暇人の気付きを残す

ボケ防止で 見たもの聞いたものを記しておく

入院して ④

2018-02-13 13:23:59 | 日記

今回の入院中に 起きた事柄

ベットに寝かされ 何もできなく天井ばかり眺めていましたが
人間て何かゴソゴソしたいものです
それが 体を動かせない 特に歩けない 手足も大きく動かせない
詰まらんものです
寝ていて考え物ぐらいが関の山

今まで旅行したことや 食べ物の事柄を思い出す 
その中で 「佐渡ヶ島」に同僚と行く際利用したフェリー内で
小さな宴会で食べたものが浮かび もう一度食べたいとしたものがありました
それは『イカのクチバシ』(イカのトンビ)だった
食べ応え・味を思い出しました

退院して その様な物が有るか 「Web検索」した所
北海道で 「イカのトンビ」 の写真が見つかり 「通販アマゾン」に申し込みした
北海道ですから 数日後の到着の返事がありましたが 
翌日 「ヤマト運輸のネコさん」 が届けてくれました
早いと思ったら 箱・袋を見ると 茨城県から発送してくれていたのです

その翌日 今度は 「飛脚の佐川便」で 『サッポロビール』から
今月販売前の 試飲ビール? 何と上手く届きました
入院前に応募していたのでしょう


また翌日 今度は 「ゆうパックの爺さん」 が届けてくれたものに
「KEY COFFEE」から 「コーヒーライフコースセット」 当選で届いた
これはいつ応募したかの記憶なし


病気の再発で入院した 見舞い品? として 早速いただきましたよ
すべて おいしく頂きながら チョット良い事続きで? 疑問も持っています




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

入院して ③

2018-02-11 16:30:39 | 日記

身の回りのお世話いただいた 看護実習生さんえの感謝 記述

1月2日に入院し 4日まで呼吸困難で意識朦朧でしたようです
「心不全」ですから 助からない人が多いので 
家内もダメじゃないかと思っていたようです
前歴もあり 心筋梗塞もペースメーカー埋め込んでいるので 
当直医が分かっているのは 
とにかく「肺水腫」を減らすべく点滴を進めてくれたようです 

5日に主治医が 過去の状況から利尿剤の投薬増やしての対処するとなったそうです

6日に 入院階病棟責任看護師から話が有ったようですが」 
まだ物事判断付かない様でしたから
何事も「ハイ・ハイと」返事をしていたようです(後でわかったのです)

それは 10日から 看護学生が国家試験前の「看護実習で 患者の援助・診療の補助」を
約20日間させてもらいたいと伺いされていた様で 協力者になりました
部屋担当看護師+実習看護見習い生が 世話をしてくれます

『何せピンク爺❓』ですから 
可愛い女性多く付いてくれるに期待しているようでした

10日 9時過ぎに 担当実習生と責任教員が挨拶に来てくれ 実習始まりました

患者に対し「注射や薬剤投薬は駄目」で身の回りから開始

朝はシーツの整備・周辺のアルコール消毒清掃 患者の身体拭き(丁寧でした・ちょっと恥ずかしさありましたね) パジャマの着せ替え
若い女性に肌を見せてちょっと恥ずかし テレもあった

午後には 足湯もしてくれた 

翌日からは 「定時の血圧計測等」も増え 定時検査時間以外はナースセンターで
時間の余裕出来た際に 
日頃の爺 記憶にないが 家内でもしてくれない・身の回り・髭剃り・爪切り 
下の処理(おしめ交換‣便の処理‣身体下部の洗浄)
爺ゆえ若い人のように何ゆえ物も元気無く『フンニャリ!』 
悪水の排出筒?の先端・大事な金袋の奇麗に拭き掃除 菊のご門は温水洗浄
「スケベ爺はずかし・うれし・羨まし」 を続けてくれました

下の処理では 
部屋担当看護師は簡単にウエットテッシュで拭く程度ですが 見習い生は基本の徹底
時間を要しますが 患者は気持ち良いです

血圧検査も 基本の水銀血圧検査機で丁寧に時間をかけて行い 念入りに計って呉れました

同室の患者は入院治療費等は同じなのに何ごとにも丁寧でサービスが良い!と ちょっと羨ましがっていたです

退院も決まった 2月2日には 見習い看護実習生が作った 
「これからの生活注意点」
の パンフをクリヤブックに収めたのを家族とともに指導教授してくれました 
病院側は 以前数回入院し退院の際に リーフ2枚です この辺も親切なことでした

写真左・見習い生からの注意パンフ   右2枚病院からの注意点パンフ

実習を終わった後は 国家試験を受験し立派な看護師として 今後患者に寄り添った立派な人になってくれると思います
看護実習生さん 有難うございました 感謝申し上げます


  


 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

入院して ②

2018-02-10 08:46:23 | 日記

今年の1月2日 呼吸困難となり心不全での入院は 通算5度目
昨年度4度入院したが 意識朦朧となる所までは行かなかった

今回は 年末年始で各種医療関係は休日 午前中は帰省中の孫・子を見送り
少し体調に異変は有るものの 何とか耐えられていた
2時過ぎより 動悸も激しくなり 休日診療所に行くべきか思案していたが

