goo

将棋の竜王就位式に行ってきました

 さる1月26日に渡辺竜王の竜王就位式に行って来た。ご存知のように、昨期の竜王戦七番勝負では、羽生名人が挑戦者となって、羽生挑戦者の三連勝に対して、渡辺竜王が四連勝を返す、将棋界としてははじめてのタイトル戦七番勝負における「三連敗四連勝」が起こった。
 将棋のタイトル戦はずっと行われているわけだから、三連敗四連勝はいつかは起こっておかしくない現象だが、最初の三局における羽生名人の強さが素人目には圧倒的に見えたので、なぜあの羽生名人が四連敗したのか、理由を知りたいと結果が出て以来ずっと思っていた。スッキリと説明できる理由があるとは限らないのだが、何か納得できる材料が欲しかった。
 先日、今回の七番勝負を特集したテレビ番組を見たのだが、せっかく敗者の羽生名人に単独インタビューまでしているのに、「どうして渡辺竜王は今回勝つことが出来たのでしょうか」と質問して、羽生名人に「それは私に訊かれても・・。渡辺さんに訊いて下さい」と答えられるようなツマラナイ番組だったので、なおさらだった(プロ野球の監督を呼んで話をさせる演出も、内容を深めるには不適切で奇妙だと感じた)。

 実は、竜王戦の結果が出てから、幸運にも複数のプロ棋士の意見を聞く機会があったのだが、どなたからもスッキリと納得できる理由をお聞きすることは出来なかった。
 思うに、プロ同士の勝ち負けの理由を、現役の棋士にお聞きするのは不適当なのだろう。他のプロの勝ち負けに関する分析を語ることは、自分の将棋観や勝負観にも関わる問題なので、現役棋士にとっては「語りたくない」ことなのではないか。私に何かを語っても、その内容を本人の許諾を得ずに公開はしないから、情報が他の棋士に伝わって不利になるということはないが、自分にとって重要で微妙な問題について自分の言葉で他人に語ると、語ったという事実や自分が語った内容に対して何らかのこだわりが生まれることがある。特に将棋はメンタルな影響の大きいゲームだから、余計なこだわりは持たない方がいい。この辺りの事情は、為替や株式のトレーダーが自分の相場観を他人に語らない方がいいのと少々事情が似ている(完全に同じではないが)気がする。
 そんなわけで、渡辺竜王ご本人の挨拶の中に何か手掛かりはないかと思って、メモ用の小型ノートを携えて(ついでにデジタルカメラを首からぶら下げて)、話を聞くことに集中できるように軽く食事を済ませてから、就位式のパーティーに向かった。

 渡辺竜王の挨拶は、簡潔且つ丁寧で、スピーチとしては素晴らしかったが、勝因が何かについては説明してくれなかった。竜王のスピーチの七番勝負に関する振り返り部分をかいつまんで紹介すると、以下の通りだ。
 第一局は将棋観を覆されるような痛い負け方で、二局目、三局目も含めて、最初の三局で「こうやっておけば勝ちだった」と後からいえる将棋は一つもない。四局目は、勝てるイメージがなかったが、一局くらいいい将棋を指そうと思って指し、苦しい将棋だったが、勝ちをを意識せずに指したら、勝っていた(注:最終盤に羽生名人側から見て打ち歩詰めの局面が出来て渡辺竜王の勝ちになった)。それなりの将棋が指せたことで、五局目、六局目は伸び伸び指せて、七局目に辿り着いた。最終局は、凄い将棋で、何回か負けを覚悟して、せっかくここまで来たのに、などと考えた時間もあったが、一分将棋で手がいいところに行って、勝てた。
 渡辺竜王は、まだ二四歳であり、これから何十年も第一線で戦うわけだから、勝負の内幕を詳しく説明するわけにはいかないのだろう。

 パーティーでは、ご著書「ウェブ進化論」(ちくま新書)で有名な梅田望夫氏と立ち話をする機会があった。梅田氏は、近年、将棋と将棋界に対して非常に熱心で(今や相撲界における横綱審議委員のような存在感だ)、竜王戦では、対局場であるパリに直接行って第一局の観戦記をウェブに書かれている。この就位式でも力の入った長時間のスピーチをされた(お話もロング・テールであった!)。梅田氏は、渡辺竜王とも羽生名人とも親交があり、今回の竜王戦に関しては、お二人の両方から話を聞かれているようだった。
 梅田氏は、次に発売される「将棋世界」誌に竜王戦について八ページの記事をご執筆されたということなので、立ち話の内容はご紹介しないが、氏によると、第一局は竜王ご本人のスピーチにもあったように渡辺竜王にとって大きなショックだったようだが、この時点で、一つの有力な可能性として、三連敗四連勝のゲーム・プランを渡辺竜王はイメージしていたのではないかという。
 何はともあれ、次の「将棋世界」を買わねばならぬ。

