エアフリーコンセプトの自転車用

2017年04月18日 | その他
何年か前の東京モーターショーで、
空気を入れないタイヤ「エアフリーコンセプト」をブリヂストンが発表しました。

その自転車用が先日発表。
まだ "コンセプト" ですが、2019年の実用化を目指すとのことです。

基本的な構造は一緒で、空気の代わりに、
密集して柔軟性のありそうなスポークが荷重を支えています。

自転車用は絶対的な荷重が小さいためか、
車用のものよりもスポークの密度が疎になっています。

写真では、トレッド面的なところが一般的な自転車用タイヤに比べて
フラットになっているように見えますね。曲がるときとかは大丈夫だろうか。

そんな疑問も解消してくれる試乗イベントが、4月30日に久留米で行われる
「ブリヂストン×オリンピック×パラリンピック a GO! GO!」内であるとこのと。

このタイヤは発表されたときから気になっていたから体験してみたいんですけど、
ちょっと遠いかなあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロイヤルガーデンの案内が更新 | トップ | こんなに掘ってたんですね »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。