おじさんと三次元哲学で遊ぼ

もう誰も応援しない

ごみむし

2017-07-31 08:58:53 | 日記
どうも、タイガーマスク遠藤です。ぶっちゃけ、関野ちゃん、やりたいんだろ?(笑)

まあ、まだまだだろうね。まだ、おじさんみたいに、大局からものごとを見れないというか。

ただ、おじさんって冷たいように見られるかもしれないけど、こう見えて人間っていうのは優しさが、全てだと思ってるから。依存はダメだけどね。ギブアンドテイクもいいけど、自分が後から得するから前倒しして何かを与えるとか、擬似優しい、みたいなので芝居じみたものがいろいろあるんだが、なんか偉そうに言っちゃうが、まだまだ、関野ちゃんじゃ、そういう区別つかないでしょ?(笑)

やっぱり、会社とか商売上の関係だと、どうしてもそういうのが入ってきちゃうからね。中小企業で会社を経営してた創業者ですら会社を潰すと、従業員の社長を見る目が真逆に変わてしまうっていうのは、林原さんの本を読むとよくわかる。

ぶっちゃけ、普段の人間関係って利害の線上のばかしあいみたいなところがあるわけ。

結局、どの宗教でも内面の変化が重要なんでね。おじさんみたいに、いくらでも本音を言って恥ずかしくならないくらいにならないと(笑)まだ、関野ちゃんじゃ、建前しか言えないでしょ?恥ずかしくて、とても本当の腹ん中さらせないというか(笑)

坂上忍さんが、まあくんに、ここでもうちょっと本音でしゃべってほしいんだよねえ、みたいな態度を示したけど、たぶん、坂上さんと、まあくんの本音は違うんだろう(笑)まあくんが本音を言ちゃうと、逆に、場がしらけちゃう部分があるというか(笑)もちろん、まあくんにも、いひひひひひ、みたいな本音もあるだろうけど。

話は変わるけど、清宮くん、負けちゃったね。蔦先生が、高校野球にスターはいらないといってたけど、大勢の本音を言えば、やっぱり、スター的なものを持ってる選手は、より特別扱いしてみたくなっちゃうよね。まあ、逆にさわやかイレブンみたいなのも、いいけど。

江上さんも、蔦先先生なら甲子園で勝てると思って入ったんだって言ってたけど、今回の早実はPLでいえば桑田さんがいなかったからね。やっぱり、野球はピッチャーが大きいんだろうね。

桑田さんって、確か、4月1日とか、2日生まれなんだよね。もし、1日前に生まれてたら、ああいう清原さんとの出会いとか、その後の数々の物語もなかったことを思うと、やっぱり、人生っていうのは、なんか幻想じみてるというか(笑)、戯曲がかってるなって、思っちゃうよね。

いいピッチャーの調子のいい球を打てる、いいピッチャーだからこそ打つみたいなイメージの打者は、おじさん的には清原さんが最後だろうね。間違ってるかもしれないけど…

たとえば、この前のオールスターで、則本さんの速い直球を筒香さんが見逃し三振してたけど、ああいうところが、やっぱりスター性という意味では、もう一歩というんかな(笑)

まあ、巨人の選手が泣いた回数が多いどうこうで、ああいうところで泣くのはみっともないというようなことをOBの方々が言われてたけど、横山やすさんが、久米さんの番組で昔を思い出しながら号泣してた時は、うちの父親は、こういうところで泣けるのは大したもんだ、どうこう言ってたね(笑)

まあ、井上揚水さんの、私は泣いたことがない、ここで泣いたりするのは違うと感じてた、っていうことなんだが、この感性はなかなか面白い(笑)まあ、高校野球で負けても勝っても泣くみたいなのは、日本の伝統なのかもしれないというか、他国はこういうの見てどう思うんだろうね。

川崎さんが、日本の選手は練習しすぎどうこう言ってたけど、よく言った(笑)だけど、こういう問題は傍観者の我々が言えるほど簡単じゃないんでね。

確かに、我々は人間が努力してるのが美しくてみたいんで。だけど、そういうのが極端になって意地悪くハートがゆがんでくると、なんでもいいから苦しんでる顔が見たいとかなってくる(笑)

王さんが、1日100回素振りするだけで、あれだけホームラン打てたら、確かに、感動半減以上というか、こういうことをいちいち、考えていくと、スポーツ観戦って何を見てるんだろうかって思っちゃうよね。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒メダカ | トップ |  »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。