日本共産党の山下ゆみです

泉佐野市議会議員の山下由美です。日々の活動やお知らせしたいことなどを、発信していきます。

和泉市議選、箕面に続け!

2016-08-22 12:50:58 | 日本共産党
土日に続けて、今日も所用の時間帯を避けて和泉市へ。9月4日告示で行われる市会議員選挙の支援に向かいます。
昨日は泉佐野東支部の方と、今日は南支部の方と支援行動に取り組みます。連日猛暑ですが、がんばってます(^O^;)

昨日投開票された箕面市議選では、日本共産党は2議席から3議席への議席増を勝ち取りました。新人の女性候補を上位で当選させるという快挙!
それこそ酷暑の中、猛奮闘されたことでしょう。

私たちも支援の輪を広げて、和泉市で現有3議席を絶対確保したいと思います(^_^)v
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バリアフリーの社会へ

2016-08-17 05:51:53 | 聴覚障害の理解と対応
8月5日付けのしんぶん赤旗に、全日本ろうあ連盟から発行された「よくわかる!聴覚障害者への合理的配慮とは?」という冊子が紹介されていました。市政に活かしたいと思い、注文しようと思っていたのですが、ある催しで販売されており手に入れました。



催しというのは8月11日に大阪市内であった「手話言語への理解を広める演劇会」で、デフ・パペットシアター・ひとみの人形劇と「手話言語条例に関するシンポジウム」です。



しっかり学習して、議会活動にも活かしたいと思います。手話ももっと上手にならなければ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

段差をなくしたい

2016-08-14 08:10:28 | まちづくり


この危険な段差をなくしてほしい、とのご要望をお聞きしています。担当課には伝えましたが、その後の経過は未確認です。

信号のある交差点に脇道から出てくるところで、私もたまに通ります。子どもが自転車で勢いよく出てくると確かに危ないですが、見通しはさほど悪くはありません。

やっぱり段差そのものが曲者と言わねばならないでしょう。どうやら段の下部は側溝のフタのようです。となると、スロープ状にアスファルトで塗り固める訳にはいかないでしょう。
妙案はあるでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平和のための戦争はない

2016-08-08 23:19:12 | 平和
7月31日投開票で東京知事選が行われ、野党共闘候補の鳥越さんは及ばず。自民党公認候補をも振り切って、同じく自民党の小池百合子・元防衛相が選ばれました。日本会議の有力メンバーで、軍事力依存の極めて危険な思想の持ち主です。選挙中は自民党との対決姿勢を示しましたが、知事になるや否や協力していくと態度を一変。安倍首相も、「憲法改正」仲間の当選に実はにんまりと喜んでいるというのが実態です。

第3次安倍再改造内閣の顔ぶれは、ますます右寄りの色彩を濃くし、特に稲田朋美防衛相の誕生に、各方面から危惧の声が上がっています。「国を守るために血を流す覚悟」が国民に必要だと説く人物が、平和憲法の下で閣僚に就くなど到底理解できる話ではありません。

ヒロシマ・ナガサキ原爆投下の6日・9日、そして終戦記念日の15日を迎える戦後71年目のこの8月、平和を願う国民世論をさらにさらに大きく広げ、ひとりでも多くの方と行動を共にしたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デイキャンプ

2016-07-31 23:45:45 | 日記
手話サークルから毎年「障害児のためのサマースクール」のプールや夕涼み会に参加していますが、今年初めてデイキャンプに参加しました。
泉南市の山合いにある紀泉わいわい村という施設で、川遊びやゲーム、スイカ割りなどのレクレーションが行われました。



私たちサークルの分担は、お昼ごはんのカレーライス90人分の調理です。
火を起こすのは手慣れた男性陣、私は箱いっぱいの玉ねぎと格闘しました。


10キロ以上の米を4つの釜で


カレーは大鍋5つで

川遊びに向かう子どもたちを見送り、肉とルーを鍋に投入。ごはんも炊けて、戻ってきた子どもたちや保護者の皆さんに配膳したと思ったら、もうおかわりの列(^_^;)こういうところでみんなで食べるとおいしいよね!