今までに無い呼吸困難になり 溜まらず 通院中の病院に 休日担当医は何かの先生か尋ねることにした
幸い内科医師であったので 診察券IDと名前を言って 事情説明した
カルテも有ることだし 過去通院治療中と 再際入院しているので 処置も早かろうから来るようにと 返答もらいタクシーで 駆け込む

病院玄関から救急診察室まで駆け込む状態で待合椅子まで行き 救急担当看護師に車いすに乗せてもらった
救急診察室で 医師がカルテと今までの処置の資料の画面を見つつ問診を受け
胸部レントゲン・血液検査・心電図・血圧・指先よりの動脈血酸素飽和度の測定を受け
その結果応急処置をしてもらうことになった

ストレッチャに乗るまでの事は記憶にある
結果でストレッチャに乗せられてから の記憶が明確でない

救急救命室で点滴を受けて1~2時間過ぎ 落ち着いてきたからか 入院病棟に移動させられ 病室に入る所から
病棟部屋番号を知った

今回のような症状は経験なかった
鼻には酸素吸入・胸に3か所吸盤を張り・指先に動脈血酸素飽和度測定器を付けられ機器を身の横に設置 再度点滴された
ナースセンタに病状異常がセンサーで届く処置をされ 少しの異変時には看護師が飛んできてくれることになった

小便できないことから 排水筒にパイプを挿入 自動に膀胱にに汚水がたまると流れ出る処置受け パンツも取り去り 紙おしめを充てられ こんなの初めてでなんだか恥ずかしかったが
ベットに釘付け この状態が20日過ぎまで続いた

1月5日 私の担当主治医が出勤され入院していることを知って 治療方針が決められた
2日から20日まで ベットから足を地に下ろすことはなく寝た切りでした
21日に 排水筒のパイプ外され 動脈血酸素飽和度も95%以下にならないので酸素吸入も外された
が 寝たきりであるために 大小の廃物処理は おしめ中で有り赤ちゃん同等だ
すべて 看護師・看護助手の手を煩わせていた
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

入院して ①

2018-02-08 12:45:21 | 日記

今年1月2日 一昨年より5度目の入院
40年ほど前 会社の勧めで人間ドックに入って 健康診察してもらった際に
心不全の兆候ありと言われていました

定年後 町医者にて通院していた掛かり付け医で 糖尿から来る心不全の治療を受けてきました

現在地に転宅した際 隣り市からの通院診察困難なので 居住地の病院に紹介してもらい
10年余り診察治療継続中です

その10年余り前の早朝散歩時に 息切れしたことを診察時に報告して 各種の検査をしましょうとなり 不整脈を指摘され治療に専念することとなりました
その際 糖尿病を綿密検査している中で 腎臓に「癌」があり 摘出することが良いとなりました

手術日に全身麻酔する問診中 不整脈有ると言うので中止 先に不整脈を正すべきとして
ペースメーカの埋め込みで手術 落ち着いたところで 腎臓取り去るの手術をしました

その後 糖尿のヘモグロビンチ(HbA1c)の値が高いので シンキンシンチ検査を受け
心筋梗塞の状況もあるので 県立医大病院で心臓の裏側にステント埋め 腎臓・心臓の検査治療をして来ました

1昨年末 夜間に呼吸困難な状況となり 入院治療を受けることとなりました
その際の病状診断治療は 慢性腎不全・心不全 の診療計画が立てられました

これが持病としての発症でした 心不全は治る見込みはない 5~10年で生命は断たれるそうです
「うっ血性心不全」が再々起こります 
腎臓が血液内の余分な水分が尿にならず 肺にたまる「肺水腫」となり
夜間に呼吸困難症状が出る 少し上半身を起こすと楽になる「起座呼吸症状」
この解消は 注射・口径利尿剤で 血液内の水分を出させるしかないそうです
一度これになると再々起こります 完全治療はない 現状維持をいかに継続するかであります
入院して現状に戻し手も数か月後には同じ症状が出ます
故に昨年は 4度処置入院しました 今年も始まったのです
 
平生から 定期的な検査と自己検査で 早く前兆見つけることが苦しみ少なく日々過ごせることなのです

血圧測定と 動脈血酸素飽和状態)を知るパルスオキシメータで知ることが早めの処置によいのです
 
メータ数値100%~95%が正常 90%までは気を付ける 80%台になると処置が必要
今回元日には80%台となったので 年末年始の休診日ですが 病院に電話を入れ 救急処置で入院することとなりました
余命は僅かでしょうが 苦しまずに過ごしたい故 各種の自己検査は疎かに出来ません
皆さんも何か持病をお持ちでしたら 自己での管理を行ってください
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

拘束解除されました

2018-02-05 12:16:27 | 日記

平成30年度のスタート が本日よりです

1月2日に 心不全で病院に放り込まれて

本日 34日ぶりに解放されてきました

ボチボチ以前の状態に戻れるかと思います

よろしくお付き合いください

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加