日本共産党の山下ゆみです

泉佐野市議会議員の山下由美です。日々の活動やお知らせしたいことなどを、発信していきます。

階段に手すり完成!

2016-06-22 09:44:21 | まちづくり
自治会からご要望をいただいていました、住宅地内の階段の手すり、今朝犬の散歩で通ったら完成していました。

これで足下に不安のある方にも、安心して上り下りしていただけます。


それにしても早かった!
ご要望を伺ったのが5月1日、約ひと月半での完成に感謝です(*^_^*)





民進党さんのポスター、昔なら写り込まないようにしたけど(^_^;)、今は共闘の仲間ですからリスペクトしてパチリ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ参院選公示

2016-06-21 23:50:13 | 国政
 明日6月22日は第24回参議院選挙の公示日。7月10日の投票日に向けて、激しい選挙戦に突入します。

 この選挙は、日本の進路を決定づける大きな分岐点です。「戦争か、平和か」「憲法の改悪許すのか、守り生かすのか」。野党共闘でめざす「戦争法廃止」「立憲主義回復」の根本には、安倍首相が狙う「改憲」をくい止めることができるかどうか、という大きな争点が横たわっています。
 安倍首相は、格差と貧困を広げた失敗済みの「アベノミクス」を懲りもせず前面に出してこの選挙を乗り切ろうとしていますが、その先で「改憲」に手を付けようという企みは明らか。「改憲」は争点でないとごまかすことは、国民を愚弄するもの。これまでも「アベノミクス選挙」で多数を得て、その後、憲法違反の「秘密保護法」、「集団的自衛権の行使容認の閣議決定」と「安保法制」を強行してきたその手口、今度は通用させません!

 野党共闘を「野合」と攻撃する安倍首相ですが、憲法破壊の暴政続ける危険なアベ政治を止めてほしいと願う多くの国民が、「野党は共闘!」と求めたことに応えた道理あるもの。「政策の違い」などというレベルの問題ではなく、「独裁政治」を許さず「立憲主義」の政治の土台を選ぶための共同です。

 現代社会のさまざまな問題は、憲法違反が横行して、憲法が政治に活かされていないことが原因ではないでしょうか。「憲法」を変えるのではなく、「憲法」を守り生かし、その理念が実現する政治をつくりましょう。
 その絶好のチャンスが、この参院選です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花の季節

2016-06-18 04:46:39 | 気候
この季節、訪問先のお宅や通りかかった道沿いで、数々の美しい花に出会います。
ブログで紹介を、と撮りためた写真を一挙公開!













桜の後も、ツツジ、バラなどが満開の見事な花を見せてくれました。私の住む松風台では自治会の役員さん方が花壇の植え替えをして下さって、色とりどりのかわいい花が目を楽しませてくれています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨空に響け!

2016-06-16 16:40:37 | 日本共産党
参院選の公示まで一週間を切りました。
朝は行財政委員会を傍聴して、その後昼休み返上で宣伝カーを走らせながら所用を3件ほど。
途中で買ったパンを車の中で食べて、今年度初めて手話サークルに参加しました。 いつ行っても笑いの絶えない楽しい雰囲気に、落第会員のわたしも臆せず参加させてもらってます。

梅雨ですから雨の日が多いのはしかたないですが、ビラのポストインができないので後の日程が詰まってきて焦ります(>_<;)

負けられない選挙、負けたらとんでもない日本にされてしまうのがわかっているから、今がんばらないと!

わたなべ結さんの爽やかな呼びかけを再生しながら、もう少し走ってくるとしましょうか(^o^)/
雨音が止んだので、心揺さぶる訴えが届けば、誰か新たに投票先に選んでくれるかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

街頭演説

2016-06-13 12:40:34 | 日本共産党
きのうの夕方は、天王寺ミオ前での日本共産党の街頭演説に出かけました。お昼過ぎまでビラ配りやポスター張り出しに精を出しましたので、弁士の元気な訴えを聴いて充電するために。

きのうは参院選大阪選挙区でがんばっているわたなべ結さんと、比例の大門みきし参院議員、そして山下芳生副委員長がお話されました。

わたなべさんの演説は何度か聞いていますが、聞くたびにパワーアップ。新しい話題を盛り込みつつ強い信念と温かい人がらを感じさせます。

大門さんは「経済論戦の第一人者」との紹介をみごとにネタにして、パナマ文書よりずっと早くから暴露していた「大金持ちの課税逃れ」を斬り、「億万長者(資産5億円以上)の富裕税負担で大きな財源確保」が可能なことを紹介されました。

山下芳生さんは書記局長を退任されましたが、変わらぬ迫力ある訴え。アベノミクス選挙をして、勝ったら憲法違反の秘密保護法、安保法を強行した安倍政権に三度騙されてはならない、と伝えることの大切さがよくわかりました。

公示まで10日を切りました。ラストスパートです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結カクサンデー

2016-06-04 16:23:53 | 日本共産党
今日はわたなべ結さんに関するフェイスブックやツイッターなどの投稿を、シェアしたりリツイートしたりして拡散する日です。

朝からいくつかやってましたが、昼から宣伝カーで宣伝に出たので、その様子をアップします。



野党共闘の勝利と日本共産党の躍進で政治を変えましょう!
市民と野党が手をつなぎ、勝ちにいきましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高齢者にもやさしい階段に

