yanの気まぐれ山雑記

山行記や山野草について綴っていきたいと思います。

裏山(烏帽子岳.568.1)を散策してまいりました

2017年06月15日 | 烏帽子岳(568.1)

日時…2017年6月14日(水) 天気…晴れ 気温…

10時20分スタ-ト。目的の花は咲いているでしようか楽しみです。

 

 

 風と星の広場のヤマボウシ

 

 

 同上

 

     

    ニワゼキショウ(アヤメ科)

 

 

 烏帽子岳9合目の風と星の広場  見えているピ-クが烏帽子岳山頂です

 

     

 

  

 

  

  同上の葉っぱの様子  ブタナ?

 

 

 ハゼノキ  小学校の5年生の頃、実家の長崎県平戸市紐差でのことですが、学校から帰る途中(約2キロの通学路)、あまりにも暑いのでこのハゼノキの枝を折って、ウチワ替わりにして顔をあおいだのでした。顔が大変なこと(かぶれ)になったのは云うまでもありません。ソバカスを練って顔に塗りつけて1週間ほど安静にしていたら、治った記憶があります。

  

 

 ガクアジサイ

 

 

 民家のクチナシ

 

    

    同上

 秋の運動会の時(5~6年生の頃)、熟した橙色の実を足のフクロハギに塗ると、早く走れるという噂があり、私も実行しましたが、確かにその部分はすっきりした記憶があります。 一位になったことはなかったですが真ん中あたりが多かったように思います。

 

 

 キンランの株  花は終わっていました。 今年は時間がとれずに訪問でなかった。

 

 

 本日の目的の一つのイチヤクソウ

 

 

 

   

 

    

 

  

 このように群生していました。 大事に見守りたいですね。

 

 

 ヤブムラサキ(クマツヅラ科)

 

 

 サツキツツジ (根元に名札がありました) 

 

 

 田代コ-ス ここを登ります

 

 

 オカトラノオ

 

    

 葉柄があって葉の裏に腺点があるのでヒヨドリバナと思われますが… 花の時期に確認致しましょう

 

    

    ウツボグサ(シソ科)

 

 

 烏帽子岳頂上(568.1)

 

 

 同上から隠居岳の眺め

 

同上から佐世保港の眺め

 

 

 同上

 

 

 立神岸壁に係船中の海自艦  定係港は佐世保

178…護衛艦あしがら (基)7,700トン 165×21×12 主機100,000PS 艦長 金子純一一等海佐

424…補給艦はまな  (基)8,150トン 167×22×15.9 出力26,000PS 艦長 加藤一郎一等海佐

172…護衛艦しまかぜ (基)4,650トン 150×16.4×9.8 主機70,000PS 艦長 前久保一彦二等海佐

182…護衛艦いせ   (基)13,950トン 197×33×22 主機100,000PS 艦長 高田昌樹一等海佐

 ※(基)…基準排水量

 

 

 三浦岸壁に接岸中の大型クル-ス゛船

 

 

 同上 

 

 

 テリハノイバラ?

 

 

 

 

托葉、刺、葉っぱの様子

 

 

 

 予想どおり蒸し暑かったですね。自宅からの直登ではなくてよかったです。無理していたら具合が悪くなっていたかもしれません。

楽しみにしていたイチヤクソウや気になっていたキンランに出逢えたので、暑い中を歩いた甲斐がありました。  

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初夏の天山に登りました | トップ | 烏帽子岳花散策 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む