おじさんと三次元哲学で遊ぼ

もう誰も応援しない

フクロウ

2017-02-09 08:13:20 | 日記
大谷さんも、スーパースターの素材というか、松井さん以来の、そういう雰囲気っていうんですかね。

結果論になっちゃうけど、栗山監督との出会いも、そういう素材の持ち主にありがちな運命的な出会いというか、DHのあるパリーグに行ったのも運といえばそうだし、過去の他のどんな名将だって、二刀流続けさせなかったでしょ?桑田さんなんかも、その素養はあったかもしれないけど。前例がないだけに、おじさんも、まさかここまでやるとは、思いませんでした。

もちろん、まだわかんないというか、スーパースターになるには条件があって、まず結果を出しながら長続きしなきゃならないわけです。そういうので、あの二刀流のまま、年を取ってからとか、あるいは、メジャーに行ったら、どうなのかとかもある。

それと、時代背景というのもあって、長島さんも、メジャーに行く寸前まで行って、結局、鎖国的な当時の背景もあって、行けなかったわけでしょ。これも、あるいはスーパースターの座を守るためには幸運な流れだったのかもしれない(笑)織田信長も、いまの時代にいたなら、フセインみたいな扱いのされかたでしょう?

いまだと、日本の野球選手がスーパースターと称されるには、大谷さんみたいに極端な神ってるようなのか、常軌のコースでは、イチローさん的なところまで行かないと、難しいというか、松井さんの頃までは、巨人にいるってだけで、スーパースターのハードルもちょっと下がった部分があったでしょうけどね(笑)

ただ、日本のスポーツで、スーパースターっていうと、おじさんの雑な目では、野球くらいしか思い浮かばないというか、日本で野球にそれだけのスポットが当たってたというのも運ですからね。そういうのもあるいは、ジャンボ尾崎さんとか、カズさんなんかも、スーパースターなのかもしれない。

ただ、今の時代、松山さんも、海外のメジャーのタイトルくらいとらないと、スーパースターと言われない時代になってるのかもしれない(笑)そういうのがなくなると、スポーツ界も金とか名誉とかの尺度ばかり、浮き上がってくるわけでしょ?

それと、スポーツのスーパースターっていうのは、人間性もかなり重要になってくると思うわけです。

正直、行って、世の中いろんな現象があるし、人工的なスターもいますけど、おじさんの論理で、価値をおとしめることはいくらでもできるわけです(笑)

こういうのがすごいとかって、誰でも思ってるわけだけど、そういうプライドがあると、いつまでも先に進めない。そういうのは、7割引いてる中から引っ張り出せば、簡単に潰せるわけです(笑)それも、屁理屈ではなく、心から納得させるようにして(笑)ただ、それを言っちゃあおしまいよ、の世界になっちゃうから、いいませんよ(笑)

それに関連して、話は変わりますが、いろんな伝統的な長続きしてる宗教があって、無宗教の日本人はどれも違うということで、安心できてる部分ってあるわけです。あるいは、ああいうのは原始的な人たちのものだ、なんてバカにしたり。

確かに、ラーマクリシュナの言うように、どんな宗教でも間違いはあります。だけど、追求しつくした上で、みんな同じに見えてきたら、ある意味強いと思うんですよ(笑)

それで、たとえば、スポーツ選手でも、その5割か、6割でも、そういうのを体現してたら、おじさんでも価値を落とせないわけですよ(笑)もしかしたら、スーパースターになるには、そういう素養も必要なのかもしれない。

野村さんも、野球界で大成するには、人間性が重要だと言ってましたし、川上さんも、この選手は親孝行だから、成功しますよと。まあ、板東さんなどは、ずいぶん茶化してたようですが(笑)

その辺が超一流の選手まで行く人と、そうでない人との視点の違いかもしれない(笑)左腕の松井さんが高校時代、かなり騒がれたけど、板東も松井一世くらいの素質はあったらしいから(笑)

マイケルジョウダンなんかも、そういう人間性でしたわれてるようなところがあったらしい。

だから、大谷さんも、自分は、他の選手とは違うんだくらいに思っててもいいんじゃないかな(笑)

それを他の選手や監督の前で態度に出すのはまずいけど。落合さんなんかは、出してたようだけど(笑)だから、あれだけの結果を残しても、スーパースターと言われないのかねえ(笑)

スーパースターになるには、形而上学も必要になってくるわけだから。野球の監督でも、昔の名将は読書家だったでしょ。

まあ、今思えば、高校卒業の頃から、あれだけメジャーに強引に行こうとしてたのも珍しいし、そういう感覚をうっすらでも体現してるってのはあったんだろうね。

大谷さんからすれば、スーパースターになど、興味がないっていうところだろうが(笑)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウォンバット | トップ | コウモリうお »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。