yamaの読書日記

 活字中毒のyamaが日々手にしている本のお話を綴っています。
 読んだ本についていろいろお話しませんか?

あきない世傳 金と銀 早瀬篇

2016-09-19 21:34:23 | 時代小説
高田郁さんの「あきない世傳 金と銀」の2巻目「早瀬篇」を昨日読み終えました。

学者の娘として生まれ、今は大阪天満の呉服商「五鈴屋」に女衆pとして奉公する幸。

十四歳の幸に、放蕩三昧の店主徳兵衛の後添いにと言う話が・・・

いろんな人から教えられ学びながら、幸がどれ程の商売人に育つのか・・・これからの幸の波乱万丈の人生が・・・怖いような楽しみなような・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うめ婆行状記 | トップ | 推定脅威 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む