2016-06-03 16:30:25 | まちづくり
ひと月ほど前、地元の自治会会長さんから依頼を受けた「階段に手すりを」のご要望、すぐに道路公園課にお願いに行ったら、数日後には「施工します」とのうれしい返事。時期はまだわからないとのことでしたが、先日早速、測量に来てくれていたようです。



ご要望が出されたのは、今年度初めての班長会でのことだったそうです。高齢の住民さんから、買い物などに行く際よく通る住宅地内の階段が危ないので手すりをつけてもらえないだろうか、というお声があったそうです。何を隠そう、この階段は私もちょくちょく利用しています。自分は何の不自由もなくトントントンと上り降りしていたので、「手すりがないなあ」ということに気づいていませんでした(>_<)言われてみれば、足もとに不安のある方にとってはとても怖い階段でした。今まで気づかなかったことを大反省(T_T)

「バリアフリーの街づくり」なんていうテーマで議会質問したこともありますが、こんなすぐ近くのことを見過ごしていたとは情けない限りです。

事故が起こる前に要望が出されて、手すりの設置につなぐことができたのは、せめてもの救いです。利用される方々に「これで安心」と思っていただけるのが、楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の田植えは遅め?

2016-05-27 06:47:43 | 
ここ数年、田植えはゴールデンウィーク明け頃だったと記憶しているのですが、今年はまだかなあ、と思っていたら、一気に田植えが行われています。



水田にきれいに並んだ稲の苗、見る見るうちにぐんぐん伸びて、夏の日差しを受けて美しい緑の田に。お百姓さんが手間ひまかけて大切に育てられ、実りの秋を迎えます。日本の風物ですね~。

炊きたてのごはんのおいしさは、他のものにはたとえられません。国産のおいしい安心のお米を食べ続けたいものです。

それを脅かすTPP、今国会での批准は断念されました。生産者をはじめとする国民のたたかいの成果です。
食の問題だけでなく、グローバル大企業を大儲けさせるために生活全般にわたって日本の主権を失うことになるTPP。参加交渉からの脱退求めて、声をあげ続けましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なぜ「安保法制」を支持?

2016-05-22 09:14:10 | 日本共産党
 参議院選挙が6月22日公示、7月10日投票で行われる公算が大きくなってきました。衆参同時選挙となるのかどうかも、大変気になるところです。

 昨日は大阪市内で「大門みきし・わたなべ結事務所開き」が行われました。参加したい気持ちもありましたが、遠くへ出かけている時間はありません。地元で活動です。
 
 ということでまた、初めて訪問する住宅地で「安保法制の廃止を求める署名にご協力いただけないでしょうか。」と「戦争法の廃止を求める統一署名」と参院選での日本共産党へのご支持のお願いに1軒1軒回りました。
 お留守も多かったですが、何軒かでお話しさせていただくことができました。その結果、その場でご署名いただけたのはお一人でしたが、署名用紙を預かってくださる方もおられました。「すぐに判断できないので、ゆっくり考えたい。」と。
 他に多かった反応は、「今○○していて手が離せなくて…。」というやんわりとしたお断り?
 他には「安保法制には賛成です。」「安倍さんを支持しています。」という方も。「戦争は絶対ダメだけど、きれいごとだけでは国を守れない。」とのこと。北朝鮮や中国の非道を見れば、抑止力やいざという時のための武力は必要というのは根強い意見です。でも、銃を向けた相手に「銃を下ろせ」と言っても下ろしませんよね。撃ち合いになって勝ったとしても、そのために命を落とした人は二度と帰ってきません。誰かの犠牲の上に自分の生活が守られたとして、それを「平和」と呼べるのでしょうか。

 今度の国政選挙は「自民・公明 対 野党+国民・市民」のたたかいだと、先月行われた日本共産党第5回中央委員会総会で志位委員長が述べました。現政権は、戦後政治の原点である「立憲主義」を踏みにじって「独裁」に走っているのですから、国民全体を敵に回していると言っても過言ではありません。その意味からは、まさに「自・公 対 国民」という表現は適当だと思いますが、身のまわりではまだまだ「安倍政権が続くことの危機感」が広く共有されているとは実感できません。
 マスコミの影響もあると思いますが、「安保法制=戦争法」の本質をお伝えできていないことを痛感します。「安倍さんはがんばっている。共産党の理想はいいけど、具体性がない。」というご批判に、日本共産党の目指す社会がどういうものか、もっともっと積極的にお知らせしていけば、理解が深まり共感していただけるという展望を感じる対話もできました。

 参院選の1人区32すべてでの「野党共闘」=「野党の統一候補擁立」が目前です。「我が道を突っ走ってきた」共産党にとって初めての経験。戦後初の画期的な「市民革命」ともいえる今度の選挙、がんばらないと!

  
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地裁の帰りにピカソを

2016-05-18 23:18:46 | 日記
今日午前中は、市職員労働組合の組合費のチェックオフ(天引き)に手数料を課すことに従わないからと、チェックオフを中止したのは市長の不当労働行為である、と府の労働委員会に再開を命令されたのを不服として市が提訴していた裁判の判決が出るとのことで、大阪地裁へ行ってきました。判決は、市長の不当労働行為を改めて断罪するもので、組合の主張が認められた形です。

帰りにあべのハルカス美術館に寄って、「ピカソ、天才の秘密」展を見てきました。美術展は久しぶりでした❤️



ハルカスの16階からの眺望も少し楽しみました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加