大和漢方堂ブログ

大和漢方堂ブログです。気軽に漢方相談できる大和漢方堂からのお知らせ

金剛峯寺で光瑶の襖絵拝見

2017-06-13 15:27:43 | 日記

日曜日 高野山に行って来ました

金剛峯寺で石崎光瑤展が

開かれていて

秘蔵の襖絵の公開が

11日まででした

お隣の御主人に近道を

教えて頂いたので

今まで3時間かかって

いたのが約1時間半

で付きました

山道をくねくね奥へ奥へ入って行って

朱塗りの大門が見えると高野山の入り口です

金堂の前に車を止めて歩きました

 

中門から 金堂 根本大塔 御影堂から

金剛峯寺に入り 襖絵を拝見に行きました

奥の新別殿で お茶とお煎餅を頂く大広間に

その絵が12枚連なって並んでいました

40枚ある内の12枚だそうです

部屋の入口に空海の師《恵果和尚(かしょう)》

の坐像が鎮座されていました

近くで拝見し 部屋の横に並んでいる椅子に

腰かけて拝見し ゆったりした時間を過ごしました

ヒマラヤの山々を遠景に 

明るい色彩のヒマラヤシャクナゲの古木に

大小の色鮮やかなシャクナゲの花が咲いて

雌雄の雉が枝に

止まっていました

『虹雉(こうち)』と

いうそうです

ヒマラヤの山頂 中腹

下の地域を描いた

40枚の襖絵から

なっていて

下の地域を完成する

前に亡くなられたそうです

明治時代に故郷富山の霊宝立山 白山登山から

日本山岳会に入り 

大正時代にインドへ

2回旅行されて

カシミール 5440mのコロホイ 

ヒマラヤのマハデュム峰登頂

エレファンタ アジャンタ 

ブッダガヤと仏跡を訪ね

ヨーロッパ視察で フランス

イタリアを巡って多数の写生 写真を残しています

明るい色彩と力強い迫力 繊細な何とも言えな・・本物を見られて感激 感謝 感謝です

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 潰瘍性大腸炎 | トップ | 子宮脱? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。