 竜王戦七番勝負に関する私の勝敗分析は平凡なもので、渡辺竜王が羽生名人に勝ってもおかしくないくらい強いのだという単純な事実を除くと、羽生名人の累積疲労と渡辺竜王の勝負術が噛み合ったことが今回の大逆転の原因ではないかと思っている。
 申し訳ないことだが、今回は、どうしても「羽生名人の敗因は何か」という視点で考えてしまう。私のような素人が見ても、羽生名人の将棋は頭一つ以上抜けて面白いので、羽生名人絡みの将棋はほぼ常に「次にまた羽生名人の将棋が見られるように」という願いを込めつつ見てきた。この気分で将棋を見ていて、羽生名人の変調を感じたのは、木村八段と戦った竜王戦の挑戦者決定三番勝負の第二局の終盤だった。
 この将棋で、羽生名人は、優勢な終盤で玉の逃げ方を間違えて逆転負けした(ネットの解説を参考に考えると、そのようだ)。羽生名人といえども人の子で、ごくごくたまにはポカがあったが、終盤の勝負所で方針を間違えるというようなことは少なかった。しかし、ここのところ、優勢な将棋をスッキリと勝ちきる技に、昔ほどの切れ味がなくなっているように見える。羽生名人のことだから割り切ってスッキリした勝ちを見つけたのだろうと思って将棋を見ていると、どうも割り切れていなかったらしい、というような展開が時々ある。
 羽生名人も三八歳だ。一つの推測だが、二十代の頃ほど終盤の手が読めない場合があるのではないだろうか。よく話題になる「勝ちを意識した(と見られる)ときの手の震え」は、終盤の「心配」から開放されつつある時に、極度の緊張と集中から安心を伴った確信に移行するときに生じる、ホンの少しの自己コントロールの乱れなのではないだろうか。
 しかし、昨年の名人戦も含めて、ここのところ羽生名人は、敢えて終盤に力を要する勝負スタイルで勝ち抜いて来たように見える。あの一連の戦い方では、さすがに疲労が溜まっていたのではないだろうか。
 渡辺竜王の勝負術の正体はまだ分からない(もちろん素人が完全に理解できるようなものではないだろうが)。だが、敢えて推測すると、相手へのプレッシャーの掛け方が上手いのではないか。
 特に、七番勝負では、四勝目をあげることが最大の安心であるわけだから、四勝目が見える状態での最終盤に相手には最も大きなプレッシャーが掛かるだろう。スピーチの中で、渡辺竜王が七局目を指しながら考えたと仰っていたように、四勝目を上げられなければ、「せっかくここまで来たのに」となる訳だから、四勝目の勝ちを見つける場面では心が揺れるだろうし、五局目、六局目、七局目と後になるほど、精神的な賭け金が膨らんでプレッシャーが掛かる。相手に掛かるプレッシャーを知り、自分の側でプレッシャーの処理の仕方を知っていれば、七番勝負のような勝負の形態を有利に使うことができそうだ。
 それにしても、後手番の第六局で新構想が出てくるという勝負の組み立てには恐れ入るし、そもそもこれまでの五期で破った相手が、森内、木村、佐藤、佐藤、羽生、という文句なく強い顔ぶれなのだから、要は渡辺竜王が強いのだろう。

 ところで、今回は永世竜王の就位式ということもあり、会は大くのファンで賑わっていたが、プロ棋士の姿が意外に少なかったのは、少し気になった。ファンとの交流の機会ということもあるが、それ以上に、何といっても、大スポンサーである読売新聞社のパーティーなのだから、ビジネス常識的には、棋士が多数顔を揃えてスポンサーを盛り立てるべきだろう。近年、新聞社のビジネス状況は苦しさを増している。プロの将棋は今のところスポンサーのバックアップで成り立っている商売なのだから、スポンサーにもっと気を遣わなければならないのではないだろうか。
 余計なことかも知れないが、心配だったので、一言付け加えておく。
コメント ( 18 ) | Trackback ( 1 )
« ベーシックイ... 「かんぽの宿... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (マサヲ)
2009-01-31 01:46:46
竜王戦7番勝負、歴史に残る戦いになりましたね。
渡辺竜王の永世位獲得には何の異存もありませんが、
やはり「永世七冠」も見てみたかった、
というのが本音です。
来期以降の羽生名人の巻き返しに期待したいですね。
 
