野など名前も知らんと御○所フジオは言うとるわけやから、因果なし、で無罪かも。

あっ、エコでロハスで思い出した。こないだヘイポーと極上のドエム栄子ちゃんの番組に、東大の学長だかなんだか出てなかったか。世田谷の豪邸で、なんだと、太陽光だ?、ばーーーか。そぎゃんものが、エコでロハスなわけなかろうが。いや、そういう自己満足が、まさにロハスやったかなあ。ま、内の廃人の句でも読んどけ、学長。

こんなにもいらない二畳の庵  作業員パパ
 
 
 
Unknown (yokoyari)
2007-07-27 17:43:11
作業員殿

東洋経済読みました。良い内容でしたな。
サッチャリズム批判をしっかりやってるところも良い。
で、平蔵の件ですが。あれは平蔵とスティグリッツをあえて同列に並べて平蔵に赤っ恥をかかせたと思うですがどうでしょう?

こういう本はもっと売れないといかんですね。
 
 
 
転向したのはテレ朝 のことなど (作業員)
2007-07-27 18:24:34
>郵便事業会社の社外取締役に、松原聡東洋大学教授

どうも横槍氏、ご苦労さんっす。わしは、本当の本当に下駄顔平蔵をケーベツしております。バーーーカ、は一回しか使わないと言っていたのですが、三回目使いましょうか。竹中は、多様な働き方を実現する、と言って、大野君たち請負奴隷に逃れられない身分制を押しつけました。バーーーカ。下駄顔は、高校の時、戦争を回避するために経済学を学ぶと決めたそうです。バーーーカ、おめえは大義のないイラク戦争を支持した教育者のクソ中のクソだ。失礼、しばらくバーカとクソはやめます。わしよりはバカではないので、名誉毀損には当たらない、かどうかしらんが許せクソ。ほんとスマン、マスター。

さて、転向論を書こうと思ったが、下駄顔が浮かんで面倒になった。お粗末な新自由主義をバラ色に着色してデフレな世間に広めたのは、テレ朝田原グループだ。産経や日経に誰も何も望んでおらんから、それはいいんだ、滝川栗ちゃんはそのままでいい。戦前の朝日のようにはならない、はずのテレ朝が、戦前の朝日のような御用ケツなメディアになったんでないの、ジェニに目がくらんで、田原さんよ。
で、何に転向したかというと、ABMモデルに転向したということになるんだろうか、建前上。利己心のルール、市場原理主義、最小規模の政府、低率課税。
「市場の真実 ジョン・ケイ 中央経済社」という本があるのだが、煮え切らない本で、どうもよくわからん。解説が欲しいところである、佐和隆光先生よ。

ポンちゃん横槍氏論争な話は。大丈夫的なことを言っている人を見つけました。現在の御用学者では最高峰なので、絶対大丈夫、なんじゃないでしょうか。伊藤元重先生いわく。
「高齢化していく社会では貿易収支が赤字になることの方が自然なことであると考えるべきである」
よかったなあ、ポンちゃん、偉い先生が言うてくれはっとるんやから、貿易赤字なんかなんぼ大きなっても、大丈夫的、心配いらんで。では、マクロメモ。
「要素価格均等化定理は、ヘクシャー=オリーンの貿易の考え方のエッセンスに触れるものである。各国は財を貿易することを通じて、実はその財を間接的に貿易していることになる(伊藤)」
つまりは、百姓は、日本のおこめを売ることで、間接的に瑞穂の土地を輸出しておるのである。娘のお○こ輸出しなくて、どうやらすみそうだ、大丈夫的で、本当によかった、よかった。