國體の本義 臣民の道 尋常小学國史

              現在ゴキブリ退治中                    前田慶一 


國體の本義 壱

2017年03月21日 | 日本
五年にわたり三冊の本を書いて、といっても、三冊目はまだ出版前だが。自分だけにできて、皆様のお役に立てることを目指してきました。
できうることをしてきた。三冊の本を書くことにより勉強させていただいた。それを皆様に知っていただきたかった。それだけのことをしたつもりです。
五年で三冊は、少ないとおもいます。しかし、一から始めて、調べて組み立て、一人で校正までして、あとの本の準備もしていく。
素人個人では、これが手一杯なんです。

私は、保守とかなんとかは、今、あまり興味がない。なんとか主義も興味がない。実は、真性保守も講演会があったら聞きたいな。程度である。
ただ、我々の先人、祖先、じいさん、ばあさんたちがどんな教育を受けてきたか。どういうものの考え方をしてきたか。
陛下の臣下、臣民がどのように行動したか。どうのように社会を組み立ててきたか。
それだけに興味があった。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現代語訳 尋常小学國史 | トップ | 國體の本義 弐 »