 
 
Unknown (山崎一)
2009-01-31 02:59:55
渡辺氏の才能は大したものですね。まさに天才という感じでしょうか。

ところでダイアモンドのコラムですが、制度設計が不具合なことを示す表現は「ずさん」ぐらいの言葉が良いと思いました。山崎氏が使われていた言葉はあまり響きが良くないと思います。
 
 
 
永世七冠 (山崎元)
2009-01-31 07:46:50
>マサヲさま

羽生さんはまだまだ余力十分なので、永世七冠は何れ見られるのではないでしょうか。私も楽しみにしています。

>山崎一さま

渡辺さんはまだまだ伸びている感じがするところも含めて、素晴らしい才能ですね。

ところで、「ダイヤのコラム」は本誌(週刊誌)のものですか、オンラインのものですか。近いところでは、ダイヤモンド・オンラインのコラムの中の「制度運営として極めて不細工な失敗例だ。」という下りでしょうか。「不細工」は容姿などに使われることもありますが、作り方が拙い状態を示す言葉なので、この文脈では問題ないと(私は)思います。「ずさん」でもいいのかも知れませんが、制度として「みっともない」くらいダメだという感じを出すためには、「不細工」でいいような気がします。

言葉遣いには好みがありますが、読者の感じ方も考えて書かなければならないと私も思っています。ご指摘は歓迎します。
 
 
 
そういえば (ほりー)
2009-01-31 13:52:19
渡辺竜王が3連敗した後に、奥さんがブログに書いたこの絵が良かったという話もありますね(笑)
http://inaw.exblog.jp/7687036/
 
 
 
素人ですが・・・。 (どばくれ)
2009-01-31 17:23:00
 羽生名人は藤井竜王の三連覇は許したが四連覇は阻止した。
 同じように同世代の佐藤棋王も渡辺竜王の三連覇は許したが四連覇は阻止できるだろうと思ってた。 
 しかし後輩の若き渡辺竜王に四連覇を許し永世竜王取得の機会をいとも簡単に与えてしまった。 
 今期羽生名人にすれば忸怩たる思いで若き竜王と永世竜王を賭けた対局だったことが想像に難くない。

 「将棋名人戦の楽しみ」(0805)以来お気に入りグループでクリックしてす。
 
 
 
 
棋士にビジネス常識は必須ですか (佐藤健)
2009-01-31 22:38:46
山崎元様

幼少の頃から鍛えられ、類稀なる力を発揮するプロ棋士達に、何か足りない所(控えめな所)があっても仕方のないことではないでしょうか。
商売の面では、棋士が気を遣うことに期待するより、スポンサーを含めた周囲が引っ張っていけばいいと思います。

 
 
 
 
棋士とビジネス常識 (山崎元)
2009-02-01 02:53:26
佐藤健さま

将棋ファンは、いかにもビジネスマンといった感じの人間像を個々の棋士には期待していないと思います。この点には私も同意します。

しかし、一つのビジネスとしてプロの将棋を眺めると、将棋連盟は数百人の棋士(OBの生活もある程度面倒を見なければならない)と関係者を養う、売り上げ高にして30億円くらい(たとえば)の中小企業です。商品はプロ同士の将棋というショーと棋譜、それに将棋の指導に、多少のグッズ販売ということになりますが、昨今の広告費削減の流れ、それに紙をベースとする新聞社の経営状況を考えると、今後はまったく楽観できないと思います。

一つには、棋士主体の経営ではなく、専門的な経営スタッフによる経営が必要だと思うのですが、現状を前提とすると、棋士はもっとビジネスとしての将棋に危機感を持つ必要があると思います。

竜王戦はおそらく、将棋連盟の収入の1割以上、2割未満くらいを占める大型契約でしょう。これが切れたり、減額されると大変ですし、ビジネスとしては、読売新聞社を相手に(ないしはパートナーに)、もっと他の売り上げを立てる方策はないかと考えるのが常識ではないでしょうか。

