yamaの読書日記

 活字中毒のyamaが日々手にしている本のお話を綴っています。
 読んだ本についていろいろお話しませんか?

鬼役 十九 予兆

2016-10-16 20:52:08 | 時代小説
10月11日に鬼役の最新作を読み終えました。

10月10日に車で白馬に向けて旅に出て・・・夜は暇なので結構読書がはかどって・・・

今手元に本がないので詳細は無理ですが、記録だけでもと書く気になりました。

明日には帰宅するので、詳しくは日を改めて。


将軍の毒見役「鬼役」を務める矢背蔵人介。将軍を誹謗する落首を書いたとして、知己の奥医師が切腹を申し付けられた。冤罪を晴らさんと動く蔵人介の前に、甲賀五人之者が立ちはだかり…。

さすがに少々中だるみなのか、私が飽きてきたのか・・・新たな登場人物が必要かしら?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒワマン日和 | トップ | ストレンジャー・イン・パラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む