食後のスイカ割り



片付け終わって3時前。支援学校の先生らスタッフの皆さん、ボランティアに来てくれた高校生も4人、みんなの協力で事故なく運営できました。
参加してくれた子どもたちの貴重な思い出のひとコマとなりますように!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参院選を終えて

2016-07-16 07:36:46 | 国政
 今回の参院選で、6年ぶりに開票立会人をしました。前回は「比例」でしたが今回は「選挙区」。市民総合体育館・午後8時45分集合に合わせ出かける前に、NHKの出口調査の結果が報道され、日本共産党のわたなべ結は落選!?思いっきりテンション下がりまくりの状態で出かける羽目に。
 現場で積みあがっていく票は自民・公明・維新の候補者が先行して、残念な想いでいっぱいの時間を過ごしました。

 最終的に泉佐野開票区では、大阪選挙区は有効投票数37,450票中、わたなべ結は3,150票(得票率8.41%)でした。
比例は有効投票数37,240票中、日本共産党は2,965票(得票率7.96%)でした。

 大阪全体では、選挙区はわたなべ結454,502票(得票率12.18%)、比例は日本共産党421,790票(得票率11.37%)でした。

 選挙戦の中で、「わたなべさんは大丈夫、きっといけるよ!」というお声、また、早々に期日前投票で「わたなべさんに入れてきたよ。」と教えてくださる方も多く、手応えも感じていましたので、こんなに差をつけられての落選に落胆の思いとともに信じがたいという気持ちもあります。

 危機感もありました。4議席の中に「野党共闘」「反安倍政権」を掲げる日本共産党と民進党を入れないために、という政権側のシフトが組まれ、大阪ではそのたたかいが重要でした。日本共産党はその対策を講じて取り組み、「4議席を『改憲派』が独占するという最悪の結果をなんとしても阻止したい!」という想いで訴えてきましたが及びませんでした。
 訴えの中身、訴え方、訴えの総量、すべてにおいて反省と新たな視点での工夫が必要だと感じています。
 まあ、私みたいな下っ端が言わなくても、幹部のみなさんがすでに次なるたたかいに向けて走り始めておられることでしょうが(^_^;)

 わたなべ結さんを落としたことは「ほんとうに悔しい!」です。彼女の訴えが届いたところでは、大きな共感と支持が広がっての45万票だと思います。でも、広がりが足らなかった(>_<)「維新が野党として見られている大阪」で、実態を知らせ広げていく活動はこれからも大きな課題です。

 全国では、比例で601万票で5議席、東京選挙区で山添拓さん当選で、改選3から6議席に伸ばしていただきました。非改選とあわせて14議席、国民の声を国政に届ける宝の議席です。

 また今回、初めての試みで全国32の一人区で野党共闘と市民の統一候補が実現し、うち11の選挙区で自民党の候補者に競り勝ちました。改憲発議に必要な3分の2を自公と補完勢力が占めたことが大きく報道されていますが、改憲の国民的気運は高まっておらず、むしろ「今は変えない方がいい」「9条は変えるべきでない」が多数です。こんな情勢の下、「立憲主義回復」をめざす統一候補が数々の勝利を収めたことは大きな成果です。

 まだまだたたかいは続きます。私たちは諦めませんから。

 ご支援いただいたみなさんにお礼を申し上げ、ご報告といたします。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大雨の選挙戦最終日

2016-07-09 11:27:36 | 国政
ゆうべからの雨は、夜明け前かなりきつく、少し弱まった間に赤旗の早朝配達を済ませ、帰ってきたらまた激しく降り出しました。
大雨洪水の警報も出ていましたが、11時前に注意報に切り替わったようです。

参院選は明日が投票日。最後までできる限りのことをし尽くしたいと思います。
候補者や応援演説の弁士さんたち、宣伝行動のスタッフさんたちは、大雨も関係なく外で走り回っておられます。事故なく選挙戦を終えられることを祈ります。