「ビジネスとしての将棋」の経営については、多々問題を感じるのでまた機会を改めて論じたいと思いますが、現状を前提とすると棋士はビジネス常識を持たないと「まずい!」と思います。これは、たぶん善し悪しではなくて、現実ではないでしょうか。

 
 
 
後手の勝率 (ぎんえもん)
2009-02-01 10:39:15
今回の竜王戦はまさに棋史に残る戦いでした。
なぜ、羽生名人が4連敗したのかというのは、山崎さんもおっしゃるように、羽生名人ももう若くはないということが一番大きい理由のような気がします。
羽生さんが渡辺淳一さんとの講演で、
「年をとってもそんなに弱くなるわけではないが、ミスが多くなる。」
というような内容をおっしゃってました。
羽生さんの将棋は相手の土俵に飛び込んで、ぎりぎり
勝つというところがあるので、ちょっとした読み抜けとか体力の低下でも勝負を大きく左右するような気がします。
それから、羽生さんが比較的2日制に弱く、渡辺竜王が2日制に強いというのも影響したでしょう。
但し、もう一つ忘れてはならない原因があると思います。それはなぜいままで囲碁界で4連敗があって将棋界ではなかったかということの裏返しですが、今期の将棋界での異常な後手の強さです。
いままでは、将棋の先手は後手に比べてかなり有利と考えられてました。
一時期は矢倉の後手が全然勝てませんでした。
今期は、ほぼ互角で矢倉ではむしろ後手の方がいいくらいです。
タイトル戦で3連敗するということは、後手では当然負けて先手でも失っているということですから、残り先手も後手も勝つといのが至難の技でした。
それが後手でもやれるということになったのですから、4連勝の可能性が依然より高まったということになります。
しばらくは、タイトル戦に誰が出てきても大逆転の可能性があるということではないでしょうか。
 
 
 
世に正論あるを見た (中村作雄)
2009-02-01 12:39:03
ダイヤモンドで見ました。
一般企業に公的資金を投入することは、役人と代議士にとって、これ以上美味しい話はありません。
御説の通りです。

是非、筆の力、ネットの力で阻止して下さい。
「競い合って調和する」これが地上の真理です。
いまさらマルクス主義の実験に再び戻るのは、歴史の逆転です。

ぜひ頑張って下さい。応援しています。

カントリーゼントルマン
sakuo
 
 
 
後手番 (山崎元)
2009-02-01 14:51:03
ぎんえもん様

ご指摘のように、最近の後手番の強さは重要なファクターでした。番勝負で連勝するためには、後手番でも勝てなければなりません。

私は前の先入観があったので、先般の竜王戦では4局目が始まる時点で「羽生さんの先手を2回もブレークするのは大変だろう」という見方をしていましたし、順位戦などでも「森内さんが先手だから、ここは森内さん勝ちで決まり・・」というような予想をしがちでした。

しかし、強い人は先後どちらでも強いとはいうものの、たとえば、近年、「羽生城の門番」(他の挑戦候補者を討ち取るので)的な感がある木村八段や久保八段などは後手番が非常に強い印象があります。

後手の戦法で有力なものがいくつか開発されてきたことが原因でしょうが、争点の作り方によっては、駒を動かしていない方が有利になることがある、ということなのでしょうね。将棋は、奥が深いと思います。

もっと愉しむためには勉強せねばと思い、先ほど村山 慈明さんの新著をアマゾンで発注しました。

 
 
 
質問です (へいみん)
2009-02-02 16:56:47
JMMのメルマガから泳いできました。

著名な金融専門家相手にコメントできるなんて、なんと素晴らしくも無謀なことか・・・。

質問です。日本の景気回復のアイディアがあれば教えてください。絶望的過ぎてなければないでも構いませんが、唯一、先生だけが外需依存から内需拡大の可能性に言及されていました。私自身も内需拡大が成功すれば日本の生きる道もあるのかと願っていますが、1000数百兆円にもなる個人の金融資産が、そのうちに起こるであろうインフレや徴税で目減りされるまで、残された時間の少なさを思うと、やるせななす。

 
 
 
逆襲 (羽生ファン)
2009-02-03 11:17:47
恐ろしく進化の速い現代将棋で勝つためには、何年かに一度、スタイルを作りかえるほどの変革が必要なのだと思います。A級棋士では佐藤棋王などが代表的な存在でしょうか。
羽生名人には痛い経験(これまでにもありましたが)だったと思いますが、変革の必要を痛感して試行錯誤をしている最中だと信じています。そこからまた逆襲が始まると。(四冠保持で“逆襲”は不適当ですが)
 
 
 
Unknown (3児の母)
2009-02-06 04:17:50
ダイアモンド2008年12月のコラムを読みました。
http://diamond.jp/series/yamazaki/10058/
”明確な加害者”とは具体的にどのような行為に及んだ者をさしているのでしょうか?

