yamaの読書日記

 活字中毒のyamaが日々手にしている本のお話を綴っています。
 読んだ本についていろいろお話しませんか?

フォークロアの鍵

2017-07-06 21:41:36 | ミステリー
川瀬七緒さんの「フォークロアの鍵」を読み終えました。

口頭伝承を研究する大学院生・千夏は、老人の“消えない記憶”に興味を持ち、老人養護施設を訪れる。夕方になると脱走を図る老女が発する「おろんくち」という言葉に引っ掛かりを覚えた千夏は…。

前半はぼけ老人たちの説明と介護施設の現状の解説で退屈だったのですが、おじいちゃんやおばあちゃんが段々と生気を取り戻し始めた頃から面白くなりました。
高校を途中で投げ出した大地くんの参加も面白くなった要因でしょうか。

最後はお年寄りたちに拍手喝采でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食堂のおばちゃん | トップ | 警視庁追跡捜査係 報い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ミステリー」カテゴリの最新記事