yamaの読書日記

 活字中毒のyamaが日々手にしている本のお話を綴っています。
 読んだ本についていろいろお話しませんか?

雪の香り

2017-04-19 22:21:03 | ミステリー
塩田武士さんの「雪の香り」を昨日読み終えました。

新聞記者・恭平は捜査情報の中に、12年前に失踪した恋人・雪乃の名前を見つけ密かに取材を開始する。彼女は何をしたのか、なぜ消えたのか…。京都の風景と共に綴る、感動の純愛ミステリー。

清楚な美人の雪乃のその外見と、彼女が恭平と交わす言葉の乱暴さのギャップに思わず引いてしまいそうになりました。
純愛ミステリーとありますが、どちらかというと純愛のほうに重きがあるかなぁ・・・ミステリーとしての面白さはそんなにないかなぁ。

塩田さんはこんな純愛物も書かれるんだなぁという感想ですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 法医昆虫学捜査官 潮騒のアニマ | トップ | 女神のタクト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ミステリー」カテゴリの最新記事