被害者本人、親からしてみれば、小児性愛者が末端で児童ポルノを見て楽しんでいるだけでも十分な加害者です。
末端の消費者(小児性愛者)がいるからより過激な映像が流布する。
事実、幼児や小学生のような小さい子供が犠牲となっているのに「たまたまネットで拾っただけ。そんなに騒ぐことじゃないだろ。趣味の範囲。」って言い訳をすればいいと??
性的虐待映像がネットを通して永遠に世界へさまよう恐怖を考えてください。
小児性愛者による性的虐待を許容するようなコラムには不愉快でなりません。
 
 
 
文章はよく読んで下さい (山崎元)
2009-02-06 19:48:31
3児の母さま

そもそもエントリーに関係のないコメントを書き込むこと自体が迷惑行為なので、お寄せいただいたコメントにお答えする必要はないとも思うのですが、私は小児性愛者による小児に対する性的虐待を許容しているわけではありません。なにはともあれ、文章をよく読んで下さい。規制の方法にはいろいろな考え方があろうかと思います。

尚、ダイヤモンド・オンライン等、このブログに関係の内原稿へのご意見は、それぞれの編集部にお寄せいただければいいでしょうし、あるいは、当ブログのメール連絡先にメールをお送りいただいても結構です。

コメント欄がオープンだからと言って、何でも書き込んでいいというものではありません。ご意見を頂くことは歓迎なのですが、場を弁えて下さい。
 
 
 
追伸 (山崎元)
2009-02-06 19:52:37
gooブログのメールで、
私に連絡する場合のメールアドレスは、
yamazaki_hajime@mail.goo.ne.jp
です。
 
 
 
第7局 (harunire)
2009-02-09 19:01:16
羽生さんの著書のなかで
優勢な将棋を勝ちきるには・・・
一気に怯まないで最短距離で決めるようなニアンスと
あるが、はっきりとは書いていない。
一方、不利な形勢のときは
博打を打つような手は指さないと述べている。

今回の第7局の2四飛車はまさに博打のような手と見えた。
1分将棋の極限状態でプロスペクト理論が生じるのは
興味深い。

渡辺さんの手で、5五歩や1四歩は、
素人にとって1手パスのように見えた。
やってみろという手渡し(のように見える)には
本当に驚いた。




 
 
 
「打ち歩詰め」が羽生さんの鬼門になっているのでは? (bun)
2009-03-07 16:23:39
ごぶさたしています。

羽生さんへのインタビューや、ご自身がお書きになった本などをしばしば読むのですが、「将棋だけなぜ単純な先手必勝にならないのか」とか、「強いコンピュータソフトがなかなかできないのはなぜか」という質問をされたときなどに、よく、

     「打ち歩詰め」の存在が大きい、

といっておられるのですよ。このルールがあるために、その他のゲームのように、簡単には先手必勝手順の見つからない、先後の勝率が微妙な面白いゲームにしているのではないか、と。

それで私は、こういう認識から考えて、羽生さんの読みの仕組みには「打ち歩詰め」というのは鬼門になっているのではないか、と思うのです。そこへもってきて、今回第4局で、まさにこのルールの存在が理由で自分自身が負けたため、他の棋士は受けないような何らかのショックを受け、それを引きずってしまったのではないか、と思うのです。

 
 
 
山崎さんへ お願い♪ (ゆうじ)
2009-03-13 13:29:08

 山崎さんへ

 いつも楽しく拝見させていただいています。

 昨日将棋の中原誠十六世名人が引退を表明されました。私は「名人 中原誠」を読んだ世代なので中原先生には強い思い入れがあります。

 次の「RECENT ENTRY」で中原先生を採り上げてもらえないでしょうか?
  
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
注目の「バッドバンク構想」 (果てしないカオス)
アメリカでは、一旦は消滅した「バッドバンク(受け皿銀行)構想」の 進展が注目を集めている。 昨年、不良資産の価格設定がネックとなり、ポールソン下で銀行へ の資本注入に政策が変更された「TARP」 なんだけど、昨年秋、米 シティへの「直接注入」が上手くい...