yamaの読書日記

 活字中毒のyamaが日々手にしている本のお話を綴っています。
 読んだ本についていろいろお話しませんか?

2017-01-25 13:52:45 | ミステリー
伊岡瞬さんの「痣」を読み終えました。

2週間後の妻の命日を機に辞職すると決めている真壁を引き止めるかのように、奥多摩分署管内で連続美女冷凍殺人事件が発生。被害者の左胸には在りし日の妻の左胸にあった痣と酷似した印が…。

久々に読みごたえがある警察小説です。
読み始めて数ページで面白くてやめられなくなりました。

主人公に陰と温かさとが共存していて、そのせいか悲惨なお話が意外にも嫌な読み心地ではないのかもしれません。楽しみました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たとえば、すぐりとおれの恋 | トップ | 嶽神伝 鬼哭 上下巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ミステリー」カテゴリの最新記事