私は、訪問できなかった知り合いや遠く他府県に住む学生時代の友人などに電話して、日本共産党への支持をお願いしています。期日前投票が増えているのでもっと早くしなければいけませんでしたが、ご本人が投稿済みでも対話は無駄にはなりません。まわりに広げていただくこと、選挙後に注目してほしいことなど、重要です。



ブログに載せさせていただきたいとお願いして写した、あるお宅の玄関先の花たち。選挙がおわったら、我が家のプランターもなんとかしなくちゃ(^_^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑い毎日、熱い参院選

2016-07-06 15:18:20 | 日本共産党
投票日まであと5日の参院選。歴史に残る大きな分かれ道に、今私たちは立っています。
憲法守りぬくか、改悪させてしまうか。
安倍首相はじめ、政権与党がどんなにぼやかそうとしても、これが一大争点です。

憲法ないがしろの政治を強行して違憲の立法を強行してきた安倍政権。そんな彼らの狙う「憲法改定」はあまりに危険です。
アベノミクスをさらに進められるのもゴメンだけど、戦争できる国になってしまうのだけは絶対に止めたい。中国や北朝鮮の脅威にどう対応するのか、とよく言われますが、それ、個別的自衛権ですから。憲法変えなくても自衛隊の「専守防衛」の任務でやれることですから!

ごっちゃにしたらあきません。安倍改憲の狙いは、同盟国アメリカと肩を並べて、世界中どこででも武器を使って戦闘行為できるようにしようということですから!

日本を守りたい、災害救援活動で役に立ちたい、と自衛隊を志した若者を、アメリカの起こす戦争で死なせることになるなんて、絶対にダメです。

今変えなければいけないのは、「憲法」ではなく、「憲法違反の政治」です。力を合わせましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

階段に手すり完成!

2016-06-22 09:44:21 | まちづくり
自治会からご要望をいただいていました、住宅地内の階段の手すり、今朝犬の散歩で通ったら完成していました。

これで足下に不安のある方にも、安心して上り下りしていただけます。


それにしても早かった!
ご要望を伺ったのが5月1日、約ひと月半での完成に感謝です(*^_^*)





民進党さんのポスター、昔なら写り込まないようにしたけど(^_^;)、今は共闘の仲間ですからリスペクトしてパチリ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ参院選公示

2016-06-21 23:50:13 | 国政
 明日6月22日は第24回参議院選挙の公示日。7月10日の投票日に向けて、激しい選挙戦に突入します。

 この選挙は、日本の進路を決定づける大きな分岐点です。「戦争か、平和か」「憲法の改悪許すのか、守り生かすのか」。野党共闘でめざす「戦争法廃止」「立憲主義回復」の根本には、安倍首相が狙う「改憲」をくい止めることができるかどうか、という大きな争点が横たわっています。
 安倍首相は、格差と貧困を広げた失敗済みの「アベノミクス」を懲りもせず前面に出してこの選挙を乗り切ろうとしていますが、その先で「改憲」に手を付けようという企みは明らか。「改憲」は争点でないとごまかすことは、国民を愚弄するもの。これまでも「アベノミクス選挙」で多数を得て、その後、憲法違反の「秘密保護法」、「集団的自衛権の行使容認の閣議決定」と「安保法制」を強行してきたその手口、今度は通用させません!

 野党共闘を「野合」と攻撃する安倍首相ですが、憲法破壊の暴政続ける危険なアベ政治を止めてほしいと願う多くの国民が、「野党は共闘!」と求めたことに応えた道理あるもの。「政策の違い」などというレベルの問題ではなく、「独裁政治」を許さず「立憲主義」の政治の土台を選ぶための共同です。

 現代社会のさまざまな問題は、憲法違反が横行して、憲法が政治に活かされていないことが原因ではないでしょうか。「憲法」を変えるのではなく、「憲法」を守り生かし、その理念が実現する政治をつくりましょう。
 その絶好のチャンスが、この参院選です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加