MGU-Hが無くなる?

2017年11月08日 | モータースポーツ
2021年以降のF1エンジン規定として、
MGU-Hをなくす提案がされたそうですね。

メリットはパワーユニットの複雑さが低減されて、
参戦へのハードルが下がるのとパワーユニットのコストが下がるかもしれないこと。
そして、回生が無くなることで排気音が大きくなること。

デメリットは、おそらく熱効率が下がること。
パワーユニットの先進性が下がること。

音の改善は魅力的なのですけれど、
F1の凄い部分がそうじゃない方に変わってしまうのは、
個人的にはもったいないなあと思ってしまいます。

F1には技術的にも最先端であって欲しいんですよね。

ただ、パワーユニットの複雑さが新規参戦を阻んでいるのは確実ですし、
複雑なパワーユニットは高価で参戦コストを底上げしているみたいですし・・・

あちらを立てればこちらが立たず、みたいな・・・

勿体ないけどしょうがない、のかなあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジムが減ってる | トップ | Nianticがハリー・ポッターの... »

コメントを投稿